主力モデルが軒並み大幅値下げ!ENVY x360もPavilionも過去最安値を更新しています。今週の安さは異常!HPクーポン、セール情報

HP 14s-dk0000
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。毎週お伝えしているHPのセール情報です。HPの直販サイト「HP Directplus」では複数のセールページが同時並行で展開されています。主なものはこちら。
週末限定セールicon
アウトレットパソコン特集icon
HP 80周年記念セールicon
個人向け液晶モニターが最大48%OFF!icon
期間限定のビッグセール タイムセール祭りicon

スポンサーリンク

また、「消費税引き上げに関する対応」について、HPから明確な説明がありました。
消費増税に関するよくあるご質問

私が先日HPのサポートセンターに電話で問い合わせした内容とは異なり、「9月中に注文すれば、配送時期や支払時期が10月にズレ込んでも消費税は8%」とのことです。これで安心ですね!

さて、冒頭にセールページのご案内をしましたが、今週に関してはセールページの意義はかなり小さいです。要するに通常の製品ページからでも「激安」な価格で購入できるものが非常に多いんです。消費増税前の需要を見込んで、というのもあるでしょうし、「Core iプロセッサーの代替わり」というのも安さの理由になっているんじゃないでしょうか?ただ、価格が思いっきり下がっている製品が多く、個人的には「ここまで安くなるなら今Whiskey Lake搭載機を購入してしまっていいのでは?」と思います。

1.ウインタブ限定クーポン

HP directplusがウインタブ読者に提供してくれている「セール品であっても、セール価格からさらに割引が受けられる」限定クーポンです。個人向け製品は7%、法人向け製品は4%の上乗せ割引を受けられますので、ぜひご活用下さい。なお、限定クーポンの内容と使い方を説明するページも作りましたので、ご確認ください。
日本HP パソコン用限定クーポンのご紹介

説明ページの内容と重複しますが、ここに概要を記載します。

クーポンの特典

●12万円以上の個人向け製品が通常価格(セール価格含む)より7% OFF
●7万円以上の法人向け製品が通常価格(セール価格含む)より4% OFF
※価格は税抜きです
※カスタマイズやオプションの同時購入によって上記金額を満たしても特典を受けられます
※プリンタ製品、Workstation製品、個人向けAndroidタブレット製品は対象外です

クーポンの有効期限

「2019年9月30日(月)23:59まで」です。
※期間延長になりました!

クーポンはこちらから

HPで「クーポン」と呼んでいるものは、「特定の記号や番号など」ではありません。下記のリンクからHP Directplusにアクセスするだけです。このリンクでHP Directplusに行き、あとは好きなセールページ、あるいは製品ページを開き、購入手続きをすれば勝手に7%(法人向けは4%)オフとなります(「ご購入はこちら」のボタンから遷移する製品購入ページに「特別値引き」という項目が表示されます)。ただし、クーポン要件を満たさない、低価格な製品を購入する場合は「特別値引き」の項目も表示されません。

個人向けPC:ウインタブ専用リンク(クーポン)_個人向けPC

法人向けPC:ウインタブ専用リンク(クーポン)_法人向けPC

2.HP Pavilion 13-an0000

HP Pavilion 13-an0000 正面
セール価格: 57,000円(税込み61,560円)
※筐体色SAKURAの価格
※筐体色モダンゴールドは62,000円(税込み66,960円)
※別途配送料税込み3,240円がかかります

OS: Windows 10 Home
CPU: Intel Core i5-8265U
RAM/ストレージ: 8GB/256GB SSD
ディスプレイ: 13.3インチIPS(1,920 × 1,080)
サイズ: 310 x 215 x 15.5-17.5 mm / 1.26 kg

「2019年になって俄然熱を帯びた『8万円以下で買える王道スペックのモバイルノート』の一つです」と、先週のセール情報記事で書いたんですけど、今週になってさらに話が変わりました。「税込み、配送料込みで64,800円から」です。この製品、Whiskey LakeのCore i5/RAM8GB/256GB SSD/IPS液晶・FHD解像度のディスプレイ、というスペックなんですけどね…。

冒頭に書いたとおり、Whiskey LakeのCore i5というのが、遠からず「Comet Lake(確率は低いけどIce Lakeかも)のCore i5」に変わるんだろうと思います。しかし、それを考慮しても圧倒的な安さだと思います。せっかく新しいPCを買うのだからCPUの世代は最新にしたい、というのは当然の考えですが、Pavilionのようなビジネスノート、あるいはパーソナルに楽しむ非ゲーミングノートであれば、「Comet Lakeなら快適、でもWhiskey Lakeだとまともに動かない」なんていうケースはほとんどないと思いますので、消費税が上がってから、そしておそらく定価も上昇するであろうComet Lake搭載機を待つよりも、Whiskey Lake搭載機を激安価格で購入するというのは決して悪い話ではないでしょう。

