セール情報 - Lenovoの週末クーポン、ThinkPadシリーズは割引率が若干変動、Ryzen搭載モデルは依然として安値継続、限定クーポンはモバイルアクセサリーが半額!

Lenovo RhinkPad E585
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。毎週お伝えしているLenovoのクーポン情報です。ThinkPadシリーズは土日のみ、ideapadシリーズやLenovoシリーズなど、非ThinkPadの製品は7月5日までがセール期間となります。また、Lenovo直販サイトに記載のない限定クーポンですが、今週は光学ドライブやスリーブケースが半額となっています。

スポンサーリンク

肝心の割引率ですが、ThinkPadシリーズは一部で割引率が拡大したモデルがあるものの、先週から「1%だけ」割引率が縮小した製品が多いです。ただ、この傾向は来週どうなるか判然としませんし、現状でも十分安値圏にあると思われますので、購入検討の余地は大きいと思います。

1.限定クーポン

Lenovoが一部のサイトのみに配布している、直販サイトには記載のない限定クーポンです。このクーポンは週末の2日間、特定の製品のみ使えるもので、今週は「モバイルアクセサリー」が対象です。

概要

クーポンコード: JPAF0701
対象製品: 下記に記載する周辺機器 5種類
割引率: 50%オフ
有効期間: 2018年6月30日(土)・7月1日(日)の2日間限定

セール対象製品

ThinkPad 外付け光学ドライブ
ThinkPad ウルトラスリム USB DVDバーナードライブ 2 (4XA0N89959):4,320円

ThinkPad X1 ワイヤレスタッチマウス
ThinkPad X1 ワイヤレスタッチマウス(4X30K40903):4,860円

Lenovo HDMI-VGAアダプタ-
Lenovo HDMI – VGA モニター・アダプター (0B47069):1,728円

ThinkPad スリーブケース
ThinkPad 12インチ スリーブケース (4X40N18007):1,080円
ThinkPad 13インチ スリーブケース (4X40N18008):1,080円

スリーブケースの対応サイズ
ThinkPad スリーブケース サイズ

※すべて定価から50%OFFとなります
※価格は税込みです

これらの周辺機器は「ThinkPad用」になっていますが、基本的に汎用品と考えて大丈夫です。DVDドライブですが、メインのPCがモバイルノートだ、という人は年に1回とか2年に1回くらい、光学ドライブがなくて困る、という経験をされているかもしれません。また、外付けの光学ドライブって、秋葉原とか、大型の家電量販店ならいざしらず、地元の家電量販店だともはや売ってないことも多いですよね?ThinkPadブランドなら、最安値ではなくとも耐久性などは心配無用です。

X1 ワイヤレスタッチマウスはしばしば限定クーポンの対象になってますね。この製品は背面にタッチパッドがついていて、プロジェクターを使ってのプレゼンなどをする際には便利に使えます。若干用途が特殊ではありますが、ニーズのある人にとっては半額で買えてしまうというのはラッキーだと思います。

そして、スリーブケースです。私これ持ってます(一応ThinkPadユーザーなので…)。HPとかDELLのPCを使っている人には若干抵抗があるかもしれませんが、高品質なケースが1,080円というのは見逃せませんよね!私は2017年11月の限定クーポンで、今回と同じ1,080円で購入しました。

2.ThinkPad X280

Lenovo ThinkPad X280 正面

クーポン価格: 100,742円から(税込み、最大47%OFF)

※セール期間は7月1日まで
※クーポンコードはLenovo製品ページに記載されています

OS: Windows 10 Home
CPU: Intel Core i3-8130U / i5-8250U / i7-8550Uなど
RAM: 4GB/8GB/16GB
RAM/ストレージ: 128GB – 1TB SSD
ディスプレイ: 12.5インチTN(1,366 × 768)/IPS(1,920 × 1,080)
サイズ: 307.7 x 209.8 x 17.4 – 17.8 mm / 1.13 kg~

