ThinkPad X1 Carbonが34%オフ!ハイエンドゲーミングノートのLegion Y740(15)は最大40%オフ!Lenovoクーポン、セール情報

ThinkPad X1 Carbon(2019)
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。毎週お伝えしているLenovoの週末セール情報です。今週から、別途「セール割引率一覧」のページを作りました。週末の割引率をひと目で確認でき、製品ページにすぐにアクセスできるような構造にしていますので、個別製品の割引率を確認したい場合はこちらのページからお願いいたします。
レノボ(Lenovo)クーポン割引率の一覧(ThinkPad、ThinkBook、Legion、IdeaPad、Yogaシリーズ)【7月6日更新】

スポンサーリンク

さて、「レノボ買うなら週末」ですが、今週も大きな割引率になっています。ということで、発売直後のニューモデルを中心にいくつかおすすめモデルを紹介します。

1.キャリングケース・アクセサリーの限定クーポン

Lenovoが一部のサイトのみに配布している、直販サイトには記載のない限定クーポンです。このクーポンは週末の2日間、特定の製品のみ使えるもので、今週は「キャリングケース・アクセサリー」が対象です。

概要

クーポンコード: JPAF0707
対象製品: 下記に記載するキャリングケース・アクセサリー 5種類
割引率: 最大50%オフ
有効期間: 2019年7月6日(土)・7日(日)の2日間限定

セール対象製品

ThinkPad 外付け光学ドライブ
ThinkPad ウルトラスリム USB DVDバーナードライブ:4,320円(50%OFF)

ThinkPad X1 ワイヤレスタッチマウス
ThinkPad X1 ワイヤレスタッチマウス:4,860円(50%OFF)

ThinkPad スリーブケース
ThinkPad 12インチ スリーブケース (4X40N18007):1,296円(40%OFF)

ThinkPad エッセンシャル・トップロードケース
ThinkPad エッセンシャル・トップロードケース:2,268円(40%OFF)

ThinkPad プロフェッショナル スリム トップロードケース 14インチ用3,564円(40%OFF)

これらの周辺機器は「ThinkPad用」になっていますが、基本的に汎用品と考えて大丈夫です。DVDドライブですが、メインのPCがモバイルノート、という人は年に1回とか2年に1回くらい、光学ドライブがなくて困る、という経験をされているかもしれません。また、外付けの光学ドライブって、秋葉原とか、大型の家電量販店ならいざしらず、地元の家電量販店だともはや売ってないことも多いですよね?ThinkPadブランドなら、最安値ではなくとも耐久性などは心配無用です。

X1 ワイヤレスタッチマウスは久しぶりに限定クーポンの対象になりました。この製品は背面にタッチパッドがついていて、プロジェクターを使ってのプレゼンなどをする際には便利に使えます。若干用途が特殊ではありますが、ニーズのある人にとっては半額で買えてしまうというのはラッキーだと思います。

そして、ケースです。私は13インチ用のスリーブケースと、14インチ用のトップロードケースを、限定クーポン対象になっていたときに購入しました。HPとかDELLのPCを使っている人には若干抵抗があるかもしれませんが、いずれも価格に見合わないくらい高品質なケースだと思っています。

2.ThinkPad X1 Carbon(2019)

Lenovo ThinkPad X1 Carbon(2019)
セール価格: 168,934円(税込み)から(34%OFF)
※クーポンは製品ページに記載されています。

OS: Windows 10 Home / Pro
CPU: Core i5-8265U/Core i7-8565U
RAM: 8GB/16GB
ストレージ: 256GB/512GB/1TB/2TB SSD
ディスプレイ: 
 14インチIPS(1,920 × 1,080)
 14インチIPS(2,560 × 1,440)
 14インチIPS(3,840 × 2,160)タッチ
サイズ: 323 x 217 x 14.95 mm / 1.09 kg

先週のセール情報記事でも掲載した「X1 Carbon」です。ThinkPadシリーズの、いやレノボのフラッグシップ・モバイルノートですね。連続して取り上げているのは「私が欲しいから」というのも理由のひとつになります。この製品を真剣に購入検討している人は私だけじゃないと思いますしね。

