Ryzen搭載の15.6インチ、HP 15-db1000が4万円台から!テレワークにピッタリの27インチオールインワンPCは88,200円オフ!HPクーポン、セール情報

HP Pavilion 15-cs3000
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。毎週お伝えしているHPのセール情報です。先週の記事でもご案内しましたが、HPから4月1日付けで配送に関するリリースが出ています。
弊社 HP Directplus(エイチピー ダイレクトプラス)の「ご納品」について:HP

スポンサーリンク

入荷遅延が発生しているとのことで、このあとご紹介するセール品の一部に関しても「5月以降順次お届け」と記載されているものがありました。注文前に納期を完璧に把握するのは難しいと思われますが、カスタマイズの画面(「ご購入はこちら」のボタンを押して遷移する画面です)に納期の目安が記載されていますので、お急ぎの人はここで確認しましょう。

さて、いつものようにHP Directplusでは複数のセールが開催されています。主要なセールページは下記のとおりです。
週末限定セールicon
アウトレットパソコン特集icon
オンラインストア限定キャンペーン!icon
HPの新生活応援フェアicon
国内シェア ナンバーワン!icon
お急ぎの方必見!5営業日でお届けモデル特集!icon

日頃もっとも安く感じられる「週末限定セール」はラインナップが少しさびしいと感じます。むしろ「オンラインストア限定キャンペーン」のほうにお買い得品が多く、場合によっては週末限定セールの価格よりも安いものが見られました。また「5営業日でお届けモデル特集」については、価格云々よりもとにかく急いでいる!という人にありがたいページだとと思います。

では、おすすめ製品をいくつかご紹介します。今回は「テレワーク」も含め、自宅で快適に使える、やや大型でスペックの高いPCを選んでみました。

1.ウインタブ限定クーポン

HP directplusがウインタブ読者に提供してくれている「セール品であっても、セール価格からさらに割引が受けられる」限定クーポンです。個人向け製品は7%、法人向け製品は4%の上乗せ割引を受けられますので、ぜひご活用下さい。なお、限定クーポンの内容と使い方を説明するページも作りましたので、ご確認ください。
日本HP パソコン用限定クーポンのご紹介 説明ページの内容と重複しますが、ここに概要を記載します。

クーポンの特典

●12万円以上の個人向け製品が通常価格(セール価格含む)より7% OFF
●7万円以上の法人向け製品が通常価格(セール価格含む)より4% OFF

※価格は税抜きです
※カスタマイズやオプションの同時購入を含めて上記金額を満たしても特典を受けられます
※プリンタ製品、Workstation製品、個人向けAndroidタブレット製品は対象外です

クーポンの有効期限

「2020年4月30日(木)23:59まで」です。

クーポンはこちらから

HPで「クーポン」と呼んでいるものは、「特定の記号や番号など」ではありません。下記のリンクからHP Directplusにアクセスするだけです。このリンクでHP Directplusに行き、あとは好きなセールページ、あるいは製品ページを開き、購入手続きをすれば勝手に7%(法人向けは4%)オフとなります(「ご購入はこちら」のボタンから遷移する製品購入ページに「特別値引き」という項目が表示されます)。ただし、クーポン要件を満たさない、低価格な製品を購入する場合は「特別値引き」の項目も表示されません。
個人向けPC:ウインタブ専用リンク(クーポン)_個人向けPC

法人向けPC:ウインタブ専用リンク(クーポン)_法人向けPC

2.HP 15-db1000

HP 15-db0000
セール価格: 43,000円(税込み47,300円)から
※配送料はかかりません

●スペックの一例(43,000円モデル)
OS: Windows 10 Home
CPU: AMD Ryzen 3 3200U
RAM: 8GB
ストレージ: 256GB SSD
光学ドライブ: DVDライター
ディスプレイ: 15.6インチ(1,920 × 1,080)
サイズ: 377 × 247 × 23-26 mm / 2.0 kg

