第二世代Ryzen搭載のThinkPad E595は5万円台から購入できます!今週の限定クーポンはThinkPadキーボード50%オフ!Lenovoクーポン、セール情報

公開日: : セール情報

Lenovo ThinkPad E595
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。毎週お伝えしているLenovoの週末セール情報です。ここ1カ月ほど、毎週のようにニューモデルが投入されてきましたが、今週は特に新顔もなく、最新モデル(2019年モデル)の割引率に大きな変化はありませんでしたが、ThinkPadではTシリーズのIntel CPU搭載モデルが安くなっていて、平均して先週よりも3%ほど割引率が拡大しています。また、ideapadシリーズでは「型番の10の位が3」のモデルが安いですね。これらの製品はもはや「旧モデル」ということになることもあり、50%超の割引率が続出しています。

スポンサーリンク

この時期になると夏のボーナスも多くの人にいきわたり(うらやましい…)、「どのPCを買おうか」と熟考されている人も多いのではないでしょうか。「Lenovo買うなら週末」ですが、今週末は海の日を含み3連休となりますので、ThinkPadのセール期間も7月13日から15日までの3日間となります。じっくり考えて購入するようにしましょう!

なお、先日から「Lenovo製品の割引率一覧ページ」を別途用意しました。製品別の割引率を確認される人はこちらの記事をご覧ください。
レノボ(Lenovo)クーポン割引率の一覧(ThinkPad、ThinkBook、Legion、IdeaPad、Yogaシリーズ)【7月13日更新】

1.キーボード3種の限定クーポン

ThinkPad トラックポイント・キーボード - 英語
まずはキーボードの限定クーポン情報です。ThinkPadキーボードはウインタブ読者の評価も高く、数カ月に一度半額(Bluetoothタイプは55%OFF)になりますので、タイミングよく購入したいところw

クーポンの内容

クーポンコード: JPAF0714
対象商品: 下記記載のキーボード 3製品(50%OFF)
クーポン有効期間: 2019年7月13日(土)・7月14(日)の2日間限定
※このクーポンはLenovo直販サイトには記載がありませんので、ここからコピペしてお使い下さい。

対象製品

ThinkPad トラックポイント・キーボード – 日本語 (0B47208):税込み4,860円
ThinkPad トラックポイント・キーボード – 英語 (0B47190):税込み4,860円
Lenovo エッセンシャル ワイヤレス キーボード&マウス – 日本語 (4X30M39480):税込み2,970円

ThinkPadキーボード、基本構造はUSB有線タイプとBluetoothタイプで共通だと思いますが、有線タイプのほうが元値が安いので、税込み4,860円(日本語、英語とも)と購入しやすいお値段になります。モバイル用キーボードは1,000円台からありますので、4,860円というのは必ずしも安いわけではありません。しかし、ThinkPadのノートPCと「同じデザイン、機能と技術を反映」しているため、信頼性とか使いやすさは抜群です。なので、買って後悔するようなことはないです。ThinkPadのキーボード品質は、個人的にはノートPCで最高水準だと思っています。

もうひとつはThinkPadブランドではなくLenovoブランドになりますが、エッセンシャルキーボードとマウスのセットは50%オフで税込み2,970円と、かなりの割安感があります。テンキーつきの大型タイプですから、モバイル利用は無理っぽいですが、1つのUSB子機でキーボード、マウス双方を操作できますし、品質も心配いらないでしょう。

2.ThinkPad E595

Lenovo ThinkPad E595
セール価格: 57,629円(税込み)から(最大44%OFF)
※クーポンコードは製品ページに記載されています

OS: Windows 10 Home/Pro
CPU: AMD Ryzen 3 3300U/Ryzen 5 3500U/Ryzen 7 3700U
RAM: 4GB/8GB/16GB/32GB
ストレージ: 128GB-512B SSD(HDD追加可能)
ディスプレイ: 15.6インチTN(1,366 × 768)/IPS(1,920 × 1,080)
サイズ: 369 x 252 x 19.95 mm / 2.1 kg~