「Xシリーズ」に属しているので、ThinkPadの中でもハイエンドモバイルマシンとなります。X280は「X2○○」という名称で基本的には年に1回ニューモデルが登場します。2017年モデルは「X270」という型番でした。このX2○○シリーズには固定ファンが多く、「新しければいいものではない」という人も少なくありません。例えばX220とかX230といった数世代前の製品をあちこち手を入れながら喜々として使っていたり、中には古いモデルの筐体をバラして内部をそっくり入れ替えて使っている人もいます。

なので、X2○○のユーザーは、X280が登場したからといっても「ガッカリした!」というわけでもないです。実際X280は筐体デザインがすっかり洗練されてしまい、ある意味X2○○らしさが薄れてしまった、とがっかりしている人もいるかもしれません。

まあ、そういうマニアは置いておいて、X280は紛れもなく名機だと思います。特段薄型の筐体を使っているわけでもなく、最軽量というわけでもありませんが、「ここには書けないくらいいろんな意味で」買って後悔することはないでしょう。それは先人たちが証明してくれています。間違いなく「最高の12.5インチのひとつ」だと思います。

紹介記事:ThinkPad X280 - 12.5インチ、ThinkPadシリーズ屈指の名機がリニューアル!かなり大きく変わりました!
Lenovo製品ページ:ThinkPad X280

3.ThinkPadシリーズ

Lenovo ThinkPad X1 Yoga(2018)

ThinkPad X1 Yoga(2018)

ThinkPadシリーズには熱心なファンがいます。ちなみに私もその一人です。ThinkPadはビジネスに特化し、無骨で真っ黒なデザインなので、少しとっつきにくい印象があるかもしれません。しかし、買って後悔するようなPCではありませんし、個人的には「いいからまず買ってみ!」と言いたいです。しかし、初めてThinkPadを購入する場合は製品選びをする上で少し苦労するかもしれません。購入する際に、それぞれの型番の特徴を押さえておきましょう。ThinkPadシリーズには型番にアルファベットがついてまして、その製品の用途、あるいは特性がわかるようになっています。

なお、セール価格ですが、ThinkPadシリーズは先週から若干割引率が縮小(と言っても1%くらい)している製品が目立ちます。ですが、来週また割引率が拡大するのか、あるいはさらに縮小するのか、そのへんは読めない感じがしますので、このくらいの水準なら覚悟を決めても良さそうには思います。

Xシリーズ:薄型軽量の上級モバイルノート

ThinkPad X1 Carbon(2018)(38%OFF)
ThinkPad X1 Yoga(2018)(35%OFF)
ThinkPad X280(最大47%OFF)
ThinkPad X380 Yoga(25%OFF)
ThinkPad X1 Tablet (2018モデル):(28%OFF)

スポンサーリンク

上のほうでX280をピックアップしていますが、XシリーズはThinkPadモバイルラインのハイエンドとなります。X280はもちろん、14インチの「X1 Carbon」にも固定ファンが多数います。そして私もX1 Carbonは欲しいです…。その他にもSurfaceタイプの2 in 1となるX1 Tablet、コンバーチブル2 in 1のX1 Yogaがあります。もともと高性能な上、筐体が堅牢なので陳腐化せずに長く使えます。XシリーズではX1 CarbonとX280が1%だけ割引率が縮小してしまいました。許せるレベルだとは思いますがちょっと残念。

Tシリーズ:高性能ビジネスノート

ThinkPad T480s(30%OFF)
ThinkPad T480(最大30%OFF)
ThinkPad T580(最大30%OFF)

TシリーズはモバイルノートのT480sもありますが、基本的にはスタンダードノートのハイエンドとなります。デスクで使うハイエンドならTシリーズです。TシリーズはT480sの割引率が拡大した反面、他の2機種は1%だけ引率が縮小してしまいました。

Lシリーズ:メインストリームビジネスノート

ThinkPad L380(最大35%OFF)
ThinkPad L480(25%OFF)
ThinkPad L380 Yoga(25%OFF)

