ハイエンドモデルのChromebook x360 13cがアウトレット価格に!発売後まもないニューモデルが短納期でお買い得!HPクーポン、セール情報

HP Pavilion Aero 13-be
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。毎週お伝えしているHP公式サイト(直販サイト)のセール情報です。HPではここのところ、ニューモデルも投入され、長期化してた納期についてもずいぶん改善されたように思われます。特に発売から間もないニューモデルについては「正式受注後最短5営業日」と短納期になっているものが多いです。

スポンサーリンク

今週もHPでは多くのセールページが開設されています。主なセールページはこちらです。

●個人向けセールページ
週末限定セールicon
短納期!アウトレットパソコン特集icon
売れ筋パソコン、集めました!ベストヒットセール!icon
オンラインストア限定キャンペーン!icon
究極のゲーミングPCセールicon
即納!HP Directplus Express(個人向け製品)icon

●法人向けセールページ
週末限定キャンペーンicon
納期が安心!売れ筋構成・短納期モデルキャンペーンicon
夏のお買い得パソコン大放出!! SUMMER SALEicon

なお、冒頭に書かせていただいたとおり、HP製品の「納期」はかなり正常化されているように思われますが、中には依然として「納期未定」となっている製品もありますので、ご注文の前に納期を確認しておくことをおすすめします。

1.納期の確認方法

納期が気になる!という人向けに、購入しようとしている製品の納期を確認する方法をご説明します。ただし、注文時点では正確な納期は確定せず、目安が表示されるのみです。

HP製品の納期確認方法

クリックで拡大します

まず、製品ページあるいはセールページで購入したい製品(バリエーションモデル)を選び「ご購入はこちら」のボタンを押します。

HP製品の納期確認方法

クリックで拡大します

そうするとカスタマイズ画面が表示されますので、必要であればカスタマイズをし、「カートに入れる」のボタンを押します。

HP製品の納期確認方法

クリックで拡大します

このような画面が表示されますので「カートを確認」のボタンを押します。

HP製品の納期確認方法

クリックで拡大します

「ショッピングカート」の画面が表示され、納期の目安が表示されます。この画像では「正式受注後最短5営業日」となっていますが、「欠品のため納品までお時間を頂いております」と表示されるケースもあり、この場合は「注文後にHPに確認する」ことになります。

なので、お急ぎの人は「正式受注後最短5営業日」というのを確認してから購入されることをおすすめします。

2.ウインタブ読者クーポン

HP Directplusがウインタブ読者に提供してくれている限定クーポンです。「セール品やアウトレット品にも使える」のが大きな魅力です。
※アウトレット品については使用できないケースもあります。

なお、限定クーポンの内容と使い方を説明するページも用意していますので、こちらもご確認ください。
日本HP パソコン用限定クーポンのご紹介

クーポンの特典

●税抜120,000円以上の個人向け製品が通常価格(セール価格含む)より7% OFF
●税抜70,000円以上の法人向け製品が通常価格(セール価格含む)より4% OFF

※一部「税込み120,000円以上(個人向け)、税込み70,000円以上(法人向け)で割引が受けられる製品もあります
※カスタマイズやオプションの同時購入を含めて上記金額を満たしても特典を受けられます
※プリンタ製品、Workstation製品、個人向けAndroidタブレット製品は対象外です

クーポンの有効期限

「2021年8月31日(火)23:59まで」です。

クーポンはこちらから

この記事では便宜的に「クーポン」と書いていますが、実はクーポンではなく「下記のリンクからHP Directplusにアクセスするだけ」です。

このリンクからHP Directplusに行き、あとは好きなセールページ、あるいは製品ページを開き、購入手続きをすれば自動的に7%(法人向けは4%)オフとなります(「ご購入はこちら」のボタンから遷移する製品購入ページに「特別値引き」という項目が表示されます)。ただし、クーポン要件を満たさない、低価格な製品を購入する場合は「特別値引き」の項目も表示されません。

