シャープのハイエンド「AQUOS R2」や自画撮り被害を防ぐAIカメラ搭載「TONE e20」が特価!イオシスセール情報

イオシスセール情報トップ
こんにちは、かのあゆです。イオシスの中古スマートフォン情報です。今回はSnapdragon 845を搭載するau版「AQUOS R2」とAIによる自画撮り被害防止機能を搭載する「TONE e19」、Android 11へのアップデートが予定されているミッドレンジモデル「AQUOS sense3 basic」の3機種の特価情報です。

スポンサーリンク

AQUOS R2はSnapdragon 845を搭載する性能が高めの端末ですがエントリー端末並みの価格で購入可能です。SIMロックが解除されているのでドコモ回線での運用も可能ですが、まもなくサービスが開始されるauの格安プラン「povo」や楽天モバイルでの運用もおすすめできます。

なお、イオシスで扱っている製品には「未使用品」「中古Aランク」「中古Cランク」などの商品ランクがあります。購入時の重要な判断要素になる部分なので、事前に確認しておきましょう。

商品ランクとは?:イオシス

1.AQUOS R2 SHV42(Cランク)

AQUOS R2
価格:14,800円(税込)
※SIMロック解除済み
※中古Bランクのものは18,800円(税込)

OS:Android 9 Pie(Android 10へのアップデート可能)
CPU:Qualcomm Snapdragon 845
RAM:4GB
ストレージ:64GB
ディスプレイ: 6.0インチWQHD(3,040 x 1,440)
カメラ:イン16.3MP/アウト22.6MP + 16,3MP
サイズ:156 x 74 x 9.0 mm/181 g

最初に紹介するのはシャープから2018年に発売されたフラッグシップモデル「AQUOS R2」のau版です。以前紹介したXperia XZ2 Premiumといい2018年のフラッグシップモデルは軒並み購入しやすい価格帯になってきた印象です。

CPUはQualcomm Snapdragon 845を搭載しています。現在でもSnapdragon 732Gなどのミッドレンジクラスの性能を持ち合わせているため、ゲームなども快適に楽しめる性能です。シャープ端末らしくディスプレイにはIGZOが採用されており、おサイフケータイやワンセグ・フルセグチューナーも備えています。au向けに販売されていたモデルなので3月にサービスが開始される「povo」やUQ Mobileなどのau系MVNOでの利用はもちろんのこと、楽天モバイル回線での運用もぴったりです。

イオシス商品ページ:
AQUOS R2 SHV42

2.TONE e20(Aランク)

TONE e20
価格:12,800円(税込)
※SIMフリーモデル
※他に未使用品(14,800円)・Bランク(9,980円)あり

スポンサーリンク

OS:Android 9.0 Pie
CPU:MediaTek Helio P22
RAM:4GB
ストレージ:64GB
ディスプレイ: 6.26インチHD+(1,520 x 720)
カメラ:イン8MP/アウト12MP + 13MP + 2MP
サイズ:159 x 76.5 x 8.2 mm/175 g

元々はMVNOキャリアの「トーンモバイル」が販売していた端末で、WikoのView 3がベースモデルとなっています。スペックとしてはMediaTek Helio P22を搭載するエントリーモデルですが、「AIによって裸などの画像を判断し、不適切と判断された場合保存しない」という面白い機能が搭載されており、発表当時いろいろな意味で話題となりました。SNSなどでの自撮り被害対策として実装されている機能で、そういう意味ではお子様用端末としてぴったりな機種です。

トーンモバイル経由で購入すると実質0円で購入可能なため、元になっているMVNOキャリアでの利用を前提にしているのであればそちらで購入した方がお得ですが、SIMフリーとなっておりドコモ系回線との相性が良いためトーンモバイル以外のユーザーがお子様用端末として購入するのにぴったりな一台です。

イオシス商品ページ:
TONE e20

3.AQUOS sense 3 basic(未使用品)

AQUOS sense3 basic
価格:12,800円(税込)
※SIMロック解除済み
※中古Aランクのものは10,800円(税込)

OS:Android 9 Pie(Android 11へのアップデート予定あり)
CPU:Qualcomm Snapdragon 630
RAM:3GB
ストレージ:32GB
ディスプレイ: 5.5インチFHD+(2,160 x 1,080)
カメラ:イン8MP/アウト12MP
サイズ:147 x 70 x 8.9 mm/167 g

最後に紹介するのは2020年に発売されたシャープのミッドレンジモデル、「AQUOS sense 3 basic」です。元々はauやUQ Mobile向けに販売されていた端末で、通常の「AQUOS sense 3」との違いとしてアウトカメラがデュアルレンズからシングルレンズ仕様になったほか、RAMが4GBから3GBに、ストレージから64GBから32GBに変更されています。

2年間のメジャーアップデートが保証されており、すでにAndroid 9からAndroid 10へのアップデートが提供済みで今後最新バージョンとなるAndroid 11へのアップデートも予定されています。RAMとストレージの仕様が控えめですが、通信バンド面ではドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルをフルサポートしており、1万円前半で購入できるのでサブ端末としてぴったりです。

イオシス商品ページ:
AQUOS sense3 basic SHV48

ウインタブ紹介記事:
SHARP AQUOS Sense 3 / Sense 3 lite - 定番のAQUOSミッドレンジがニューモデルになりました!

4.関連リンク

イオシス トップページ

スポンサーリンク