使えるスペックのエントリーノート「HP 15s」がセール価格に。ハイエンドマシン「Spectre x360 14」も短納期です!HPクーポン、セール情報

HP All-in-One 22-df(AMD)
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。HPのセール情報です。先週末はゴールデンウィーク中ということで週末限定セールがありませんでしたが、今週から平常運転に戻ったようで、週末限定セールも復活しています。

スポンサーリンク

HPに限った話ではないのですが、メーカー直販サイトでは全般に納期が長引く傾向にあり、すぐにパソコンを入手したいという人には少々厳しい状況が続いています。私が見た限り、HP製品の納期は依然として長くなっているものの、短納期(5営業日でお届け)に対応するものが少し増えた感じはありますね。ということで、この記事では「納期短め」の製品をいくつかご紹介したいと思います。

1.ウインタブ読者クーポン

HP Directplusがウインタブ読者に提供してくれている限定クーポンです。「セール品やアウトレット品にも使える」のが大きな魅力です。

なお、限定クーポンの内容と使い方を説明するページも用意していますので、こちらもご確認ください。
日本HP パソコン用限定クーポンのご紹介

クーポンの特典

●132,000円以上の個人向け製品が通常価格(セール価格含む)より7% OFF
●77,000円以上の法人向け製品が通常価格(セール価格含む)より4% OFF

※価格は税込みです
※カスタマイズやオプションの同時購入を含めて上記金額を満たしても特典を受けられます
※プリンタ製品、Workstation製品、個人向けAndroidタブレット製品は対象外です

クーポンの有効期限

「2021年5月31日(月)23:59まで」です。

クーポンはこちらから

この記事では便宜的に「クーポン」と書いていますが、実はクーポンではなく「下記のリンクからHP Directplusにアクセスするだけ」です。

このリンクからHP Directplusに行き、あとは好きなセールページ、あるいは製品ページを開き、購入手続きをすれば自動的に7%(法人向けは4%)オフとなります(「ご購入はこちら」のボタンから遷移する製品購入ページに「特別値引き」という項目が表示されます)。ただし、クーポン要件を満たさない、低価格な製品を購入する場合は「特別値引き」の項目も表示されません。

こちらがリンクです
個人向けPC:ウインタブ専用リンク(クーポン)個人向けPC
法人向けPC:ウインタブ専用リンク(クーポン)
法人向けPC

2.おもなセールページ

HP Directplusでは非常に多くのセールページがあります。おもなセールページは下記の通り(HPサイトにリンクが張られています)。

●個人向けセールページ
週末限定セールicon
短納期!アウトレットパソコン特集icon
売れ筋パソコン、集めました!ベストヒットセール!icon
オンラインストア限定キャンペーン!icon
ゲーミングパソコン オンライン限定セール!icon

●法人向けセールページ
納期が安心!売れ筋構成・短納期モデルキャンペーンicon
初夏割キャンペーンicon

3.HP 15s-eq1000

HP 15s-eq1000
セール価格:36,900円(税込み)から
※短納期モデルあり
※配送料はかかりません

●スペックの一例・税込み44,000円モデル
OS: Windows 10 Home
CPU: AMD Athlon Silver 3050U
RAM: 8GB
ストレージ: 256GB SSD
ディスプレイ: 15.6インチIPS(1,920 × 1,080)
サイズ:  358 × 242 × 17.9-19.5 mm / 1.6 kg
※短納期モデルです

「HPのHPブランド」の15.6インチノートです。もともと非常にコストパフォーマンスの高い製品ですが、シンプルなデザインや、エントリークラスとは言い難いくらいの高性能モデル(Ryzen3やRyzen 5を搭載)もラインナップされています。

この製品、セール価格がちょっと複雑です。今週の週末限定セールの対象になっているものの、一部のモデルについては通常の製品ページのほうが安くなっているんですよね。スペック表を掲載した44,000円のモデルがそれに該当します。

また、短納期モデルが用意されていますが、全てのモデルが短納期というわけではありません。週末限定セール対象の6モデルは全て短納期(正式受注後最短5営業日)になっていますが、通常の製品ページにあるモデルは一部のみ短納期です(ただし、製品ページで短納期モデルが識別できるように配慮されています)。

ということで、ちょっとチェックが複雑になってしまいますが、じっくり確認してみてください。

ウインタブおすすめはスペック表を掲載した44,000円のモデルです(通常の製品ページにあります)。CPUがAthlon Silver 3050Uと「Ryzenじゃない」んですけど、このCPUはイメージする以上に性能が高く、Intel CPUで言うと「Celeron N4100と第10世代Core i3の中間くらい」の実力があります。なので、テキスト文書やExcelの(そんなに複雑ではない)表作成くらいなら十分快適に使えると思います。比較的ライトな事務作業とか、自宅での動画視聴くらいの用途であればおすすめですね。RAM8GB/256GB SSDという構成もエントリー機としては素晴らしいと思います。

さらに、サイズもいいです。エントリークラスの15.6インチながら上位モデルに劣らないコンパクトさで、重量も1.6 kgなので、持ち運びも容易です。コスパ優先のPC選びをされるのならおすすめです。

スポンサーリンク

HPへのリンク:
週末限定セールicon
HP 15s-eq1000 製品詳細icon

ウインタブ紹介記事:
HP 15s-eq1000 - ベーシックで軽量な15.6インチノート。低価格ながら納得のスペックです

4.Spectre x360 14-ea


セール価格:129,900円(税込み)から
※税込み132,000円以上のモデルは読者クーポンでセール価格からさらに7%OFF
※配送料はかかりません
※週末セール品はすべて短納期

