重量1 kg切りのElite Dragonflyがセール価格に!Chromebookは14インチのコンバーチブル2 in 1タイプが安いです!HPクーポン、セール情報

HP Elite Dragonfly スタンドモード
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。毎週お伝えしているHP Directplusのセール情報です。いつものようにHP Directplusには多くのセールページが用意されています。

スポンサーリンク

HPの個人向けPCのおもなセールページは下記のとおりです。
週末限定セールicon
アウトレットパソコン特集icon
オンラインストア限定キャンペーン!icon
ゲーミングパソコン オンライン限定セール!icon

続いて法人向けPCのおもなセールページです。
週末限定キャンペーンicon
大感謝セールicon

えー、毎週HPのセール情報記事を書いていて、ちょっと困るのが「週末限定セールの対象製品が先週とほぼ同じ」場合なんですよね…。価格は十分安いので、文句を言う筋合いはないのですが、(たぶん私くらいだと思いますけど)先週と顔ぶれが変わらないと新鮮味がなく、「どの製品をピックアップしようかなあ」などと少し悩んでしまいます。

とはいえ、「先週もPCを買って今週もPCを買う」という人はめったにいないと思いますので、セール品の顔ぶれがあまり変わっていない、というのは別に問題にもならないですよね。では、ウインタブおすすめの製品を一部ご紹介します。

1.ウインタブ限定クーポン

HP directplusがウインタブ読者に提供してくれている「セール品であっても、セール価格からさらに割引が受けられる」限定クーポンです。個人向け製品は7%、法人向け製品は4%の上乗せ割引を受けられますので、ぜひご活用下さい。なお、限定クーポンの内容と使い方を説明するページも作りましたので、ご確認ください。
日本HP パソコン用限定クーポンのご紹介

説明ページの内容と重複しますが、ここに概要を記載します。

クーポンの特典

●12万円以上の個人向け製品が通常価格(セール価格含む)より7% OFF
●法人向けの全製品が通常価格(セール価格含む)より4% OFF

※価格は税抜きです
※カスタマイズやオプションの同時購入を含めて上記金額を満たしても特典を受けられます
※プリンタ製品、Workstation製品、個人向けAndroidタブレット製品は対象外です

クーポンの有効期限

「2020年11月30日(月)23:59まで」です。

クーポンはこちらから

HPで「クーポン」と呼んでいるものは、「特定の記号や番号など」ではありません。下記のリンクからHP Directplusにアクセスするだけです。このリンクでHP Directplusに行き、あとは好きなセールページ、あるいは製品ページを開き、購入手続きをすれば勝手に7%(法人向けは4%)オフとなります(「ご購入はこちら」のボタンから遷移する製品購入ページに「特別値引き」という項目が表示されます)。ただし、クーポン要件を満たさない、低価格な製品を購入する場合は「特別値引き」の項目も表示されません。
個人向けPC:ウインタブ専用リンク(クーポン)_個人向けPC

法人向けPC:ウインタブ専用リンク(クーポン)_法人向けPC

2.HP Elite Dragonfly

HP Elite Dragonfly
セール価格: 119,800円(税込み131,780円)から
※別途送料税込3,300円がかかります
※ウインタブ限定クーポンで4%もしくは7%の上乗せ割引が受けられます

●スペックの一例・119,800円モデル
OS: Windows 10 Home
CPU: Core i5-8265U
RAM: 8GB
ストレージ: 128GB
ディスプレイ: 13.3インチIPS(1,920 × 1,080)タッチ
サイズ: 304.3 x 197.5 x 16.1(最厚部)mm / 999 g

この製品は「一応」法人モデルということになっていますが、最低構成だと1キロを切る超軽量のコンバーチブル2 in 1で、重量に関しては個人向け製品であるSpectreやENVYなどよりも優れています。というか、ハードウェアの構成だけ見れば個人向けモデルと考えたほうが自然な感じがします。

CPUが第8世代にとどまっているのはちょっと残念ですが、法人モデルらしく高いセキュリティ機能があり、筐体もミルスペック(MIL-STD 810G)準拠の堅牢性を備えています。筐体はマグネシウム製。ビジネスマシンとして非常に信頼できる製品と言えるでしょう。

それと、この製品、注文時にシステム構成のカスタマイズが可能です。119,800円のモデルを選んでも、カスタマイズ画面でCPUをCore i7にしたり、RAMを16GBにしたり、ストレージ容量を変更(最大2TBまで)したり、さらにはバッテリーサイズまで変更ができるんです。個人的には「RAM8GB/ストレージ128GBでも大丈夫」だと思っているのですが、RAMを16GBにしたいとか、大容量のSSDにしたいという人も安心ですね。

以前は「ちょっと高いけど、法人モデルとしていろんな付加価値があるから仕方ないよね」という理解をしていましたが、現在のセール価格であれば(超軽量筐体ということもあり)個人向けPCと比較しても割高感はありません。

