定番スタンダードノート、Pavilion 15が超お買得!ハイエンドモバイルPCのSpectre x360 14は上位モデルが狙い目!HPクーポン、セール情報

HP Spectre x360 14
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。毎週お伝えしているHPの直販サイト「HP Directplus」のセール情報です。HPでは今週もたくさんのセールページを開設しています。

スポンサーリンク

HPの個人向けPCのおもなセールページは下記のとおりです。
週末限定セールicon
短納期!アウトレットパソコン特集icon
2021年新春お年玉キャンペーンicon
HPの福袋 2021icon

続いて法人向けPCのおもなセールページです。
週末限定キャンペーンicon
WINTER SALEicon
HP スーパーセール(旧製品がお求めやすく)icon

購入検討の際、最初にチェックしておきたいのは「週末限定セール」「週末限定キャンペーン(法人向け)」そして「アウトレットパソコン特集」ですね。週末限定セール・週末限定キャンペーンは毎週金・土・日(今回は月曜日が祝日なので、金・土・日・月)のみに開催され、他のセールよりも安くなっていることが多いです。また、アウトレットパソコン特集は、旧モデルや箱破損品が激安価格で購入できますが、性質上在庫が多いとは言えないので「タイミング次第で超ラッキー」という感じになります。

ではウインタブおすすめのセール品をご紹介します。2021年の初回ということもありまして、自分なりに「セールで打ち出されていないが、どう考えてもお買い得」というものも選んでいます。

1.ウインタブ限定クーポン

HP Directplusがウインタブ読者に提供してくれている「セール品であっても、セール価格からさらに割引が受けられる」限定クーポンです。個人向け製品は7%、法人向け製品は4%の上乗せ割引を受けられますので、ぜひご活用下さい。なお、限定クーポンの内容と使い方を説明するページもよういしていますので、こちらもご確認ください。
日本HP パソコン用限定クーポンのご紹介

説明ページの内容と重複しますが、ここに概要を記載します。

クーポンの特典

●12万円以上の個人向け製品が通常価格(セール価格含む)より7% OFF
●法人向けの全製品が通常価格(セール価格含む)より4% OFF

※価格は税抜きです
※カスタマイズやオプションの同時購入を含めて上記金額を満たしても特典を受けられます
※プリンタ製品、Workstation製品、個人向けAndroidタブレット製品は対象外です

クーポンの有効期限

「2021年1月17日(日)23:59まで」です。

クーポンはこちらから

HPで「クーポン」と呼んでいるものは、「特定の記号や番号など」ではありません。下記のリンクからHP Directplusにアクセスするだけです。このリンクでHP Directplusに行き、あとは好きなセールページ、あるいは製品ページを開き、購入手続きをすれば勝手に7%(法人向けは4%)オフとなります(「ご購入はこちら」のボタンから遷移する製品購入ページに「特別値引き」という項目が表示されます)。ただし、クーポン要件を満たさない、低価格な製品を購入する場合は「特別値引き」の項目も表示されません。
個人向けPC:ウインタブ専用リンク(クーポン)_個人向けPC

法人向けPC:ウインタブ専用リンク(クーポン)_法人向けPC

2.Spectre x360 14-ea

HP Spectre x360 14
セール価格: 134,800円(税込み148,280円)から
※ウインタブ読者クーポンの利用で上記価格からさらに7%OFFになります
※配送料はかかりません

●スペック例・168,000円(税込み184,800円)モデル
OS: Windows 10 Pro
CPU: Core i7-1165G7
RAM: 16GB
ストレージ: 32GB Optane + 1TB HDD
ディスプレイ: 13.5インチ有機EL(3,000 × 2,000)タッチ
サイズ: 298 × 220 × 17 mm / 1.36 kg
※HP MPPアクティブペン同梱

いきなりすみません、この製品は特にセールページで打ち出されているわけではなく、通常の製品ページでの割引のみです。1カ月ほど前に発売されたばかりのニューモデルで、HPのモバイルPCとしてはハイエンドのコンバーチブル2 in 1です。

