セール情報 - Lenovoの週末クーポン、ThinkPadシリーズはほぼ横ばいながら、ideapad 720SとLenovo V730が激安に!

Lenovo ThinkPad T480
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。毎週お伝えしているLenovo直販サイトの週末クーポン情報です。先週「最大51%オフ」となったThinkPad X280ですが、今週は残念ながら最大49%に戻ってしまいました。しかし、先週もすべてのモデルが51%オフになったわけではないので、それほどがっかりしなくてもいいと思います。

スポンサーリンク

今週はThinkPad以外の製品で「Lenovo V730」そして「ideapad 720S(AMD)」の割引率が大きく拡大しました。720Sは13.3インチの高性能モバイルノートで、ウインタブ読者の関心も高いと思いますので、ぜひチェックしてみてください。それと、今週もLenovoが一部のサイト限定で配布しているクーポンがあり、「プライバシーフィルター」が対象です。対象製品がオール半額!

1.プライバシーフィルターの限定クーポン

プライバシーフィルターが半額

クーポンの内容

クーポンコード: JPAF0930
対象商品: 下記のプライバシーフィルター6製品(50%OFF)
クーポン有効期間: 2018年9月29日(土)・30日(日)の2日間限定
※このクーポンはLenovo直販サイトには記載がありませんので、ここからコピペしてお使い下さい。

対象製品

12.5インチワイド プライバシーフィルター:3,348円
15.6インチワイド プライバシーフィルター:3,780円
14.0インチワイド プライバシーフィルター:3,564円
Tactus TrueWrite Film for Lenovo ThinkPad X1 Yoga 003109:3,510円
ThinkPad X1 Yoga用プライバシーフィルター:4,860円
ThinkPad X1 Tablet用保護フィルム (光沢なし):2,430円
※すべて税込み価格。定価の50%OFFとなります

これらはディスプレイに貼り付けるフィルムなので、サイズさえ合えばLenovo製品でなくとも使えます。特に上の3つはディスプレイサイズが合っていれば大丈夫でしょう。ただし、製品ページにサイズの記載がありますので、念のためお使いのPCのサイズに適合するかを確認してください。プライバシーフィルターって、本格的なものは値が張ります(経験済み)が、特に機密保持が必要な仕事をしている場合は必須アイテムですよね。性質上、「ちょっといいやつ」にしておいたほうがいいと思いますし、これらの製品は品質面でも安心だと思います。

2.【ピックアップ】Lenovo V730

Lenovo V730

クーポン価格: 67,500円から(最大51%オフ)

オススメモデルの構成例(67,500円、51%オフ)
OS: Windows 10 Home
CPU: Intel Core i3-7130U
RAM: 8GB
ストレージ: 128GB SSD
ディスプレイ: 13.3インチIPS(1,920 × 1,080)
サイズ: 305 x 218 x 15.9 mm / 1.2 kg

これまでのセール情報記事でV730について「ビジネス向けにセキュリティも考えられた堅牢な筐体ながら、CPUが第7世代にとどまることもあり、どちらかというと個人向けではない」という趣旨のことを書いてきましたが、今週いきなり51%オフになってしまいました。上のスペック表を見てください。CPUはCore i3ですが7130Uなので型番としては比較的新しく、RAMも8GBありますし、ストレージもSSDです。そしてディスプレイもFHD解像度でIPS液晶になっています。この構成で6万円台というのは個人的には「激安」だと思います。

ビジネス用でMicrosoft OfficeやブラウザでのWebアプリなどをメインに使うのであれば不足はありません。というか文句なしだと思います。

Lenovo製品ページ:Lenovo V730
紹介記事:Lenovo V730 - 13.3インチでコンパクトかつ軽量、ビジネスシーンで頼りになりそうなモバイルノート

3.ThinkPad

Lenovo ThinkPad A285

ThinkPad A285

Xシリーズ:薄型軽量の上級モバイルノート

ThinkPad X1 Extreme(最大31%OFF)
ThinkPad X1 Carbon(2018)(最大44%OFF)
ThinkPad X1 Yoga(2018)(40%OFF)
ThinkPad X280(最大49%OFF)
ThinkPad X380 Yoga(25%OFF)
ThinkPad X1 Tablet (2018モデル):(28%OFF)

