Chromebook x2が最安値を更新!ベーシックで使いやすいモバイルノート、Pavilion 13も過去最安値です!HPクーポン、セール情報

HP Pavilion 15-cu0000 キーボード拡大
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。毎週お伝えしているHP Direct Plusのセール情報です。HP Directplusはたくさんのセールを同時開催しているのが特徴で、今週も多くのセールページがあります。
週末限定セールicon
アウトレットパソコン特集icon
オンラインストア限定キャンペーン!icon
Chromebook Weekicon

スポンサーリンク

注意したいのが、「同じ製品なのにセールページごとに価格が異なる」ケースが散見されることです。例えばChromebook Weekというセールページと週末限定セールのページの双方に「Chromebook x2」がありますが、週末限定セールのほうが価格が安くなっているんですよね。これまでの経験上、HPのセールページで最も安いのが「週末限定セール」です。毎週金・土・日の3日間のみの限定開催ということもあり、全般に他のセールページを下回る価格になっています。ただし、週末限定セールにある製品でも、すべてのバリエーションモデルがセール対象というわけではないので、狙っている製品が週末限定セールにあるかどうかは運任せ、というのはあります。ただ、とりあえず週末限定セールだけはこまめにチェックしておくことをおすすめします。

では、おなじみのウインタブ限定クーポンと、今週のおすすめ製品をいくつかご紹介します。

1.ウインタブ限定クーポン

HP directplusがウインタブ読者に提供してくれている「セール品であっても、セール価格からさらに割引が受けられる」限定クーポンです。個人向け製品は7%、法人向け製品は4%の上乗せ割引を受けられますので、ぜひご活用下さい。なお、限定クーポンの内容と使い方を説明するページも作りましたので、ご確認ください。
日本HP パソコン用限定クーポンのご紹介 説明ページの内容と重複しますが、ここに概要を記載します。

クーポンの特典

●12万円以上の個人向け製品が通常価格(セール価格含む)より7% OFF
●7万円以上の法人向け製品が通常価格(セール価格含む)より4% OFF

※価格は税抜きです
※カスタマイズやオプションの同時購入を含めて上記金額を満たしても特典を受けられます
※プリンタ製品、Workstation製品、個人向けAndroidタブレット製品は対象外です

クーポンの有効期限

「2020年1月31日(金)23:59まで」です。

クーポンはこちらから

HPで「クーポン」と呼んでいるものは、「特定の記号や番号など」ではありません。下記のリンクからHP Directplusにアクセスするだけです。このリンクでHP Directplusに行き、あとは好きなセールページ、あるいは製品ページを開き、購入手続きをすれば勝手に7%(法人向けは4%)オフとなります(「ご購入はこちら」のボタンから遷移する製品購入ページに「特別値引き」という項目が表示されます)。ただし、クーポン要件を満たさない、低価格な製品を購入する場合は「特別値引き」の項目も表示されません。
個人向けPC:ウインタブ専用リンク(クーポン)_個人向けPC

法人向けPC:ウインタブ専用リンク(クーポン)_法人向けPC

2.HP Pavilion 13-an0000

HP Pavilion 13-an0000
セール価格: 60,000円(税込み66,000円)
※配送料はかかりません。

OS: Windows 10 Home
CPU: Intel Core i5-8265U
RAM/ストレージ: 8GB/256GB SSD
ディスプレイ: 13.3インチIPS(1,920 × 1,080)
サイズ: 310 x 215 x 15.5-17.5 mm / 1.26 kg

HPのPavilionシリーズはSpectreシリーズやENVYシリーズと比較するとデザインに派手さがなく、「シンプルでプレーン」な製品です。このPavilion 13はつい先日ニューモデルが登場しましたので、旧モデルということになります。新旧モデルの大きな違いは「CPUの世代」と「ディスプレイのタッチパネル化」ですね。旧モデルはCPUが第8世代ですし、ディスプレイもタッチ対応しません。

とはいえ、ビジネス用とか学生さんの勉強用に使うのであれば第8世代でも第10世代でも大きな体感差はありません。Excelなんかを使うのには第8世代のCore i5でも十分すぎるくらいの実力があります。また、ディスプレイがタッチ対応している方がいいか、という点については「人による」と思うので、ウインタブでは決めつけられませんが、スマホ世代(PCより先にスマホを入手した人)ならタッチパネルになっているほうが使いやすいかもしれませんね。一方で「PCのベテラン」ならタッチパネルなんて不要、ということになるのかも。

ということで、旧モデルになってしまったPavilion 13ですが、そのかわり「過去最安値」です。送料もかかりませんので、66,000円ポッキリで買えます。

繰り返しになりますが、Pavilion 13はクセのない、シンプルで飽きのこないデザインが魅力で、個人的には「Pavilionらしい」デザインだと思います。筐体の作り込みにも抜かりはなく、価格を低く抑えつつも、高級感ある仕上がりになっていますので、「長く使えるノートPC」であることは間違いないですね。

この製品は「週末限定セール」のページからでないと安く購入できません。

HPへのリンク:
 週末限定セールicon
ウインタブ実機レビュー:
 HP Pavilion 13-an0000 レビュー - スペック・品質・そして価格、どこをとっても「鉄板構成」の13.3インチモバイルノート(実機レビュー)

3.Pavilion 15-cu1000

HP Pavilion 15-cu0000 正面
セール価格: 66,000円(税込み72,600円)から
※配送料はかかりません

スポンサーリンク

●66,000円モデルの構成
OS: Windows 10 Home
CPU: Intel Core i5-8265U
RAM: 8GB
ストレージ: 128GB SSD + 1TB HDD
光学ドライブ: DVDライター
ディスプレイ: 15.6インチIPS(1,920 × 1,080)
サイズ: 376 × 248 × 22.5-24 mm / 2.07 kg

