HP Chromebook x2がさらに安くなりました!アウトレットコーナーの「福袋PC」も充実&お買い得!HPクーポン、セール情報

HP Chromebook x2
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。毎週お伝えしているHPのセール情報です。ここしばらく、HPのセール価格は割と落ち着いていると言うか、特定のセールで大幅割引をするというよりは、「値下げ」と称して、普通の製品ページの価格を安くする、という感じです。

スポンサーリンク

HP Directplusの主なセールページはこちらです。
週末限定セールicon
アウトレットパソコン特集icon
旧モデル 売り尽くしセール!icon

週末限定セールに掲載されている製品はいずれも通常の製品ページよりも安くなっていますが、最近はデスクトップPCのほうが目立ちますね。一方でアウトレットのほうは、「今週はいい!」と感じました(後述します)。

では、ウインタブおすすめのセール品をいくつかご紹介します。

1.ウインタブ限定クーポン

HP directplusがウインタブ読者に提供してくれている「セール品であっても、セール価格からさらに割引が受けられる」限定クーポンです。個人向け製品は7%、法人向け製品は4%の上乗せ割引を受けられますので、ぜひご活用下さい。なお、限定クーポンの内容と使い方を説明するページも作りましたので、ご確認ください。
日本HP パソコン用限定クーポンのご紹介

説明ページの内容と重複しますが、ここに概要を記載します。

クーポンの特典

●12万円以上の個人向け製品が通常価格(セール価格含む)より7% OFF
●7万円以上の法人向け製品が通常価格(セール価格含む)より4% OFF
※価格は税抜きです
※カスタマイズやオプションの同時購入によって上記金額を満たしても特典を受けられます
※プリンタ製品、Workstation製品、個人向けAndroidタブレット製品は対象外です

クーポンの有効期限

「2019年11月30日(土)23:59まで」です。

クーポンはこちらから

HPで「クーポン」と呼んでいるものは、「特定の記号や番号など」ではありません。下記のリンクからHP Directplusにアクセスするだけです。このリンクでHP Directplusに行き、あとは好きなセールページ、あるいは製品ページを開き、購入手続きをすれば勝手に7%(法人向けは4%)オフとなります(「ご購入はこちら」のボタンから遷移する製品購入ページに「特別値引き」という項目が表示されます)。ただし、クーポン要件を満たさない、低価格な製品を購入する場合は「特別値引き」の項目も表示されません。

個人向けPC:ウインタブ専用リンク(クーポン)_個人向けPC

法人向けPC:ウインタブ専用リンク(クーポン)_法人向けPC

2.HP 14s-dk0000

HP 14s-dk0000
セール価格: 29,500円(税込み32,450円)から
※配送料はかかりません

●45,400円モデルのスペック
OS: Windows 10 Home
CPU: AMD Ryzen 3 3200U
RAM: 8GB
ストレージ: 256GB SSD
ディスプレイ: 14インチIPS(1,920 × 1,080)
サイズ: 324 × 226 × 19.5-21.5 mm / 1.53 kg
※詐欺ウォール(対策ソフト)とマカフィー リブセーフ1年版付属

ここに掲載している45,400円モデルのスペック表をご覧ください。「上を見ればキリがない」というのはありますけど、Ryzen 3/RAM8GB/256GB SSD/IPS液晶・FHDディスプレイという構成になっていますので、オンラインゲームとか高度な画像加工、動画編集などを除けばビジネス用としてもエンターテイメント用としても十分快適に使えるものになっています。また、最低価格の29,500円モデルだと「AMD A4-9125/RAM4GB/128GB SSD/IPS液晶・FHDディスプレイ」という構成なので、Celeronクラスのパフォーマンスとなりますが、こちらもライトユースであれば十分かと思います。特にストレージがSSDになっているという点と、ディスプレイがIPS液晶になっているという点が非常にうれしいところです。

この製品、「セキュリティ強化モデル」と称して、「詐欺ウォール(対策ソフト)」と「マカフィー リブセーフ1年版」が付属するものが追加されました。セキュリティソフトが付属しないモデルとの差額がわずかに400円~500円(税抜きベース)しかありませんので、特にPC初心者の人にはおすすめできる構成かと思います。

また、この製品はスペック表から見た価格が「異様に安い」のですが、筐体も決して悪くありません。重量こそ1.53 kgと、モバイル利用にはやや重いと感じられるものの、持ち歩きができない、ということはありません(私は毎日1.5 kgのノートPCを持ち歩いています)し、デザインも上位モデルのSpectreやENVYのような高級感あふれるものではありませんが、シンプルでクリーンな印象です。決して安っぽくはないですよ。

この製品は通常の製品ページからセール価格で購入ができます。

スポンサーリンク

HPへのリンク:
 HP 14s-dk0000 製品詳細
icon
ウインタブ紹介記事:
 HP 14s-dk0000 - ベーシックな14インチノートがRyzenを搭載!バランスの取れたシステム構成でお値段激安!

