ThinkPad E490の割引が大幅に拡大しています!なんと5万円から!限定クーポンでマウス5種類が半額に!Lenovoクーポン、セール情報

Lenovo ThinkPad E490
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。毎週お伝えしているLenovoの週末セール情報です。私は自営業なので平日とか祝日の感覚がわからなくなってますが、世の中的には3連休ですね。通常は「土日」となる週末クーポンも今週末は「土日月」の3日間が対象となります。さて、今週末は一部のモデルに割引率の変化がありました。具体的には「ThinkPad Eシリーズ」です。特にE490は先週末の28%から、なんと最大46%もの強烈な割引率になっています。EシリーズはThinkPadの中でも(もともと)比較的購入しやすい価格なので、割引率の拡大により、さらに手軽に購入ができるようになったと思います。

スポンサーリンク

それと、2018年モデルで、ThinkPad X1 Yogaが割引率を拡大しました。2019年モデルが登場してしまいましたし、もともと安価な製品ではないので、安くなったからと言ってその気になれるか、というのはありますが、スペック自体は決して古くないので、ハイエンドな2 in 1を探している人はチェックしてみて下さい。

あともう一つ。IdeaPadシリーズの一部機種で「夏割キャンペーン」が始まりました。今のところウインタブが確認できているのはS540、C340、S340の「価格破壊シリーズ」が対象になっている、ということです。「夏割」対象製品の購入には、通常のクーポンに加え、夏割用のクーポンコードの入力も必要になりますので、購入の際には注意して下さい(夏割のクーポンコードは対象製品の製品ページにバナー形式で掲載されています)。

先日から「Lenovo製品の割引率一覧ページ」を別途用意しました。製品別の割引率を確認される人はこちらの記事をご覧ください。
レノボ(Lenovo)クーポン割引率の一覧(ThinkPad、ThinkBook、Legion、IdeaPad、Yogaシリーズ)【8月10日更新】

1.マウスの限定クーポン

Lenovoが一部のサイトのみに配布している限定クーポンから。今週は「マウス」が対象です。なお、このクーポンは他のセールとは異なり、土日の2日間のみ有効で、Lenovo直販サイトには記載がありませんので、購入の際はこの記事に記載しているクーポンコードをコピペしてお使いください。

概要

クーポンコード: JPAF0811
対象製品: 下記に記載するマウス5種類
割引率: 50%オフ
有効期間: 2019年8月10日(土)・8月11日(日)の2日間限定

対象製品

Lenovo指紋センサー生体認証USBマウス

Lenovo指紋センサー生体認証USBマウス

ThinkPad X1 ワイヤレスタッチマウス:4,860円
Lenovo プロフェッショナル ワイヤレス レーザーマウス:1,620円
Lenovo ワイヤレス・レーザーマウス:1,998円
ThinkPad Bluetoothレーザー・マウス:2,484円
Lenovo指紋センサー生体認証USBマウス:2,430円

マウスはPCの使用感を大きく左右する割に比較的購入しやすい価格なので、最も衝動買いしやすい周辺機器とも言えるでしょう。ましてや「限定」と言われると…。

「ThinkPad X1 ワイヤレスタッチマウス」は底面にタッチパッドがついていて、マウスカーソルを操作できます。客先などでプレゼンをするような人には有効な製品だと思います。また、「Lenovo指紋センサー生体認証USBマウス」というのが面白いです。このマウスには指紋センサーがついていますので、指紋センサー非搭載のPCと接続すれば、セキュリティレベルがアップしちゃいます。その他の製品は半額だけに安価ですし、Lenovoだけに基本性能がしっかりしたマウス、と言えます。衝動買いには注意しましょう、というのも無理があるかな…。

2.ThinkPad E490

Lenovo ThinkPad E490
セール価格: 50,155円(税込み)から(最大46%OFF)
※クーポンコードは製品ページに記載されています

●50,155円モデルの構成
OS: Windows 10 Home
CPU: Core i3-8145U
RAM: 4GB
ストレージ: 256GB SSD
ディスプレイ: 14インチTN(1,366 × 768)
サイズ: 329.3 x 242.8 x 21.9 mm / 1.75 kg

