ThinkPadの「周辺機器セット」が激安!ニューモデルのIdeaPad C340とS540も40%オーバーの割引に!Lenovoクーポン、セール情報

公開日: : セール情報

Lenovo ThinkPad X390 日本仕様
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。毎週お伝えしているLenovoのセール情報です。4月27日から10連休ということで、通常だと週末のみに適用されるThinkPadの週末クーポンが「5月6日まで」のロングランで使えますよ!また、ideapadシリーズなどのクーポンも5月9日までと、非常に長い期間が対象になっています。肝心の割引率のほう、ThinkPadは単品割引率は大きな変化なしですが、セットセールが開催されていて、ニーズの合う人にはとってもお買い得です。非ThinkPadのほうは、ニューモデルの「ideapad C340」と「ideapad S540」の割引率が大きく、狙い目だと思います。

スポンサーリンク

1.ゴールデンウィークセール大抽選会

Lenovo ゴールデンウィーク大抽選会
どのくらい当選確率が高いのかはよくわかりませんが、「自動応募(何もしなくていいです)」の大抽選会というのをやっています。

2019年4月26日(金)~2019年5月16日(木)の期間、Lenovo直販サイトで「1注文の合計金額が54,000円(税込)以上」の買い物をすれば、自動的にエントリーとなり、抽選で100名にコードレスクリーナー、旅行券、タブレットなどがプレゼントされます。理想的なパターンは「買い物をして、忘れた頃に旅行券が届く」って感じですかね。あまり期待せず、あたればラッキー、ということでいいでしょう。「企画がないよりはずっとマシ」です。

2.ThinkPadシリーズ 週末の割引率

Lenovo ThinkPad X390 日本仕様

ThinkPad X390

ThinkPadシリーズは「おすすめ周辺機器セット・新生活応援セット」を除くと割引率に大きな変化はありません。4月27日現在、ThinkPadシリーズには2018年モデルと2019年モデルが混在していて、型番の3桁の数字のうち、「10の位」が「8」だと2018年モデル、「9」だと2019年モデルとなります(X1シリーズとPシリーズは例外です)。

「どうせ買うなら2019年モデル」という考えは当然です。おそらく私だってそうします。ただ、2018年モデルではダメか?というと、決してそんなこともありません。一番気になるのは「CPUの型番」だと思います。2018年モデルの多くはKaby Lake R(Core i7-8550Uなど)で、2019年モデルだとWhiskey Lake(Core i7-8565Uなど)であることがほとんどで、確かにWhiskey Lakeのほうが少し高性能ではありますが、はっきり言って体感差なんてほとんどありません(同じクラスのCore iプロセッサー同士を比較する場合)。私個人の感想では「体感差ゼロ」です。

また、X280の後継機種がX390ですが、実はこの2機種、ディスプレイサイズが違います。X280は12.5インチ、X390は13.3インチです。筐体サイズの差は非常に小さいので、「気にしなくていい」とは言えますが、12.5インチのほうが使いやすいと感じる人もいるでしょうし、古くからのX2○○シリーズのユーザーなら「いまのうちにX280を買っておこう」と考える人もいると思います。それと、このあと説明しますが、「おすすめ周辺機器セット・新生活応援セット」というセット割引製品が2018年モデルの一部に設定されていて、割引率が非常にお大きくなっているので、2019年モデルに必ずしもこだわらないという人にはおすすめです。

おすすめ周辺機器セット・新生活応援セット

Lenovo ThinkPad T480s

ThinkPad T480s

下記にアスタリスク(※)をつけた製品に「おすすめ周辺機器セット」もしくは「新生活応援セット」というパッケージが追加され、それぞれ非常に大きな割引率になっています(セットは製品ページにあります)。おすすめ周辺機器セットには「ドッキングステーション、外付け光学ドライブ、PC用モバイルバッテリー、PCバック」などから3点で、X1 Extremeだと「Thunderbolt 3 Workstation ドック、ウルトラスリム USB DVDバーナードライブ、Lenovo 17インチ パッセージ バックパック」、X280だと「ThinkPad プロ ドッキングステーション、Lenovo USB Type-C ノートブックパワーバンク(14000mAh)、Lenovo 17インチ パッセージ バックパック」がセットされます。

