2020年のミッドレンジXperiaとGalaxyがお買い得!お風呂用に使えるタフネススマホは2,980円!イオシス中古スマホ情報

SONY Xperia 10 II
こんにちは、かのあゆです。今週のイオシス中古情報です。今回は昨年発売された「Xperia 10 II」と「Galaxy A51 5G」がお買い得になっています。Galaxy A51 5Gはドコモ版で、まもなくサービスが開始される「ahamo」での運用にもぴったりです。

スポンサーリンク

また古い端末ですが、タフネス端末の「Galaxy Active neo」も激安です。

なお、イオシスで扱っている製品には「未使用品」「中古Aランク」「中古Cランク」などの商品ランクがあります。購入時の重要な判断要素になる部分なので、事前に確認しておきましょう。

商品ランクとは?:イオシス

1.Xperia 10 II(グローバル版XQ-AU52/ドコモ版SO-41A)

SONY Xperia 10 II
価格:
 未使用品(XQ-AU52):37,800円(税込み)
 未使用品(SO-41A):44,800円(税込み)

OS:Android 10(Android 11へのアップデート予定あり)
CPU:Qualcomm Snapdragon 665
RAM:4GB
ストレージ:64GB(SO-41A)/128GB(XQ-AU52)
ディスプレイ: 6.0インチ(2,520 x 1,080)
カメラ:イン8MP/アウト12MP + 8MP + 8MP
サイズ:157 x 69 x 8.2 mm/151 g

昨年春に国内でもキャリアモデルとして発売したXperiaの最新ミッドレンジモデルです。イオシスではグローバル版となる「XQ-AU52」と国内キャリア版を取り扱っており、現在ドコモ版となるSO-41Aの未使用品がセール販売中です。

前モデルに相当するXperia 8と比較すると筐体のデザインがフラッグシップモデルとなるXperia 1シリーズと共通化され、ディスプレイも有機ELとなり魅力的になりました。

カメラの仕様もChinema ProやPhotography Proといった「プロ」向けの撮影アプリは搭載されていないものの、「プレミアムおまかせモード」を搭載しているのでだれでも簡単にきれいな写真を撮影可能です。

イオシス商品ページ:
Xperia10 II Dual-SIM XQ-AU52(グローバル版)
Xperia 10 II SO-41A

ウインタブ紹介記事:
SONY Xperia 10 II - トリプルレンズカメラに有機ELディスプレイ搭載、Xperia 1 IIよりも買いやすい価格帯のミッドレンジ・スマホ!

スポンサーリンク

2.Galaxy A51 5G SC-54A

Galaxy A51 5G SC-54A
価格:
 未使用品:57,800円(税込み)

OS:Android 10 with One UI 2.1(Android 11 with One UI 3.0へのアップデート予定あり)
CPU:Qualcomm Snaodragon 765G 5G
RAM:6GB
ストレージ:128GB
ディスプレイ: 6.5インチFHD+(2,400 x 1,080)
カメラ:イン32MP/アウト48MP + 12MP + 5MP + 5MP
サイズ:159 x 74.1 x 8.7 mm/189 g

こちらも昨年10月に発売されたばかりのミッドレンジGalaxyで、ウインタブでも搭載CPUと筐体デザインが異なる以外は共通の仕様となっているグローバル版4Gモデルを実機レビュー済みです。

ミッドレンジモデルでありながら機能面ではいっさい妥協のない機種となっており、完成度の高い一台でした。こちらもディスプレイは有機ELを採用しており、カメラ機能に力を入れた機種です。

カメラに関してはGalaxy S20以降のハイエンドモデルに搭載されている「シングルテイク」といった便利な機能も使用可能です。

イオシス商品ページ:
Galaxy A51 5G SC-54A

ウインタブ紹介記事:
Galaxy A51 5G - ついに国内版も登場!ハイエンド端末の機能を詰め込んだ手に取りやすいミッドレンジGalaxyです

3.Galaxy Active neo SC-01H

Galaxy Active neo SC-01H
価格:
中古Cランク:2,980円(税込み)

OS:Android 5.1 Lollipop
CPU:Qualcomm Snapdragon 410
RAM:2GB
ストレージ:16GB
ディスプレイ: 4.5インチQVGA(800 x480)
カメラ:イン2MP/アウト8MP
サイズ:133 x 70 x 10.1 mm/154 g

最後に紹介するのは2015年に発売された「Galaxy Active neo」です。現在では日本では販売されていませんが、Galaxyにもタフネススマホはラインナップされており、Active Neoは現時点では国内最後の正規導入モデルです。

スペックとしてはSnapdragon 410に2GB RAM、内蔵ストレージ16GBと、もはや現在となってはSIMをさして運用するには厳しいスペックですが、MIL-STD-810-G準拠のタフネス性能を備えているのでお風呂用端末としてぴったりです。OSはAndroid 5.1ですが、ChromeやYouTubeアプリは現在でも利用可能となっており、実際にかのあゆも昨年イオシスで購入してお風呂専用機として使っていますが湯船に沈めても壊れません。また万が一壊れてしまってもまた購入し直せる価格なので、「お風呂でも動画やSNSを楽しみたいけれども、SIMを刺しているメイン端末を持ち込むのはちょっと・・・」という方にお勧めです。

イオシス商品ページ:
Galaxy Active neo SC-01H

4.関連リンク

イオシス トップページ

スポンサーリンク