今週のセールで割引率が大きく拡大したThinkPadシリーズのエントリーノートです。50,155円のスペックは上記のとおりですが、ThinkPadシリーズは注文時に構成のカスタマイズが出来ますので、価格が上がらないように注意してカスタマイズしてみました。「Core i3/RAM8GB/128GB SSD/14インチIPS液晶・FHDディスプレイ」にして「お値段変わらず50,155円」です!基本構成のストレージが256GBなので、これを128GBに下げることによってRAMを8GBに、ディスプレイをIPS液晶・FHD解像度にする余地ができます。

重量が1.75 kgと、14インチサイズとしては重量級ですが、しっかりと使えるスペックのThinkPadが5万円、というのは驚異的だと思います。この製品はウインタブでも実機レビューをしていますが、低価格ではあっても「しっかりThinkPad」であることに間違いないです。低予算でThinkPadを、と考えている人には絶好のチャンスと言えるでしょう!

Lenovo製品ページ:ThinkPad E490
ウインタブ実機レビュー:Lenovo ThinkPad E490 レビュー - 14インチのハイ・コストパフォーマンス機。性能と価格を両立するならコレ!(実機レビュー:ゆないと)

ThinkPadシリーズの割引率一覧はこちらです。
レノボ(Lenovo)クーポン割引率の一覧(ThinkPad、ThinkBook、Legion、IdeaPad、Yogaシリーズ)【8月10日更新】

3.ThinkBook 13s

Lenovo ThinkBook 13s
セール価格: 74,520円(税込み)から(最大47%OFF)
※クーポンコードは製品ページに記載されています

スポンサーリンク

●74,520円モデルのスペック
OS: Windows 10 Home
CPU: Core i5-8265U
RAM: 8GB
ストレージ: 256GB SSD
ディスプレイ: 13.3インチIPS(1,920 × 1,080)
サイズ: 307.6 × 216.4 × 15.9 mm / 1.34 kg

Lenovoの「もうひとつのThink」です。13.3インチモバイルノートで、これまでずっと税込み79,920円という価格で販売され、(おそらく)大ヒット商品になっていますが、今週さらに5,400円も安くなってしまいました。

この製品には「Core i5/RAM8GB/256GB SSD」と「Core i7/Radeon 540X/RAM16GB/512GB SSD」という2つのモデルが設定されていて、Core i5モデルでも十分に上級モバイルノートと言えますし、Core i7モデルに至っては外部GPUまで搭載するハイエンド・ビジネスノートという感じのスペックになっています。

名前は「Think」ですが、ThinkPadシリーズとの共通点は特に見受けられません。筐体色もブラックではなくミネラルシルバーですし、赤いデベソ(トラックポイント)もありません。しかし、13.3インチで比較的軽量なモバイルノートとしては非常にコスパのいい製品と言えます。

Lenovo製品ページ:ThinkBook 13s
ウインタブ紹介記事:Lenovo ThinkBook 13s - 13.3インチモバイルノートが新ブランドで登場!ThinkPadシリーズとは大きく異なるものの、割安感は大きいです

ThinkPadシリーズの割引率一覧はこちらです。
レノボ(Lenovo)クーポン割引率の一覧(ThinkPad、ThinkBook、Legion、IdeaPad、Yogaシリーズ)【8月10日更新】

4.Legion Y740(15)

Lenovo Legion Y740(15)
セール価格: 178,848円(税込み)から(最大40%OFF)
※クーポンは製品ページに記載されています

●178,848円モデルのスペック
OS: Windows 10 Home(英語版)
CPU:  Core i7-9750H
GPU: GeForce RTX2060(6GB)
RAM: 8GB
ストレージ: 256GB SSD
ディスプレイ: 15.6インチIPS(1,920 × 1,080)144Hz
サイズ: 361 x 265 x 19.95(最薄部)mm / 2.2 kg

Lenovoが最近力を入れているゲーミングPCのLegionです。このY740はLegionノートの中では上位モデルで、ディスプレイサイズが15.6インチのものと17.3インチのものがありますが、今回は15.6インチのほうを紹介します。

