ENVY x360 13がなんと61,800円から!Pavilion 13も大幅値下げ!HPさん大丈夫なの?HPクーポン、セール情報

HP Pavilion 13-an0000 正面
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。毎週お伝えしているHPのセール情報です。HPの直販サイト「HP Directplus」では常に複数のセールが開催されていて、主要なセールページは下記のとおりです。
HP 80周年記念セールicon
プレミアムPCセールicon
週末限定セールicon
アウトレットパソコン特集icon

スポンサーリンク

今週は「週末限定セール」ではデスクトップPCがセールの中心で、「アウトレットパソコン特集」には「シークレットギフトキャンペーン(製品名を明かさない、福袋的なもの)」のセール品がありまして、特にシークレットギフトのほうは製品を特定するプロセスが楽しいので、ぜひチェックしてみてください。

ただ、今週ウインタブが紹介するのは、セールページにある製品ではなく、通常の製品ページから購入できるものばかりです。しかも「頭おかしいんじゃない?」と思ってしまうくらいの価格になっているものもみられます…。

では、恒例のウインタブ限定クーポンのご案内と、おすすめ製品の一部をご紹介します。

1.ウインタブ限定クーポン

HP directplusがウインタブ読者に提供してくれている「セール品であっても、セール価格からさらに割引が受けられる」限定クーポンです。個人向け製品は7%、法人向け製品は4%の上乗せ割引を受けられますので、ぜひご活用下さい。なお、限定クーポンの内容と使い方を説明するページも作りましたので、ご確認ください。
日本HP パソコン用限定クーポンのご紹介

説明ページの内容と重複しますが、ここに概要を記載します。

クーポンの特典

●12万円以上の個人向け製品が通常価格(セール価格含む)より7% OFF
●7万円以上の法人向け製品が通常価格(セール価格含む)より4% OFF
※価格は税抜きです
※カスタマイズやオプションの同時購入によって上記金額を満たしても特典を受けられます
※プリンタ製品、Workstation製品、個人向けAndroidタブレット製品は対象外です

クーポンの有効期限

「2019年8月31日(土)23:59まで」です。

クーポンはこちらから

HPで「クーポン」と呼んでいるものは、「特定の記号や番号など」ではありません。下記のリンクからHP Directplusにアクセスするだけです。このリンクでHP Directplusに行き、あとは好きなセールページ、あるいは製品ページを開き、購入手続きをすれば勝手に7%(法人向けは4%)オフとなります(「ご購入はこちら」のボタンから遷移する製品購入ページに「特別値引き」という項目が表示されます)。ただし、クーポン要件を満たさない、低価格な製品を購入する場合は「特別値引き」の項目も表示されません。

個人向けPC:ウインタブ専用リンク(クーポン)_個人向けPC
法人向けPC:ウインタブ専用リンク(クーポン)_法人向けPC

2.ENVY x360 13

HP ENVY x360 13-ar0000 レビュー
セール価格: 61,800円(税込み66,744円)から
※別途配送料税込み3,240円がかかります

●ベーシックモデル(61,800円)のスペック
OS: Windows 10 Home
CPU: AMD Ryzen 3 3300U
RAM: 8GB
ストレージ: 256GB
ディスプレイ: 13.3インチIPS(1,920 × 1,080)タッチ
サイズ: 306 × 212 × 14.5-16.0 mm / 1.28 kg

Ryzen搭載のプレミアム2 in 1、ENVY x360 13は、HPのセール情報記事でよく取り上げていますが、今回の値下げは「強烈」以外に言うべきこともありません。この製品は先週の価格が69,000円(税込み74,520円)で、これでも非常に安い!と思ったのですが、そこからさらに7,200円も値下がりしました。

この製品、めちゃめちゃ売れ筋のはずなんですけど、HPさん、どうしてこんなことを…、というのが正直な感想です。

HPの個人向け、上位クラスのノートPCには「Spectre」と「ENVY」があり、製品ブランドとしてはENVYのほうがひとつ下です。とはいえ、HPが「プレミアム」と称する製品の仕上がりが悪いはずもなく、ウインタブでも実機レビューをしましたが、極めて満足度の高いモバイル2 in 1であると断言できます。

CPUは第2世代のモバイルRyzenが採用され、特にグラフィック性能はCore iプロセッサーをしのぐ実力があります。実用上はRyzen 3はCore i3に、Ryzen 5はCore i5に、Ryzen 7はCore i7に、それぞれ匹敵する性能を持つと考えていいです。