HPの売れ筋ナンバーワンのスタンダードノートですが、意外なことにまだCPUが第10世代に切り替わっていません。光学ドライブなしのPavilion 15-CSシリーズのほうは第10世代CPU搭載モデルが発売されているんですけどね。

この製品も私が知る限り過去最安値になっていると思います。66,000円モデルのほうでもスタンダードノートとして十分なスペックになっていると思いますが、もうひとつ、85,000円(税込み93,500円)というモデルも週末限定セールの対象になっていて、こちらは「Core i7/Radeon 530/RAM16GB/128GB SSD + 1TB HDD」と、さらに高性能です。外部GPUのRadeon 530を搭載していますので、たまにゲームをやりたいとか、グラフィック系の作業に使いたい、ということなら85,000円モデルのほうをおすすめします。

世界最大のPCメーカーであるHPの「ボリュームゾーン(15.6インチスタンダードノート)」の製品ですから、品質が悪いはずもなく、ビジネス用に、ご家庭用に安心して使えるスタンダードノートだと思います。

なお、この製品も「週末限定セール」のページからでないと安く購入ができませんのでご注意ください。
 週末限定セールicon
ウインタブ実機レビュー:HP Pavilion 15-cu0000 レビュー - 美しいデザインと高性能、そして低価格を実現、これがHPの「王道」スタンダードノート!(実機レビュー)

4.ENVY x360 13

HP ENVY x360 13 新色追加
セール価格: 60,000円(税込み66,000円)から
※送料はかかりません

●ベーシックモデル(60,000円)のスペック
OS: Windows 10 Home
CPU: AMD Ryzen 3 3300U
RAM: 8GB
ストレージ: 256GB
ディスプレイ: 13.3インチIPS(1,920 × 1,080)タッチ
サイズ: 306 × 212 × 14.5-16.0 mm / 1.28 kg
筐体色セラミックホワイト

HPのセールと言えばこれでしょう。ビジネスにもプライベートにも申し分ないスペックと「プレミアム」な筐体品質のコンバーチブル2 in 1です。今回の週末限定セールでは筐体色セラミックホワイト(ウインタブおすすめ)が税抜きで60,000円(税込み66,000円)から、同スペックのナイトフォールブラックが63,500円(税込み69,850円)からと、過去最安値には及ばないものの、十分納得できるというか、飛びついてOKな価格になっています。

個人的にはセラミックホワイトがおすすめなんですよね。「アニオン電着塗装」という特殊な技術が使われていて、質感が「抜群」です。まるで陶器のような手触りで、しかもキズつきに強く、指紋もつきにくくなっています。CPUのRyzen 3もビジネス用の普段使いであるとか、自宅で動画を観るとかSNSに使うとかの用途では全くもたつきを感じないと思います。あくまで個人の意見ですが、PC負荷が特に高くならない使い方であればRyzen5やRyzen 7を選ぶ必然性もない、と思っています。

なお、この製品も「週末限定セール」のページからでないと安くなりませんのでご注意ください。

HPへのリンク:
 週末限定セールicon
 して注文してください。この操作で自動的に7%の特別値引きが受けられます。
ウインタブ実機レビュー:
 HP ENVY x360 13-ar0000 レビュー - 13.3インチ、第2世代Ryzenを搭載する高性能な2 in 1、プレミアムPCなのに激安価格!(実機レビュー)

5.HP Chromebook x2

HP Chromebook x2
セール価格: 49,500円(税込み54,450円)から
※配送料はかかりません

●49,500円モデルの構成
OS: Chrome OS
CPU: Pentium 4415Y
RAM: 4GB
ストレージ: 32GB eMMC
ディスプレイ: 12.3インチIPS(2,400 × 1,600)
サイズ:
 タブレットのみ:293 × 212 × 8 mm / 734 g
 キーボード込み:292 × 223 × 18.5 mm / 1.43 kg

このChromebook x2はデタッチャブル2 in 1筐体で、タッチ操作にも向くChrome OSにはピッタリの筐体構造かと思います。また、2,048段階の筆圧に対応するペン(ワコムAES方式)も付属しますので、イラストやマンガなどの制作にも向きます(ただし、使えるアプリはWindowsやMac OSのようには豊富ではなく、メジャーなソフトウェアは使えないと思います)。

ウインタブではChrome OSにあまり高いCPU性能は必要ないと考えていますので、パフォーマンスということではPentium搭載のコンフォートモデルでもいいと思います。ただ、それって私が決める話ではありません。「もっと高性能なモデルにしたい」という人には「スーペリアモデル」というのもありまして、こちらも週末限定セールの対象になっています。スーペリアモデルのほうは「Core m3-7Y30/RAM8GB/64GB eMMC」という構成で59,000円(税込み64,900円)なので、差額があまり気にならないという人はこちらもおすすめです。

高速な起動やスリープ復帰、長時間のバッテリー稼働など、Windows PCが目指しつつ、イマイチうまくいっていない機能がCheome OSにはあります。確かにソフトウェアの充実度ではWindowsには及びませんが、こういうライトで使いやすいOSをモバイル活用してみたいものです。もちろんウインタブでもChromebook関連の記事は増やしていきたいと思っています。

なお、この製品も週末限定セールのページからでないとセール価格になりませんのでご注意ください。

HPへのリンク:
 週末限定セールicon
ウインタブ実機レビュー:
 HP Chromebook x2 レビュー - 12.3インチのデタッチャブル2 in 1、Core i5を搭載してChrome OSがより快適に!(実機レビュー)

6.関連リンク

週末限定セールicon
アウトレットパソコン特集icon
オンラインストア限定キャンペーン!icon
Chromebook Weekicon

スポンサーリンク