ThinkPadの花形、と言えばやはりXシリーズに代表されるモバイルノートですが、15.6インチのスタンダードノートもあります。このE595はThinkPadシリーズの15.6インチモデルの中で最も低価格な製品で、週末だと5万円台から購入ができます。ただ、最低価格の57,629円のモデルだとRAMが4GBでディスプレイもTN液晶・HD解像度になってしまうので、少しカスタマイズしてみましょう。

「Ryzen 3/RAM8GB/128GB SSD+500GB HDD/IPS・FHDディスプレイ」で税込み70,157円です。ThinkPadシリーズは注文時に細かく構成をカスタマイズできますが、「原則としてカスタマイズぶんも本体と同じ割引が適用」されるんです。なので、例えばディスプレイをTN液晶・HD解像度のものからIPS液晶・FHD解像度のものに変更する場合、「差額4,320円」というのが定価なのですが、セール価格でカスタマイズすると2,506円しかかかりません。個人ユーザーにしてみれば、「たった2,506円でTN液晶がIPS液晶になるの?」って感じですよね。かなり体感差が大きいはずですから。

また、Ryzenをどう評価するかは人それぞれだと思いますが、ウインタブの(ThinkPadではない他機種の)実機レビュー経験上、Ryzen 3ならCore i3と同等以上の実力があると評価します。例えばホワイトカラーのビジネスマンの人がExcelなどのOfficeソフトを使ったり、常識的なビジネスソフトを使う場合ならRyzen 3でもCore i7でもそんなに大きい体感差はないはずです。専門的かつ高度な計算業務とかは別ですけど。

また、ThinkPadシリーズは低価格なものであってもThinkPadであることに変わりはなく、高い耐久性と使いやすいキーボードなど、ビジネスマシンとして必要な品質水準は軽々とクリアしています。なので、個人的には「安いThinkPadって狙い目」だと思うんですよね。その意味ではEシリーズは狙い目だと思います。

Lenovo製品ページ:ThinkPad E595
ウインタブ紹介記事:Lenovo ThinkPad E595 - 新世代のRyzenを搭載する15.6インチノートが発売されました

ThinkPadシリーズの割引率一覧はこちらです。
レノボ(Lenovo)クーポン割引率の一覧(ThinkPad、ThinkBook、Legion、IdeaPad、Yogaシリーズ)【7月13日更新】

3.ThinkPad X1 Carbon

ThinkPad X1 Carbon(2019)
セール価格: 168,934円(税込み)から(最大34%OFF)
※クーポンコードは製品ページに記載されています

OS: Windows 10 Home/Pro
CPU: Intel Core i5-8265U/Core i7-8565Uなど
RAM: 8GB/16GB
ストレージ: 256GB/512GB/1TB/2TB SSD
ディスプレイ: 14インチIPS(1,920×1,080)/(2,560×1,440)/(3,840×2,160)
サイズ: 323 x 217 x 14.95 mm / 1.09 kg~

上に紹介したE595では「安いThinkPadって狙い目」と書きましたが、「高いThinkPad」も決して悪くはないです。ThinkPadユーザーがノートPCの買い替えをする際、高確率でまたThinkPadになるのだろうと思いますが、そういう人たちが最も狙っているであろう製品がX1 Carbonでしょう。ThinkPadモバイルのフラッグシップマシンです。

スポンサーリンク

ThinkPadシリーズはノートPCとして高い耐久性を誇っています。また、シリーズを通じて筐体のデザインコンセプトが一貫していて、正直無骨なデザインではありますが、ビジネスマシンとしてトップレベルの使い勝手を備えています。「ただし」大きくて重いです。もちろ代を重ねるに従って少しずつ「並の大きさ、並の重さ」になってきていますが、クラス最小とかクラス最軽量を狙うような芸風ではありません。