最低価格の61,800円のモデルの構成は「Ryzen 3/RAM8GB/256GB SSD」ですが、Excelやるとかパワポで資料作るとか、あるいはWebアプリを動かすとかであればRyzen 5とかRyzen 7を選ぶ必要はない、と思います。しかし、今回の値下げで「Ryzen 5/RAM8GB/256GB SSD」モデルが75,000円(税込み81,000円)、「Ryzen 7/RAM16GB/512GB SSD」モデルが92,000円(税込み99,360円)となりましたので、「こっちがいい!」という人を止める理由もないですね…。

あと、HPの製品ページには「プラス500円(税抜き)」で「クリーニングクロス、Z5000 Bluetooth マウス、帆布バッグ(スリーブケース)」の3点セットがつけられるサービスもあり、これは絶対につけておいたほうがいいです。

この製品は通常の製品ページから購入できます。上記の500円オプションをつけるのをお忘れなく!私も買いたい、と記事を書きながら激しく葛藤しております…。

HP製品ページ:HP ENVY x360 13 製品詳細icon
ウインタブ実機レビュー:HP ENVY x360 13-ar0000 レビュー - 13.3インチ、第2世代Ryzenを搭載する高性能な2 in 1、プレミアムPCなのに激安価格!(実機レビュー)

3.Pavilion 13

HP Pavilion 13-an0000
セール価格: 64,000円(税込み69,120円)
※別途配送料税込み3,240円がかかります。

スポンサーリンク

OS: Windows 10 Home
CPU: Intel Core i5-8265U
RAM/ストレージ: 8GB/256GB SSD
ディスプレイ: 13.3インチIPS(1,920 × 1,080)
サイズ: 310 x 215 x 15.5-17.5 mm / 1.26 kg

こちらはHPとしては「シンプルでプレーン」なモバイルノートです。ウインタブでも実機レビューをさせてもらいました。「Core i5(Whiskey Lake)/RAM8GB/256GB SSD/FHDディスプレイ」という、ビジネスユーザーにとっての王道スペックを備えていて、これ以外のバリエーションモデルが存在しませんが、ビジネスマシンとしても学生さんの勉強用としても不足のない構成だと思います。

価格の方なんですけど、「がっつり下がりました。」先週までは69,800円(税込み75,384円)だったんですけどね…。

大手他社製品だと「Lenovo ThinkBook 13S」「DELL Inspiron 13 5000」という有力なライバルがいまして、どれもほぼ同じスペックで、「これまでは」ほぼ同じ価格帯になっていましたが、今回の値下げでPavilionが頭一つ抜けた、という感じがします。

Pavilion 13はクセのない、シンプルで飽きのこないデザインが魅力で、個人的には「Pavilionらしい」デザインだと思います。世界最大のPCメーカーであるHPは筐体の作り込みにも抜かりはなく、価格を低く抑えつつも、高級感ある仕上がりになっています。また、この製品のカラーバリエーションで「SAKURA」という淡いピンクのものがありまして、こちらは女性ユーザーにもピッタリかと思います。

この製品も通常の製品ページから安く購入ができます。上に紹介したENVY x360 13とどっちを選ぶか?という感じですね。

HP製品ページ:HP Pavilion 13-an0000 製品詳細icon
ウインタブ紹介記事:HP Pavilion 13-an0000 レビュー - スペック・品質・そして価格、どこをとっても「鉄板構成」の13.3インチモバイルノート(実機レビュー)

4.ENVY x360 15

HP ENVY x360 15
セール価格: 72,000円(税込み77,760円)から
※別途配送料税込み3,240円がかかります

OS: Windows 10 Home
CPU: AMD Ryzen 5 3500U/Ryzen 7 3700U
RAM: 8GB/16GB
ストレージ: 512GB
ディスプレイ: 15.6インチIPS(1,920 × 1,080)タッチ
サイズ: 359 × 245 × 17-18 mm / 1.98 kg

上に紹介したENVY x360 13の15.6インチ版です。こちらは先週から価格が変化していませんが、すでに先週の時点で10,500円(税抜ベース)も安くなっています。

スペックを見ると最低価格の72,000円のモデルが「Ryzen 5/RAM8GB/512GB SSD」という構成になっていて、13.3インチに設定されているRyzen 3ではありません。また、ストレージも512GBと、「最初から大きい」です。