Pavilion 13はウインタブでも実機レビューをしていますが、クセがなくシンプルで飽きのこないデザインが魅力の製品です。世界最大のPCメーカーであるHPは筐体の作り込みにも抜かりはなく、価格を低く抑えつつも、高級感ある仕上がりになっています。

今回の値下げでコミコミ64,800円になるのは筐体色「SAKURA」です。天板が淡いピンクになっていて、特には女性ユーザーにピッタリかと思います(男性が使うとヘン、というわけではありません)。また、若干価格が上がってしまいますが、SAKURAの色味がキライという人にはモダンゴールド(淡いゴールド)の天板色も選べます。

この製品は通常の製品ページからでも、タイムセール祭りのページからでも安く購入ができます。ただし、タイムセール祭りのほうは先週だと配送料が無料でしたが、価格が大きく下がってしまったこともあり、今週は配送料がかかります。要するに「どっちのページから買っても同じ」です。

HPセールページ:期間限定のビッグセール タイムセール祭りicon
HP製品ページ:HP Pavilion 13-an0000 製品詳細icon
ウインタブ紹介記事:HP Pavilion 13-an0000 レビュー - スペック・品質・そして価格、どこをとっても「鉄板構成」の13.3インチモバイルノート(実機レビュー)

3.Pavilion 15-cu1000

HP Pavilion 15-cu0000
セール価格: 58,000円(税込み62,640円)から
※別途配送料が税込み3,240円かかります

●スタンダードプラスモデルG2(60,000円、税込み64,800円)の構成
OS: Windows 10 Home
CPU: Intel Core i5-8265U
RAM: 8GB
ストレージ: 128GB SSD + 1TB HDD
光学ドライブ: DVDライター
ディスプレイ: 15.6インチIPS(1,920 × 1,080)
サイズ: 376 × 248 × 22.5-24 mm / 2.07 kg

スポンサーリンク

HPのノートPCの代表格、というか最も人気のある15.6インチスタンダードノートです。この製品も今週になって「がっつり」値下げされました。ざっくり1万円くらい下がってます。最低価格は税抜き58,000円なのですが、このモデルはストレージが「1TB HDDのみ」となりますので、ウインタブ読者は購入しないようにして下さい。システムやソフトウェアの起動が遅くてイライラします。はっきり言ってCore i5を搭載する意味がありません。税抜き60,000円のモデルであればストレージが128GB SSD + 1TB HDDとなり、OSが高速なSSD側にインストールされますので、非常に快適に使えます。

上に紹介したPavilion 13は13.3インチ、このPavilion 15は15.6インチなので、毎日ノートPCをバッグに入れて持ち歩く人はPavilion 13のほうがおすすめです。一方、Pavilion 15のほうはディスプレサイズが大きくなっていますし、キーボードにはテンキーもつきますし、さらに光学ドライブもついていますので、自宅や職場で半据え置き型PCとして使うのに向きます。リビングルーム用の家族共用PCとしても便利でしょう。この製品も「激安」と言っていいと思います。

なお、この製品も通常の製品ページからでも、タイムセール祭りのページからでも同条件で購入できます。
HPセールページ:期間限定のビッグセール タイムセール祭りicon
HP製品ページ:HP Pavilion 15-cu0000/cu1000 製品詳細icon
ウインタブ実機レビュー:HP Pavilion 15-cu0000 レビュー - 美しいデザインと高性能、そして低価格を実現、これがHPの「王道」スタンダードノート!(実機レビュー)
※実機レビューに使用したのはWhiskey LakeではなくKaby Lake R搭載機ですが、筐体は変わりません。

4.HP 14s-dk0000

HP 14s-dk0000
セール価格: 27,000円(税込み29,160円)から
※別途配送料3,240円がかかります

●ベーシックモデル(42,000円、税込み45,360円)の構成
OS: Windows 10 Home
CPU: AMD Ryzen 3 3200U
RAM: 8GB
ストレージ: 256GB SSD
ディスプレイ: 14インチIPS(1,920 × 1,080)
サイズ: 324 × 226 × 19.5-21.5 mm / 1.53 kg

こちらはPavilionシリーズの下位に位置するエントリークラスの14インチノートです。とはいえ、スペック表を掲載したRyzen 3モデル(ベーシックモデル)はCPUだけでなく、RAMは8GB、ストレージは256GB SSD、そしてディスプレイはIPS液晶のFHD解像度と、メインマシンとしても十分なスペックを備えていますので、低価格PCにありがちな「もっさりした挙動」とは無縁です。また、最低価格の税抜き27,000円のモデルはCPUこそRyzenではありませんが、Celeronと同等クラスの性能となるA4-9125というCPUを搭載しており、ストレージもSSDなので、価格以上の実力はあります(ただし、ウインタブ読者のメインマシンとしては少々力不足なので、サブ機とかお子さん用に向くと思います)。

