Ryzen搭載の13.3インチ、ThinkPad X395が最大54%オフ!Legionシリーズも割引率拡大!Lenovoクーポン、セール情報

Lenovo ThinkPad X395
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。毎週お伝えしているLenovoの週末セール情報です。今週はThinkPadシリーズの割引率には大きな変化がなかったものの、IdeaPadやLegionは割引率が少し大きくなっていて、特にLegion(ゲーミングノート)がかなりお買い得と感じます。また、ThinkPadでは「旧モデル」となる2018年モデルが徐々に「完売」となり、購入できる製品が減ってきました。しかし、残っている「X1 Extreme」と「X1 Yoga」の2018年モデルは割引率が非常に大きくなっていますので、一応製品内容を確認する価値はあると思います。

スポンサーリンク

先週からIdeaPadシリーズの一部機種で「夏割キャンペーン」が始まりました。今のところウインタブが確認できているのはS540、C340、S340の「価格破壊シリーズ」が対象になっている、ということです。「夏割」対象製品の購入には、通常のクーポンに加え、夏割用のクーポンコードの入力も必要になりますので、購入の際には注意して下さい(夏割のクーポンコードは対象製品の製品ページにバナー形式で掲載されています)。

先日から「Lenovo製品の割引率一覧ページ」を別途用意しました。製品別の割引率を確認される人はこちらの記事をご覧ください。
レノボ(Lenovo)クーポン割引率・セール価格の一覧(ThinkPad、ThinkBook、Legion、IdeaPad、Yogaシリーズ)【8月17日更新】

では、今週もお買い得な製品をいくつかピックアップしてみます。

1.ThinkPad X395

Lenovo ThinkPad X395
セール価格: 85,698円(税込み)から(最大54%OFF)
※クーポンコードは製品ページに記載されています

●85,698円モデルの構成
OS: Windows 10 Home
CPU: AMD Ryzen 3 PRO 3300U
RAM: 8GB
ストレージ: 256GB SSD
ディスプレイ: 13.3インチTN(1,366 × 768)
サイズ: 311.9 x 217.2 x 16.9 mm / 1.28 kg~

この記事の趣旨とは外れてしまうのですが、この記事に先立って公開したHPのセール情報記事で13.3インチコンバーチブル2 in 1のENVY x360 13がなんと61,800円(税込み66,744円)から、というのがありまして、記事を書いたものとしても少なからぬ衝撃を受けました。

ENVY x360 13もCPUはRyzenです。ウインタブでは2019年中に業務機としてゲーミングノートを一台購入する予定なのですが、モバイルノートのほうも現在使っているThinkPad 13が4年目に突入し、そろそろ買い替えを検討してもいいかなあ、なんて思っているところにENVYが激安になってしまったので、正直心が揺れ動いています。

これまでに何度かRyzen搭載のノートPCをレビューさせていただく機会がありまして、今度モバイルノートを購入するときはRyzenにしよう、とは思ってるんですね。ENVYが素晴らしい製品であることはよく理解しています(実機レビューもやりましたんで…)が、やはり「ThinkPadじゃなくていいの?メインで使うPCでしょ?」とささやく「もうひとりの自分」がいまして、現在かなり悩んでいます。

フラッグシップモバイルのX1 Carbonが理想、というのはあるんですけど、現実的に今購入するとしたらX395かな、と思いますね。いくら業務機(つまり必要経費で購入する)と言っても、零細な自営業者は経費算入以前にキャッシュフロー(と書くとカッコいいんですけど、要するに生活費の確保、という意味です)のほうを考えなくちゃいけませんから。ま、私の話は置いておいて、ThinkPadの13.3インチでは(Ryzenに抵抗がないのなら)最もバランスが取れ、コスパが高いのがX395であると思います。

最低価格である85,698円のモデルのスペックは、上に掲載したとおりです。ディスプレイがTN液晶でHD解像度というのはちょっともったいない気がしますので、IPS液晶のFHD解像度のものに変更するとして、それでも税込み88,430円と、9万円を切ります。ちなみにタッチ液晶(FHD解像度)も選ぶことができ、タッチ液晶にすると90,418円になりますが、これでもかなり割安感がありますよね?なにせ最大54%OFFですし…。

個人的なニーズも込めてしまいましたが、この製品が今週の「ウインタブおすすめThinkPad」です。

Lenovo製品ページ:ThinkPad X395
ウインタブ紹介記事:Lenovo ThinkPad X395 - AMD Ryzen PROを搭載する13.3インチモバイルノート、X390とどちらにするか悩みどころか?

ThinkPadシリーズの割引率一覧はこちらです。
レノボ(Lenovo)クーポン割引率・セール価格の一覧(ThinkPad、ThinkBook、Legion、IdeaPad、Yogaシリーズ)【8月17日更新】

2.ThinkBook 13s

Lenovo ThinkBook 13s
セール価格: 74,520円(税込み)から(最大47%OFF)
※クーポンコードは製品ページに記載されています

●74,520円モデルのスペック
OS: Windows 10 Home
CPU: Core i5-8265U
RAM: 8GB
ストレージ: 256GB SSD
ディスプレイ: 13.3インチIPS(1,920 × 1,080)
サイズ: 307.6 × 216.4 × 15.9 mm / 1.34 kg

Lenovoの売れ筋にしてバリューな高性能モバイルノートです。この製品には「Core i5/RAM8GB/256GB SSD」と「Core i7/Radeon 540X/RAM16GB/512GB SSD」という2つのモデルが設定されていて、Core i5モデルでも十分に上級モバイルノートと言えますし、Core i7モデルに至っては外部GPUまで搭載するハイエンド・ビジネスノートという感じのスペックになっています。

