セール情報 - KING JIM PORTABOOKの税抜き19,800円セールは終了間近?お忘れなく!

KING JIM PORTABOOK
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。先日書いた「KING JIM PORTABOOKが突然投げ売り開始!しかし、KING JIMの製品ってひとつ欲しくなりますね、ポメラとかも…」に大きな反響がありまして、「やっぱり(ニヤリ)」という気持ちと「こんなに関心があるんだ!」という驚きが入り混じった感想を持っております。私自身、この製品についてはいろんな意味で悩んでまして、私が悩んでいるということは読者の方の中にも心乱れている人が多いだろうと思います。

スポンサーリンク

先日記事を書いた時点で最も安値と思われたのが「ソースネクスト eSHOP」の税抜き19,800円(税込み21,384円)なのですが、その後価格ドットコムなどで調べてみたら、税込み21,384円で販売しているお店が増えていました。詳しくは価格ドットコムを確認していただければいいと思いますが、例えば大塚商会の「たのめーる」でも21,384円で販売されています。

先のことはわかりませんが、この価格だとそういつまでも販売され続けるとは考えにくく、早い時期に終売となりそう、と予想するのは私だけではないと思います。

この製品は好き嫌いがはっきりわかれるでしょうね。実際に先日の記事にいただいたコメントは全てが肯定的なものではなく、「スペック的に自分はパス」など、否定的な内容のものもありました。非常に個性的な製品特性なので、肯定、否定の意見があるのは当然です。PORTABOOKに限らず、全ての商品はお金を払って購入した人のものであり、その人がどういう使い方をしようと勝手なわけで、PORTABOOKを購入して毎日ニヤニヤしながら使うのも、使い道も考えずに購入してしまって後悔するのも、そのそも興味がわかないから購入しないのも、全部アリな選択肢だと思います。

1.PORTABOOKの特徴

KINGJIM PORTABOOK スペック表

クリックで拡大します

スペック表を見ると、タブレットやモバイルノートとして、ちょっとチグハグなものに感じられます。CPUはAtomで最上位のX7-Z8700で、Celeronなどと比較してもむしろ高性能、といえるようなものですが、その割にRAM2GB、ストレージ32GBで、なんだかCPUがもったいないような気がしてしまいます。また、ディスプレイは8インチサイズながら解像度がHDにとどまり、タッチ対応でもありません。その代わり外部には4K(3,840×2,160)での映像出力が可能です。

KINGJIM PORTABOOK サイズ感
PORTABOOKのサイズ感についてメーカー側の説明は「8インチタブレットと同等サイズ」あるいは「A5サイズ」と称しています。実際には最新の8インチタブレットは短辺が150 mmもなく、120 mm台の前半から130 mmくらいなのですが、長辺の204 mmは8インチタブレットよりもむしろ短いですね。もちろん厚みはタブレットとは全然比較になりませんし、重量830 gというのは8インチタブレット2.5台分くらいはあります。

スポンサーリンク

KINGJIM PORTABOOK キーボード
メーカーが「8インチタブレットと同等サイズ」という表現のあとに言っているのは「12インチサイズのノートパソコンと同等のフルキーボード」ということです。そして、この部分がPORTABOOK最大の魅力であるともいえます。キーピッチ 18 mm、キーストローク 1.5 mmというサイズもさることながら、「ポメラのキングジム」が手がけたキーボードなので、打鍵感が悪いはずがない、とみんなが信じていると思います。私もです。

「8インチサイズのクラムシェルノート」という時点で、現状だと競合製品はありません。そしてさらに12インチサイズのキーボードがつくわけですから、小型ガジェットマニアにはこたえられない魅力がありますよね。

KINGJIM PORTABOOK 入出力ポート
そして、入出力ポートは「フルサイズ」にこだわっています。USB、HDMI、VGA(D-sub)はどれもフルサイズですし、SDもmicroではありません。逆に充電用のmicroUSBポートはモバイルバッテリーからの充電を想定して、あえてmicroUSBとしています。

スペックのところに書いたとおり、この製品はHDMIとD-subという2系統の映像出力ポートを備え、HDMIを使えば4K出力も可能です。つまり、プレゼンマシンとしての能力も非常に高いということが言えます。

2.で、どうする?