さすがに高級感あふれる筐体、というわけにはいかないものの、シンプルでプレーンなホワイトの筐体はクセがなく、気持ちよく使える品質を備えています。低予算で、できるだけ高性能なノートPCを、と考える人には検討の価値あり、と思います。また、サイズは少し大きく、重いですが、モバイルノートとしての利用も十分可能かと思われます。

この製品も先週から大きく値下がりしています。

HP製品ページHP 14s-dk0000 製品詳細icon
ウインタブ紹介記事:HP 14s-dk0000 - ベーシックな14インチノートがRyzenを搭載!バランスの取れたシステム構成でお値段激安!

5.ENVY x360

HP ENVY x360 13-ar0000 レビュー
セール価格(13.3インチ): 61,800円(税込み66,744円)から
セール価格(15.6インチ): 68,000円(税込み73,440円)から
※別途配送料税込み3,240円がかかります
※製品版Officeが50%オフ!

●13.3インチ、ベーシックモデル(61,800円)のスペック
OS: Windows 10 Home
CPU: AMD Ryzen 3 3300U
RAM: 8GB
ストレージ: 256GB
ディスプレイ: 13.3インチIPS(1,920 × 1,080)タッチ
サイズ: 306 × 212 × 14.5-16.0 mm / 1.28 kg

●15.6インチ、スタンダードモデル(68,000円)のスペック
OS: Windows 10 Home
CPU: AMD Ryzen 5 3500U
RAM: 8GB
ストレージ: 512GB
ディスプレイ: 15.6インチIPS(1,920 × 1,080)タッチ
サイズ: 359 × 245 × 17-18 mm / 1.98 kg

ウインタブがHPのセール対象製品の中で「イチオシ」しているのがENVY x360です。2週間ほど前から「頭おかしいんじゃないの?」というくらいに安かったのですが、今週は15.6インチ版がさらに安くなってしまいました。Ryzen 5モデルが69,500円(税込み77,760円)から68,000円(税込み73,440円)に、Ryzen 7(RAM16GB/512GB SSD)が86,000円(税込み92,880円)からなんと79,000円(税込み85,320円)になっています。

「ENVY」というのはHPの製品ブランドとしては「プレミアムクラス」となります。ウインタブで13.3インチ、15.6インチとも実機レビューをしましたが、性能面、筐体品質面とも極めて満足度の高い2 in 1であると断言できます。というかね、本当に異常ですよ、この価格。

また、「Core iプロセッサーの代替わり」ということからも無縁です。CPUがRyzenですから。もちろんRyzenだってそう遠くないうちに代替わりするはずで、そんなことばかり考えていたら永久にパソコンなんて買えませんけど、Core iと異なり、「とりあえずすぐに代替わりしてしまうわけでない」というのは確かです。

13.3インチ版と15.6インチ版、モバイルノートとして使うのであればもちろん13.3インチ版ですが、この2機種とも筆圧対応のペン入力が可能(ペンは別売り)で、Microsoft Pen Protocol(旧・N-trig)を採用していますので、イラストやマンガを描くことにも十分使えます。ペン入力を重視するのであれば、「キャンバスが大きい」15.6インチ版のほうがいいかもしれません。

また、製品版のOfficeが半額でセットできます。この製品の場合、メインマシンとして購入する人が多いと思うので、製品版Officeが必要な人も少なくないでしょう。こちらも非常にうれしいサービスと言えます。

この2機種はあちこちのセールページに掲載されているようですが、通常の製品ページからでも最安値で購入できます。

HP製品ページ(13.3インチ):HP ENVY x360 13 製品詳細icon
ウインタブ実機レビュー:HP ENVY x360 13-ar0000 レビュー - 13.3インチ、第2世代Ryzenを搭載する高性能な2 in 1、プレミアムPCなのに激安価格!(実機レビュー)
HP製品ページ(15.6インチ):HP ENVY x360 15(AMD) 製品詳細icon
ウインタブ実機レビュー:HP ENVY x360 15-ds0000 レビュー - 第2世代Ryzenを搭載する15.6インチのプレミアム・コンバーチブル2 in 1、高い性能と高い質感、でも低価格(実機レビュー)

6.関連リンク(HP Directplus)

期間限定のビッグセール タイムセール祭りicon
週末限定セールicon
アウトレットパソコン特集icon
HP 80周年記念セールicon
個人向け液晶モニターが最大48%OFF!icon

スポンサーリンク