HP ENVY 13 x360が最安値!PavilionもOMENもお買い得に!セール価格からさらに7%オフとなる限定クーポンあります。HPセール情報

公開日: : セール情報

HP ENVY 13 x360
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。年末商戦まっさかり、という状況で、各社ともセールでの割引率が高めになっているようです。今回はHPのセール情報ですが、やはり従来のセール価格からもう一段価格を下げたものが見られます。また、年末年始にかけてお買い得なPCを入手するチャンスではありますが、「年内に手に入れたい」という人も多いと思います。構成のカスタマイズができる製品を購入する場合は「そろそろデッドライン」になると思いますし、そうでない場合も納期をしっかり確認して、お正月を新しいPCで過ごせるようにしたいものですね。

スポンサーリンク

例によってHPでは複数のセールが開催されています(詳しくは下記の個人向けトップページをご覧ください)が、この記事ではセール品の一部を紹介したいと思います。なお、HPからは「ウインタブ限定クーポン」をいただいておりますので、「個人向けで税抜き12万円以上、法人向けで税抜き7万円以上」のPCを購入される場合はぜひご活用ください。
HP Directplus 個人向けノートパソコンTOP
icon

1.ウインタブ限定クーポン

クーポンの特典

●12万円以上の個人向け製品が通常価格(セール価格含む)より7% OFF
●7万円以上の法人向け製品が通常価格(セール価格含む)より4% OFF
※価格は税抜きです
※プリンタ製品、Workstation製品、個人向けAndroidタブレット製品は対象外です

クーポンの有効期限

「2019年1月31日(木)23:59まで」です(期限が延長されました)。

クーポンはこちらから

HPで「クーポン」と呼んでいるものは、「特定の記号や番号など」ではありません。下記のリンクからHP Directplusにアクセスするだけです。このリンクでHP Directplusに行き、あとは好きなセールページ、あるいは製品ページを開き、購入手続きをすれば勝手に7%(法人向けは4%)オフとなります(「ご購入はこちら」のボタンから遷移する製品購入ページに「特別値引き」という項目が表示されます)。ただし、クーポン要件を満たさない、低価格な製品を購入する場合は「特別値引き」の項目も表示されません。

個人向けPC:ウインタブ専用リンク(クーポン)_個人向けPC
法人向けPC:ウインタブ専用リンク(クーポン)_法人向けPC

HP 特設ページ

クリックで拡大します

「個人向けPC」のリンクをからHPにアクセスすると、上の画像のような「特設ページ」に飛びます(法人向けPCの場合は別のデザインです)。ここから好きな製品を選び、購入手続きをすれば、所定の割引が得られます。試しにバリバリの新製品「Spectre Folio 13(12月1日現在、上記ページでは誤記載でSpectre x360 13と表記されていますが、掲載されている画像を見ればわかると思います)」の購入手続きをしてみましょう。「ご購入はこちら」のボタンを押して、カスタマイズ画面に行ってみると…

HP 特別値引き

クリックで拡大します


「特別値引き」という項目ができていて、(スタンダードモデルの場合)13,636円も安くなっています。

特に発売直後のSpectreシリーズを購入する場合、普通だと「完全に定価」になってしまいますので、このクーポンは「破壊力あり」だと思いますよ!

なお、最初にこのリンクを使ってHPにアクセスしてしまえば、その後でこの記事の他のリンクを経由して他のページにアクセスしても特別値引きは受けられます。もし、要件を満たしているはずなのにHPの製品購入ページに「特別値引き」の項目がなくなってしまっていたら、改めて上記のリンクからHP Directplusにアクセスしてください。

2.ENVY 13 x360

HP ENVY 13 x360

セール価格: 71,000円(税込み76,680円)から

※RAM4GB→8GBの増設費用5,400円(税込み)
※この製品は12万円未満なので、単品では限定クーポン対象にはなりません

●71,000円モデルのスペック
OS: Windows 10 Home
CPU: AMD Ryzen 3 2300U
RAM/ストレージ: 4GB/256GB SSD
ディスプレイ: 13.3インチIPS(1,920 × 1,080)

CPUにAMD Ryzenを搭載するプレミアムクラス「ENVY」のコンバーチブル2 in 1です。ENVYとしては珍しく「アッシュブラック」の筐体色が使われています。AMD製のCPUを搭載しているためか、従来から割引率が大きめになっていて割安感があったのですが、ここにきてもう一段の値下げとなりました。

ENVY 13 x360にはRyzen 3モデルとRyzen 5モデルがあります。当然Ryzen 5モデルのほうが高性能ですが、ビジネスマシンとして使う場合ならRyzen 3でも十分な実力があると思います(特殊な業務用ソフトウェアを使う場合はこの限りではありません)し、プライベート利用の場合でも「Ryzen 5なら大丈夫でRyzen 3だとまともに動かない」ソフトというのはめったにないと思います。

Ryzen 3モデルの標準構成だと、ストレージが256GB SSDというのは文句なしですが、RAM4GBというのに不安を感じる人もいるかもしれません。しかし、HPでは12月11日現在「RAM4GB→8GBを5,000円(税込み5,400円)」でアップグレードしてくれるキャンペーン中なので、少ない追加費用でRAMを8GBにすることができます。

スポンサーリンク

筐体品質については言うまでもありません。HPのプレミアムPCはリアルにプレミアムな質感を備えています。別売りですが筆圧対応のスタイラスペンも使えますし、使いやすいコンバーチブル2 in 1筐体になっていますので、トータルで見てめちゃめちゃお買い得な価格だと思います。