Lシリーズは「メインストリーム」という表現がされています。ローエンドからハイエンドまで、極めて柔軟に構成のカスタマイズが可能で、自分の予算とかニーズに合わせた製品選びが可能です。Lシリーズでは13.3インチモバイルノートのL380の割引率が大きく、最大で35%OFFです。13.3インチで手頃な価格のThinkPadを探しているなら、L380がベストだと思います。

Eシリーズ:スタンダードビジネスノート

ThinkPad E480(最大28%OFF)
ThinkPad E580(最大30%OFF)
ThinkPad E585(最大37%OFF)

Eシリーズは14インチ(E480)と15.6インチ(E580、E585)のスタンダードノートで、もっとも低予算(週末だと5万円台から)で購入できるThinkPadです。既存モデルのE480は先週から横ばい、E580は1%割引額が大きくなりました。また、注目の「AMD Ryzen」を搭載するE585は最大37%OFFと、先週と変わらずかなりの安値になっています。

Aシリーズ:AMD搭載ノート

ThinkPad A475(最大45%OFF)
ThinkPad A275(最大49%OFF)

CPUにAMDを搭載するThinkPadです。ただし、Ryzenではありません。筐体は他のThinkPadと同じものが使われています。AMDのCPUについては好き嫌いがあるかも知れませんが、Aシリーズは割引率が最も高く、お得感も大きいです。割引率は先週から変化ありませんが、もともと49%OFFとかになってますから…。また、Aシリーズを狙っている人は、「早くRyzenに切り替わって欲しい」と思っているかも…

Pシリーズ:モバイルワークステーション

ThinkPad P シリーズ(最大42%OFF)

こちらは「ワークステーション」です。CPUに「Intel Xeon」の搭載が可能だったり、GPUもNVIDIAのGeForceではなく、Quadroを搭載するなど、ゲーミングPCとは一味違った構成になっています。

性能の高さはもちろんですが、さらにシステムの安定挙動という点で通常のノートPCよりも高い信頼性があります。割引率が大きいので、上級クラスのノートPCとそんなに変わらない価格で購入することができます。利用シーンとしては半据え置き型になると思いますが、ノートPC筐体ではあります。安定した挙動と高性能を期待する人にはいい選択かも知れません。割引率は先週から変化なしです。

※ThinkPadシリーズのセール期間は7月1日まで
※クーポンは製品ページに記載されています

4.ideapad、Legionなど

Lenovo V730

Lenovo V730

Ideapad 120S シリーズ(最大40%OFF)
Ideapad 320 シリーズ(最大40%OFF)
Ideapad 330(最大37%OFF)
Ideapad 330S(最大42%OFF)
Ideapad 520(最大38%OFF)
Ideapad 720S(Intel)(最大33%OFF)
ideapad 720S(AMD)(最大33%OFF)
Yoga シリーズ(最大39%OFF)
Lenovo V330(最大38%OFF)
Lenovo V730(最大37%OFF)
Legion Y シリーズ(最大35%OFF)

※セール期間は7月5日まで
※クーポンは製品ページに記載されています

ThinkPadではない、「ideapad」「Lenovo」ブランドの製品もコスパに優れます。ideapadシリーズはデザインがとてもよく、どちらかと言うとパーソナルユース、Lenovoシリーズは豊富な入出力ポートを備えたビジネスユースの製品ラインです。ThinkPadシリーズとの大きな相違点は注文時に構成のカスタマイズができず、複数用意されているバリエーションモデルから好みの構成を選ぶ、レディメードの仕組みになっているという点です。既存モデルの割引率に大きな変化はありませんが、13.3インチのパーソナル向けならideapad 720S(Intel版とAMD Ryzen版があります)、ビジネス向けならLenovo V730がおすすめです。

5.関連リンク

今週のオススメ!:Lenovo直販サイト

スポンサーリンク