製品ページを見るとすべてのバリエーションモデルが割引価格になっていましたが、上位モデルほどお買い得感が高いようです。スペック表を掲載しているのは最上位モデルですが、見ていただければわかる通り、モバイルノートとして考えうる最高の構成だと思います。Pro版のOS、Tiger LakeのCore i7、16GBのRAM、ストレージは1TBの大容量に加えデータアクセスを高速化してくれるOptaneメモリーまで積んでいます。さらにディスプレイは高解像な有機EL、アスペクト比はMicrosoft Surfaceシリーズと同じ3:2です。

また、Spectre x360 14は4,096段階の筆圧と傾き検知に対応するMPPペン(Microsoft Pen Protocol 2.0規格)が同梱されますので、イラストやマンガの制作にも向きます。

あら捜しをするとLTE(や5G)モジュールがないとか、微妙に重量が重い、というのはありますが、もともと筐体品質が非常に高水準なHPのハイエンドモデルらしく、「持つ喜び」を与えてくれる超高級なデザインになっています。

製品ページの構成を見ていて、いつもは最低価格のモデルを推奨してしまうウインタブですが、この製品に関しては最上位モデルをおすすめしたいですね。足許、コロナの影響で外出機会が減りがちだと思いますが、この製品であれば本来のモバイル利用だけでなく、自宅でテレワーク用に使っても大満足できるんじゃないでしょうか(テレワークなら外付けディスプレイがあればなおよし、だと思いますが)。

●HPへのリンク:
この製品はウインタブ読者クーポンの対象になります。そのため、まずこちら
ウインタブ専用リンク(クーポン)_個人向けPC
にアクセスしていただき、その後このページに戻り、次にこちら
HP Spectre x360 14-ea 製品詳細icon
にアクセスしてご購入下さい。この手順で7%OFFとなります。
●ウインタブ紹介記事:
HP Spectre x360 14 - HPのハイエンド・モバイル2 in 1がさらに進化しました!13.5インチとちょっと大きめで、細部までしっかり改善されています

スポンサーリンク

3.HP All-in-One 22-df

HP All-in-One 22-df
セール価格: 46,800円(税込み51,480円)から
※別途配送料税込み3,300円がかかります

●スペック例・46,800円(税込み51,480円)モデル
OS: Windows 10 Home
CPU: Pentium Silver J5040
RAM: 8GB
ストレージ: 128GB SSD+1TB HDD
光学ドライブ: DVDライター
ディスプレイ: 21.5インチIPS(1,920 × 1,080)タッチ
サイズ: 490 x 381 x 205 mm / 5.7 kg
※ワイヤレスキーボード & マウス付属

テレワーク需要にピッタリのオールインワンPC。「自宅でPCなんて使ってない!」という人も少なくないかと思いますが、在宅時間が長くなりがちですし、仕事用としてだけでなく、大画面で動画のサブスクを楽しんだり、(お財布的には諸刃の剣かもしれませんが)ネットショッピングを楽しんだりと、自宅PCは結構役に立ちますよ。

この製品は21.5インチサイズなので設置場所には少し気を使うことになります。まあ、デスクが必要でしょうね。低価格で購入できるパソコン用デスクなんかもいいかも。

デスクトップPCの場合、本体を買えばいいというものではなく、モニターが必要ですし、製品によってはキーボードやマウスも買い足さなくてはいけません。しかし、オールインワンPCはもともとモニター(ディスプレイ)がついていますし、この製品の場合はワイヤレスキーボードとマウスも付属しますので、何か別に買い足したりする必要はありません。製品が届いたらすぐに使い始めることができます。しかもディスプレイはタッチ操作ができますし、Webカメラも内蔵していますので、Zoom会議でも困りません。あ、自宅にWi-Fiルーターもしくは有線のルーターは必要ですね。

