セール情報 - geekbuyingの72時間セールがもうすぐスタート!個人的な願望も含めチェックしてみた

geekbuyingの72時間タイムセール
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。11月25日のブラックフライデーに向け、中国の通販各社はセールをスタートさせていますが、やはり本番である25日当日にピークが来るものと思われます。geekbuyingの場合、11月24日午後5時(日本時間)から「72時間セール」を開催する予定になっていて、セールアイテムの一部が公開されていました。ただ、価格の一部が「?」になっていて、詳しいことがわからないのですが、私の予想だと「確実に安そう」と思われるものも含まれていました。
72 Hours Shopping Carnival:geekbuying

スポンサーリンク

1.Vorke V1

Vorke V1

セール価格: 154.99ドル(約17,200円)以下

OS: Windows10
CPU: Intel Celeron J3160(Braswell 1.6GHz/2.24GHz)
RAM: 4GB
ストレージ: 64GB SSD
サイズ: 153.4 × 153.4 × 38 mm / 390 g

この製品は見た目TV Box風ですが、「中を開けてなんぼ」の本格的なミニPCです。CPUはCeleron J3160で当然冷却ファンがつき、RAMやストレージの換装、増設も自分でできるようになっています。セール価格は少なくとも154.99ドル以下になるはずですが、現値の159.99ドルでも他の通販サイトよりも断然安いですよ。

紹介記事:Vorke V1 - TV Boxと決めつけるのはもったいない!Celeron J3160搭載のミニPC
geekbuying製品ページ:Vorke V1

2.GPD WIN

GPD WIN

セール価格: 359.99ドル(約40,000円)以下

OS: Windows 10 Home
CPU: Intel Atom X5-Z8750
RAM: 4GB
ストレージ: 64GB eMMC
ディスプレイ: 5.5インチ(1,280 × 720)タッチ対応、ゴリラガラス3
サイズ: 155 × 96 × 22 mm / 300 g

話題の5.5インチ、フルWindows搭載のPCというかゲームパッドです。この製品は現在どのサイトでも359.99ドルで販売されていて、geekbuyingでもそれは同じなのですが、セール価格はそれより安くなりそうなんです。おそらく値下げ幅はわずかだと思いますが、少しでも安く買うにはいいチャンスかもしれません。あと、品薄らしく、ステイタスがプレセールになってますね。ちなみにGearbestでも同様にプレセールのステイタスでした。

スポンサーリンク

紹介記事:GPD WIN - 5.5インチ、フルWindows、キーボード搭載のゲームパッド ただ感動(実機レビュー)
geekbuying製品ページ:GPD Win

3.YI M1

YI M1

セール価格: 399.99ドル(約44,500円)以下

ご、ごめんなさい!ウインタブらしくもなく、デジカメ(ミラーレス一眼)を載せてしまいました。実は私がこれを欲しいと思ってまして、1カ月くらい前からチェックしていたんです。YIというのはXiaomiのブランド(子会社なのか製品ブランドなのか、企業形態は不明です)です。画像の通り製品のデザインが非常に素晴らしいのと、モニターがタッチパネルだったり、センサーも4/3型だったりと、かなり魅力的に感じるんですよね。

私はカメラに関する知識がかなり弱いのですが、仕事上で少しいいカメラが必要なんで、結構本気で検討しています。ただ、ミラーレス一眼は、最新型にこだわらなければ日本でも3万円台から手に入るので、中国製だから安い、というわけでもないのかもしれませんし、カメラの場合はレンズの品質など、スペック表に出てこない部分も重要だと思うので、特におすすめ!みたいなことは書けません。

この製品は現在の価格が499.99ドル、セール価格が「3?9.99ドル」と表示されていたので、少なくとも399.99ドル以下にはなるはずです。

geekbuying製品ページ:YI M1

4.Xiaomi Mi Band 2

Xiaomi MiBand 2

セール価格: 22.89ドル(約2,550円)以下

Xiaomiのフィットネス(健康管理)機能に特化したスマートウォッチです。前身機は時計表示がありませんでしたが、2になって時計表示ができるようになったので、一段と使いやすくなったと思います。低価格なスマートウォッチは日本のAmazonでも盛んに販売されていますが、MiBand 2が2,500円くらいで購入できるというのが中国通販のうれしいところです。

また、geekbuyingの場合、低価格な製品を送料無料で購入しても、トラッキングNoが振られ、Webで「ある程度は」配送状況を確認できる、というのがありがたいところ。人によっては多少お金を掛けてもトラッキングしたい、というニーズがあると思うので、そういう人にはgeekbuyingが一段とお得なのかもしれませんね。

geekbuying製品ページ:Xiaomi Mi Band 2

5.関連リンク

72 Hours Shopping Carnival:geekbuying

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    YIという会社は確かにXIAOMIと連携してアクションカメラを作ったことがあったが、それからスペックに嘘を入れたりしてXIAOMIがコラボを中断した。このミラーレスカメラはXIAOMIと一切関係ないし、最初の発表会と紹介ページに乗ってる写真が実はソニーのカメラで撮ったものだった。その時結構中国で話題になった。あまり期待しないほうがいいと思う

    • wintab より:

      こんにちは、コメントありがとうございます。そうなんですか?現在でも通販サイトによっては「Xiaomi Yi」なんて製品名を使ってるけど…。こちらでも調べてみます。