ThinkPadシリーズのイメージリーダーとも言える上級シリーズが「Xシリーズ」です。Xシリーズは比較的割引率が高めに設定されていますが、元値も高価なので、10万円を切るような価格にはなりにくいです。しかし、その時点での最新技術が盛り込まれていますし、ThinkPadらしい高い耐久性も備えていますので、PCとして陳腐化しにくく、一度購入したら長く使えます。

Xシリーズのおすすめは12.5インチのX280、14インチのX1 Carbonが双璧だと思っています。また、ハイスペックな15.6インチのX1 Eztremeも発売直後から最大31%もの割引率になっていますが、それでも20万円以下では買えないです…。

Tシリーズ:高性能ビジネスノート

ThinkPad T480s(最大36%OFF)
ThinkPad T480(最大36%OFF)
ThinkPad T580(最大36%OFF)

スタンダードノートのハイエンドであるTシリーズは、15.6インチのX1 Extremeが登場した関係で少し微妙な位置づけに感じられるかもしれません。しかし、トラディショナルなスタンダードノートというところでは依然として魅力があります。15.6インチのT580にはX1 Extremeにはないテンキーつきのキーボードが装備されますし、Tシリーズ唯一のモバイルノートであるT480sも含め、外部GPUのGeForce MX150を搭載可能です。MX150はX1 Extremeに搭載されるGTX1050Tiほど高性能ではありませんが、もともとビジネスマシンであるThinkPadならMX150でも十分な効果を発揮してくれるでしょう。

Tシリーズの割引率は先週から変化がありませんが、もともと高い割引率になっています。陳腐化しにくく、長く使える高性能なスタンダードノートを、ということならTシリーズがいいと思います。それと、T480sは今週から「米沢生産モデル」が追加されました。Made In Japanにこだわりたい人はぜひ!

Lシリーズ:メインストリームビジネスノート

ThinkPad L380(最大37%OFF)
ThinkPad L480(25%OFF)
ThinkPad L580(25%OFF)
ThinkPad L380 Yoga(25%OFF)

スポンサーリンク

Lシリーズは全般に割引率が低めで、スタンダードノートのL480とL580はEシリーズやTシリーズとの差別化が少し難しく、やや割高に感じられます。同様に13.3インチのL380 Yogaについても、コンバーチブル2 in 1筐体を採用しているものの、他のThinkPadシリーズよりも割引率が低いので、あまりお買い得とも思えません。

割引率が大きく、6万円台から購入できる13.3インチモバイルノートのL380は狙い目です。構成のカスタマイズ余地も非常に大きく、好みのスペックに仕上げるのも容易です。Core i3搭載の水準で10万円を軽く切りますので、お財布にも優しいです。

Eシリーズ:スタンダードビジネスノート

ThinkPad E480(最大31%OFF)
ThinkPad E580(最大30%OFF)
ThinkPad E585(最大44%OFF)

サイズ的にスタンダードノートのみとなりますが、個人的にはEシリーズがおすすめです。ThinkPadとしてはスタンダード(エントリー)クラスに位置していて、週末であれば5万円台から購入が可能なので、他社製品と比較しても決して高くはありません。しかし、外観も高い堅牢性も「間違いなくThinkPad」です。

Eシリーズの14インチがE480で、この製品はスタンダードノートとしてはコンパクトになっており、キーボードにはテンキーがありません。重量は1.75 kgと、モバイルノートと考えると少し重いですが、たまに外出先に持っていく、というくらいなら十分使えると思います。

E580とE585は15.6インチでテンキーも備える、典型的なスタンダードノートです。E580はオーソドックスにCPUがIntel製、E585はCPUにAMDのRyzenを搭載します。E585のほうが割引率が大きくなっていますので、AMDのCPUに抵抗がないのであればE585がいいと思います。

Aシリーズ:AMD搭載ノート

ThinkPad A485(最大44%OFF)
ThinkPad A475(最大40%OFF)
ThinkPad A285(最大44%OFF)

AシリーズはCPUがAMD製で、特にRyzen PROを搭載するA485(14インチ)とA285(12.5インチ)はモデルとして最新と言えますので購入検討の価値大です。A485はT480やE480と、A285はX280と比較検討して購入を判断したらいいでしょう。ウインタブではまだRyzen搭載の実機を試用していませんので偉そうなことも言えませんが、Ryzen 3はCore i3と、Ryzen 5はCore i5と、そしてRyzen 7はCore i7といい勝負くらいの性能、と考えておけば購入後に大きく期待を外すこともないと思います。