こちらがリンクです
個人向けPC:ウインタブ専用リンク(クーポン)個人向けPC
法人向けPC:ウインタブ専用リンク(クーポン)
法人向けPC

では、今週はモバイルノートとChromebookについて、いくつかセール品をピックアップしてみます。

スポンサーリンク

3.モバイルノート

HP Elite Dragonfly G2

Elite Dragonfly G2

Pavilion 14-dv:84,800円
 ※個人向けPC、週末限定セール対象
 ※週末限定セール品は最短5営業日出荷
Pavilion Aero 13-be:93,000円から
 ※個人向けPC
 ※最短5営業日出荷
Elite Dragonfly G2:164,780円から
 ※法人向けPC
 ※164,780円モデルのみ最短5営業日出荷

HPには13.3インチとか14インチサイズのノートPCがたくさんラインナップされています。ここではウインタブが「お買い得で短納期」と思われる3機種をご紹介します。

3機種中で最も低価格なのが14インチサイズのPavilion 14です。84,800円のモデルは「Core i5-1135G7/RAM8GB/512GB SSD」という構成のクラムシェルノート(普通のノートPC)で、IPS液晶・FHD解像度の14インチディスプレイはタッチ対応もします。初めてPCを購入するスマホ世代の人にもとっつきやすく、PCを仕事用としてバリバリ使いたいという人にも向く構成と言えます。

HP製品ページ:
週末限定セールicon
※この製品は週末限定セールのページから安く購入ができます
ウインタブ紹介記事:
HP Pavilion 14-dv0000 - 14インチで「据え置き時々モバイル」に最適なノートパソコン。プレーンなデザインも魅力です

Pavilion Aero 13は13.3インチサイズのモバイルノートで、93,000円のモデルは「Ryzen 5 5600U/RAM8GB/256GB SSD」という構成のクラムシェルノートで、Ryzen 7/RAM16GB/512GBという上位構成のモデルもあります。この製品の魅力はなんと言っても957 gという「超軽量な筐体」ですね。毎日PCをバッグに入れて持ち運びたいビジネスマンや学生さんには素晴らしいパッケージングの製品だと思います。

HP製品ページ:
HP Pavilion Aero 13-beicon
ウインタブ紹介記事:
HP Pavilion Aero 13-be - Zen 3のRyzenを搭載し、重さ1キロを切る13.3インチモバイルノート

Elite Dragonfly G2は一応「法人向け」ということになっていますが、HP直販サイトは個人顧客も法人向けPCを購入できます。13.3インチのコンバーチブル2 in 1で、164,780円モデルの構成は「Core i5-1135G7/RAM8GB/256GB SSD」です。また、LTE対応もしますので、モバイルデータ通信が可能です。この製品も「軽さ(1.15 kg)」が大きな魅力ですし、法人向けモデルらしく、個人向けPCにはない強固なセキュリティ機能を搭載しています。なかでも「HP SureView Reflect(ボタン一つで瞬時に視野角が狭くなり、覗き見を防止できる)」は初めて使うと感動してしまうレベル。

3機種の中では最も高価で、164,780円のモデル以外は「納期未定」である、という点がネックですが、機密情報を扱うビジネスマンにもピッタリの製品かと思います。

HP製品ページ:
この製品はウインタブ読者クーポンでセール価格からさらに4%OFFとなります。そのため、まずこちら
ウインタブ専用リンク(クーポン)_法人向けPC
にアクセスしていただき、このページに戻り、次にこちら
HP Elite Dragonfly G2 製品詳細icon
からご購入ください。この手順で「特別値引き4%」が受けられます。

ウインタブ実機レビュー:
HP Elite Dragonfly G2の実機レビュー - 「ドラゴンフライブルー」が美しい薄型軽量モバイル2 in 1、法人モデルらしい強固なセキュリティ機能も満載です
ウインタブ動画レビュー:
HP Elite Dragonfly G2のレビュー。薄くて軽くてパワフル!安心のセキュリティ機能も!

