エントリークラスの15.6インチノート、HP 15sが税込み34,800円から!超軽量2 in 1のElite Dragonfly G2はビジネスマンにおすすめ!HPクーポン、セール情報

HP Elite Dragonfly G2
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。毎週お伝えしているHP公式サイト(直販サイト)のセール情報です。「週末限定セール」をはじめ、たくさんのセールページが開設されています。

スポンサーリンク

HPのおもなセールページはこちらです。

●個人向けセールページ
週末限定セールicon
短納期!アウトレットパソコン特集icon
売れ筋パソコン、集めました!ベストヒットセール!icon
オンラインストア限定キャンペーン!icon
究極のゲーミングPCセールicon

●法人向けセールページ
週末限定キャンペーンicon
大感謝セールicon
納期が安心!売れ筋構成・短納期モデルキャンペーンicon
在庫一掃! 売り尽くしセールicon

週末の狙い目はやはり「週末限定セール」です。すべてのセール品が、とはいい切れませんが、週末限定セールの価格は他のセールページよりも安くなっていることが多いですし、セール品のほとんどが短納期(正式受注後最短5営業日)になっていますので、なかなか届かなくて気を揉む、ということもありません(なお、注文時には必ず納期の確認をしましょう。ショッピングカート画面に納期の目安が表示されます)。

1.ウインタブ読者クーポン

HP Directplusがウインタブ読者に提供してくれている限定クーポンです。「セール品やアウトレット品にも使える」のが大きな魅力です。
※アウトレット品については使用できないケースもあります。

なお、限定クーポンの内容と使い方を説明するページも用意していますので、こちらもご確認ください。
日本HP パソコン用限定クーポンのご紹介

クーポンの特典

●税込み132,000円以上の個人向け製品が通常価格(セール価格含む)より7% OFF
●税込み77,000円以上の法人向け製品が通常価格(セール価格含む)より4% OFF

※カスタマイズやオプションの同時購入を含めて上記金額を満たしても特典を受けられます
※プリンタ製品、Workstation製品、個人向けAndroidタブレット製品は対象外です

クーポンの有効期限

「2021年11月30日(火) 23:59まで」です。

クーポンはこちらから

この記事では便宜的に「クーポン」と書いていますが、実はクーポンではなく「下記のリンクからHP Directplusにアクセスするだけ」です。

このリンクからHP Directplusに行き、あとは好きなセールページ、あるいは製品ページを開き、購入手続きをすれば自動的に7%(法人向けは4%)オフとなります(「ご購入はこちら」のボタンから遷移する製品購入ページに「特別値引き」という項目が表示されます)。ただし、クーポン要件を満たさない、低価格な製品を購入する場合は「特別値引き」の項目も表示されません。

こちらがリンクです
個人向けPC:ウインタブ専用リンク(クーポン)個人向けPC
法人向けPC:ウインタブ専用リンク(クーポン)
法人向けPC

では、このあとセール品から3機種をピックアップしてご紹介します。

2.Elite Dragonfly G2

HP Elite Dragonfly G2
セール価格:
 Wi-Fiモデル:156,200円から
 LTEモデル:164,780円から

※税込み価格
※別途送料税込3,300円がかかります
※ウインタブ限定クーポンで4%の上乗せ割引が受けられます
※Wi-Fiモデルは短納期(最短5営業日)
※LTEモデルは納期未定

●スペックの一例・Wi-Fi・156,200円モデル
OS:Windows 10 Pro
CPU:Core i5-1135G7
RAM:8GB
ストレージ:256GB SSD
ディスプレイ:13.3インチIPS(1,920 × 1,080)タッチ
サイズ:304.3 x 197.5 x 16.1(最厚部)mm / 989 g

Elite Dragonfly G2は一応「法人モデル」ということになっていますが、HPでは個人でも普通に法人モデルを購入できますし、いい意味で法人モデルっぽくないといいますか、とても美しいデザインになっていますので、個人購入用としてもおすすめできます。また重量(軽さ)は個人向けコンバーチブル2 in 1のSpectreやENVYなどよりも上(軽いという意味です)です。

スポンサーリンク

この製品はウインタブでも実機レビューしていますが、処理性能や筐体品質については全く心配いりません。それに加えて「法人モデルならでは」のセキュリティ機能が満載です。

LTEモデルとWi-Fiモデルがあり、一見するとLTEモデルのほうが割安に感じられますが、LTEモデルは「注文時にカスタマイズができない」という点と「納期が未確定」という点が気になってしまいます。なので、ここではWi-Fiモデルのスペック表を掲載しました。