あと、ちょっとややこしいご説明があります…。この製品は法人向けサイトの「週末限定キャンペーン」のページにも、個人向けサイトの「週末限定セール」のページにも掲載されています。で、結論として、119,800円のモデルを購入する場合はウインタブ限定クーポンのうちの「法人向け」のものを、上位の145,800円のモデルを購入する場合はウインタブ限定クーポンのうちの「個人向け」のものを使うようにしてください。前者は4%OFF、後者は7%OFFとなります。

スポンサーリンク

HPへのリンク:
119,800円のモデルの場合、まずはこちらにアクセス
ウインタブ専用リンク(クーポン)_法人向けPC
していただき、その後このページに戻り、こちら
週末限定キャンペーンicon
からご購入ください。この手順で自動的に4%の割引(特別値引き)が受けられます

145,800円のモデルの場合、まずはこちらにアクセス
ウインタブ専用リンク(クーポン)_個人向けPC
していただき、その後このページに戻り、こちら
週末限定セールicon
からご購入ください。この手順で自動的に7%の割引(特別値引き)が受けられます

ウインタブ実機レビュー:
HP Elite Dragonflyの実機レビュー - 超軽量でセキュリティ重視のモバイル2 in 1、ビジネスのお供に最適!ドラゴンフライブルーもカッコいいよ!

3.Chromebook x360 14b

HP Chromebook x360 14b
セール価格: 40,000円(税込み44,000円)
※配送料はかかりません

●スペック
OS: Chrome OS
CPU:  Pentium Silver N5030
RAM: 8GB
ストレージ: 64GB eMMC
ディスプレイ: 14インチIPS(1,920 × 1,080)タッチ
サイズ:  326 x 225 x 18-20.5 mm / 1.5 kg

コンバーチブル2 in 1タイプのChromebookです。このタイプのChromebookには12インチの「12b」と14インチの「14b」が週末限定セールの対象になっていますが、ここではより低価格な14bのほうをご紹介します。

CPUにPentium Silver N5030を搭載し、RAMは8GBと十分、ストレージは64GBで、Windows PCの感覚だと心もとないと感じますが、Chrome OSではWebアプリをブラウザーで操作するのが基本ですし、データもクラウドに保管しますので、このスペックで十分快適に動作すると思います。

14インチのコンバーチブル2 in 1ということで、重量はやや重く1.5 kgとなっているものの、ディスプレイはタッチ対応で4,096段階の筆圧に対応するUSIペン(別売り)も使えますので、Chrome OSを使い倒してみたい、という人に向く製品だと思います。

HPへのリンク:
週末限定セールicon
※この製品は週末限定セールのページから安く購入ができます

4.HP ENVY 15-ep0000

HP ENVY 15 ディスプレイ
セール価格: 140,000円(税込み154,000円)から
※配送料はかかりません
※ウインタブ限定クーポンで7%の上乗せ割引が受けられます

●スペックの一例・210,000円モデル
OS: Windows 10 Pro
CPU: Core i9-10885H
GPU: GeForce RTX2060 Max-Q
RAM: 32GB
ストレージ: 2TB SSD
ディスプレイ: 15.6インチOLED(3,840 × 2,160)
サイズ:  358 × 237 × 18 mm / 2.15 kg

ENVYは2020年モデルから「プレミアムなクリエイターPC」という位置づけも与えられています。このENVY 15はまさにその位置づけが当てはまる製品です。先週に引き続き、週末限定セールには2つのバリエーションモデルが掲載されていました。210,000円(税込み231,000円)の「クリエイターモデル」はセール価格でも20万円越えと高価ですが、Pro版OSに第10世代のCore i9とGeForce RTX2060 Max-Qを搭載し、RAMとストレージ容量はクリエイターのニーズにも十分応えられる大容量、さらにディスプレイは4K解像度の有機ELなので、プロのクリエイターも納得のスペックと言えます。

140,000円(税込み154,000円)のモデルは「Core i7-10750H/GeForce GTX1660Ti Max-Q/RAM16GB/512GB SSD/FHDディスプレイ」という構成です。ディスプレイが有機ELの4Kではないものの、CPUやGPUの性能が非常に高いので、ハイエンドなノートPCを探しているビジネスマンにもいい選択肢になると思います。

HPへのリンク:
ウインタブ限定クーポンの対象になります。そのため、まずはこちらにアクセス
ウインタブ専用リンク(クーポン)_個人向けPC
していただき、その後このページに戻り、こちら
週末限定セールicon
からご購入ください。この手順で自動的に7%の割引(特別値引き)が受けられます
ウインタブ実機レビュー:
HP ENVY 15の実機レビュー - 15.6インチのハイエンドなクリエイターノート。ディスプレイの美しさは感動的です

5.関連リンク

個人向けセールページ

週末限定セールicon
アウトレットパソコン特集icon
オンラインストア限定キャンペーン!icon
ゲーミングパソコン オンライン限定セール!icon

法人向けセールページ

週末限定キャンペーンicon
大感謝セールicon

スポンサーリンク