超軽量モバイルノート、Pavilion Aero 13がセール価格に!Chromebookの最新モデルも安い!HPクーポン、セール情報

HP Pavilion Aero 13-be
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。HP公式サイト(直販サイト)のセール情報です。HPでは現在「秋のBIG SALE」を開催中(9月26日まで)で、毎週末恒例の週末限定セールは開催されていません。この「秋のBIG SALE」ですが、通常の週末限定セールよりも安いと感じられますし、これまでセールページに掲載されていなかったニューモデルもセール対象になっています。

スポンサーリンク

HPのセールページはこちらです
秋のBIG SALEicon:HP

HPの全てのモデルがこのセールページに掲載されているわけではないのですが、かなりお買い得な価格になっていますので、個人的には「いまHPのノートを買うなら、このページから決めてもいいのではないか」と思います。

1.ウインタブ読者クーポン

HPがウインタブ読者に提供してくれている限定クーポンです。「セール品やアウトレット品にも使える」のが大きな魅力です。
※アウトレット品については使用できないケースもあります。

なお、限定クーポンの内容と使い方を説明するページも用意していますので、こちらもご確認ください。
日本HP パソコン用限定クーポンのご紹介

クーポンの特典

●税込み132,000円以上の個人向け製品が通常価格(セール価格含む)より7% OFF
●税込み77,000円以上の法人向け製品が通常価格(セール価格含む)より4% OFF

※一部「税込み120,000円以上(個人向け)、税込み70,000円以上(法人向け)で割引が受けられる製品もあります
※カスタマイズやオプションの同時購入を含めて上記金額を満たしても特典を受けられます
※プリンタ製品、Workstation製品、個人向けAndroidタブレット製品は対象外です

クーポンの有効期限

「2021年9月30日(木) 23:59まで」です。

クーポンはこちらから

この記事では便宜的に「クーポン」と書いていますが、実はクーポンではなく「下記のリンクからHP Directplusにアクセスするだけ」です。

このリンクからHP Directplusに行き、あとは好きなセールページ、あるいは製品ページを開き、購入手続きをすれば自動的に7%(法人向けは4%)オフとなります(「ご購入はこちら」のボタンから遷移する製品購入ページに「特別値引き」という項目が表示されます)。ただし、クーポン要件を満たさない、低価格な製品を購入する場合は「特別値引き」の項目も表示されません。

こちらがリンクです
個人向けPC:ウインタブ専用リンク(クーポン)個人向けPC
法人向けPC:ウインタブ専用リンク(クーポン)
法人向けPC

では、今回は「秋のBIG SALE」から、おすすめのセール品を一部ピックアップしてご紹介します。

2.Pavilion Aero 13

HP Pavilion Aero 13
セール価格:89,800円(税込み)から
※配送料はかかりません
※納期:正式受注後最短5営業日(一部例外あり)
※「Windows 11へ無料でアップグレード」対象製品

●スペックの一例・99,800円モデル
OS:Windows 10 Home
CPU:Ryzen 5 5600U
RAM:16GB
ストレージ:512GB SSD
ディスプレイ:13.3インチIPS(1,920 × 1,200)
サイズ:298 × 209 × 16.9-18.9 mm /957 g

重いものを持ち歩くのが嫌いな根性なしのウインタブとしては、この製品は「激しくおすすめ」です。13.3インチサイズにして重量1キロを切るモバイルノート。重さ1キロを切る13.3インチノートというのは他社からも販売されていますし、この製品の重量957 gというのは「市場で最軽量」ではありません。最軽量ではないんですが、「Pavilion品質で1キロ切り」というのが大きいです。

CPUはZen 3アーキテクチャのRyzen 5000番台、スペック表を掲載した99,800円モデルだとRAM16GB/512GB SSDですが、RAM8GB/256GB SSDでよければ89,800円で購入できます。また、ディスプレイもアスペクト比(画面の縦横比)16:10と「今どき」の仕様です。