●スペック例・139,900円モデル
OS:Windows 10 Home
CPU:Core i5-1135G7
RAM:8GB
ストレージ:512GB SSD
ディスプレイ:13.5インチIPS(1,920 × 1,280)タッチ
サイズ:298×220×17 mm /1.36 kg
※読者クーポンで上記から7%OFF
※HP MPPアクティブペン同梱
※短納期モデルです

HPのモバイルPCとしてはハイエンドとなるコンバーチブル2 in 1です。 週末限定セールに複数のバリエーションモデルが出ています。スペック表を掲載しているのは最低価格のひとつ上、139,900円のモデルですが、読者クーポンで7%OFFになり、130,108円で購入ができます。最低価格モデルは読者クーポンの対象になりませんので、ウインタブ読者は実質的に最低価格モデル(ストレージが256GB)とほとんど変わらない価格でこのモデルが購入できることになります。

この製品は発売からそう時間が経っておらず、スペックは最新です。第11世代(Tiger Lake)のCore i5/Core i7を搭載し、ディスプレイはアスペクト比3:2(一般的なノートパソコンのディスプレイよりも縦方向に長い。Microsoft Surfaceシリーズと同じ形状です)でタッチ対応、4,096段階の筆圧と傾き検知に対応(Microsoft Pen Protocol 2.0)するペンも付属しますので、ビジネスマンだけでなくPCでイラストやマンガの制作をしたいという人にも向きます。

それと、さすがに少し高価になってしまいますが、セール品の中の179,000円のモデルはCPUがCore i7、RAMが16GB、ストレージが1TB(32GBのOptaneメモリー付き)と大きくスペックアップする上、ディスプレイも有機ELの3K2K(3,000 × 2,000)解像度になりますので、コストパフォーマンスも非常によく、購入後の満足度も高くなると思います。

HPの「最上位のモバイルマシン」、所有欲を満たしてくれる製品であることは間違いありません。メインPCとして活用したいですね。

HPへのリンク:
この製品は最低価格(129,900円)のものを除き、すべてウインタブ読者クーポンの対象になります。そのため、まずこちら
ウインタブ専用リンク(クーポン)_個人向けPC
にアクセスしていただき、その後このページに戻り、次にこちら
週末限定セールicon
にアクセスしてご購入下さい。この手順で7%OFFとなります。

ウインタブ紹介記事:
HP Spectre x360 14 - HPのハイエンド・モバイル2 in 1がさらに進化しました!13.5インチとちょっと大きめで、細部までしっかり改善されています

5.HP All-in-One 22-df

HP All-in-One 22-df(AMD)
セール価格(Intel):55,000円(税込み)から
セール価格(AMD):73,700円(税込み)
※配送料はかかりません
※週末セール品はすべて短納期

スペック例・AMD・73,700円モデル
OS:Windows 10 Home
CPU:Ryzen 3 3250U
RAM:8GB
ストレージ:128GB SSD + 2TB HDD
光学ドライブ:DVDライター
ディスプレイ:21.5インチIPS(1,920 × 1,080)タッチ
サイズ:490 x 381 x 205 mm / 5.7 kg
※短納期モデルです

ここのところウインタブのセール情報でよくご紹介している「オールインワンPC」です。「モニターの中に主要なパーツが内蔵されたデスクトップPC」で、一般的なデスクトップPCよりも省スペースですし、購入時にモニター、キーボード、マウスがすべてセットになっていることがほとんどです。また、この製品の場合はモニター、キーボード、マウスのほか、Web会議などでは「必須」のWebカメラやスピーカーも内蔵していますので、ノートPCと同様、手元に届いたらすぐに使い始めることができます。

さすがにノートPCのように気軽に持ち運ぶことはできませんが、そのかわりディスプレイサイズも大きく、自宅や事務所でじっくり作業をするのに向きます。

この製品、Intel版(白い筐体)とAMD版(黒い筐体)があり、私の知る限り、今週はじめてAMD版も週末限定セールの対象になりました。

で、すごく乱暴に言うと、週末限定セールのInte版は「エントリー(Pentium Silver搭載)か上位モデル(Core i5搭載)のいずれか」で、AMD版が「中位クラス(Ryzen 3搭載)」というラインナップになっていて、価格もPentiumモデル<Ryzenモデル<Core i5モデル、という順番なんですよね。

個人的には最低価格の55,000円のモデル(Pentium版)でも十分使えるんじゃないかと思いますが、「もうちょっと性能がいいほうが安心」ということだとスペック表を掲載したRyzenモデルがおすすめです。それと、HP All-in-One 22-dfはなにげに「ディスプレイがタッチ対応」です。これね、相当便利なんじゃないかと思いますよ。特に、これまでスマホしか使ってこなかったという人にも違和感が小さいと思います。

ウインタブでもオールインワンPCを何度か実機レビューしています。PCマニアにはちょっと物足りない(デスクトップPCであるにも関わらず「改造」ができない)かもしれません。しかし、設置場所を確保できるのであれば、ノートPCライクに簡単操作で大画面を使いたい、という人にぴったりだと思います。また、「改造」は難しいですが、使っていくうちにキーボードを好みのものにしたり、外付けのスピーカーを接続してさらなる高音質を追求するのだ、なんてこともできますしね。

HPへのリンク:
週末限定セールicon

6.関連リンク

オンラインストア 個人向けicon:HP
オンラインストア 法人向けicon:HP

スポンサーリンク