セール価格のほう、先週末から変化なく、34%です。平日の割引率が30%くらいなので、やはり土日に購入するほうがずっとお買い得です。

直販モデルの主要スペックは上記のとおりです。CPUはWhiskey LakeのCore i5もしくはCore i7で、上に記載したもののほか、vProに対応するCore i5-8365UとCore i7-8665Uも選択可能です(個人利用の場合はあんまり関係ないか、と)。

注意したいのがRAMで、この製品は薄型軽量設計のため、オンボード(ユーザーが自分で増設したり換装したりできない)です。ThinkPadシリーズの場合、購入後に自分でRAMを増設、なんてことをする人が普通にいると思いますが、この製品ではそれができません(できるか人もいるかも知れませんが、常識的には無理だと思います)。なので、余裕を見て16GBにしておいたほうがいいかもしれません。

ストレージは最大で2TBまで搭載可能ですが、2TBにすると「余裕でプラス10万円以上」の追加になりますので、ほどほどにしておきましょう。ディスプレイは3種類の解像度から選べます。個人的には「4Kタッチ」狙いですが、FHDディスプレイ比プラス24,840円(割引になって18,532円)なので、ストレージ2TBにするよりは現実的ですね。

スポンサーリンク

「買うのは決まっている、あとはいつ買うか…」という人も多いと思います。どんな製品でもそうですが、発売から期間が経過すると次第に価格は下がっていきますし、X1 Carbonも年末まで待てば40%以上の割引率になるんでしょうけど、そこまで待つのもねえ…。買ってすぐにニューモデルが出ちゃっても面白くないですし。ということで、悩みは続くのかも。

Lenovo製品ページ:ThinkPad X1 Carbon (2019)
ウインタブ紹介記事:Lenovo ThinkPad X1 Carbon(2019)- ThinkPadのフラッグシップ・モバイルノートがいよいよ2019年モデルに!14インチで重量わずか1.09 kg

ThinkPadシリーズの割引率一覧はこちらです。
レノボ(Lenovo)クーポン割引率の一覧(ThinkPad、ThinkBook、Legion、IdeaPad、Yogaシリーズ)【7月6日更新】

3.Legion Y740(15)

Lenovo Legion Y740(15)
セール価格: 207,878円(税込み)から(最大40%OFF)
※クーポンは製品ページに記載されています

OS: Windows 10 Home(英語版)
CPU:  Core i7-9750H
GPU: GeForce RTX2070(8GB)/RTX2080(8GB)
※GPUはどちらもMax-Qデザイン
RAM: 16GB/32GB
ストレージ: 512GB+1TB HDD / 1TB SSD+1TB HDD
ディスプレイ: 15.6インチIPS(1,920 × 1,080)144Hz
サイズ: 361 x 265 x 19.95(最薄部)mm / 2.2 kg

上級ゲーマーの皆さん、お待たせしました!LANパーティーに持ち込むノートPCが決まりましたね!というのは言いすぎですが、Legionシリーズのハイエンド「Y740」に15.6インチ版が追加されました。7月6日時点では構成のカスタマイズに対応していませんが、特にカスタマイズが必要なさそうなスペックになっています。RTX2070モデルのほうがRAM16GB、ストレージ512GB SSD+1TB HDDという構成で、RTX2080モデルのほうがRAM32GB、ストレージ1TB SSD+1TB HDDという構成になります。

ディスプレイのリフレッシュレートも144Hzですし、RGBのライティングはキーボードだけでなく、筐体全体に適用できます。なので、スペック的に特にいじるところもなさそうです。

一応注意事項として、OSが英語版(日本語の言語パックを導入すればほぼ完璧に日本語化できるので、あまり問題はありません)なのと、キーボードが英語配列、というところです。ただ、ゲーマーなら英語配列のほうがむしろ使いやすいかもしれないですね(この辺は適当に書いてます)。

注目の割引率は最大40%と大きく、RTX2070/RTX2080搭載機としてはかなり安価な部類になると思います。筐体のデザインも非常に個性的ですし、上級ゲーマーでも納得の製品だと思います。

Lenovo製品ページ:Legion Y740(15)
ウインタブ紹介記事:Lenovo Legion Y740(15) - GeForce RTX2070 / RTX2080を搭載するハイスペック・ゲーミングノートに15.6インチ版が登場!

