ENVY x360は15.6インチがすごく安い!テレワークに最適なオールインワンPCもいろいろ選べます!HPクーポン、セール情報

HP Pavilion 15-cs3000
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。毎週お伝えしているHPのセール情報です。4月1日付けで配送に関するリリースが出ています。
弊社 HP Directplus(エイチピー ダイレクトプラス)の「ご納品」について:HP

スポンサーリンク

やはりコロナウイルスの影響(だと思います)で入荷遅延が発生しているとのことで、このあとご紹介するセール品の一部に関しても「4月下旬以降(5月以降順次、という記載もありました)」の発送となるものがありました。一方で、通常通り5営業日程度での出荷が可能なものも多いので、購入時にはしっかり納期確認(カスタマイズの画面に納期の記載があります)をされるといいと思います。

さて、いつものようにHP Directplusでは複数のセールが開催されていますが、納期の関係もあるんでしょうか、今週は「週末限定セール」のラインナップが少し寂しいように思われました。また、旧モデルが激安価格となるアウトレットコーナーもほとんど製品がありませんでした。

HP Directplusの主要なセールページは下記のとおりです。
週末限定セールicon
アウトレットパソコン特集icon
オンラインストア限定キャンペーン!icon
HPの新生活応援フェアicon
国内シェア ナンバーワン!icon

いつもですと「最初に週末限定セールを!」とおすすめしているのですが、今週は「オンラインストア限定キャンペーン」のほうにお買い得品が見られましたので、オンラインストア限定キャンペーンに掲載されているPCをいくつかご紹介したいと思います。

1.ウインタブ限定クーポン

HP directplusがウインタブ読者に提供してくれている「セール品であっても、セール価格からさらに割引が受けられる」限定クーポンです。個人向け製品は7%、法人向け製品は4%の上乗せ割引を受けられますので、ぜひご活用下さい。なお、限定クーポンの内容と使い方を説明するページも作りましたので、ご確認ください。
日本HP パソコン用限定クーポンのご紹介 説明ページの内容と重複しますが、ここに概要を記載します。

クーポンの特典

●12万円以上の個人向け製品が通常価格(セール価格含む)より7% OFF
●7万円以上の法人向け製品が通常価格(セール価格含む)より4% OFF

※価格は税抜きです
※カスタマイズやオプションの同時購入を含めて上記金額を満たしても特典を受けられます
※プリンタ製品、Workstation製品、個人向けAndroidタブレット製品は対象外です

クーポンの有効期限

「2020年4月30日(木)23:59まで」です。

クーポンはこちらから

HPで「クーポン」と呼んでいるものは、「特定の記号や番号など」ではありません。下記のリンクからHP Directplusにアクセスするだけです。このリンクでHP Directplusに行き、あとは好きなセールページ、あるいは製品ページを開き、購入手続きをすれば勝手に7%(法人向けは4%)オフとなります(「ご購入はこちら」のボタンから遷移する製品購入ページに「特別値引き」という項目が表示されます)。ただし、クーポン要件を満たさない、低価格な製品を購入する場合は「特別値引き」の項目も表示されません。
個人向けPC:ウインタブ専用リンク(クーポン)_個人向けPC

法人向けPC:ウインタブ専用リンク(クーポン)_法人向けPC

2.ENVY x360 15

HP ENVY x360 15
セール価格: 70,000円(税込み77,000円)から
※配送料はかかりません

●スペックの一例(70,000円、税込み77,000円のモデル)
OS: Windows 10 Home
CPU: AMD Ryzen 5 3500U
RAM: 8GB
ストレージ: 512GB SSD
ディスプレイ: 15.6インチIPS(1,920 × 1,080)タッチ
サイズ: 359 × 245 × 17-18 mm / 1.98 kg
※RAM8GB→16GBの追加料金4,000円(税込み4,400円)

HPの大人気コンバーチブル2 in 1「ENVY x360」の15.6インチ版です。ウインタブではいつも13.3インチ版のほうをご紹介しているのですが、実は15.6インチ版のほう、「13.3インチ版よりも安い」んですよね。

スペック表を掲載した70,000円のモデルですが、Ryzen 5/RAM8GB/512GB SSDという構成で、これは13.3インチ版のRyzen 5モデルよりも低価格です。というか、HPのプレミアムラインでコンバーチブル2 in 1、そしてRyzen 5搭載ということを考慮すれば圧倒的な安さと言えるでしょう。しかも、「ひっそりと」RAM増量のオプション料金が激安なんですよね。

この製品は重量が約2キロありますので、毎日バッグに入れて持ち歩く、という使い方をするのは少しつらいと思います。しかし、現状テレワーク(在宅勤務)をしている人も少なくないと思いますし、外出先に持ち出す機会がそれほど多くないのであればディスプレイサイズの大きい15.6インチ版は魅力的です。また、この製品は筆圧対応のペン入力が可能なので、イラストやマンガを描いてみたいという人にもおすすめです。大画面2 in 1ですから、気持ちよく描けると思いますよ!

