セール情報 - みんなのお楽しみ、「HPの福袋!2018」がスタートしたよ!中身を予想してみましょう!

公開日: : セール情報

HPの福袋!2018
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。ウインタブが記事にしている年末年始のセール情報で毎年最も話題になるがこれ、「HPの福袋」だと思います。積極的に購入を検討するというのもありますし、「中身は何だろうか?」と予想するのも楽しい、HPの目玉企画ですね。

スポンサーリンク

ウインタブでも毎年福袋の中身を予想していますが、機種名までは特定しません。また、過去に「見事に予想を外した」こともあります。なので、この記事はあくまでも読者の皆さんの「独自予想の参考」としてお読みいただければと思います。
HPの福袋!2018
icon

1.今回はノート3色6種類、デスクトップ5種類

HPの福袋!2018 大人のお楽しみ袋
今回はノートPCが筐体色別に3色6種類、デスクトップPCが5種類用意されます。また、販売期間は2018年1月14日まで、となっています。個人的に一番気になるのはデスクトップPCのほうにある「大人のお楽しみ袋」ですね。もちろんだいたいの予想はつきますけど、正直「HPなにしてんねん!」と思いましたw

では、これからノートPCの福袋について、中身を予想してみましょう!その前に…

HPの福袋!
HPのWebサイトではノートパソコン、デスクトップパソコンそれぞれに個人向け、法人向けのトップページがあり、このトップページにディスプレイサイズ別、クラス別に製品一覧がまとめられています。この記事ではノートパソコンの福袋の中身を予想していきますが、それに際して、HPの「製品一覧」を見ながら進めていくと非常にわかりやすくなります。なので、必ずこれらのトップページに目を通しておきましょう。
個人向けノートブック&タブレット
icon
法人向けノートブック
icon
個人向けデスクトップ
icon
法人向けデスクトップ
icon

スポンサーリンク

2.「シルバー」- 15.6インチ上級スタンダードノート

HPの福袋!2018 シルバー
天下の大HPなので、15.6インチのスタンダードノートは多数の製品があります。「シルバー」の2製品は「筐体色がシルバー」ということと「福袋価格が税抜き89,400円以上」ということが絞り込みのヒントになります。つまり、それなりに元値が高い製品が対象になります。

価格帯から見て「ENVY 15」か「Pavilion 15」のどちらか、ひょっとしたら法人向けの「ProBook 650 G3」かもしれません。次にヒントになる「スペック」を見てみると、福袋A、BともストレージがSSDとHDDのデュアル構成になっています。私が確認した限り、ProBookはストレージをデュアルにする設定はありません。なので、ENVYかPavilionのどちらかになると思います。そして、筐体色「シルバー」で、どちらかに絞り込むことができます。

ということで、福袋A、Bとも同じ製品名になると思います。AとBで異なるのはCPUのみですね。Aが「パフォーマンスモデル」、Bが「スタンダードモデル」なのかなあ。しかもRAMが16GBまで増設され、WPS Office(旧KINGSOFT Office)も付属するので、かなりお買い得感が高いと思います。

3.「ブラック」- 上級モバイルノートか2 in 1

HPの福袋!2018 ブラック
「ブラック」の2製品はいずれも上級のモバイルマシンですね。しかも筐体色が「ブラック」なんでSpectreシリーズでほぼ間違いないと思います。福袋Dは12.3インチという時点でめちゃめちゃ簡単に特定できます。「スタンダードモデル」のほうで、通常販売されているものは税抜きで139,800円(これもセール価格です)ですし、「WPS Office」も付属しますので、バリバリの新製品の割に頑張ってくれたなあ、と思います。

で、福袋Cがちょっと問題です。13.3インチでストレージ1TB SSDを搭載する「ブラック」の製品は「ディスプレイが360度回転するアレ」だと思うのですが、この製品は2016年モデルと2017年モデルが併売されていまして、どっちなのかはわかりません。ただ、12月16日現在の価格で考えてみると、2017年モデルだとしたら「安すぎ」だと思いますし、HPの身になって考えてみても、あえて超最新モデルを安くする理由はないでしょうから、おそらく2016年モデルの「スタンダードプラス」モデルだと思います。通常販売だと税抜き159,800円(セール価格です)でWPS Officeも付属しますので、セール価格よりも1万円以上安いということになりますね。

4.「ホワイト」- 15.6インチエントリーノート

HPの福袋!2018 ホワイト
最後に「ホワイト」です。価格が税抜き59,200円ですから、ENVYとかPavilionではないと思いますし、筐体色がホワイトということなので法人向けのProBookシリーズでもないでしょう。なのでこの福袋も簡単に絞り込みができます。福袋Fは現行モデルが存在します。12月16日現在の通常価格が税抜きで74,800円ですし、WPS Officeも付属して税抜き59,200円というのは非常に安いと思います。

しかし、福袋EはHPの直販サイトには適合するものがありません。「Core i3、RAM8GB、128GB SSD」という構成が選べないんです。ただ、2017年春モデルにはこの構成の製品が存在し、しかも現在でも販売中です(NTT-Xストアとか)。しかし、HPが旧モデルを福袋に入れるか?と言われれば少し疑問なところもありますしねえ…。すみません、福袋Eについては「わかりません」ということにしておきます。

いかがでしょう?ウインタブは過去にHPの福袋の中身予想を外した前歴がありますので、あまりあてにならないと思いますw

ただ、こうやって予想するのはすごく楽しいですし、実際、値幅は大小ありますが、少なくとも現時点でのセール価格を下回っているのは確実だと思うので、PC購入を考えている人にはチャンスかと思いますよ!

5.関連リンク(HP)

HPの福袋!2018
icon

スポンサーリンク

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
HP スペシャルクーポン
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