Legionシリーズの割引率一覧はこちらです。
レノボ(Lenovo)クーポン割引率の一覧(ThinkPad、ThinkBook、Legion、IdeaPad、Yogaシリーズ)【7月6日更新】

4.ThinkBook 13s

Lenovo ThinkBook 13s 展示機
セール価格: 79,920円(税込み)から(最大43%OFF)
※クーポンは製品ページに記載されています

OS: Windows 10 Home / Pro
CPU: Core i5-8265U/Core i7-8565U
GPU: なし/AMD Radeon 540X
RAM: 8GB/16GB
ストレージ: 256GB SSD/512GB SSD
ディスプレイ: 13.3インチIPS(1,920 × 1,080)
サイズ: 307.6 × 216.4 × 15.9 mm / 1.34 kg

この製品もセール情報記事の常連です。「Core i5/RAM8GB/256GB SSD」という構成のモデルが税込みで79,920円、というのに激しい割安感があります。他に「Core i7/Radeon 540X/RAM16GB/512GB SSD」という、ビジネスマシンとしてはオーバースペックなんじゃないかと思えるくらいのモデルが税込み124,740円と、こちらもかなり割安感があります。

筐体は「アルミニウムとマグネシウムの合金」製、筐体色は「ミネラルグレー」というのが公式の色名ですが、実物はシルバーに近い感じでした。この製品と、HPのPavilion 13、DELLのInspiron 13 5000がいずれも「コミコミ」8万円前後で購入でき、個人的には「バリューなCore i5ノート」ならこの3機種のいずれか、ということのなるのでは?と思います。

Lenovo製品ページ:ThinkBook 13s
ウインタブ紹介記事:Lenovo ThinkBook 13s - 抜群のコスパを誇る「レノボのThink」13.3インチモバイルノート、実機を見てきました!

5.Yoga C630

Lenovo Yoga C630
セール価格: 121,306円(税込み)から(10%OFF)
※クーポンは製品ページに記載されています

OS: Windows 10 Home(Sモード)
CPU: Qualcomm Snapdragon 850
RAM: 4GB
ストレージ: 128GB UFS
ディスプレイ: 13.3インチIPS(1,920 × 1,080)タッチ
サイズ: 306.8 x 216.4 x 12.5(最薄部)mm / 1.25 kg

出ました!WOS(Windows On Snapdragon)のコンバーチブル2 in 1。発表直後にはいつも話題沸騰なんですけど、少し時間が経つと誰も顧みなくなってしまう、ちょっと不遇な存在です。「新しいもの好きな人」にはおすすめしますが、価格なりの処理性能を期待する人には向かないでしょう。ただ、おそらく現時点だと日本で購入できるWOSマシンはこれだけだと思います。HPも諦めた、いや失礼、見送っているのが現状ですからね。

私、ほんの短時間この製品を試用したことがありますが、挙動にもっさりしたところはなく、普通のモバイルノートという感じでした。ただ、10万円以上のPCと同じ性能か?ということになるとそれは厳しいと思います。あとはバッテリー持ちのよさとか、ホットスタンバイ(スリープからの復帰が爆速)とかではIntel CPUの製品よりも断然上だと思います。

割引率は10%と、レノボにしては「ほんの気持ちだけ」という感じですが、他に競合製品もなく、イノベーター、あるいは超アーリーアダプター向けの製品だと思うんで、仕方ないだろうなあ、と思います。

Lenovo製品ページ:YOGA C630
ウインタブ紹介記事:Lenovo Yoga C630 - Windows on Snapdragon!の13.3インチコンバーチブル2 in 1、いよいよ日本での販売がスタート !

IdeaPad、Yogaシリーズの割引率一覧はこちらです。
レノボ(Lenovo)クーポン割引率の一覧(ThinkPad、ThinkBook、Legion、IdeaPad、Yogaシリーズ)【7月6日更新】

6.関連リンク

今週のオススメ:Lenovo直販サイト

スポンサーリンク