セール情報 - Gearbest、かなり本気みたいなので予定外ですが記事を書きます

VOYO V2 ミニPC
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。ここのところセール情報の記事が増えてしまい、そういうのを期待していない読者の方には申し訳なく思います。ですが、Gearbestのセールページを見ていて、どうしても記事を書く必要性を感じてしまいましたので、どうぞご容赦ください。要するに、見逃せないくらいまで価格が下がっている製品があります。
INTEL SPECIAL:Gearbest
※このセールページが一番わかりやすく、かつ激安だと思います。

スポンサーリンク

1.VOYO V1

VOYO V1

クーポン価格: 205.99ドル(21,399円)

クーポンコード: intel47

OS: Windows 10 64ビット
CPU: Intel Pentium N4200 / Celeron N3450
RAM: 4GB
ストレージ: 32GB eMMC + 128GB SSD
ディスプレイ: なし
ネットワーク:  802.11(5GHz帯対応)、Bluetooth4.0
入出力: USB3.0 × 3、オーディオ、MiniHDMI、microSDスロット、LAN(RJ45)
サイズ: 120 x 120 x 28 mm / 重量 400 g

どうしても記事にしたかった最大の理由がこの製品の価格です。先日紹介記事を書いた際、思いのほか読者の反響が大きかった、ApolloLake世代のCPUを搭載するミニPCで、205.99ドルというのは、より高スペックなPentium N4200を搭載したモデルです。ちょっとビックリしました。この製品に関してはもともとGearbestの価格が最も割安で、先日の記事(11月16日に書いたばかりです)だと「269.75ドル(28,023円)」だったんですよね。

Pentium N4200は当然私もまだ試用したことはないのですが、おそらくAtom最上位のZ8700よりも高性能ですし、RAM増設可能、ファンつき、ストレージ128GB SSDつき(さらに増設化)、ということなので、玄人な読者にもおすすめできそうです。

紹介記事:VOYO V1 - 新世代ApolloLakeを搭載した中国のミニPCが発売!パフォーマンスはいかに?
Gearbest製品ページ:VOYO V1

2.Chuwi Hi 10 Plus

Chuwi Hi 10 Plus

クーポン価格: 149.99ドル(15,582円)

クーポンコード: intel46

OS: Windows 10 + Remix 2.0(Android 5.1ベース)
CPU: Intel Atom x5-Z8350
RAM: 4GB
ストレージ: 64GB
ディスプレイ: 10.8インチIPS(1,920 × 1,280)
ネットワーク:  802.11 b/g/n、Bluetooth
入出力: USB Type-C、microUSB、オーディオ、microHDMI、microSDスロット
サイズ:  276.4 x 184.8 x 8.5 mm / 重量 686 g

これも相当といえば相当な安値です。10.8インチとやや大ぶりのサイズでアスペクト比3:2のFHDディスプレイ、CPUはAtom Z8300のリファイン版である最新のZ8350、そしてWindowsとRemix OSのデュアルブート機です。この価格だとさすがにキーボードは付属しませんが、もともと専用キーボードはケース一体型の簡易タイプ(ただし物理接続)で、価格はわずか20.45ドル(2,124円、これもセール価格です)なので、とりあえずセットしてもいいですし、外付けのキーボードを別に買ってもいいと思います。

スポンサーリンク

ウインタブではこの製品とほぼ同一筺体ながらRemix専用機であるChuwi Vi 10 Plusを試用したことがありますが、最近のChuwiらしく、筺体品質は素晴らしいものでした。ともあれ、150ドルを切っている、ということでかなり驚きました…。

Gearbest製品ページ:Chuwi Hi 10 Plus

Onda oBook10 Pro

Onda oBook 10 Pro

クーポン価格: 214.99ドル(22,334円)

クーポンコード: intel43

OS: Windows 10
CPU: Intel Atom x7-Z8700
RAM: 4GB
ストレージ: 64GB
ディスプレイ: 10.1インチIPS(1,920 × 1,200)
ネットワーク:  802.11 b/g/n、Bluetooth
入出力: microUSB、microHDMI、DC電源アダプタ、オーディオ、microSD
サイズ:  250 x 164 x 8.5 mm / 重量 560 g