Pシリーズ:モバイルワークステーション

ThinkPad P シリーズ(最大39%OFF)
ThinkPad P1(最大28%OFF)

Pシリーズは普通のノートパソコンとしても使えますが、位置づけとしては「ワークステーション」です。CPUの型番とかGPUの種類が一般向けのCore i7とかGeFoeceではないものがあります。CPUならXeon、GPUならQuadroという製品名になりますが、これらは用途が少し違っていまして、個人用の場合XeonやQuadroよりもCore i7やGeForceのほうが使いやすいはずです。PシリーズはCADとか高度な科学技術演算とか、「業務用」の性格が強いです。

X1 Extremeの発売によって、Pシリーズの位置づけがより明確化されました。というのも、Pシリーズの最新モデル「P1」はCPUやGPUの構成が異なるものの、筐体はX1 Extremeと同じものが使われていて、いわば「兄弟機」です。ビジネスやゲーム、その他プライベート利用も含め、パーソナルユースならX1 Extreme、上に書いたように専門的な業務に使うのであればP1ということになります。

※ThinkPadシリーズのセール期間は9月30日まで
※クーポンは製品ページに記載されています

4.ideapad

Lenovo ideapad 720S

ideapad 720S

Ideapad 120S シリーズ(最大42%OFF)
ideapad 330シリーズ(最大42%OFF)
ideapad 330Sシリーズ(最大46%OFF)
Ideapad 520(最大40%OFF)
ideapad 530Sシリーズ(最大41%OFF)
ideapad 720Sシリーズ(最大43%OFF)

真っ黒で無骨なThinkPad(だが、それがいい…)よりも軽快なイメージのパーソナルマシンがideapadシリーズです。シルバー基調(他の色もあります)のスッキリとしたクリーンなデザインに統一感があり、より低価格なものが多いので、学生さんとか家庭用ならideapadのほうがいいかもしれないですね。

モデルとして新しいのは330(14インチと15.6インチのスタンダードノート)、330S(14インチと15.6インチのスリムノート)、530S(14インチのスリムノート)で、発売から少し期間が経過しているものの、ハイスペックなモバイルノートとして魅力的なのが720S(13.3インチ)です。そして、その720Sの割引率が大きく拡大し、AMD Ryzen搭載モデルが最大43%オフとなりました!このほか今週は520(15.6インチスタンダードノート)の割引率が拡大しています。

5.Yoga、Lenovo、Legion

Lenovo V330

Lenovo V330

Yoga シリーズ(最大42%OFF)
Lenovo Vシリーズ(最大51%OFF)
Legion Yシリーズ(最大36%OFF)

Yogaシリーズ(ヒンジが360度回転する、コンバーチブル2 in 1)は上位モデルの920、720が「もうじきモデルチェンジ」となりそうなので、正直なところ「もうちょっと待ちましょう」という感じです。そのぶん安ければいいんですけど、他のLenovo製品と比較してそれほど大きな割引になっていません。

登場から日が浅いYOGA330(エントリークラスの11.6インチ)はCPUにGemini LakeのCeleron N4000を搭載していて、ライトユースに向くと思いますし、価格も3万円台なのでセカンドマシンとしてもいいんじゃないでしょうか。

Lenovo Vシリーズはビジネス利用を念頭に置いた製品で、CPUは第7世代にとどまるものの、セキュリティ関係や筐体の堅牢性は強化されていますので、頑丈で安定したPCを、という人に向きます。また、今週大きく割引率が拡大し、非常に割安感が高まりました。V730(13.3インチ)であればThinkPad L380やX280あたりと、V330(15.6インチ)であればThinkPad Eシリーズあたりとよく比較してみたらいいと思いますが、特にV730はぶっちぎりの安さだと思います。

LegionはゲーミングPCの製品ブランドです。なかでも「Y530」は最新モデルで、「とがったデザイン」が魅力で、ひとめでそれとわかるくらいに独創的です。ゲーミングノートとしてのスペックもよく、割引率も最大33%OFFと大きくなっています。ただし、英語配列のキーボードになっちゃいますけどね。

※ThinkPad以外の製品のセール期間は10月11日まで
※ただし、ideapad 720Sなど、ごく一部9月30日まで、というものもあります
※クーポンは製品ページに記載されています

6.関連リンク

今週のオススメ!:Lenovo直販サイト

スポンサーリンク