紹介記事:HP ENVY 13 x360 - あれ?ENVYなのに黒いぞ!AMD Ryzenを搭載した13.3インチコンバーチブル2 in 1
HP製品ページ:HP ENVY 13 x360 製品詳細
icon

3.Pavilion 15-cu0000

HP Pavilion 15-cu0000
セール価格: 70,000円(税込み75,600円)から
※一部12万円を越えるモデルがあり、そのモデルのみ限定クーポン対象となります
※ギリギリで12万円を下回る場合、低価格なオプションをセットして12万円を越えるようにしてください。限定クーポン対象となり7%オフで買えます

●77,000円モデルのスペック
OS: Windows 10 Home
CPU: Intel Core i5-8250U
RAM: 8GB
ストレージ: 128GB SSD+1TB
光学ドライブ: DVDライター
ディスプレイ: 15.6インチIPS(1,920×1,080)
サイズ: 376 × 248 × 22.5-24 mm / 2.07 kg

日本で最もよく売れているパソコンのジャンルは「15.6インチのスタンダードノート」だそうです。私も含めウインタブ読者的には「普通過ぎてつまんない」ジャンルですが、実は普通が一番使いやすいのだ!という声には反論のしようもございません。

世界最大のパソコンメーカーであるHPの(おそらく中長期的な視点で)「人気ナンバーワン!」のPCがこれです。光学ドライブを搭載する高性能スタンダードノートですね。スペックのわりに価格設定が低めで、コストパフォーマンスが非常に高いと思います。また、「家庭に一台」という目線で選ぶなら文句なしのデザインであり、システム構成であると思います。

この製品、12月11日現在だと最も低価格なのは税抜き70,000円のモデル(それでもCore i5搭載)ですが、ウインタブでは「Core iプロセッサーを搭載しつつストレージがHDDのみ」という構成の製品は推奨していません(データの読み書きが遅く、Core iプロセッサーがもったいないです)。そのため、最低価格70,000円のモデルではなく、ワンランク上の77,000円のモデルのスペックを掲載していますし、読者の皆さんが購入検討されるのであればこのスペックがおすすめです。

最近は光学ドライブ(CDやDVDなど)を省いたスタンダードノートも増えていますが、光学ドライブは使用頻度がかなり低くなっているものの、「年に1回くらいは必要性を感じる(ウインタブの場合)」ものだと思いますので、「自宅のPCはこれ一台で」という人には光学ドライブつきのものをおすすめします。

77,000円モデルのスペックであれば、「がっつりオンラインゲームをするのだ」という用途でなければ、一通りのことが快適に楽しめると思いますし、HPのPavilionで、しかもCore i5を搭載するモデルの価格としては非常に安いと思います。

ウインタブ紹介記事:HP Pavilion 15(cu0000)- 15.6インチの「光学ドライブつき」スタンダードノートはキープコンセプトで正常進化!
HP製品ページ:HP Pavilion 15-cu0000 製品詳細
icon

4.OMEN by HP 15

OMEN by HP 15(2018)
セール価格: 167,000円(税込み180,360円)から
※この製品は限定クーポン対象となり、セール価格からさらに7%安くなります

●167,000円モデルのスペック
OS: Windows 10 Home
CPU: Intel Core i7-8750H
GPU: NVIDIA GeForce GTX1060(6GB)
RAM/ストレージ: 16GB/256GB SSD + 2TB HDD
ディスプレイ: 15.6インチIPS(1,920 × 1,080、144Hz)

HPのゲーミングブランドでは最上位の「OMEN」です。DELLのALIENWAREと並び、「外資のゲーミング・ビッグネーム」だと思います。この最新モデル「15」はめちゃめちゃカッコいいです。

横幅360 mm(普通のスタンダードノートとしても最小クラス)と非常に小さく(ただし重量は2.48 kgなので、そんなに軽くはないです)、引き締まった美しいデザインで、Coffee Lake世代の6コアCPU「Core i7-8750H」を搭載、外部GPUもGTX1060もしくはGTX1070となります。またディスプレイもFHD解像度のIPS液晶でありながら、リフレッシュレートは144Hzと高速なので、FPSなどをプレイするのにも向きます。

ゲーミングノート市場全体で見ればOMENとかALIENWAREというのは必ずしも最安値とは言えません。しかし、CPUやGPU以外の部分でも精緻な設計が施され、独特のデザインと合わせ、価格以上の魅力があるのは間違いありません。個人的には、あまりにもデザインがカッコいいので、ゲーミング用途だけなく(重いけど)あちこち持ち歩いて見せびらかしたくなるような製品だと思います。この製品と同等のスペックでもっと低価格なゲーミングPCも探せばあると思いますが、OMENでこの価格というのは文句なしにお買い得です。

紹介記事:OMEN by HP 15(2018)- 大きくパワーアップしつつ「ふたまわり」小さくなったOMEN!15.6インチ・ハイスペックゲーミングノート
HP製品ページ:OMEN by HP 15 製品詳細
icon

5.関連リンク

個人向けPC:ウインタブ専用リンク(クーポン)_個人向けPC
法人向けPC:ウインタブ専用リンク(クーポン)_法人向けPC

スポンサーリンク

Comment

  1. 匿名 より:

    ENVY 13 x360については楽天店限定?で16-512モデル売り出したってのもトピックかと。

    • wintab より:

      こんにちは、返信が遅れてすみません。それ見落としてました。確認して記事を書こうと思います。

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
HP ウインタブ限定クーポン

  • Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map

    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    北海道小樽市出身のウインタブです。いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