セール情報 ー HPの福袋、いよいよ1月15日いっぱいで終了!ラストチャンス!

HP福袋は1月15日まで
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。昨年末「セール情報 - いよいよHPが福袋やるって!中身の予想が楽しいよね!」という記事を書きました。この福袋、当初は「1月6日まで、なくなり次第終了」ということだったのですが、期間が延長されていて、「1月15日(日)まで」となっています。ギリギリ買えますね!
HPの福袋!2017
icon

スポンサーリンク

1.福袋C(ブラック)は完売

先日の記事で唯一対象製品を絞り込めなかった「福袋C」は完売となっています。読者の皆さんからもコメントをいただき、法人モデルの「ProBook 450 G2/CT」なのでは?ということが指摘されていましたが、今となってはもう予想しても仕方ないっすね…。一番よく売れたのか、あるいは設定されていた販売台数が少なかったのか…

2.福袋D(ゴールド or ホワイト)は判明!

HP Pavilion 15-au000
福袋D(ゴールド or ホワイト)に関しては読者からコメントをいただいており、「Pavilion 15-au100」であった、とのことです。また、型番が「15-AU107TU」であった、ということなので、「Core i5-7200U(Kabylake)、RAM4GB、ストレージ1TB HDD」という構成になります。つまり最下位のグレードではなく、1月15日現在、直販サイトで税抜きで64,000円(税込み69,120円)の製品です。

ストレージがSSDでないということで不満を感じる人もいるかもしれませんが、KabylakeのCore i5(Skylakeよりもかなり速いと思ってます)搭載の大型ノートということで、これが税抜き54,500円(税込み58,860円)というのは型番がわかってしまった以上、かなりお買い得だよね、ということが言えます。

元デルユーザー(笑)さん、情報ありがとうございました!なお、すべての福袋Dがこの製品であるということは保証できませんので、念のため書いておきますね。

スポンサーリンク

3.福袋A(ブルー)は激安か、と

HP Stream 11-y000
もう販売期間末期でもあり、ネタバレも進んでいると思われるので、画像を出してしまいます。福袋A(ブルー)は「我らが」Stream 11だと思います(保証はできません)。

CPUがCeleron N3050、RAMが2GB or 4GB、ストレージが32GBと、クラウドブック・スペックですが、比較的軽めの事務作業や動画視聴などであれば十分快適にこなせ、11.6インチのサイズ感、元気が出てきそうな鮮やかなカラーリングと、セカンドマシン、またご家族向けのノートPCとして最適かと思われます。

もうすぐ4月、ご自身用というだけでなく、ご親族の新入学や就職などのお祝いにもいいかもしれませんね。この福袋の価格はRAM2GB版が税抜き22,000円(税込み23,760円)、4GB版が25,000円(税込み27,000円)となっており、1月15日現在の直販価格、税込み29,926円(2GB)、37,584円(4GB)から大きな割引となっています。もともと低価格な製品なので、「率」でみるとすごいことになっていますね!

4.福袋B(レッド・ホワイト)も激安

HP x2 10 筐体色
こちらも私の予想に基づいて画像を出しました(しつこいですが、保証はできません)。福袋B(レッド・ホワイト)は「HP x2 10」だと思います。10.1インチ、キーボード分離型の2 in 1で、CherryTrail世代のAtom Z8350を搭載し、RAM4GB、ストレージ64GBと余裕があります。高性能とは言えないですが、タブレットとしてもノートPCとしても本格的に使える製品です。また、マグネット式のヒンジなど、筺体の品質も素晴らしいものがあるので、長く付き合っていけると思います。

この福袋は税抜き32,000円(税込み34,560円)で、該当製品の直販価格が1月15日現在で税抜き54,800円(税込み59,184円)となっているため、「直販価格の37%引き」で購入できることになります。

HP直販サイトでの割引率が大きい、ということだけでなく、34,560円でこのスペック、この筺体のHP製品が入手できる、というのは競合製品を含めて検討しても相当なコスパであると思います。

5.関連リンク

HPの福袋!2017
icon

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    セール情報や福袋の中身など、いつも貴重な情報をありがとうございます。

    2の記事内で
    ストレージの性能差をCPUの性能差でカバーできるような表現になっているのが
    気になりました。

    skylakeとkabylakeの性能の差は
    製造プロセスの最適化により動作クロックが上昇した分
    処理速度が多少上がった程度とされています。

    kabylake-Uの一部モデルでiGPUがIris Plus Graphicsに刷新され
    グラフィック処理速度がどれくらい向上されるかが気になりますが
    SSDとHDのデータ書き込み/読み込み速度の違いによる
    体感的な快適性とは別だと思います。

    • wintab より:

      こんにちは、コメントありがとうございます。一応ウインタブの実機テストでは歴然とした差になっているので…。