ThinkPad X1 Extreme(2019)がいよいよ発売!13.3インチモバイルノートのThinkPad X395がなんと最大54%オフ!限定クーポンはマウスが60%オフです!Lenovoクーポン、セール情報

Lenovo ThinkPad X1 Extreme(2019)
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。毎週お伝えしているLenovoの週末セール情報です。「お待ちかね」のThinkPad X1 Extremeの2019年モデルが発売されました!X1 Extreme(2019)の「初の週末価格」は32%OFFで、最低価格は20万円を切ります。

スポンサーリンク

今週はいくつか動きがあります。まず、2018年モデルの多くが直販サイトでの個人向け販売を終了しました。X380 YogaやT480、T580、L380、L480、L580などです。ただ、ThinkPadシリーズって、もともとそんなに安価な製品でもないので、個人購入であえて2018年モデルを、という人は少ないと思います。なので、大勢に影響はない、と言えるでしょう。

また、今週大きく割引率が拡大したものもあります。

ThinkPad X390: 最大45%OFFから最大50%OFFに
ThinkPad X395: 最大49%OFFから最大54%OFFに

この2つは割引率の拡大幅が大きいですよね。王道サイズの13.3インチモバイルノートである、というのもうれしいところ。

ThinkPad T490: 最大41%OFFから最大43%OFFに
ThinkPad L390: 最大34%OFFから最大36%OFFに
Legion Y740(15): 最大40%OFFから最大43%OFFに

L390は13.3インチモバイルノートで、ThinkPadモバイルラインのローエンド製品です。7万円台から購入できるようになりました。また、Legion Y740については、この記事の下の方で説明しています。

先日から「Lenovo製品の割引率一覧ページ」を別途用意しました。製品別の割引率を確認される人はこちらの記事をご覧ください。
レノボ(Lenovo)クーポン割引率の一覧(ThinkPad、ThinkBook、Legion、IdeaPad、Yogaシリーズ)【7月20日更新】

1.マウスの限定クーポン

Lenovoが一部のサイトのみに配布している限定クーポンから。このクーポンはアイテムを絞り、週末の2日間のみ使えるもので、今週は「マウス」が対象です。なお、このクーポンはLenovo直販サイトには記載がありませんので、購入の際はこの記事に記載しているクーポンコードをコピペしてお使いください。

概要

クーポンコード: JPAF0721
対象製品: 下記に記載するマウス5種類
割引率: 60%オフ
有効期間: 2019年7月20日(土)・7月21日(日)の2日間限定

対象製品

ThinkPad Bluetoothレーザー・マウス
Lenovo USB エッセンシャルマウス( 4Y50R20863):648円
Lenovo ワイヤレス・レーザーマウス(0A36188):1,598円
Lenovo エッセンシャル ワイヤレス マウス(4Y50R20864):1,080円
Lenovo USBレーザー・マウス (41U3074):1,598円
ThinkPad Bluetoothレーザー・マウス (0A36407):1,987円
※税込み価格

これらのマウスは比較的プレーンといいますか、特段すごい機能があるわけではありません。基本機能に絞った製品ばかりで、「USB無線」「USB有線」「Bluetooth接続」と、用途に合わせて選べます。60%オフになるとさすがに安く、648円だとノーブランドの激安品と変わらないくらいのお値段ですよね!ちなみに送料も無料です。

2.ThinkPad X1 Extreme(2019)

Lenovo ThinkPad X1 Extreme(2019)
セール価格: 199,022円(税込み)から(32%OFF)
※クーポンコードは製品ページに記載されています

OS: Windows 10 Home / Pro
CPU: Core i5-9300H/Core i7-9750H
GPU: GeForce GTX1650(4GB)
RAM: 8GB/16GB/32GB/64GB
ストレージ: 256GB/512GB/1TB/2TB SSD
ディスプレイ: 15.6インチIPS(1,920 × 1,080)/(3,840 × 2,160)
サイズ: 361.8 x 245.7 x 18.4-18.7 mm / 1.7-1.8 kg

7月19日に発売されたばかりのThinkPad Xシリーズの最上位モデルです。この製品は他のXシリーズとは異なり、サイズが大きく、システムスペックはゲーミングノート並みに高いです。

CPUは第9世代、Coffee LakeのCore i5もしくはCore i7、外部GPUにはNVIDIA GeForce GTX1650を搭載します。RAMは最大で64GB、ストレージは2基搭載することもでき、最大で2TB + 2TB SSDという構成に出来ます。また、ディスプレイもFHD解像度のものと4K解像度のものが選べ、4K解像度のものはタッチパネルもあります(ただし、タッチパネルは後日発売、となっています)。

ThinkPadでゲーム、というのはちょっと違和感のある話ではありますが、この製品であればオンラインゲームをプレイすることも可能でしょう。一方で、同じXシリーズのX1 Carbonと比較すると、性能面では数段上と言えるものの、サイズは大きく、特に重量はX1 Carbonの1.09 kgよりもかなり重くなってしまいます。

通常のビジネス用途であればX1 Extremeは少しオーバースペックという感があります。なので、ビジネス用途でもある程度はっきりとした目的(画像加工、動画編集、高度なシミュレーションなど)がある場合に活きるのではないか、と思います。

スポンサーリンク

Lenovo製品ページ:ThinkPad X1 Extreme(2019)

ThinkPadシリーズの割引率一覧はこちらです。
レノボ(Lenovo)クーポン割引率の一覧(ThinkPad、ThinkBook、Legion、IdeaPad、Yogaシリーズ)【7月20日更新】

3.Legion Y740(15)