持ち運びを考慮せず、自宅あるいは事務所で据え置き型として使うのなら、21.5インチというサイズは魅力です。

ここでスペック表を掲載している46,800円のモデルは、デスクトップPCとしてはエントリークラスです。CPUはCore i3とかCore i7ではなくPentium Silver J5040ですが、「2世代くらい前のCore i3と同じくらい」の性能はありますので、ExcelやWord、動画視聴、ちょっとしたブラウザゲームくらいなら余裕でこなせます。また、ウインタブとしてはCPUよりもむしろRAMが8GBあり、プライマリ(OSが入っている)ストレージがSSDである、ということのほうが重要だと思います。このモデルのRAMとストレージ構成であれば、動作がもっさりしたりカクカクしたり、といった心配はいらないでしょう。

大型の製品なので、配送料は必要ですが、それでも「この構成で、このイージーさで、この価格」なのであれば非常にお買い得だと思います。

●HPへのリンク:
週末限定セールicon
※この製品は週末限定セールのページから安く購入できます

4.Pavilion 15-eg/eh

HP Pavilion 15(eg0000)
セール価格(Intel): 59,000円(税込み64,900円)から
セール価格(AMD): 54,000円(税込み59,400円)から
※送料はかかりません

●スペックの一例・AMD・54,000円(税込み59,400円)モデル
OS: Windows 10 Home
CPU: AMD Ryzen 3 4300U
RAM: 8GB
ストレージ: 256GB
ディスプレイ: 15.6インチIPS(1,920 × 1,080)タッチ
サイズ: 360 × 234 × 17.9-20.0 mm / 1.71 kg

この製品も週末限定セールなどの対象になっているわけではなく、通常の製品ページから安く購入できます。そして、個人的には「セールうんぬんより、今一番割安感のあるスタンダードノート」なんじゃないか、と思っています。

PavilionシリーズはHPのPCでは「スタンダード」という位置付けです。また15.6インチというディスプレイサイズもノートPCとしては「スタンダード」ですね。「HPの定番」と言っていいかもしれません。

Pavilion 15にはCPUにIntelを搭載する「eg」とAMDを搭載する「eh」があります。お好みのCPUブランドを選ばれたらいいと思いますが、価格が低いのはAMD版のほうです。また、Intel版のCPUはTiger LakeのCore i、AMD版のCPUは第3世代Ryzenなので、どちらもパフォーマンスは高いのですが、(あくまでも個人的な意見として)AMD版のほうがお買い得かな、と思います。

ということで、AMD版の最低価格、54,000円のモデルのスペック表を掲載しました。システム構成的にはテレワークを始め、自宅でのエンターテイメント(動画視聴やネットショッピング、カジュアルなゲームなど)に十分なものになっていると思います。なにげにディスプレイがタッチ対応する、というのも大きいですよね。また重量も1.71 kgと、スタンダードノートとしては結構な軽さになっていますので、たまの気分転換にカフェで作業するとかの使い方も可能だと思います。

ここでご紹介しているのは「安いから」というのが大きな理由ですが「HPの定番・売れ筋」製品ということで信頼度が非常に高い、というのもあります。純粋に価格だけ見ても市場で最安値水準だと思いますし、HPの定番PCらしくシンプルでカチッとした筐体品質も大きな魅力です。

●HPへのリンク:
HP Pavilion 15-eg(インテル)製品詳細icon
HP Pavilion 15-eh(AMD)製品詳細icon

●ウインタブ紹介記事:
HP Pavilion 15(eg0000 / eh0000)- HPの定番15.6インチスタンダードノートがモデルチェンジ!サイズが小さくなり、さらにお買い得価格になりました!

5.関連リンク(HP)

個人向けセールページ
週末限定セールicon
短納期!アウトレットパソコン特集icon
2021年新春お年玉キャンペーンicon
HPの福袋 2021icon

法人向けセールページ
週末限定キャンペーンicon
WINTER SALEicon
HP スーパーセール(旧製品がお求めやすく)icon

スポンサーリンク