4.Chromebook

HP Chromebook x360 13c

HP Chromebook x360 13c

Chromebook 14a:44,000円
 ※個人向けPC、週末限定セール対象
 ※週末限定セール品は最短5営業日出荷
Chromebook x360 14b:59,800円から
 ※個人向けPC
 ※最短5営業日出荷
Chromebook x360 13c:69,000円から
 ※個人向けPC、アウトレットセール品
 ※外箱傷あり
 ※最短5営業日出荷

Chromebookにも力を入れているHP、低価格なものからハイエンドクラスのものまで、幅広くラインナップされています。ここでは13.5~14インチサイズで、タッチ対応ディスプレイを搭載している3機種をご紹介します。

まず、「14a」です。週末限定セール対象になっていて、3機種中最も安価で購入できます。14インチサイズのクラムシェルノート、「Pentium Silver N5030/RAM4GB/64GB eMMC」という構成で、クラムシェルノートながらディスプレイはタッチ対応します。

他の2機種との比較では「コンバーチブル2 in 1ではない」「スペックが最も低い」ということになりますが、個人的にはChromebook入門機としては十分な構成だと思っています。44,000円で購入できるChromebookとしては非常に「よくできた」製品と言えるでしょう。

HP製品ページ:
週末限定セールicon
※この製品は週末限定セールのページから安く購入できます
ウインタブ紹介記事:
HP Chromebook 14a-na0000の実機レビュー ー Chromebook初体験でも感じるバランスの良さはさすがの一言!コスパにも優れます

次に「x360 14b」ですが、こちらは発売直後の「バリバリのニューモデル」です。コンバーチブル 2 in 1筐体を採用し、59,800円モデルのスペックは「Pentium Silver N6000/RAM8GB/128GB eMMC」と、「14a」の正常進化版、といった感じです。14aとの価格差15,800円でシステムスペックが高くなり、タブレットモードなどに変形して使えるというメリットもありますので、予算が許すのであれば、こちらにしてみてもいいかもしれません。ただし、この製品は筐体重量が1.6 kgと、14aの1.33 kgよりもかなり重いということに注意が必要です。

HP製品ページ:
HP Chromebook x360 14b 製品詳細icon
ウインタブ紹介記事:
HP Chromebook x360 14b-cb - Jasper LakeのPentiumを搭載するコンバーチブル 2 in 1タイプのChromebook

最後に「x360 13c」です。この製品はChromebook市場全体を見渡しても「ハイエンド」な製品と言えます。アウトレットコーナーで販売されている(外箱傷あり)のですが、69,000円のモデルは「Core i3-10110U/RAM8GB/256GB SSD」というシステム構成で、ディスプレイも13.5インチのIPS液晶で解像度は1,920 × 1,280(アスペクト比3:2)とやや縦方向に長くなっています。この製品はウインタブで実機レビューしていませんが、おそらくSpectreシリーズに匹敵するくらいの質感に仕上がっているのではないか、と思われます。

Chromebookの場合、Windows PCと比較してOSが軽量、かつブラウザー上でWebアプリを操作するのが基本なので、個人的には「Core i7までは不要」と考えています。しかし、ハイスペックなCPUを搭載することにより、ウインドウ操作やアプリの起動、データの保存などは確実に高速化するはずなので、無駄ということはありません。あとは個人のお好みと購入予算によると思います。今回のセール品はアウトレットコーナーにある「外箱傷あり」品ということもあり、割引率が非常に大きくなっていますので、その意味では「非常にお買い得」と言えます。

HP製品ページ:
短納期!アウトレットパソコン特集icon
※この製品はアウトレットコーナーで購入ができます
ウインタブ紹介記事:
HP Chromebook x360 13c - Core i7も選べるハイエンドな13.5インチ・コンバーチブル2 in 1タイプのChromebook

5.関連リンク

オンラインストア 個人向けicon:HP
オンラインストア 法人向けicon:HP

スポンサーリンク