GeForce GTX1650搭載のPavilion Gaming 15が92,800円から!HPクーポン、セール情報

HP Elite Dragonfly G2 ディスプレイ
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。HP公式サイト(直販サイト)のセール情報です。今週もHPにはたくさんのセールページが開設されています。

スポンサーリンク

HPの主なセールページはこちらです。

●個人向けセールページ
週末限定セールicon
短納期!アウトレットパソコン特集icon
売れ筋パソコン、集めました!ベストヒットセール!icon
オンラインストア限定キャンペーン!icon
究極のゲーミングPCセールicon
即納!HP Directplus Express(個人向け製品)icon

●法人向けセールページ
週末限定キャンペーンicon
大感謝セールicon
納期が安心!売れ筋構成・短納期モデルキャンペーンicon
在庫一掃! 売り尽くしセールicon

今週は法人向けPCにたくさんのニューモデルが出ていますが、さすがにまだセール対象にはなっていません。ニューモデルについてはこのあと紹介記事を掲載する予定ですが、この記事では、個人向けの週末限定セール(一般にHPのセールページの中で最も割引率が大きいです)のページを中心にセール品の一部をご紹介します。

1.ウインタブ読者クーポン

HP Directplusがウインタブ読者に提供してくれている限定クーポンです。「セール品やアウトレット品にも使える」のが大きな魅力です。
※アウトレット品については使用できないケースもあります。

なお、限定クーポンの内容と使い方を説明するページも用意していますので、こちらもご確認ください。
日本HP パソコン用限定クーポンのご紹介

クーポンの特典

●税込み132,000円以上の個人向け製品が通常価格(セール価格含む)より7% OFF
●税込み77,000円以上の法人向け製品が通常価格(セール価格含む)より4% OFF

※一部「税込み120,000円以上(個人向け)、税込み70,000円以上(法人向け)で割引が受けられる製品もあります
※カスタマイズやオプションの同時購入を含めて上記金額を満たしても特典を受けられます
※プリンタ製品、Workstation製品、個人向けAndroidタブレット製品は対象外です

クーポンの有効期限

「2021年10月31日(日) 23:59まで」です。

クーポンはこちらから

この記事では便宜的に「クーポン」と書いていますが、実はクーポンではなく「下記のリンクからHP Directplusにアクセスするだけ」です。

このリンクからHP Directplusに行き、あとは好きなセールページ、あるいは製品ページを開き、購入手続きをすれば自動的に7%(法人向けは4%)オフとなります(「ご購入はこちら」のボタンから遷移する製品購入ページに「特別値引き」という項目が表示されます)。ただし、クーポン要件を満たさない、低価格な製品を購入する場合は「特別値引き」の項目も表示されません。

こちらがリンクです
個人向けPC:ウインタブ専用リンク(クーポン)個人向けPC
法人向けPC:ウインタブ専用リンク(クーポン)
法人向けPC

2.Pavilion 15-eh(AMD)

HP Pavilion 15-eh(AMD)
セール価格:税込み69,900円から
※配送料はかかりません
※納期は「正式受注後最短5営業日(69,900円モデルのみ納期未確定)」
※「Windows 11へ無料でアップグレード」対象製品

●スペックの一例・84,900円モデル
OS:Windows 10 Home
CPU: Ryzen 5 5500U
RAM:16GB
ストレージ:512GB SSD
ディスプレイ:15.6インチIPS(1,920×1,080)タッチ
サイズ:360 × 234 × 17.9-20.0 mm / 1.71 kg

HPの定番15.6インチスタンダードノートです。Pavilion 15にはCPUにIntelを搭載するモデルとAMDを搭載するモデルがありますが、週末限定セール対象になっているのはAMD版のほうです。セール品は3つのバリエーションモデルがあります。

Ryzen 3/8GB/256GB:69,900円
Ryzen 5/8GB/512GB:79,900円
Ryzen 5/16GB/512GB:84,900円
※左からCPU/RAM/SSDの順

