ENVY x360がさらにもうワンランク値下げ!まさに異常!カーブドディスプレイのオールインワンPCもアウトレット価格に!HPクーポン、セール情報

HP ENVY x360 15 タブレットモード
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。毎週お伝えしているHPのセール情報です。HPの直販サイト「HP Directplus」ではたくさんのセールが同時並行で開催されていますが、その中でウインタブが最も注目しているのが下記の2つです。
週末限定セールicon
アウトレットパソコン特集icon

スポンサーリンク

この2つのセールページは随時セール対象品が入れ替わりますので、日頃からしっかりチェックしておきたいところです。

また、
HP 80周年記念セールicon
個人向け液晶モニターが最大48%OFF!icon

というのもありまして、特に「モニターセール」は金・土・日の3日間限定で「セール価格からさらに10%OFF」というのをやっていますので、チェックしておくことをおすすめします。

さて、今週も最初にご紹介するのはいつもどおり「ENVY x360」なんですけどね…、実は「さらに値下がりしました」。先週までの価格ですら「尋常じゃない」と思っていたんですけど、さらにもうワンランク…。

あと、最近良く紹介しているオールインワンPCでも「すげえ!」のがありました…。

1.ウインタブ限定クーポン

HP directplusがウインタブ読者に提供してくれている「セール品であっても、セール価格からさらに割引が受けられる」限定クーポンです。個人向け製品は7%、法人向け製品は4%の上乗せ割引を受けられますので、ぜひご活用下さい。なお、限定クーポンの内容と使い方を説明するページも作りましたので、ご確認ください。
日本HP パソコン用限定クーポンのご紹介

説明ページの内容と重複しますが、ここに概要を記載します。

クーポンの特典

●12万円以上の個人向け製品が通常価格(セール価格含む)より7% OFF
●7万円以上の法人向け製品が通常価格(セール価格含む)より4% OFF
※価格は税抜きです
※カスタマイズやオプションの同時購入によって上記金額を満たしても特典を受けられます
※プリンタ製品、Workstation製品、個人向けAndroidタブレット製品は対象外です

クーポンの有効期限

「2019年9月30日(月)23:59まで」です。
※期間延長になりました!

クーポンはこちらから

HPで「クーポン」と呼んでいるものは、「特定の記号や番号など」ではありません。下記のリンクからHP Directplusにアクセスするだけです。このリンクでHP Directplusに行き、あとは好きなセールページ、あるいは製品ページを開き、購入手続きをすれば勝手に7%(法人向けは4%)オフとなります(「ご購入はこちら」のボタンから遷移する製品購入ページに「特別値引き」という項目が表示されます)。ただし、クーポン要件を満たさない、低価格な製品を購入する場合は「特別値引き」の項目も表示されません。

個人向けPC:ウインタブ専用リンク(クーポン)個人向けPC
法人向けPC:ウインタブ専用リンク(クーポン)
法人向けPC

2.ENVY x360

HP ENVY x360 13-ar0000 レビュー
セール価格(13.3インチ): 61,800円(税込み66,744円)から
セール価格(15.6インチ): 69,000円(税込み74,520円)から
※別途配送料税込み3,240円がかかります
※製品版Officeが50%オフ!

●13.3インチ、ベーシックモデル(61,800円)のスペック
OS: Windows 10 Home
CPU: AMD Ryzen 3 3300U
RAM: 8GB
ストレージ: 256GB
ディスプレイ: 13.3インチIPS(1,920 × 1,080)タッチ
サイズ: 306 × 212 × 14.5-16.0 mm / 1.28 kg

●15.6インチ、スタンダードモデル(69,000円)のスペック
OS: Windows 10 Home
CPU: AMD Ryzen 5 3500U
RAM: 8GB
ストレージ: 512GB
ディスプレイ: 15.6インチIPS(1,920 × 1,080)タッチ
サイズ: 359 × 245 × 17-18 mm / 1.98 kg

