スタンディングデスク購入のチャンス!FLEXISPOTが「ブラックフライデー&サイバーマンデーセール」を開催中です

Flexispotでセール
ウインタブでもたびたび実機レビューをさせていただいている「スタンディングデスクのFLEXISPOT」がブラックフライデー&サイバーマンデーセールを開催中です。FLEXISPOT製品はメーカー直販サイトとAmazonで購入でき、どちらもセール中です。Amazonのほうはサイトの性質上、「天板と脚の部分の組み合わせ」が限定的なのと、デスクの型番を選びにくいと感じますが、直販サイトのほうは割とすんなり製品選びができます。

スポンサーリンク

また、記事にするのが遅くなり、大変申し訳ないのですが、直販サイトのセール終了は「11月30日23:59」までと、非常に短くなっていますので、ご注意ください。なお、Amazonのほうは12月1日までの開催予定と思われます。

BLACK FRIDAY & CYBER MONDAY:FLEXISPOT直販サイト
FLEXISPOTのストアフロント:Amazon

ではウインタブが実機レビューしたセール品の価格をチェックしてみましょう。

1.手動式スタンディングデスク H2

Flexispot H2
セール価格: 30,000円(税込み)から
※140 × 70 cmの天板をセットした価格
※単品購入(天板なし)の場合は17,100円(税込み)
※この製品は直販サイトのほうが安いです

最初にご紹介するのは手動昇降式のモデルです。この「H2」の若干仕様が異なる「H1」を先日ライターのゆないとさんが実機レビューしています。FLEXISPOTのスタンディングデスクは私も愛用していて、「昇降可能」であるのが最大の特徴であるのは間違いないのですが、「普通のデスク」としても使い心地は非常にいいです。すごく頑丈なんですよね。

スポンサーリンク

この製品はもともと天板が別売りで、日曜大工が得意な人であれば自分で天板を調達(あるいは製作)する、という手もありますが、そうでない人はセット販売されている天板を購入するほうが安心であり、楽ちんでもあります。H2にセットされる天板は140 × 70 cmのものだけで、「かなりデカイ」ですね。ゆないとさんのレビューでも140 cmの天板を使っていますので、詳しくはレビュー記事をご覧ください。また、私は120 cmのものを1年以上愛用していますが、PCを2台(デスクトップPCとノートPC)を置いても余裕の大きさで、非常に快適です。ご自宅のスペースが許すのであれば「ウインタブに騙された」と思って120 cmとか140 cmのものを試してみてください。

手動式スタンディングデスクのいいところは、なんと言っても価格が手頃であることです。FLEXISPOT製品を愛用している者としては、非常にお買い得な価格設定だと思います。

FLEXISPOTへのリンク:
手動式スタンディングデスクH2
ウインタブ実機レビュー:
FLEXISPOT 手動式スタンディングデスク H1の実機レビュー - 高さ調節できる昇降式デスクで「座りすぎ」を解消しよう!価格もリーズナブルです!
※セール品とは異なる型番です

2.電動スタンディングデスク E3

FLEXISPOT_E3 の使用例
セール価格: 43,600円(税込み)から
※120 × 60 cmの天板をセットした価格
※単品購入(天板なし)の場合は31,600円(税込み)
※この製品は直販サイトとAmazonで同価格です

続いては電動スタンディングデスクです。ウインタブではライターの.TAOさんが実機レビューをしています。デスク本来の品質は上にご紹介したH2と大きくは違わないと思いますが、昇降が電動となり、メモリ機能(ワンタッチで設定した高さに変更できる)やアラーム機能などもついているのが便利です。ちなみに私が使っているスタンディングデスクも電動タイプです。

この製品は直販サイトだと120 × 60 cmのほか、140 × 70 cmの天板を選べます。また、単品(脚部)のみでも購入可能で、その場合は税込み31,600円です。「ほっておくとずっと座りっぱなしなので、適宜警告してもらいたい」という人におすすめですかねw

FLEXISPOTへのリンク:
電動式スタンディングデスク E3
ウインタブ実機レビュー:
FLEXISPOT E3電動昇降デスク実機レビュー - 在宅ワークに是非使ってもらいたい、質感高めなスタンディングデスクです

3.関連リンク

BLACK FRIDAY & CYBER MONDAY:FLEXISPOT直販サイト
FLEXISPOTのストアフロント:Amazon

スポンサーリンク