HPとしてはエントリークラスに位置づけられる15.6インチスタンダードノートですが、ビジネス用としても家庭用としても十分なスペックになっています。最低価格、43,000円モデルでもCPUはRyzen 3、RAMは8GB、ストレージは256GB SSDなので、OSやアプリの起動は早く、各種処理性能にも不安はありません。

この製品は枝番が「db1000」と「db0000」の2種類が併売されていて、「オンラインストア限定キャンペーン」の対象なのは「db1000」のほうです(ただし、通常の製品ページでも同価格で購入ができます)。db0000は旧モデルで価格が安いのですが、CPUがRyzenではなく、ほとんどのバリエーションモデルのストレージが「HDDのみ」で、db1000よりもパフォーマンスがかなり低いため、ここではおすすめしません。

外観はPavilionシリーズやENVYシリーズ、Spedtreシリーズのような高級感はありませんが、シンプルなホワイトの筐体で安っぽさは感じませんので、誰がどこで使ってもよく似合うと思います。CPUなどの主要構成が高水準になっている割に価格が非常に安く、「ベストコスパ」と言える製品だと思います。

HPへのリンク:
 セールページ:オンラインストア限定キャンペーン!icon
 製品ページ:HP 15-db0000/db1000 製品詳細icon

3.Pavilion 15-cs3000

HP Pavilion 15-cs3000
セール価格: 66,000円(税込み72,600円)から
※送料はかかりません
※5月以降順次配送

スポンサーリンク

●スペックの一例(67,000円モデル)のスペック
OS: Windows 10 Home
CPU: Core i5-1035G1
RAM: 8GB
ストレージ: 32GB Optane + 512GB SSD
ディスプレイ: 15.6インチIPS(1,920 × 1,080)
サイズ: 361 × 246 × 18.0-20.0 mm / 1.82 kg

HPの看板モデルであるPavilion 15には「cu1000」と「cs3000」があり、今回ご紹介するのは「cs3000」のほうです。cs3000は光学ドライブがなく、そのぶんスリムで軽量な筐体になっています。また、cu1000よりも発売時期が新しく、CPUも第10世代ながらComet LakeではなくIce Lakeを搭載していますので、「どうしても光学ドライブが必要」ということでなければcs3000のほうがおすすめです。

ここでは67,000円モデルのスペック表を掲載していますが、Core i5/RAM8GBという「家電量販店で勧められやすい」スペックになっていて、ストレージも512GBと大容量のSSDに加え、データアクセスを高速化してくれるOptaneメモリーまで搭載しています。このスペックならテレワークもラクラクこなせるでしょう。さらに上位のモデルにはCore i7と外部GPUのGeForce MX250が搭載されていますので、より高い性能が必要な人のニーズも満たしてくれます。

1.82 kgというのはモバイルノートと言うには少々重すぎますが、15.6インチのスタンダードノートとしてはかなり軽量な部類になりますので、たまに外出先に持ち出すくらいの使い方なら十分可能だと思います。この製品はHPの売れ筋モデルにふさわしく、シンプルながら高級感のある筐体デザインになっていますし、それでいて価格は他社の同クラスのスタンダードノートよりもむしろ割安です。

なお、この製品は通常の製品ページよりも「オンラインストア限定キャンペーン」のページのほうが安いです。ただし、通常の製品ページにしかないバリエーションモデルもありますので、購入の際は双方のページをよく確認しましょう。

HPへのリンク:
 セールページ:オンラインストア限定キャンペーン!icon
 製品ページ:HP Pavilion 15-cs3000 製品詳細icon
ウインタブ紹介記事:
 HP Pavilion 15-cs3000 - 「シリーズ史上最薄・最軽量」の15.6インチノート、最新スペックにリニューアルされました!

