セール情報 - geekbuyingでSpring Festival開催中、スマホ、モバイルPC、ミニPCなど幅広く安くなってます

geekbuying スプリングセール
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。中国はもうすぐ春節(旧正月)の長期休暇が始まります。Webで確認したところ、2018年は2月15日から21日までが祝日となっているようなのですが、ウインタブで日頃連絡を取らせていただいている通販サイトのご担当者は2月10日くらいから長期の休暇を取られるとのことでした(会社によって若干異なります)。平均でどのくらいのお休みになるのかはわかりませんが、2週間くらい休暇を取る人も多いようです。

スポンサーリンク

注意したいのは、春節の時期に中国の通販サイトで買い物をする場合、配送までにかなりの時間を要する可能性がある、ということですね。各通販サイトとも告知を出すと思いますが、春節の場合は配送関係(運送会社)もかなり乱れてしまうと思いますので、あらかじめ覚悟しておいたほうがいいでしょう。

さて、中国の通販サイト「geekbuying」では、Spring Festival Mega Sale(2月19日まで)を開催中です。スマホ、ミニPC、ラップトップ&タブレットと、それぞれセールページを分けており、かなり大々的な打ち出しをしています。いろんな意味で春節休暇をにらんでいるのかもしれません。この記事ではウインタブが過去に実機レビューし、「買い」と評価したセール品をいくつか紹介します。
Spring Festival Mega Sale

1.Jumper EZBook 3L Pro

Jumper EZbook 3L Pro

セール価格: 219.99ドル(24,802円)

実機レビュー: Jumper EZbook 3L Pro - 14インチの薄型モバイルノート、美しいデザインと安定挙動が魅力!(実機レビュー)
製品ページ:Jumper EZbook 3L Pro

中華のクラムシェルノートではJumperがコスパという点では頭一つ抜けているような気がします。EZBook 2のころは筐体がチープな仕上がりだったのですが、EZBook 3 Proと、このEZBook 3L Proは金属筐体となり、質感がグンと向上しています。

EZBook 3L Proは読者レビュー企画には使用しておらず、現在も私の手元にあり、2018年に入って「中華ノートを使いやすくする」連載に検証機として使用しています。そのため、この先しばしばウインタブの記事に登場すると思います。この製品はどう考えても2万円台で購入できるノートPCとしては破格の安さです。CPU(Celeron N3450)、RAM(6GB)、そしてストレージ(64GB eMMCだがSSDの増設が可能)と、普段使いには全く不自由しないくらいの性能です。唯一の弱点はディスプレイがTN液晶である、という点で、少し角度をつけて見ると画面が白っぽく見えてしまいます。しかしこれも、「正面から見たらいいじゃん」ということで、個人的には我慢できるレベルだと思っています。

Jumper製品はgeekbuyingがダントツで安いですよ!

※ご注意:Jumper製品はたまに新品時にライセンス認証ができなくなるというトラブルがあります。これについては対処可能なので、万一の場合下記の記事を参照してください。
新品なのにプロダクトキーが通らない!? Jumper EZbook 3 Pro(v4)で起きたトラブルと解決例(読者投稿:大枝さん)

スポンサーリンク

2.VORKE V1 Plus

Vorke V1 Plus 筺体

セール価格: 149.99ドル(16,910円)

※クーポンコード: GKBPC1
※このクーポンコードはgeekbuyingの製品ページに記載がありません。また、利用期限についても不明です。お早めに…。

実機レビュー:VORKE V1 Plus - デスクトップPCとしてもしっかり使える!ストレージ増設もできる、お買得ミニPC(実機レビュー)
製品ページ:VORKE V1 Plus

こちらはWindowsのミニPCとなります。ジャンルとしてはデスクトップPCですね。本体のほか、ディスプレイ(HDMIポートのあるテレビでも可)とキーボード、マウスが必要になります。ミニPCというのも中華の世界では結構さかんでして、低価格なCeleron機、Atom機がたくさん販売されています。

個人的にはVORKEの製品が最もコストパフォーマンスが高く、DIY余地も大きいと思っています。このVORKE V1 PlusはCPUにCeleron J3455(Celeron N3450よりも高性能です)、RAMが4GB、ストレージが64GB SSD(eMMCではありません)搭載し、こみ入った画像加工とかゲームに使わないのであれば、十分メインPCたりうる性能を持っています。また、2.5インチのドライブベイもついていますので、SSDやHDDの増設も可能です。

実は私、この製品をここしばらくデスクトップPCとして使っています。上に紹介したJumper EZBook 3L Proと同様、この先ウインタブの記事で何度か登場することになると思います。使ってみた感想として「ファンの音が少し大きい」という以外に全く不満を感じません。大満足です。私のPCの用途がテキストライティングとか簡単な画像加工といった、比較的軽めの作業ばかり、というのはあるんですけど、これ一台あれば自宅にPCはいらないんじゃないか、と思うくらいです。そんなわけで、個人的にはこの製品は強くおすすめできます。

3.Ulefone T1

Ulefone T1 ラウンドフォルム

セール価格: 199.99ドル(22,547円、レッドのみ)

実機レビュー:Ulefone T1 - 6GBのRAMとデュアルカメラを搭載した中華スマホの実態はいかに!?(実機レビュー:ひらちょん)
実機レビュー2:Ulefone T1 Premium ー 5.5インチで大容量ストレージを搭載!まさに”プレミアム”な一台(実機レビュー:かのあゆ)
製品ページ:Ulefone T1

この製品はウインタブで2度実機レビューをしています(うち1回はストレージ128GB版)。2回ともスマホ知識の豊富なライターがレビューしているのですが、ともにかなり高評価です。あんまり派手な仕様の製品ではないのですが、CPUにHelio P25、RAMは6GBと高性能で、全体的にバランスの取れたミッドハイモデルです。また、日本で非常に重要なLTEバンド19にも対応します。

スマホに関しては主流がアスペクト比18:9の縦長タイプにシフトしてきていますが、この製品のようにベーシックなデザインで使いやすい高性能機はまだまだ魅力的だと思いますし、セール価格で200ドルを切っているのも素晴らしいですね。

4.関連リンク(geekbuying)

geekbuying トップページ
Spring Festival Mega Sale

スポンサーリンク