Lenovo Legion Y740(15)
セール価格: 169,906円(税込み)から(最大43%OFF)
※クーポンは製品ページに記載されています
※広告限定クーポンの価格です

OS: Windows 10 Home(英語版)
CPU:  Core i7-9750H
GPU: GeForce RTX2070(8GB)/RTX2080(8GB)
※GPUはどちらもMax-Qデザイン
RAM: 8GB/16GB/32GB
ストレージ: 256GB SSD/512GB SSD+1TB HDD / 1TB SSD+1TB HDD
ディスプレイ: 15.6インチIPS(1,920 × 1,080)144Hz
サイズ: 361 x 265 x 19.95(最薄部)mm / 2.2 kg

Lenovoが最近最も力を入れている(と思われます)のがゲーミングPCのLegionです。このY740はLegionノートの中では上位モデルで、ディスプレイサイズが15.6インチのものと17.3インチのものがありますが、今回は特別に安くなるクーポンがありました(ウインタブ限定ではありません)ので、15.6インチのほうを紹介します。

OSはとキーボードが英語版であることに注意したいです(ただしOSは日本語の言語パックを使えばほぼ完全に日本語化できます)が、スペックは非常に高いです。CPUは第9世代(Coffee Lake)のCore i7、外部GPUはGeForce RTX2070/RTX2080とハイエンドなものが搭載されます。ディスプレイのリフレッシュレートも144Hzですし、RGBのライティングはキーボードだけでなく、筐体全体に適用できます。

先に価格の話をしてみましょう。

※RTX2070/RAM8GB/256GB SSD: 169,906円
RTX2070/RAM16GB/512GB SSD+1TB HDD: 197,484円
※RTX2080/RAM16GB/512GB SSD+1TB HDD: 242,773円
RTX2080/RAM32GB/1TB SSD+1TB HDD: 267,497円

この4つのうち、アスタリスクをつけた1番目と3番めは「カスタマイズベース」のモデルで、注文時に構成のカスタマイズが可能です。また、2番めと4番目は「とりあえずこのスペックで満足」と言えそうな、レディメードのモデルですね。いずれも搭載GPUからみて、かなり割安に見えますが、特にRTX2080搭載モデルが非常に安いと感じます。というかですね、RTX2080を搭載するゲーミングノートというのはそんなに数が多くはなくて、DELLのALIENWAREとかMSIの製品の一部くらいが思い浮かびます(他にもあります)。最も高価な267,497円の構成なら、上級ゲーマーでも不満を感じるようなものとは思えず、それがこの価格、というのはすごいと思います。

また、新世代のLegionはデザインもゲーミングノートらしく個性的ですし、LANパーティなどに持ち込んでも映えると思います。この限定クーポンは7月25日まで有効なので、じっくり考えて決めましょう。

Lenovo製品ページ:Legion Y740(15)
ウインタブ紹介記事:Lenovo Legion Y740(15) - GeForce RTX2070 / RTX2080を搭載するハイスペック・ゲーミングノートに15.6インチ版が登場!

Legionシリーズの割引率一覧はこちらです。
レノボ(Lenovo)クーポン割引率の一覧(ThinkPad、ThinkBook、Legion、IdeaPad、Yogaシリーズ)【7月20日更新】

4.IdeaPad S540 (14, AMD)

Lenovo IdeaPad S540(14)
セール価格: 57,866円(税込み)から(最大53%OFF)
※クーポンは製品ページに記載されています

OS: Windows 10 Home
CPU:  Ryzen 5 3500U/Ryzen 7 3700U
RAM: 8GB/16GB
ストレージ: 256GB /512GB SSD
ディスプレイ: 14インチIPS(1,920 × 1,080)
サイズ: 323 x 227 x 15.9 mm / 1.5 kg

続いてはIdeapadシリーズのニューモデルです。このS540には14インチ(Intel)と14インチ(AMD)、そして15.6インチ(Intel)の3シリーズがあり、いずれも価格破壊レベルで安いです。この記事で取り上げている14インチのAMD版ですが、Ryzen 5(第2世代)/RAM8GB/256GB SSD/IPS液晶・FHD解像度のディスプレイ、という構成で59,098円です。Ryzen 5の性能はCore i5-8265Uと同等以上(ウインタブの見解)ですし、RAM、ストレージ、ディスプレイの構成も上級モデルにふさわしいものになっていますので、これで6万円切りというのは驚異的な安さだと思います。

14インチサイズなのでモバイルノートとして使えると思いますが、重量が1.5 kgとやや重く、それが唯一ネックになるでしょうね。2019年に発売されたIdeapadシリーズのうち、このS540とS340(14インチクラムシェルノートで、S540の下位モデル的な位置づけです)、コンバーチブル2 in 1のC340(14インチと15.6インチ)はいずれも激安と言っていい価格になっていますので、コスパ重視でPC選びをする場合は有力候補になるかと思います。

Lenovo製品ページ:IdeaPad S540 (14, AMD)
ウインタブ紹介記事:Lenovo IdeaPad S540 (14) - Whiskey LakeとRyzenを選べる14インチ。高品質と激安価格を両立してます!

IdeaPad、Yogaシリーズの割引率一覧はこちらです。
レノボ(Lenovo)クーポン割引率の一覧(ThinkPad、ThinkBook、Legion、IdeaPad、Yogaシリーズ)【7月20日更新】

5.関連リンク

今週のオススメ:Lenovo直販サイト
レノボ(Lenovo)クーポン割引率の一覧(ThinkPad、ThinkBook、Legion、IdeaPad、Yogaシリーズ)【7月20日更新】

スポンサーリンク