個人的に、ビジネスモバイルノートであれば、そしてCPUの世代が第11世代(Tiger Lake)であれば、Core i7にする必要性は高くはなく、Core i5で十分なのではないか、と思っています。ただし、購入して数年使うことになると思うので、「選べるのならRAMは16GBにしておきたい」というのはあります。Wi-Fiモデルの場合、RAM、ストレージがカスタマイズ項目になっていますので、お好みに合わせて容量を変更することができます。Dragonflyのような上位クラスの製品を購入する場合、好みに合わせて構成をカスタマイズできるというのは非常に重要なことだと思います。

非常に美しく、高い質感の筐体に強固なセキュリティ機能と、メインで使うビジネスノートとしては文句なしの製品だと思います。

HPへ製品ページ:
この製品はウインタブ読者クーポンでセール価格からさらに4%OFFとなります。そのため、まずこちら
ウインタブ専用リンク(クーポン)_法人向けPC
にアクセスしていただき、このページに戻り、次にこちら
HP Elite Dragonfly G2 製品詳細icon
からご購入ください。この手順で「特別値引き4%」が受けられます。

ウインタブ実機レビュー:
HP Elite Dragonfly G2の実機レビュー - 「ドラゴンフライブルー」が美しい薄型軽量モバイル2 in 1、法人モデルらしい強固なセキュリティ機能も満載です
ウインタブ動画レビュー:
HP Elite Dragonfly G2のレビュー。薄くて軽くてパワフル!安心のセキュリティ機能も!

3.HP 17s-cu

HP 17s-cu
セール価格:112,800円
※税込み価格
※配送料はかかりません

●スペック
OS:Windows 11 Home
CPU:Core i7-1165G7
RAM:16GB
ストレージ:1TB SSD
ディスプレイ:17.3インチIPS(1,920 × 1,080)
サイズ:400 × 258 x 19.9-22.5 mm / 2.1 kg

先週のセール情報記事に続き、今週もまた「17.3インチノート」が週末限定セールの対象になっています。個人的に「17.3インチ」のノートPCは「推し」ですね。PCを外に持ち出して使うことは想定していないという人には特におすすめです。

セール価格のほう、税込み112,800円と、支払い金額がすごく安い、という感じではありませんが、CPUは第11世代のCore i7でRAM16GB、ストレージ1TBと、非ゲーミング・非クリエイターノートとしては申し分のないスペックになっていますので、112,800円でも十分に割安だと思います。このスペックなら長く愛用できそうですし、なんなら(グラフィック設定を落としてやる必要はあると思いますが)オンラインゲームのプレイも可能です。

テレワーク用としてもおすすめですね(いやあ、私本当に17.3インチが好きなんです…)。

HP製品ページ:
週末限定セールicon

ウインタブ紹介記事:
HP 17s-cu - 17.3インチの大型ノート。画面の視認性は最高、高いシステムスペックも魅力!

4.HP 15s-eq

HP 15s-eq
セール価格:34,800円から
※税込み価格
※配送料はかかりません
※「Windows 11へ無料でアップグレード」対象製品

●スペック例・34,800円モデル
OS:Windows 10 (Sモード)
CPU:AMD 3020e
RAM:4GB
ストレージ:128GB SSD
ディスプレイ:15.6インチIPS(1,920 × 1,080)
サイズ:358 × 242 × 17.9-19.5 mm / 1.6 kg

HPのベーシックな15.6インチノートです。週末限定セールではRyzen 3 5300UやRyzen 5 5500Uを搭載する上位モデルもセール対象になっていますが、ここでは「本当にベーシック」なモデルのスペック表を掲載しています。

CPUのAMD 3020eはPassmarkが公表しているベンチマークスコアが2,591と、Celeron N4120の2,481とほぼ同等なので、Officeソフトでの資料作成やWebブラウジング、動画視聴などは問題なくこなせると思います。RAM4GB、ストレージ128GBというのはいずれも容量不足の感がありますが、価格が34,800円なので、ここは仕方のないところでしょう。ウインタブ読者がテレワーク用のメインPCとして使うのは少し厳しいと思いますが、リビングルーム用の共用PCであるとか、PC初心者の人が各種操作を学びながら使い方を覚えていく、といった用途には向くと思います。本格的な仕事用とか学習用であれば、同じHP 15sでもRyzenを搭載する上位モデルのほうがいいと思います。

ベーシックなノートPCなので、筐体に高級感がある、という感じではありませんが、余計な装飾のない、シンプルで美しいデザインになっていますので、安っぽいという感じもありません。Windows 11無料アップグレード対象であることが明記されている、というのも安心ですね。

HP製品ページ:
週末限定セールicon

ウインタブ紹介記事:
HP 15s-eq1000 - ベーシックで軽量な15.6インチノート。低価格ながら納得のスペックです
※セール品とはCPUの型番などが異なります

5.関連リンク

オンラインストア 個人向けicon:HP
オンラインストア 法人向けicon:HP

スポンサーリンク