ウインタブの実機レビューではスピーカー品質などで若干13.3インチよりも劣っていると感じた部分もありました。しかし、筐体品質は13.3インチモデルと同等だと思いますし、第2世代Ryzenのパフォーマンスも期待を裏切らないのは間違いないです。

13.3インチとの比較では、やはり「良くも悪くも大きいこと」でしょうね。重量がほぼ2キロなので、毎日持ち歩くには少々厳しそうですが、そのかわりディスプレイサイズが大きいぶん視認性がよく、キーボードにもテンキーがつきます。さらに、この製品は13.3インチ、15.6インチとも別売りで筆圧対応のアクティブペンがセットでき、しかもペン(別売り)入力性能も高い(Microsoft Pen Protocol、旧N-trig)ので、絵描きさんには画面が大きい15.6インチのほうがいいんじゃないでしょうか。

この製品も「プラス500円(税抜き)」で「クリーニングクロス、Z5000 Bluetooth マウス、スリーブケース」の3点セットがつけられるサービスがあります。特にスリーブケースはせっかくの新品プレミアムPCの傷つき防止に必須かと思います。

なお、この製品も通常の製品ページから安く購入できます。500円オプションは通常の製品ページからでないと選べませんのでご注意ください。

HP製品ページ:HP ENVY x360 15(AMD) 製品詳細icon
ウインタブ実機レビュー:HP ENVY x360 15-ds0000 レビュー - 第2世代Ryzenを搭載する15.6インチのプレミアム・コンバーチブル2 in 1、高い性能と高い質感、でも低価格(実機レビュー)

5.HP x360 11-ab000

HP x360
セール価格: 36,800円(税込み39,744円)から
※別途配送料3,240円がかかります

●ベーシックモデル(36,800円)のスペック
OS: Windows 10 Home
CPU: Inel Celeron N4000
RAM: 4GB
ストレージ: 128GB SSD
ディスプレイ: 11.6インチ(1,366 × 768)タッチ
サイズ:  306 × 208 x 18.5-20.0 mm / 1.4 kg

ラストは11.6インチサイズのコンバーチブル2 in 1です。上の3機種よりはかなりスペックが低く、CPUはGemini LakeのCeleron N4000、RAMは4GB、ストレージは128GB SSDです。エントリークラスとしてはストレージも大きく、しかもeMMCではなくSSDなので、期待を裏切るようなことはないでしょう。でもCore iとかRyzenと比べちゃダメですね。

最近は11.6インチサイズのモバイルノートの数が減少傾向にあり、このような低価格な11.6インチ、しかもコンバーチブル2 in 1というのは意外に探すのが大変です。

この製品はサイズも小ぶりでディスプレイもタッチ対応しますので、お子さんなどご家族にプレゼントするとか、初めてパソコンを購入するスマホ世代の人などに向くと思います。また、ウインタブ読者であれば、手軽に使えるサブマシン、という感じでしょうか。

ただねえ、上の3つ、特にENVY x360 13が本当に爆安なんで、こういうエントリーノートの影が薄くなっちゃいますよね…。

この製品はセールページ(80周年記念セール)からでも通常の製品ページからでも同価格で購入できます。

HP製品ページ:HP x360 11-ab000 / 100 製品詳細icon
ウインタブ紹介記事:HP x360 - 11.6インチ、エントリースペックのコンバーチブル2 in 1、フレッシャーズに最適か?
※紹介記事はセール品とCPUが異なります

6.関連リンク(HP Directplus)

HP 80周年記念セールicon
プレミアムPCセールicon
週末限定セールicon
アウトレットパソコン特集icon

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    最初から税込み送料込みで見出しにしていただけませんか?
    ウインタブさん大好きなレノボなんかはそもそもの価格表示が送料・税込みなんだし、ランクに関係なくかかる高額の送料まで入れたら、「61800円!!!!!」なんて言ってるけどもう7万円ですよね。
    最低限、
    セール価格: 64,000円(税込み69,120円)
    ※別途配送料税込み3,240円がかかります。
    ではなく
    セール価格: 64,000円(税+送料込み72360円)
    のような表記にしないのは不親切だなあと思っています。

    • wintab より:

      不親切ですみません…。10月から消費税が上がるので、今後の表記方法をよく考えます。

  2. 匿名 より:

    hpのenvy x360 13を検討しているのですが、紹介記事にある500円オプションはどのように選択すればいいのかわかりません…。