PavilionブランドというのはHPでは「スタンダードクラス」で、世界最大のPCメーカーであるHPの主力ブランドなので、「PCとしての出来」に疑いの余地はないでしょう。高い質感の筐体にシンプルなデザイン、そしてビジネス用としても学習用としても十分なスペックになっていますので、長く愛用できると思います。

私は毎週HPのセールページを確認していますが、この製品がセール対象になるのはこれが初めてですね。セール価格の方も過去最安値になっていると思います。

HP製品ページ:
秋のBIG SALEicon

ウインタブ紹介記事:
HP Pavilion Aero 13-be - Zen 3のRyzenを搭載し、重さ1キロを切る13.3インチモバイルノート

3.Chromebook x360 14b-cb

HP Chromebook x360 14b
セール価格:54,800円(税込み)
※配送料はかかりません
※納期:正式受注後最短5営業日

●スペック
OS:Chrome OS
CPU:Pentium Silver N6000
RAM:8GB
ストレージ:128GB eMMC
ディスプレイ:14インチIPS(1,920 × 1,080)タッチ
サイズ: 326.5 x 219.6 x 18.5 mm / 1.6 kg

14インチサイズのコンバーチブル2 in 1タイプのChromebookニューモデル。CPUにはJasper Lake世代のPentium Silver N6000を搭載しています。また、RAMも8GB、ストレージも128GBと、Chromebookとしては容量が大きいほうです。

私が使っているChromebookはエントリークラスの製品で、CPUはApollo Lake世代のCeleron N3350、ディスプレイは11.6インチのTN液晶でタッチ対応でもありません。このスペックでも普通にChrome OSを使うことはできます。しかし…

ここ2週間ほど更新が滞っています(すみません…)が、現在「Chromebookを使いこなす」という連載をやっていまして、そろそろ実践編(実際にブラウザーでいろいろなWebアプリを試したり、実際に作業をしてみる)に入る段階なのですが、そうなるとやはり手持ちのChromebookだと「ちょっと挙動がもっさりだなあ」と感じることがしばしばです。

スポンサーリンク

Chrome OSの場合、エントリークラスの製品でもWindows PCの低スペック機のように「動かないアプリがある(Google Playストアのゲームは別です)」とか「処理内容によっては待ち時間が異常に長くなる」みたいなことはありません。でも、パフォーマンスが高いほうが個々の操作がよりサクサク、というのも間違いないですね。あくまで個人的な意見ですが「Core i5とかCore i7までは必要ないが、Celeronでも上のほうのCPU(4コアのN4100とか、この製品のPentium N6000とか)だと快適性が上がる」と思いますね。

このChromebook x360 14bは「Chrome OSを動かすのにちょうどいい」くらいのスペックなんじゃないか、と思います。また、14インチとChromebookとしては画面サイズも大きめでタッチ対応し、別売りにはなりますが筆圧対応のペン入力もできますので、少なくとも私が現在使っているChromebookよりもはるかに快適に、そして便利に使えると思います。

この製品も上にご紹介したPavilion Aero 13と同様、セールページ初登場です。当然価格の方も過去最安値ですね。これまで述べてきたとおり「ちょうどいい」くらいのスペックになっていますので、割安感もあります。

HP製品ページ:
秋のBIG SALEicon

ウインタブ紹介記事:
HP Chromebook x360 14b-cb - Jasper LakeのPentiumを搭載するコンバーチブル 2 in 1タイプのChromebook

4.Pavilion Gaming 15(AMD)

HP Pavilion Gamin 15(AMD)
セール価格:92,800円(税込み)から
※配送料はかかりません
※納期:正式受注後最短5営業日
※「Windows 11へ無料でアップグレード」対象製品
※税込み132,000円以上のモデルは読者クーポンで7%の上乗せ割引

●スペックの一例・92,800円モデル
OS:Windows 10 Home
CPU:Ryzen 5 5600H
GPU:GeForce GTX1650
RAM:8GB
ストレージ:512GB SSD
ディスプレイ:15.6インチIPS(1,920 × 1,080)
サイズ:360 × 256 × 23.5 mm / 2.08 kg