CPUのRyzenは型番が5000番台ですが、いずれもZen 3ではなく、Zen 2アーキテクチャです。とは言えパフォーマンスは非常に高く、ビジネス用やご家庭でのエンターテイメント用として不足はありません。個人的には最低価格のRyzen 3モデルで十分なんじゃないかとは思いますが、このモデルのみ「納期未確定」となっていますので、お急ぎの場合は短納期(正式受注後最短5営業日)で手に入るRyzen 5モデルのほうがいいでしょう。

この記事ではRyzen 5搭載の84,900円のモデルのスペック表を掲載しています。このモデルのみRAMが16GBになっています。個人的には現状、非ゲーミング、非クリエイター用途であればRAMは8GBでも大丈夫なのではないか、と思っていますが、RAM8GB版との価格差が小さく、もうじきWindows 11がリリースされ、その後数年愛用すると考える場合、「Ryzen 5モデルならいっそRAM16GBのほうがいい」と思いました。

デザインはシンプルで美しく、重量も15.6インチノートとしてはかなり軽量な部類になりますので、ちょくちょく出先に持ち出して使うこともできます。また、ディスプレイもタッチ対応しますから、PC操作に不慣れな人やお子さんにも使いやすいと思います。

スポンサーリンク

HP製品ページ:
週末限定セールicon

ウインタブ紹介記事:
HP Pavilion 15(eg0000 / eh0000)- HPの定番15.6インチスタンダードノートがモデルチェンジ!サイズが小さくなり、さらにお買い得価格になりました!
※セール品とはCPUの型番が異なります

3.Pavilion Gaming 15(AMD)

HP Pavilion Gamin 15(AMD)
セール価格:税込み92,800円から
※配送料はかかりません
※納期は「正式受注後最短5営業日」
※「Windows 11へ無料でアップグレード」対象製品

●スペックの一例・92,800円モデル
OS:Windows 10 Home
CPU:Ryzen 5 5600H
GPU:GeForce GTX 1650
RAM:8GB
ストレージ:512GB SSD
ディスプレイ:15.6インチIPS(1,920 × 1,080)144Hz
サイズ:360 × 256 × 23.5 mm / 2.08 kg

HPのゲーミングブランドはOMENですが、スタンダードクラスのPCブランド「Pavilion」でもゲーミングノートの取り扱いがあります。このPavilion Gaming 15(AMD)は最近CPUとGPUの世代が新しくなりましたが、週末限定セールでは最も低価格なモデルのみが対象になっていて、GPUはエントリークラスのGTX1650です。

Zen3アーキテクチャのRyzen 5にGTX1650搭載で92,800円、というのは間違いなくお買い得ではありますが、どうしてもスペック面で少し弱く、腕のいいゲーマーには少々物足りないと感じられるかもしれません。でも「仕事用、ときどきゲーム用」的なライトゲーマーには、とても魅力的な製品と言えるでしょう。

私もちょくちょくオンラインゲームを楽しんでいて、でも「ずーっと初心者レベル」なんですけど、「ガチで頑張る」ということでなければこのスペックでも十分楽しめると思います。またビジネスノートとして見れば抜群に高性能です。RAM8GBというのがちょっと不安ですが、このバリエーションモデルはRAMスロットに空きが1つあるので、後日DIYで増設できそうです。

Pavilion Gaming 15は筐体のデザインも非常にカッコよく、といって「いかにもゲーミング」という感じでもないので、幅広い用途で使っても違和感はありません。このセール品は入門~中級クラスのゲーマーの人にも、ハイスペックなスタンダードノートを探しているビジネスマンの人にも向くと思います。