「HPさん、頭おかしいんじゃないの?」という失礼なことを書きつつおすすめしていた黒いENVYがさらにワンランク安くなりました。先に価格の方を説明しますと、

13.3インチ:最低価格のRyzen 3モデルは61,800円で据え置き。Ryzen 5(RAM8GB/256GB SSD)モデルが75,000円(税込み81,000円)から69,000円(税込み74,520円)に、Ryzen 7(RAM16GB/512GB SSD)モデルが92,000円(税込み99,360円)から89,500円(税込み96,660円)に。

15.6インチ:最低価格のRyzen 5モデルが72,000円(税込み77,760円)から69,500円(税込み75,060円)に、Ryzen 7(RAM16GB/512GB SSD)が86,000円(税込み92,880円、直近の価格情報はありません、すみません…)に。

ということで、13.3インチのほうは中上位モデルが一段と安くなり、15.6インチのほうは(おそらく)まんべんなく下がった、ということになります。

HPの個人向け、上位クラスのノートPCには「Spectre」と「ENVY」があり、製品ブランドとしてはENVYのほうがひとつ下です。とはいえ、HPが「プレミアム」と称する製品の仕上がりが悪いはずもなく、ウインタブでも実機レビューをしましたが、極めて満足度の高いモバイル2 in 1であると断言できます。で、「HPのプレミアム」が税込み、配送料込みで6万円台から買えてしまうわけです。

CPUのRyzenは非常に高性能で、特にグラフィック性能はCore iプロセッサーをしのぐ実力があります。実用上はRyzen 3はCore i3に、Ryzen 5はCore i5に、Ryzen 7はCore i7に、それぞれ匹敵する性能を持つと考えていいです。

13.3インチ版と15.6インチ版、モバイルノートとして使うのであればもちろん13.3インチ版ですが、この2機種とも筆圧対応のペン入力が可能(ペンは別売り)で、Microsoft Pen Protocol(旧・N-trig)を採用していますので、イラストやマンガを描くことにも十分使えます。ペン入力を重視するのであれば、「キャンバスが大きい」15.6インチ版のほうがいいかもしれません。

先週までの価格でも「頭おかしい」レベルだったものが、さらにもう一段下がってしまったので、適切な形容もできませんが、特にRyzen 3ではなく、より高性能なRyzen 5とかRyzen 7搭載モデルを狙っていた人にはうれしい値下げでしょう(いや全員うれしいか…)。

また、「さらに」という話ですが、製品版のOfficeが半額でセットできます。この製品の場合、メインマシンとして購入する人が多いと思うので、製品版Officeが必要な人も少なくないでしょう。こちらも非常にうれしいサービスと言えます。

スポンサーリンク

この2機種は通常の製品ページからセール価格で購入できます。

HP製品ページ(13.3インチ):HP ENVY x360 13 製品詳細icon
ウインタブ実機レビュー:HP ENVY x360 13-ar0000 レビュー - 13.3インチ、第2世代Ryzenを搭載する高性能な2 in 1、プレミアムPCなのに激安価格!(実機レビュー)
HP製品ページ(15.6インチ):HP ENVY x360 15(AMD) 製品詳細icon
ウインタブ実機レビュー:HP ENVY x360 15-ds0000 レビュー - 第2世代Ryzenを搭載する15.6インチのプレミアム・コンバーチブル2 in 1、高い性能と高い質感、でも低価格(実機レビュー)

3.ENVY Curved All-in-One 34-b170jp

ENVY Curved All-in-One 34
セール価格(13.3インチ): 159,800円(税込み172,584円)
※ウインタブ限定クーポンで148,614円(税込み160,503円)
※配送料はかかりません

●アウトレットモデル(159,800円)のスペック
OS:  Windows 10 Pro
CPU: Intel Core i7-8700T
GPU: NVIDIA GeForce GTX 1050(4GB)
RAM: 16GB
ストレージ: 512GB SSD + 2TB HDD
ディスプレイ: 34.0インチIPS(3,440 × 1,440)
サイズ:  815 x 456 x 200 mm / 11 kg