この製品もまだ紹介記事を書いていません。しばらく前から製品ページは存在していたのですが、先にoBook 20 Plusのほうが発売され、この製品の方はなかなか販売がスタートしませんでした。なぜこの製品を取り上げたかというと、CPUがAtom Z8700と、中華10インチタブレットとしては他に例がないと思われること、OSもシングルブートになっていて、逆に使いやすそうに思われることが挙げられます。というか、シングルブートのほうが好み、という人は多いでしょう。Z8700搭載でこの価格はかなり安いと思いますし、競合機種も見当たりません。

キーボードは別売りですし、Gearbestにそれらしいキーボードが見当たりませんが、oBook 10(20も)のキーボードはデザインは素晴らしいものの、キー数が少なく、必ずしも使い勝手は良くないので、いっそ外付けのキーボードにしてしまったほうがいいかもしれません(試用者としての個人的意見です)。なお、この製品は配送開始が12月21日となっていることに注意してください。

Gearbest製品ページ:Onda OBook 10 Pro

4.VOYO V2

Voyo V2 モバイルバッテリーとして

セール価格: 69.99ドル(7,271円)

クーポンコード: intel43

OS: Windows 10
CPU: Intel Atom Z3735F
RAM: 2GB
ストレージ: 32GB eMMC
入出力: USB × 1、microUSB × 1、HDMI、電源ポート、LANポート(RJ45)、オーディオジャック
ネットワーク: 802.11 b/g/n、Bluetooth4.0
バッテリー: 5000mAh or 8,000mAh
サイズ: 131 x 83 x 16 mm / 155 g

最後は在庫処分品と思われるものです。スペック表を見るとCPUはBayTrail世代のAtom Z3735Fですし、RAM2GB、ストレージ32GBと特筆できるようなものではありませんが、5,000mAhのバッテリーを内蔵し、なんと「モバイルバッテリー」としても使えます。ポケモンGOがリリースされた直後、モバイルバッテリーが軒並み価格高騰した際のことを思えば、69.99ドルという価格はすごく安く感じられませんか?

なので、ヘンな話、モバイルバッテリーを買おうとしている人が、もう一息お金を出すとこれが買える、っていうことです!

紹介記事:VOYO V2 - TV BOXって何なのよ?要するに中国版の文庫本PC
Gearbest製品ページ:VOYO V2

5.関連リンク

INTEL SPECIAL:Gearbest
※Gearbestでは例によって複数のセールページが乱立していますが、私が見たところ、このページが最も割安でわかりやすいです。
BLACK FRIDAY:Gearbest
※Gearbestのブラックフライデーセールのメインページです

スポンサーリンク

コメント

  1. ぽちろう より:

    VOYO V1
    電源が
    US PLUG
    EU PLUG
    しか選べないけど、日本出荷だと変えてくれるんだろうか・・・

  2. natsuki より:

    アメリカと日本のコンセントは、基本同じ形状なので、USプラグでいけるはずですよ。

    「基本」と書いたのは、日本やアメリカにも普段見かけない特殊なコンセントのタイプがありまして、まれに、そんなことよく知らない担当者が、変なタイプの(でも、確かに日本やアメリカで使われてはいる)プラグを送ってくる場合があるようだからです。
    ということで、USプラグで注文して、変なプラグがきたら笑ってAmazonで変換プラグを検索しましょう。

  3. ぽちろう より:

    ありがとうございました。

  4. ぽちろう より:

    VOYO V1来ました。

    メールでたのんだら、日本のコンセントで送ってくれました。
    正式な商品名は VOYO VMacのようです。
    使ってみた印象では、Core mのNUCよりは若干もたつきますが、CherryTrailのタブレットよりはさくさく動く、という、まんまCPUの立ち位置通りの性能でした。

    自分としてはテレビにつけて録画再生機として利用したかったのですが、Station TV Linkによるトルネの再生や、USBチューナーをつけてのTVtestによる視聴は問題なくこなせ、目的は達成できました。
    なかなか良いマシンでした。