Pavilion Gaming 15にはIntel版とAMD版がありますが、ここではAMD版をご紹介します。最低価格の92,800円モデルは「Ryzen 5/GTX1650/RAM8GB/512GB SSD」と、ゲーミングノートとしてはエントリークラスのスペックで、「ゲーミングノートでRAM8GB」というのがちょっと不安ですが、このバリエーションモデルはRAMスロットに空きが1つあるので、必要に応じてDIYで増設できそうですし、そのままでも「普段は仕事用でときどきゲーム」くらいなら悪くないと思います。

この記事を書いている9月17日現在だと「一時取り扱い停止」になってしまっていますが、より本格的にゲームプレイを楽しむのであれば134,800円のモデルがおすすめです。CPU、GPUとも最新の型番ですし、RAMとストレージの容量も十分、ディスプレイのリフレッシュレートも144 Hzありますので、「中位クラスくらい」のゲーミングノートと言えます。個人的にこの製品のAMD版のセール価格はコスパも非常に高いと思います。

Pavilion Gaming 15は筐体のデザインも非常にカッコよく、といってド派手でもないのでビジネス利用の際にも違和感がないと思います。入門~中級クラスのゲーマーの人にも、ハイスペックなスタンダードノートを探しているビジネスマンの人にもおすすめです。

HPへ製品ページ:
この製品のうち、税込み132,000円以上のモデルはウインタブ読者クーポンでセール価格からさらに7%OFFとなります。そのため、まずこちら
ウインタブ専用リンク(クーポン)_個人向けPC
にアクセスしていただき、このページに戻り、次にこちら
秋のBIG SALEicon
からご購入ください。この手順で「特別値引き7%」が受けられます。

5.Pavilion 15-eh(AMD)

HP Pavilion 15-eh(AMD)
セール価格:税込み67,800円(税込み)から
※配送料はかかりません
※納期:正式受注後最短5営業日(一部例外あり)
※「Windows 11へ無料でアップグレード」対象製品

●スペックの一例・67,800円モデル
OS:Windows 10 Home
CPU: Ryzen 3 5300U
RAM:8GB
ストレージ:256GB SSD
ディスプレイ:15.6インチIPS(1,920×1,080)タッチ
サイズ:360 × 234 × 17.9-20.0 mm / 1.71 kg

HPの定番にして看板ブランドのPavilionシリーズの15.6インチスタンダードノートです。CPUにIntelを搭載するモデルとAMDを搭載するモデルがありますが、「秋のBIG SALE」ではAMD版がセール対象になっています。

Ryzen 3/Ryzen 5/Ryzen 7(5000番台ですが、いずれもZen 3ではなく、Zen 2アーキテクチャです)搭載モデルがセール対象になっていますが、ここでは最も低価格なRyzen 3モデルのスペック表を掲載しています。日本ではCore i3とかRyzen 3の評判はイマイチと感じられますが、個人的には「ゲームや本格的な動画編集、高度な画像加工をしないのなら十分」な性能だと思っています。例えばOffice系のソフトを使うのがメインというビジネスマンとか、初めてPCを購入する学生さんとかが使うのであれば、Ryzen 3 5300Uで問題ないでしょう。

デザインはシンプルで美しく、重量も15.6インチノートとしてはかなり軽量な部類になりますので、ちょくちょく出先に持ち出して使うこともできます。また、ディスプレイもタッチ対応しますから、PC操作に不慣れな人やお子さんにも使いやすいと思います。

詳しい情報はありませんが、「Pavilionの15.6インチ」というのは長期的に見て「HPでは最も売れ筋」なPCではないか、と思っています。性能、筐体品質、そしてコスパも、スキのない製品と言えるでしょう。

HP製品ページ:
秋のBIG SALEicon

ウインタブ紹介記事:
HP Pavilion 15(eg0000 / eh0000)- HPの定番15.6インチスタンダードノートがモデルチェンジ!サイズが小さくなり、さらにお買い得価格になりました!
※セール品とはCPUの型番が異なります

6.関連リンク

オンラインストア 個人向けicon:HP
オンラインストア 法人向けicon:HP

スポンサーリンク