3.HP Chromebook x2

HP Chromebook x2
セール価格: 60,000円(税込み66,000円)から
※配送料はかかりません

●70,000円モデルのスペック
OS: Chrome OS
CPU: Core m3-7Y30
RAM: 8GB
ストレージ: 64GB eMMC
ディスプレイ: 12.3インチIPS(2,400 × 1,600)
サイズ:
 タブレットのみ:293 × 212 × 8 mm / 734 g
 キーボード込み:292 × 223 × 18.5 mm / 1.43 kg

ここのところ週末限定セールの常連になっている「良スペック」なChromebookです。デタッチャブル2 in 1筐体で、タッチ操作にも向くChrome OSにはピッタリの筐体構造かと思います。また、2,048段階の筆圧に対応するペン(ワコムAES方式)も付属しますので、イラストやマンガなどの制作にも向きます(ただし、使えるアプリはWindowsやMac OSのようには豊富ではなく、メジャーなソフトウェアは使えないと思います)。

今週の週末限定セールでは先週より価格が下がり、最低価格が60,000円となりました。

コンフォート:Pentium/4GB/32GB:60,000円(66,000円)
スーペリア:Core m3-7Y30/8GB/64GB:70,000円(77,000円)
※カッコ内は税込価格
※Core i7-7Y54搭載の「エグゼクティブ」はセール対象外

私はChrome OSにあまり高いCPU性能は必要ないと思っていますので、パフォーマンスということではコンフォートモデルでもいいと思います。しかし、最近のChrome OSはGoogle PlayのAndroidアプリが使え、それらのアプリは内蔵ストレージにインストールされますので、それを考慮するとストレージ64GBのスーペリアモデルのほうがいいのかもしれません。

ただし、Google PlayのアプリはIntel CPU(というかCPU内蔵のGPU)に最適化されていないものがあり、うまく動作しなかったり、グラフィック品質が低くなってしまうものも少なくありません。そのため「もっぱらゲーム用」としてChromebookを購入するのはおすすめできません。

高速な起動やスリープ復帰、長時間のバッテリー稼働など、Windows PCが目指しつつ、イマイチうまくいっていない機能がCheome OSにはあります。確かにソフトウェアの充実度ではWindowsには及びませんが、こういうライトで使いやすいOSをモバイル活用してみたいものです。

なお、この製品は週末限定セールのページからでないとセール価格になりませんのでご注意ください。

HPへのリンク:
 週末限定セールicon
 HP Chromebook x2 製品詳細icon

4.シークレットギフトキャンペーン

HP シークレットギフトキャンペーン

一応モザイク処理しております

セール価格: 39,800円(税込み43,780円)から
※配送料はかかりません

●55,800円モデルのスペック
OS: Windows 10 Home
CPU: Core i3-8145U
RAM: 8GB
ストレージ: 128GB SSD + 1TB HDD
ディスプレイ: 14インチIPS(1,920 × 1,080)タッチ
サイズ:  324 x 223 x 19.5-20 mm / 1.68 kg
※CPUの型番とサイズはウインタブ予想

アウトレットコーナーにしばしば出現する「シークレットギフトキャンペーン」。製品名が明かされずに販売されるので「福袋」的な性格があります。今週のアウトレットコーナーには「イキのいい」キャンペーンPCが大量投入されていますので、必見と言えるでしょう。

ここで紹介するのは55,800円(税込み61,380円)のセール品です。14インチのコンバーチブル2 in 1で、筐体色が「モダンゴールド & ルミナスゴールド」になっていることから、ウインタブでは「これicon」だと予想します。ただし、あくまでもウインタブの予想なので、間違っている可能性もあります。

もしも予想通りであれば「激安」ですね。税込みだと6万円を少し越えてしまいますが、HPのスタンダードクラスの2 in 1でCore iプロセッサー搭載、RAMとストレージの容量にも余裕がありますし、ディスプレイもIPS液晶、FHD解像度でもちろんタッチ対応します。重量が少々重いのが玉にキズですが、この価格なら文句なしでしょう。

アウトレットコーナーのシークレットギフトキャンペーン、今週は面白いと思います!

HPへのリンク:
 アウトレットパソコン特集icon

5.関連リンク(HP)

週末限定セールicon
アウトレットパソコン特集icon
旧モデル 売り尽くしセール!icon

スポンサーリンク