最近HPのセール情報でオールインワンPCを紹介する機会が増えていますが、今回は凄いです。カーブドディスプレイを装備する34インチ。この製品はアウトレットコーナーにありましたので、スペックの方はCPU、GPUとも一世代前です。しかし、ゲーム用に購入するのでなければ十分すぎるくらいの実力はあるはずです。というか、ディスプレイがゲーム用の、応答速度の速いものではないので、クリエイター用、書斎用、あるいはリビング用ということになると思います。

私はカーブドディスプレイをじっくり試用した経験がないので、あまり偉そうなことは言えないんですけど、「なんかすごい」と思いませんか?大画面でのクリエイティブワークとか、映画鑑賞、音楽鑑賞、そして(うれしくないかもしれないけど)お仕事と、幅広い用途で快適に使えそうですし、製品ブランドが「ENVY」なので、デザインも抜群です。この製品、もともとの価格が298,000円(税込み321,840円)なので、ほぼ半額になってますし、アウトレット商品は配送料もかかりませんので地味にお得です。さらにウインタブ限定クーポンの対象にもなりますので、実質的に半額以下になります。これは欲しい!と思いました。

なお、この製品はウインタブ限定クーポンの対象になりますので、まずはこちら
ウインタブ専用リンク(クーポン)_個人向けPC
にアクセスしていただき、その後このページに戻り、今度はこちら
セールページ:アウトレットパソコン特集icon
で買い物をするようにしてください。

参考までに製品ページにもリンクを張りますが、このページからだと安く購入できません。
HP ENVY Curved All-in-One 34 製品詳細icon

4.HP x360 11-ab121TU

HP x360
セール価格: 49,800円(税込み53,784円)から
※配送料はかかりません
※Office Home & Business 2016付属

●アウトレットモデル(49,800円)のスペック
OS: Windows 10 Home
CPU: Inel Celeron N4000
RAM: 4GB
ストレージ: 128GB SSD
ディスプレイ: 11.6インチ(1,366 × 768)タッチ
サイズ:  306 × 208 x 18.5-20.0 mm / 1.4 kg

ラストは11.6インチサイズのコンバーチブル2 in 1です。完全にエントリースペックではありますが、ディスプレイはタッチ対応しますし、サイズもコンパクト、さらにOfficeも付属しますので、、お子さんなどご家族にプレゼントするとか、初めてパソコンを購入するスマホ世代の人などに向くと思います。また、ウインタブ読者であれば、手軽に使えるサブマシンとしていいかもしれませんね。

最近は11.6インチサイズのモバイルノートの数が減少傾向にあり、このような低価格な11.6インチ、しかもコンバーチブル2 in 1というのは意外に探すのが大変です。価格のほう、一見高価に見えますが、製品版のOffice(それもHome & Business)は普通にオプションで付けると2万円以上はしますね。バージョンは2016ですが、これでExcelやWordの使い方を覚える、ということなら何の支障もありません。というか、Officeなんて3世代くらい前のでも全然使えるじゃん、というのが私の率直な感想です。

この製品もアウトレットコーナーで見つけました。通常の製品ページでは販売が終了しているようです。
セールページ:アウトレットパソコン特集icon

ウインタブ紹介記事:HP x360 - 11.6インチ、エントリースペックのコンバーチブル2 in 1、フレッシャーズに最適か?
※紹介記事はセール品とCPUが異なります

5.関連リンク(HP Directplus)

週末限定セールicon
アウトレットパソコン特集icon
HP 80周年記念セールicon
個人向け液晶モニターが最大48%OFF!icon

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    ENVY 13 x360のRyzen5は、税抜き69,500円でしたよ。
    ここまで値段が下がるとは思いませんでした。
    あまりAMDは人気ないんですかね。。。

    • wintab より:

      すみません、記事の価格情報を修正しました。記事本文に書いてしまうと問題があると思いますが、まったくの個人的な意見として、第2世代のモバイルRyzenは買わない理由がない、と思います。なので、ENVYも買わない理由がないわけで…、と悩んでいる間に更に安くなってしまった、ということです、私の場合。

  2. 匿名 より:

    意外と早く次の世代(Zen2)のモバイル用APU来るのかな?

  3. 匿名 より:

    ENVY Curved All-in-One 34-b170jpでクーポンが適用されませんでした。
    台数限定商品との併用ができないようですね。