HPへ製品ページ:
この製品のうち、税込み132,000円以上のモデルはウインタブ読者クーポンでセール価格からさらに7%OFFとなります。そのため、まずこちら
ウインタブ専用リンク(クーポン)_個人向けPC
にアクセスしていただき、このページに戻り、次にこちら
週末限定セールicon
もしくはこちら
HP Pavilion Gaming 15(AMD) 製品詳細icon
からご購入ください。対象モデルはこの手順で「特別値引き7%」が受けられます。
なお、92,800円のモデルは週末限定セールのページから購入できます。

4.Elite Dragonfly G2

HP Elite Dragonfly G2
セール価格:156,200円(税込み)から
※別途送料税込3,300円がかかります
※ウインタブ読者クーポンで4%の上乗せ割引が受けられます
※Wi-Fiモデルの納期は「正式受注後最短5営業日」
※LTE/5Gモデルの納期は未確定

●スペックの一例・164,780円モデル
OS:Windows 10 Pro
CPU:Core i5-1135G7
RAM:8GB
ストレージ:256GB SSD
ディスプレイ:13.3インチIPS(1,920 × 1,080)タッチ
サイズ:304.3 x 197.5 x 16.1(最厚部)mm / 1.15 kg
※LTE対応

Elite Dragonfly G2は法人向けPCということになっていますが、HPでは個人でも普通に法人モデルを購入できますし、この製品は見た目とかシステムスペックが「個人向けPCよりも個人向けっぽい」と思っています。デザインも美しいですし、重量(軽さ)は個人向けPCのSpectreやENVYなどよりも優れています。一方で、法人向けPCならではの強固なセキュリティ機能も搭載していますので、ある意味「そのぶんだけ個人向けPCよりも安心」と言えます。

この製品はウインタブでも実機レビューしていますが、処理性能や筐体品質については全く心配いりません。また、レビューしたモデルには「HP SureView Reflect」という、ボタン一つで瞬時に視野角を狭くし、覗き見を防止する機能がついていまして、これには「ちょっとびっくりした」記憶があります。

従来はLTE(もしくはLTE/5G)モデルのみの販売でしたが、最近になってWi-Fiモデルも追加されました。当然Wi-Fiモデルのほうがより低価格で購入できるのですが、LTEモジュールがない割に価格差が小さい、と感じられます。ちなみにWi-Fi・156,200円のモデルとLTE・164,780円モデルの構成の差は「OSのバージョン(LTEモデルのみPro版)、SureView Reflect(LTEモデルのみ搭載)、LTEモジュールの有無」です。他社製品の場合、LTEモジュールを追加するとそれだけで1万円以上の価格差が出ますので、この製品の価格差(8,580円)というのはかなり「小さめ」だと思います。LTEの他にOSのバージョンとかSureView Reflectまで含んでの価格差ですからね。

ただし、Wi-Fiモデルの場合は注文の際に構成をカスタマイズすることができますので、より細かく自分好みの仕様にしたい場合はWi-Fiモデルのほうがいいでしょう。それと、Wi-Fiモデルのみ短納期、という点にも注意が必要です。

個人的にはいまビジネスマンが仕事に使うモバイルノートとして、このElite Dragonfly G2は最良の選択肢の一つだと思います。

HPへ製品ページ:
この製品はウインタブ読者クーポンでセール価格からさらに4%OFFとなります。そのため、まずこちら
ウインタブ専用リンク(クーポン)_法人向けPC
にアクセスしていただき、このページに戻り、次にこちら
HP Elite Dragonfly G2 製品詳細icon
からご購入ください。この手順で「特別値引き4%」が受けられます。

ウインタブ実機レビュー:
HP Elite Dragonfly G2の実機レビュー - 「ドラゴンフライブルー」が美しい薄型軽量モバイル2 in 1、法人モデルらしい強固なセキュリティ機能も満載です
ウインタブ動画レビュー:
HP Elite Dragonfly G2のレビュー。薄くて軽くてパワフル!安心のセキュリティ機能も!

5.関連リンク

オンラインストア 個人向けicon:HP
オンラインストア 法人向けicon:HP

スポンサーリンク