まず注意しておきたいのがOSとキーボードが英語版である、という点です。OSは日本語の言語パックを使えばほぼ完全に日本語化できますので、ほとんど問題にはなりませんが、キーボードは「英語配列は無理」という人もいるかも知れませんね。

上位モデルだけあってスペックは非常に高いです。CPUは第9世代(Coffee Lake)のCore i7、外部GPUはGeForce RTX2060ですが、RTX2070/RTX2080(2070と2080はMax-Qデザインです)を選ぶこともできます。また、ディスプレイのリフレッシュレートは標準で144Hzです。

と、いうことで、Legionシリーズは注文時に構成をいろいろとカスタマイズできますので、GPUだけでなくRAMやストレージ構成をお好みのものに仕上げることが可能です。新世代のLegionはデザインもゲーミングノートらしく個性的ですし、LANパーティなどに持ち込んでも映えると思います。

Lenovo製品ページ:Legion Y740(15)
ウインタブ紹介記事:Lenovo Legion Y740(15) - GeForce RTX2070 / RTX2080を搭載するハイスペック・ゲーミングノートに15.6インチ版が登場!

Legionシリーズの割引率一覧はこちらです。
レノボ(Lenovo)クーポン割引率の一覧(ThinkPad、ThinkBook、Legion、IdeaPad、Yogaシリーズ)【7月20日更新】

5.ideapad C340

Lenovo IdeaPad C340 (14)/(15)
セール価格:
 14インチ: 53,352円(税込み)から(最大53%オフ)
 15.6インチ: 55,037円(税込み)から(最大51%オフ)
※クーポンコードは製品ページに記載されています
※この製品は「夏割」の対象です。割引率表示は夏割クーポン考慮後のものです

●14インチ53,352円モデルのスペック
OS: Windows 10 Home
CPU: Core i3-8145U
RAM: 4GB
ストレージ: 128GB
ディスプレイ: 14インチ: 14インチIPS(1,920 × 1,080)タッチ
サイズ: 328 × 229 × 17.9 mm / 1.65 kg

この製品は14インチと15.6インチの2種類があり、製品名はどちらも「C340」です。ディスプレイサイズが異なるので当然筐体サイズも異なりますが、基本的なスペックはほぼ同じです。Core i3とCore i5モデルが中心で、15.6インチのみCore i7もラインナップします。まあ両者は「サイズだけ違う」という理解で大丈夫ですね。ちなみにウインタブは15.6インチ版のみ実機レビューをしています。

コンバーチブル2 in 1なので、タブレットモードやスタンドモード、テントモードでも使えますし、ディスプレイはタッチ操作が可能で、ペン入力にも対応、しかもペンも付属します。この製品であればビジネスマンや学生さん、PC初心者からベテランまで快適に使えると思いますし、デザインもideapadシリーズらしくシンプルで美しいものです。

この記事に先立って公開した「Core i5を搭載して6万円台!価格破壊のノートPCや2 in 1をご紹介します。コストコンシャスな人は必見!」という記事でも触れましたが、そこで紹介した製品の中にあっても個人的にはこの製品が「爆安キング」だと思います。

Lenovo製品ページ:
 IdeaPad C340 (14)
 IdeaPad C340 (15)
ウインタブ紹介記事:Lenovo IdeaPad C340 (14) / (15) - Core iプロセッサーを搭載する14インチ/15.6インチのコンバーチブル2 in 1、価格も激安レベルです
15.6インチ版の実機レビュー:Lenovo IdeaPad C340 (15) レビュー - どのパソコンにしようかな?と迷っているならこれ!高品質で価格破壊な15.6インチコンバーチブル2 in 1(実機レビュー)

IdeaPad、Yogaシリーズの割引率一覧はこちらです。
レノボ(Lenovo)クーポン割引率の一覧(ThinkPad、ThinkBook、Legion、IdeaPad、Yogaシリーズ)【8月10日更新】

6.関連リンク

今週のオススメ:Lenovo直販サイト
レノボ(Lenovo)クーポン割引率の一覧(ThinkPad、ThinkBook、Legion、IdeaPad、Yogaシリーズ)【8月10日更新】

スポンサーリンク