4.ENVY x360 15

HP ENVY x360 15
セール価格: 70,000円(税込み77,000円)から
※配送料はかかりません

●スペックの一例(70,000円モデル)
OS: Windows 10 Home
CPU: AMD Ryzen 5 3500U
RAM: 8GB
ストレージ: 512GB SSD
ディスプレイ: 15.6インチIPS(1,920 × 1,080)タッチ
サイズ: 359 × 245 × 17-18 mm / 1.98 kg
※RAM8GB→16GBの追加料金4,000円(税込み4,400円)

HPの大人気コンバーチブル2 in 1「ENVY x360」の15.6インチ版です。この製品は先週のセール情報記事でもご紹介しましたが、「やっぱ安い」ですね。

スペック表を掲載した70,000円のモデルはRyzen 5/RAM8GB/512GB SSDという構成で、ビジネスマシンとしても十分なスペックになっている上、「HPのプレミアムPCでコンバーチブル2 in 1」という位置づけを考えると激安と言えます。またRAM増量の追加料金も非常に安価ですね。

コンバーチブル2 in 1とはいえ、15.6インチサイズなので重量約2キロとやや重く、毎日気軽に持ち歩くという使い方は少し厳しいと思います。しかし、外出先に持ち出す機会がそれほど多くないのであればディスプレイサイズの大きいぶん魅力的ですし、筆圧対応のペン入力が可能なので、イラストやマンガを描いてみたいという人にもおすすめです。

この製品は「オンラインストア限定キャンペーン」のページから購入するほうが安くなります。

HPへのリンク:
 オンラインストア限定キャンペーン!icon
ウインタブ実機レビュー:
 HP ENVY x360 15-ds0000 レビュー - 第2世代Ryzenを搭載する15.6インチのプレミアム・コンバーチブル2 in 1、高い性能と高い質感、でも低価格(実機レビュー)

5.ENVY All-in-One 27

HP ENVY All-in-One 27
セール価格: 139,800円(税込み153,780円)から
※全モデルともウインタブ限定クーポン対象になります(さらに7%OFF)
※別途配送料税込み3,300円がかかります
※4月下旬以降発送

●スペックの一例(159,800円モデル)
OS: Windows 10 Pro
CPU: Core i7-9700T
GPU: NVIDIA GeForce GTX 1050(4GB)
RAM: 16GB
ストレージ: 256GB SSD + 2TB HDD
ディスプレイ: 27インチIPS(3,840 × 2,160)タッチ対応
サイズ:  618 x 455 x 190 mm / 10 kg

この製品はノートPCではなく、オールインワンPCです。オールインワンPCというのは、非常に簡単に言うと「PCの本体がディスプレイの中にある」構造の製品で、キーボードとマウスが付属するので、別途周辺機器を購入する必要はありません。

ENVYブランドなので「プレミアムPC」ということになります。スペックは高く、外部GPUも搭載していますので、オンラインゲームもプレイできると思います。それと「ENVY」というブランド名にふさわしく、デザインが非常に美しいのでお部屋のインテリアとしてもよさそうです。27インチの4Kディスプレイで動画視聴するのは、とっても楽しいんじゃないでしょうか。

この製品はディスプレイ解像度が2種類あり、QHD(2,560 × 1,440)のものが139,800円、UHD(3,840 × 2,160)のものが159,800円です(いずれもタッチ対応します)。また、「週末限定セール」や「オンラインストア限定キャンペーン」など、いくつかのセールページに掲載されていますが、オンラインストア限定キャンペーンの価格が最も安いと思われます。

HPへのリンク:
この製品はウインタブ限定クーポンの対象になります。そのため、まずこちら
ウインタブ専用リンク(クーポン)_個人向けPC
にアクセスしていただき、その後このページに戻り、次にこちら
オンラインストア限定キャンペーン!icon
からご購入下さい。

6.関連リンク

週末限定セールicon
アウトレットパソコン特集icon
オンラインストア限定キャンペーン!icon
HPの新生活応援フェアicon
国内シェア ナンバーワン!icon
お急ぎの方必見!5営業日でお届けモデル特集!icon

スポンサーリンク