発売からずっと最大割引率43.5%(Core i5モデル)、税込み79,920円という最低価格でしたが、先週から割引率が拡大し、74,520円となりました。製品名に「Think」とついているのでThinkPadに近い製品特性かと思いきや、実はそうではなくてIdeaPadシリーズに近いものとなっています。なので、無骨なデザインではなく、シンプルでクリーンな印象の製品と言えます。言い換えると万人受けする製品ですね。

スポンサーリンク

Lenovoは価格表示が税込みですし、配送料もかかりませんので、「74,520円と言ったら74,520円」です。このあたり、税抜表示のHPやDELLとは違います。ライバルは「HP Pavilion 13」でしょうか。Pavilionのほうも大きく値下げしましたが、税込み、配送料込みの価格はThinkBookと大差ありませんので、デザインとかブランドイメージでお好きな方を選ぶといいでしょう(ただし、PavilionにはCore i7の設定はありません)。Core i5搭載モバイルノートとしては最安値圏の製品であることは間違いないです。

Lenovo製品ページ:ThinkBook 13s
ウインタブ紹介記事:Lenovo ThinkBook 13s - 抜群のコスパを誇る「レノボのThink」13.3インチモバイルノート、実機を見てきました!

3.Legion Y7000

Legion Y7000
セール価格: 100,678円(税込み)から(最大41%OFF)
※クーポンは製品ページに記載されています

●100,678円モデルのスペック
OS: Windows 10 Home
CPU:  Core i5-9300H
GPU: GeForce GTX1650(4GB)
RAM: 8GB
ストレージ: 256GB SSD
ディスプレイ: 15.6インチIPS(1,920 × 1,080)144Hz
サイズ: 360 x 267 x 24.2(最薄部)mm / 2.3 kg

ゲーミングブランド「Legion」シリーズのエントリーモデルです。最低価格は10万円ですが、注文時に構成のカスタマイズができ、Core i7 + GeForce RTX2060という組み合わせにもできますので、中上級ゲーマーが選択肢に入れてもおかしくないくらいの「懐の深さ」はあります。

実はLegionシリーズというのはすべてディスプレイのリフレッシュレートが144 Hzになっているんですよね。また、この製品は基本的にはLegion Y540(15)と同じ筐体になっていて価格も大きくは変わりませんが、Legionとしては珍しくキーボードは日本語配列になっていますし、OSも日本語版です。それとバックライト色は赤のみと、というのが他のLegionシリーズとは大きく異なります。

この製品、今週は割引率がかなり高くなっています。エントリーゲーマーが腕を磨くのもよし、カスタマイズでハイスペックマシンに仕上げるもよし、という感じでしょうか。

Lenovo製品ページ:Legion Y7000
ウインタブ紹介記事:Lenovo Legion Y7000 - 15.6インチで購入しやすい価格の「赤いゲーミングノート」、デザインが個性的でカッコいいです!
※紹介記事執筆時点からはバリエーション展開が変更になっています。

Legionシリーズの割引率一覧はこちらです。
レノボ(Lenovo)クーポン割引率・セール価格の一覧(ThinkPad、ThinkBook、Legion、IdeaPad、Yogaシリーズ)【8月17日更新】

4.ideapad S540(15)

Lenovo IdeaPad S540 (15)
セール価格: 50,544円(税込み)から(最大52%OFF)
※クーポンコードは製品ページに記載されています。

●58,622円モデルのスペック
OS: Windows 10 Home
CPU: Core i5-8265U
RAM: 8GB
ストレージ: 256GB SSD
ディスプレイ: 15.6インチIPS(1,920 × 1,080)
サイズ: 358 x 245 x 18.9 mm/ 1.9 kg
※「夏割」対象モデル

15.6インチスタンダードノートなんですけど、異常なくらい安いです。スペック表を掲載している58,622円のモデルですが、Whiskey LakeのCore i5を搭載し、RAMは8GB、ストレージも256GB SSD、そしてディスプレイもIPS液晶でFHD解像度と、文句なしの構成でありながらこのお値段です。価格破壊もいいところ。

この製品、ウインタブでも実機レビューしていますが、筐体は金属製で決して安っぽくはなく、パフォーマンスもスペック表から予想される水準を裏切っていません。なんで安いのかよくわからないくらいなのですが、IdeaPadシリーズというのは注文時に構成のカスタマイズが一切できず、いくつか設定されているバリエーションから1つを選ぶ、という方式でしか購入ができません。そうやって「メーカーにとってめんどくさくない」販売方法をとっているのも安さの理由になっているのかもしれません。

ともあれ、15.6インチクラスの、モバイルノートではない、ちょっと大きいサイズのノートPCを探しているのなら、また特定のメーカーや製品ブランドにこだわりがないのなら、この製品はおすすめです。

ご注意:この製品は「夏割」の対象です。夏割のクーポンコードは製品ページに記載されています。ご購入の際、通常のクーポンと夏割のクーポンの両方を適用させる必要がありますのでご注意下さい。

Lenovo製品ページ:IdeaPad S540 (15)
ウインタブ実機レビュー:Lenovo IdeaPad S540(15) レビュー - ビジネスにもエンターテインメントにも使える、高バランスな15.6インチ(実機レビュー:ひつじ)

IdeaPad、Yogaシリーズの割引率一覧はこちらです。
レノボ(Lenovo)クーポン割引率・セール価格の一覧(ThinkPad、ThinkBook、Legion、IdeaPad、Yogaシリーズ)【8月17日更新】

5.関連リンク

今週のオススメ:Lenovo直販サイト
レノボ(Lenovo)クーポン割引率・セール価格の一覧(ThinkPad、ThinkBook、Legion、IdeaPad、Yogaシリーズ)【8月17日更新】

スポンサーリンク