セール情報 - ドスパラのタブレットが地味に値下げしてるよ!

Diginnos DG-D08IWB 32GB
ウインタブで全て実機レビューをさせてもらっているドスパラのDiginnosタブレット、気がついたら地味に値下げしてるじゃありませんか!値下げの実額はそんなに大きくないですけど、もともと業界最安値圏のドスパラタブレットがさらに安くなった、というのは朗報以外のなにものでもありません。もちろん製品の品質は間違いありません、と実機レビューをしたものとして明言させていただきます。

スポンサーリンク

(1).8インチ「Diginnos DG-D08IWB」

ドスパラのアウトレットに8インチタブ

ストレージ16GB: 19,980円 → 19,418円
ストレージ16GB+キーボード: 23,198円 → 22,118円
ストレージ32GB: 22,980円 → 22,118円
ストレージ32GB+キーボード: 25,898円 → 24,818円
※すべて税込み

ドスパラのWindowsタブレットで従来から最安値だったのは8インチサイズ、ストレージ16GBのもので、「税抜き18,500円」という金額はなぜか頭に入ってしまってます。それが「税抜き17,980円」まで下がってしまいました。さすがにドスパラでも元値がこれだけ安いんで、見た目ちょっとしか下がってないですね。しかし、それだけギリギリ感が伝わってきます。

残念ながら8インチのストレージ32GB版はこの記事を書いている10月15日現在在庫切れとなっていますが、10月中には再販の予定とのことです。

実機レビュー記事:ドスパラ Diginnos DG-D08IWB 32GB - 超絶コスパの8インチタブレット、最強キーボードもついてるよ(実機レビュー)
ドスパラ公式サイト:デジノスタブレット [Diginnos DG-D08IWB]

(2).9インチ「Diginnos DG-D09IW」

ドスパラタブレットが税込1万円

本体のみ:27,480円 → 25,358円
本体+キーボード:32,378円 → 28,598円
※すべて税込み

続いて、中途半端なサイズに思われますが、実は非常に使いやすい9インチ(8.9インチ)タブレットです。こちらは結構安くなってます。特にキーボード付きが1割以上の値下げです。画面サイズが大きくなって元値が上がり、値引も増えた、という、うれしい状況ですね。

実機レビュー記事:ドスパラ Diginnos DG-D09IW - 8.9インチってかなりいい!もちろんコスパも抜群(実機レビュー)
ドスパラ公式サイト:デジノスタブレット [Diginnos DG-D09IW / D10IW2]

スポンサーリンク

(3).10インチ「Diginnos DG-D10IW2」

Diginnos_DG-D10IW2

本体のみ:35,985円 → 33,998円
本体+キーボード: 39,980円 → 38,318円

10インチサイズの方は逆に値引幅は小さくなっています。サイズが大きくなるほど割安に、ということではなさそうですね。

実機レビュー記事:ドスパラ Diginnos DG-D10IW2 - 安定のスペックにBTO要素もあり!もちろんコスパも最高!(実機レビュー)
ドスパラ公式サイト:デジノスタブレット [Diginnos DG-D09IW / D10IW2]

(4).狙い目は9インチかな

ドスパラのタブレットは従来Officeつきモデルもあったのですが、現状Officeつきモデルは姿を消しており、「オフィス無しのベースモデルにキーボードをつけるかどうか」という選択肢のみになっています。そのため製品版のOfficeが必要、という人にとってはOffice 365 Soloの契約をする以外だと割高になってしまいます。製品版のOfficeは必ず2ライセンスとなり、2万円以上するからです。

また、ドスパラのタブレットに付属するキーボードは8インチ版と9インチ版で同じものです。私が試用した感想として、打鍵感がよく、とてもしっかりしたものという印象がある反面、どうしても絶対的なサイズが小さいため、慣れるまでに少し時間がかかりそう、ということは言えます。また、10インチ用のキーボードについてはタッチパッドが付属し、キーピッチも自然で長時間の利用にも十分耐えられる本格的なものです。特に8インチタブレットの場合、本体とキーボードの大きさを揃えようとするとキーボードのサイズがかなり小さくなってしまうため、「大きさと使いやすさのどちらを優先するか」ということをよく考えてから購入すべきでしょう。

ドスパラのタブレット、もともとコスト・パフォーマンスという点ではピカイチだと思っているのですが、ここに来てさらなる値下げということで、少し驚いています。巷ではCherryTrail搭載のタブレットが出始めている中、内部の構成が若干古くなってきている感はあるものの、こういったローエンドのタブレットが近日中に全てCherryTrailに置き換わるとは思えませんから、値下げによってさらに魅力をました、と考えていいでしょう。

また、現在タブレットを持っていない人が購入を検討するなら9インチがいいんじゃないかと思います。逆にモバイルノートPCを別に持っていて、キーボードは不要、というなら8インチだし、もっぱらキーボードを接続して使うなら10インチになりますね。私が一通り試用した感想では、9インチというのは8インチと10インチのイイトコどり、って気がしましたし、実際今回のドスパラの値下げを見ていても値幅が一番大きいのが9インチなので、迷うようなら9インチがいいんじゃないでしょうか?

(5).関連リンク

ドスパラ公式サイト

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    >1.8インチ
    >2.9インチ
    ちっさ!と思ってしまった

    • wintab より:

      こんにちは、コメントありがとうございます。いやね、こういうコメントは超好きなんですよね。でも、次回からスペースを空けるとか、項番をカッコで囲むとかはしようと思いました。

  2. 匿名 より:

    ちっさい! と思いました

    • wintab より:

      こんにちは、畳みかけられてしまった…。またしても笑ってしまいました。記事は直しておきますね。

  3. 匿名 より:

    dosparaのそれは、厳密には8.9インチなのです。というのも、9インチからwindowsのライセンス料が高くなるらしいので、8.9インチにすることで低価格を実現しているんですね。やりますな。

    • wintab より:

      こんにちは、コメントありがとうございます。だから国内の9インチタブレットは全部8.9インチなんですね。勉強になりました。ありがとうございます。