PORTABOOKのメーカー製品紹介ページを見ていると、完全にビジネス利用、出張のお供、を想定しており、そのようなニーズにあった作り込みがなされているのだ、と理解できます。CPUとRAM、ストレージのバランスが悪く見えるのも、この製品で何かを制作するということではなく、他のパソコンで制作したものを持ち歩いてビジネスに活用する、という意図なんだろうと思います。あと、報告書の作成とかね。

しかし、「持ち出し用のパソコンとして、営業活動に使いたい」というメーカーの意向に沿った使い方に加え、「定評あるKINGJIMのキーボードで思う存分テキスト入力をしたい」とか「とにかく小さいノートパソコンが欲しい」とか「特に理由はないけど、超小型パソコンが大好きだから手元に置いておきたい」とか「おそらく原価割れしているくらい割安感があるから、とりあえず欲しい」とか、いろんな思惑が出てきてしまいます。そしてもちろん、どう動機づけしようと、どう使おうと、それはお金を出す人の自由です。

で、私はといえば、KINGJIMのキーボードが気に入っているのと、超小型のPCが大好きということに加え、明らかに激安だし、早晩売り切れてしまうことが容易に想定できるので、この機会にぜひ購入したいと思っています。というか、素直に書くと絶対買っておきたいです。

しかし私はモバイルWindowsデバイスを人一倍所有していて、PORTABOOKを購入しても使用頻度は決して高くならないような気がしますし、仮にPORTABOOKの使用頻度が高かったとしても、その割を食って全く使われなくなるモバイルデバイスが出てくるわけで、「お前にそんな余裕があるのか?今は何も困ってないだろ!」と自問してしまい、なかなか決断ができません。

いや、この記事は決して読者を道連れにしようなどいう意図はありませんから。本当です。絶対そんなことないですから。

3.関連リンク

PORTABOOK:KING JIM 製品紹介ページ
ソースネクストeSHOP
キングジム ポータブック XMC10:たのめーる

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    ゴミの処分が終わって良いものが出てくるといいですね

  2. ポチっとな より:

    とりあえず欲しい
    でも、今は何も困っていない
    なかなか決断できない
    全く同じ心境であります

    足りていても、欲しいものは欲しい、、、

    • wintab より:

      ポチっとなさん、こんにちは、コメントありがとうございます。そうやって不要不急のデバイスが集まってしまう、というのはありますよね(ニヤリ)

  3. 匿名 より:

    経済回そ?

    • wintab より:

      こんにちは、コメントありがとうございます。回ってほしいです。こういう製品をこういう価格で売らなくて済み、我々も定価で躊躇なく購入できる時代が来て欲しいです。別名バブルとも言いますけど。

  4. アゲオ より:

    全然全く必要ない。かなの刻印無いから使う訳がないんだよ。
    けど、この値段だったら・・・、いやいや、買わないって。

    • wintab より:

      アゲオさん、こんにちは、コメントありがとうございます。葛藤しているさまがよく分かる良コメントかな、とw

  5. あるえふ より:

    とりあえず、他店が価格追従したことと17日夜の在庫○(マル)で「(今までの経験上)12月入って再度出す可能性が大きい。」(現に或るカメラが1年間以上何度も販売され続けてる)と踏んで今回はパスしました。

    ・・・しました・・・が・・・

    今(11月18日朝)見たら、「11月30日」まで期限が延長されてるし。(大汗)
    ・・・まだ”ちょっと考える”日が続く・・・。

    たぶん現在の生産数売り切ったら同型機は生産しないだろうしなぁ。
    タブレットでさえどんどん中身の構成変わって行ってるから。
    だからといって中身バージョンアップの新型出すかというとそこまで受けた様子もないしなぁ。

    • wintab より:

      あるえふさん、こんにちは、コメントありがとうございます。今見たらまだ売ってますね。いっそ完売してくれたら気が楽になるというものですが‥