また、新生活応援セットのほうは「ThinkPad ウルトラスリム USB DVDバーナードライブとLenovo 17インチ パッセージ バックパック(E490の場合)」がセットされます。外付けの光学ドライブとバックパック(リュック)がついてくるというわけですね。

セットされるものが必要と考えられるのであれば見逃せません。また、ThinkPadシリーズの割引率は非常に大きくなっていて、もはや単品だとさらに大きい割引率を設定できない、という事情もあるのかもしれませんね。

では、他のThinkPadシリーズの週末の割引率をご案内します。

Xシリーズ:薄型軽量の上級モバイルノート

ThinkPad X1 Extreme(最大40%OFF)※
ThinkPad X1 Carbon (2018モデル)(最大48%OFF)※
ThinkPad X1 Yoga(2018)(最大49%OFF)※
ThinkPad X280(最大56%OFF)※
ThinkPad X390:(最大38%OFF)
ThinkPad X380 Yoga(最大31%OFF)
ThinkPad X1 Tablet (2018モデル):(最大28%OFF)

Tシリーズ:高性能ビジネスノート

ThinkPad T490s(35%OFF)
ThinkPad T490(35%OFF)
ThinkPad T590(37%OFF)
ThinkPad T480s(最大48%OFF)※
ThinkPad T480(最大44%OFF)
ThinkPad T580(最大42%OFF)

Lシリーズ:メインストリームビジネスノート

ThinkPad L380(最大37%OFF)
ThinkPad L390(最大32%OFF)
ThinkPad L480(25%OFF)
ThinkPad L580(25%OFF)
ThinkPad L380 Yoga(35%OFF)
ThinkPad L390 Yoga(30%OFF)

Eシリーズ:スタンダードビジネスノート

ThinkPad E480(最大43%OFF)
ThinkPad E490(最大36%OFF)※
ThinkPad E580(最大30%OFF)
ThinkPad E590(最大35%OFF)※
ThinkPad E585(最大36%OFF)

スポンサーリンク

Aシリーズ:AMD搭載ノート

ThinkPad A485(最大48%OFF)
ThinkPad A285(最大53%OFF)

Pシリーズ:モバイルワークステーション

ThinkPad P シリーズ(最大37%OFF)
ThinkPad P1(32%OFF)

※ThinkPadシリーズのセール期間は5月6日まで
※クーポンは製品ページに記載されています

3.ideapad、Yoga、Legionの割引率

Lenovo IdeaPad C340 (14)/(15)

ideapad C340

ウインタブでは(自分がThinkPadユーザーということもあり)ThinkPadシリーズを優先して紹介しているのですが、LenovoのノートPCはThinkPad以外にもあります。

●ideapad:ThinkPadシリーズほどビジネス色が強くなく、パーソナル用途にもピッタリのシリーズ。シンプルで飽きのこないデザインも魅力で、概して非常にコストパフォーマンスが高い。
●Yoga:ideapadシリーズに近い特性を持つが、シリーズのメインは「Yoga筐体(コンバーチブル2 in 1)」。

この2ブランド、もともとは「クラムシェルノートがideapad、コンバーチブル2 in 1がYoga」というすみ分けだったのですが、例えば最新モデルのideapad C340はコンバーチブル2 in 1ですし、Yoga S730はクラムシェルノートです。なので、もはや製品名だけでブランドの特性を語り切ることは難しく、ある意味、「ideapadとYogaで1つのグループ」と考えたほうがいいかもしれません。

●Lenovo:ThinkPadシリーズのようにビジネス色が強いブランド。CPUの世代が古かったりするので、個人向けとしては影が薄いかも。
●Legion:ゲーミングPCのブランド。他のLenovo製品よりもローカライズされておらず、OSやキーボードが英語版だったりする。デザインが斬新で美しく、コストパフォーマンスも高い。