HPへのリンク:
 オンラインストア限定キャンペーン!icon
ウインタブ実機レビュー:
 HP ENVY x360 15-ds0000 レビュー - 第2世代Ryzenを搭載する15.6インチのプレミアム・コンバーチブル2 in 1、高い性能と高い質感、でも低価格(実機レビュー)

3.Pavilion 15-cs3000

HP Pavilion 15-cs3000
セール価格: 66,000円(税込み72,600円)から
※送料はかかりません
※5月以降の配送

スポンサーリンク

●スペックの一例(83,000円、税込み91,300円のモデル)
OS: Windows 10 Home
CPU: Core i7-1065G7
GPU: GeForce MX250
RAM: 8GB
ストレージ: 256GB SSD+1TB HDD
ディスプレイ: 15.6インチIPS(1,920 × 1,080)
サイズ: 361 × 246 × 18.0-20.0 mm / 1.82 kg
※RAM8GB→16GBの追加料金3,000円(税込み3,300円)

「まさにスタンダード」なパッケージングの製品です。Pavilion 15には「光学ドライブあり」「光学ドライブなし」の2種類がありますが、今回ご紹介するのは「光学ドライブなし」のほうです。薄型で重量も1.82 kgと、スタンダードノートとしては軽量なものになっています。

第10世代(Ice Lake)のCore i5/Core i7を搭載する高性能PCで、スペック表を掲載した83,000円のモデルが最上位構成となります。Core i7に加え、外部GPUのGeForce MX250も搭載していて、ストレージ容量にも余裕があります。また、上に紹介したENVY x360 15よりもさらに安価でRAM容量を追加できてしまいます。この構成だと、ビジネス利用はもちろん、軽めのオンランゲームとか2D系グラフィック制作なども十分こなせると思います。また、このサイズ感であればたまに外に持ち出して使うくらいのことは可能でしょう。

PavilionシリーズはHPでも人気の製品ブランドで、シンプルかつ高級感のあるデザインも魅力です。使う人や利用シーンを選ばない、万能の高性能ノートと言えるでしょう。

HPへのリンク:
 セールページ:オンラインストア限定キャンペーン!icon
ウインタブ紹介記事:
 HP Pavilion 15-cs3000 - 「シリーズ史上最薄・最軽量」の15.6インチノート、最新スペックにリニューアルされました!

4.Pavilion 13-an1000

HP Pavilion 13-an1000
セール価格: 66,000円(税込み72,600円)から
※配送料はかかりません。
※5月以降の配送

●スペックの一例(74,000円、税込み81,400円のモデル)
OS: Windows 10 Home
CPU:  Core i5-1035G1
RAM: 8GB
ストレージ: 32GB Optane + 512GB SSD
ディスプレイ: 13.3インチIPS(1,920 × 1,080)タッチ
サイズ: 310 x 215 x 14.9-15.8 mm / 1.26 kg

HPのPavilionシリーズはSpectreシリーズやENVYシリーズと比較するとデザインに派手さがなく、「シンプルでプレーン」な製品です。このPavilion 13はディスプレイがタッチパネルになっていますので、スマホ操作に慣れているPC初心者の人も使いやすいと思います。

サイズ感は「まさに13.3インチ」という感じで、重量も1.26 kgなので、バッグに入れてあちこち持ち歩けます。世界最大のPCメーカーであるHPは筐体の作り込みにも抜かりはなく、価格を低く抑えつつも、高級感ある仕上がりになっていますので、「長く使えるノートPC」であることは間違いないですね。

HPへのリンク:
 オンラインストア限定キャンペーン!icon
ウインタブ紹介記事:
 HP Pavilion 13-an1000 - 「鉄板構成」のモバイルノートがさらに使いやすくなりました!これは素晴らしい!

5.HP All-in-One 22

HP All in One 22
セール価格: 36,800円(税込み40,480円)から
※別途配送料税込み3,300円がかかります。

●スペックの一例(69,800円、税込み76,780円のモデル)
OS: Windows 10 Home
CPU:  Core i5-9400T
RAM: 8GB
ストレージ: 128GB SSD+2TB HDD
ディスプレイ: 21.5インチIPS(1,920 × 1,080)タッチ
サイズ: 310 x 215 x 14.9-15.8 mm / 1.26 kg

ラストは「テレワーク」を意識してみました。実際のところ、どのくらいの人がテレワーク(ここでは在宅勤務としてこの表現を使っています)をしているのかわかりませんが、コロナウイルスの関係で、以前よりもずっと多くの人がテレワーカーなんだろうなあ、と思います。

会社からPCを貸与される人もいるでしょうし、手持ちのPCでテレワークをされている人もいるでしょう。いずれにせよ、仮に13.3インチのモバイルノートだけで作業をしたりビデオチャットをしたり、という日々がずーっと続いているとしたら、少々疲れちゃうかもしれないですね。

自宅で仕事をするのなら、やはり大画面にしたいところです。また、キーボードも少し大きいサイズのほうが疲れにくいと思います。このHP All-in-One 22は21.5インチサイズのオールインワンPCなので、スペースを取らずに大画面での作業が可能です。税込みで4万円くらいから購入ができますが、下位モデルはストレージがHDDのみになってしまうので、「画面は大きいけど遅くてイライラする」ことにもなりかねません。なので、スペック表を掲載した69,800円のモデルがおすすめです。このモデルならCPU性能も高く、RAMとストレージ構成に余裕がありますので、サクサク仕事をこなせると思います。

また、この製品はデスクトップPCのジャンルになりますので、キーボードとマウスも付属します(しかもワイヤレス)。なので、本体だけの購入ですぐに使い始めることができます。このへんはノートPCと変わりませんね。コロナウイルスが一段落しても、テレワークが一般化し、「出社の日とテレワークの日」がうまく共存するような勤務体系になるといいですよね!

HPへのリンク:
 オンラインストア限定キャンペーン!icon

6.関連リンク

週末限定セールicon
アウトレットパソコン特集icon
オンラインストア限定キャンペーン!icon
HPの新生活応援フェアicon
国内シェア ナンバーワン!icon

スポンサーリンク