しかし、このX1 Carbon、非常に軽量です。14インチで1.09 kgということなら、「最軽量クラス」と言っていいでしょう。ThinkPadの厳しい品質水準を確保しつつ、このサイズにまとめたのは本当に素晴らしいと思います。ちなみに私が使っているThinkPad 13(廃番品です)は13.3インチで重量が1.5 kg弱ありまして、これを3年以上使っていますが、唯一不満なのが「重量」です。それ以外は「あと10年使ってもいい」くらいに思っています。

ということで、このX1 Carbon、ThinkPadモバイルのフラッグシップというところに購入欲をかきたてられ、1.09 kgというところに購入欲をかきたてられ、高いスペックに購入欲をかきたてられ…、要するに「結局欲しい」わけです、はい。

Lenovo製品ページ:ThinkPad X1 Carbon (2019)
ウインタブ紹介記事:Lenovo ThinkPad X1 Carbon(2019)- ThinkPadのフラッグシップ・モバイルノートがいよいよ2019年モデルに!14インチで重量わずか1.09 kg

ThinkPadシリーズの割引率一覧はこちらです。
レノボ(Lenovo)クーポン割引率の一覧(ThinkPad、ThinkBook、Legion、IdeaPad、Yogaシリーズ)【7月13日更新】

4.ThinkBook 13s

Lenovo ThinkBook 13s
セール価格: 79,920円(税込み)から(最大43%OFF)
※クーポンコードは製品ページに記載されています

OS: Windows 10 Home/Pro
CPU: Intel Core i5-8265U/Core i7-8565U
GPU: なし/AMD Radeon 540X
RAM: 8GB/16GB
ストレージ: 256GB/512GB SSD
ディスプレイ: 13.3インチIPS(1,920 × 1,080)
サイズ: 307.6 × 216.4 × 15.9 mm / 1.34 kg

この製品には「Core i5/RAM8GB/256GB SSD」と「Core i7/Radeon 540X/RAM16GB/512GB SSD」という2つのモデルが設定されていて、Core i5モデルでも十分に上級モバイルノートと言えますし、Core i7モデルに至っては外部GPUまで搭載するハイエンド・ビジネスノートという感じのスペックになっています。

価格のほう、Core i5モデルが79,820円から、Core i7モデルが124,740円から、となっていて、カスタマイズ項目は「OSでPro版を選べる」というのと「製品版Officeをセットできる」というのしかありません。ThinkPadシリーズのようにRAMやストレージの変更はできません。

ディテールを見ていくと「この製品はThinkPadではなく、ideapadシリーズに近い」製品特性であると言えます。注文時に構成のカスタマイズができない、という点もideapadっぽいですし、キーボードを見てもThinkPadのトレードマークである「赤いデベソ(トラックポイント)」は装備されません。ただし、それが悪いというわけではなく、ウインタブで展示機を確認したところ、筐体には安っぽさは全く感じられず、むしろ高級感もありました。また、重量1.34 kgというのは、13.3インチノートとしてはやや重いほうですが、タテ・ヨコサイズは十分に小さく、それに合わせてディスプレイ面のベゼルも細くなっていて、非常にスタイリッシュです。

なので、「Think」という名前を意識せず、「普通にコスパのいいモバイルノート」と考えるべきであり、特にCore i5モデルの税込み79.920円というのは非常にお買い得だと思います。

Lenovo製品ページ:ThinkBook 13s
ウインタブ紹介記事:Lenovo ThinkBook 13s - 13.3インチモバイルノートが新ブランドで登場!ThinkPadシリーズとは大きく異なるものの、割安感は大きいです

5.Legion Y540(15)

Lenovo Legion Y540
セール価格: 117,936円(税込み)から(最大33%OFF)
※クーポンコードは製品ページに記載されています

OS: Windows 10 Home/Pro
CPU: Intel Core i5-9300H/Core i7-9750H
GPU: NVIDIA GeForce GTX1650/GTX1660Ti
RAM: 8GB/16GB/32GB
ストレージ: 256GB/512GB/1TB SSD(HDDの増設可能)
ディスプレイ: 15.6インチIPS(1,920 × 1,080)144Hz
サイズ: 360 x 267 x 24.2(最薄部) mm / 2.3 kg