ゲーミングブランドのLegionはLenovoが注力していて、意欲的な製品が続々と登場しています。CPUとGPUの型番から判断して、他社製品よりも価格は低めですし、なにしろデザインが「他のPCと全然似ていない」です。ゲーマーも、デザインにうるさいクリエイターも、一見する価値のある製品だと思います。

これらのシリーズ、割引率は先週と大きく変化していません。Legionを別にすると、狙い目はニューモデルのideapad C340(14インチと15.6インチのコンバーチブル2 in 1)とideapad S540(「ピックアップ」のところで説明します)ですね。発売されたばかりで、割引率も最大40%を越えており、お買い得感がハンパじゃありません。

【ピックアップ】ideapad S540

Lenovo IdeaPad S540 (15)
セール価格: 55,404円(税込み)から(最大43%OFF)
※クーポンコードは製品ページに記載されています

OS: Windows 10 Home
CPU: Core i3-8145U/Core i5-8265U
RAM: 4GB/8GB
ストレージ: 256GB/512GB
ディスプレイ: 15.6インチIPS(1,920 × 1,080)
サイズ: 358 × 245 × 16.9 mm / 1.8 kg

「つい先週」発売されたばかりのニューモデルです。15.6インチのスタンダードノート、という位置づけになりますが、サイズがかなり小さめで重量も軽いので、毎日必ず持ち歩くという使い方でなければモバイル利用も考えられます。

スペックは「Core i3/RAM4GB/256GB SSD」もしくは「Core i5/RAM8GB/256GB or 512GB SSD」となり、ThinkPadシリーズのように注文時に構成のカスタマイズはできません。デザインは他のideapadシリーズと同様、シンプルかつクリーンなものになっていて、処理性能のほうも十分と言えます。

そして「明らかに安い」です。ウインタブでは上級モバイルノートの基準(勝手に決めたものですし、この製品はモバイルノートではありませんけどね)を「Core i5/RAM8GB/256GB SSD/FHDディスプレイ」としていて、ideapad S540でこの水準を満たすモデルは税込み75,103円です。また、Core i3モデルだと55,404円で購入できてしまいます。どう考えても他社の競合製品よりも安いと思います。「コスパの高い15.6インチ」を探している人にはおすすめです!

Lenovo製品ページ:Ideapad S540 (15)
ウインタブ紹介記事:Lenovo IdeaPad S540 (15) - 15.6インチながら重量1.8 kgのコンパクトサイズ、コスパ抜群のスタンダードノート

ideapad

Ideapad 120S シリーズ(最大42%OFF)
Ideapad S130(11)(38%OFF)
Ideapad S130 (14)(42%OFF)→4月27日現在、在庫なし
ideapad 330シリーズ(最大47%OFF)
ideapad 330Sシリーズ(最大48%OFF)
IdeaPad C340 (14)(最大47%OFF)
IdeaPad C340 (15)(最大48%OFF)
Ideapad 530S (インテル)(最大43%OFF)
Ideapad 530S (AMD)(最大46%OFF)
ideapad S530(最大31%OFF)
Ideapad S540 (15)(最大43%OFF)
Ideapad 720S(13.3型 インテル搭載)(最大37%OFF)
Ideapad 720S (13.3型 AMD搭載)(48%OFF)

Yoga、Lenovo、Legion

YOGA S730(最大17%OFF)
Yoga Book C930(最大15%OFF)
Yoga C930(最大22%OFF)
Yoga シリーズ(最大43%OFF)
Lenovo Vシリーズ(最大46%OFF)
Legion Y530(最大36%OFF)
Legion Y740(17)(最大25%OFF)→4月27日現在、在庫なし

※ThinkPad以外の製品のセール期間は5月9日まで
※クーポンは製品ページに記載されています

4.関連リンク

今週のオススメ:Lenovo直販サイト

スポンサーリンク

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
HP ウインタブ限定クーポン

  • Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map

    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    北海道小樽市出身のウインタブです。いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