私自身はゲーマーではないので、あまり偉そうなことは言えませんが、ゲーミングノートを購入される場合、できればGPUには少しお金をかけるのがいいだろうと思います。また、ライターのtakumiさん(腕のいいゲーマーです)の話を聞くと、ディスプレイのリフレッシュレートもかなり重要で、FPSやレースゲームなんかをする場合は120 Hzとか144 Hzのものを選ぶのがいいと思われます。デスクトップPCとは異なり、ゲーミングノートの場合、購入後にシステムをいじれるとしても、RAMやストレージの換装くらいですから(それもメーカー保証の対象外であることがほとんどです)。

ただ、GPUでGeForce RTXシリーズを選ぶ場合、かなりの出費を覚悟しなくてはならず(特にRTX2080なんかは非常に高価です)、予算オーバーになってしまう!という人も多いでしょうし、私も個人的にRTXシリーズ搭載機には手が届きそうにありません。なので、現実的には「できればGTX1660Ti、難しければGTX1650」というのが現実的な選択肢と言えるかも。

LenovoのPCで、ThinkPadシリーズは注文時に構成のカスタマイズができますが、ideapadやYogaなどのブランドはカスタマイズに対応しません。で、このLegion Y540ですが、現状はThinkPadなみに細かく構成のカスタマイズに対応します。なので、予算に合わせてCPUやGPU、RAM、ストレージを変更でき、これは歓迎すべきことだと思います。

Legionシリーズの15.6インチは上位モデルにY740というのがあり、こちらはRTX2080まで搭載可能ですが、このY540はGTX1660TiもしくはGTX1650の搭載となります。つまりLegionとしてはエントリー~中位くらいの位置づけです。しかし、ディスプレイのリフレッシュレートは144 Hzありますし、RAMを16GBにしたり、ストレージを大容量のものにしたりといったカスタマイズができますので、幅広いゲーマーのニーズに応えることができるでしょう。

また、Legionシリーズは筐体デザインが前提的で非常にカッコいいですし、価格のほうも他社製品よりも低めになっています。というか、価格コンシャスに製品選びをする場合、高い確率でLegionが選ばれるんじゃないか、と思われます。そのくらい安いですね。

Lenovo製品ページ:Legion Y540(15)
ウインタブ紹介記事:Lenovo Legion Y540(15)/ Y540(17)- GeForce GTX1650 / GTX1660Tiを搭載する、とっても個性的なデザインのゲーミングノート。「覚醒せよ!秘めたる野生を呼び覚ませ!」
※なお、この製品は紹介記事掲載後、OSが日本語版に、キーボードも日本語配列に変更されています

Legionシリーズの割引率一覧はこちらです。
レノボ(Lenovo)クーポン割引率の一覧(ThinkPad、ThinkBook、Legion、IdeaPad、Yogaシリーズ)【7月13日更新】

IdeaPad、Yogaシリーズの割引率一覧はこちらです。
レノボ(Lenovo)クーポン割引率の一覧(ThinkPad、ThinkBook、Legion、IdeaPad、Yogaシリーズ)【7月13日更新】

6.関連リンク

今週のオススメ:Lenovo直販サイト
レノボ(Lenovo)クーポン割引率の一覧(ThinkPad、ThinkBook、Legion、IdeaPad、Yogaシリーズ)【7月13日更新】

スポンサーリンク

Comment

  1. 匿名 より:

    E4xxシリーズからE5xxシリーズに乗り換えたらキーストロークが浅くなった気がする。打ったつもりが打ててないミスタイプが増えた。

  2. H.H より:

    X1carbonっていいですよね。こないだ実機見てきたんですが、ThinkPadとは思えない軽さでした。正直僕も欲しいですが、16万も予算が出せなかったりで・・・(残念ながら僕は却下にしました。)
    ちょっと待って型落ち狙うといいかもしれません。

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
HP ウインタブ限定クーポン

  • Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map

    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    北海道小樽市出身のウインタブです。いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