ゲーミングノートのGALLERIAが税抜き10万円以下から購入できます!上海問屋のおもしろグッズもチェックしてみよう!ドスパラで「春の大感謝祭」開催中!

ドスパラ 春の大感謝祭
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。今回はドスパラのセール情報です。ドスパラでは現在「春の大感謝祭」を開催中(4月15日まで)です。ドスパラはキャッシュレス・ポイント還元事業へ加盟店登録をしているため、クレジットカードなどのキャッシュレス支払いをする場合に5%の還元が受けられます。また、コロナウイルスの関係で配送が遅れがちとなることも想定されますが、ドスパラではほとんどの製品が「当日あるいは翌日出荷」とのこと。この点も魅力ですよね。

スポンサーリンク

そして、忘れちゃいけないのが周辺機器の上海問屋コーナーです。キーボードやマウスをはじめ、様々なおもしろグッズが販売されていますので、「なんか面白いものはないか?」という人は要チェックです。

春の大感謝祭:ドスパラ

では、おすすめのPCや周辺機器をいくつかご案内します。

1.GALLERIA GCR1660TGF-QC/GCR2070RGF-QC

ドスパラ GALLERIA GCR1660TGF-QC / GALLERIA GCR2070RGF-QC
価格(GCR2070RGF-QC): 186,280円(税込み204,908円)
価格(GCR1660TGF-QC): 145,380円(税込み159,918円)

OS: Windows 10 Home
CPU: Core i7-9750H
GPU: GeForce RTX2070 Max-Q(GTX1660Ti)
RAM: 16GB
ストレージ: 1TB SSD(512GB SSD)
ディスプレイ: 15.6インチ(1,920 × 1,080)144 Hz
サイズ: 356.4 × 233.66 × 20.5(最薄部) mm / 1.87 kg
※GCR2070RGF-QCのスペック
※カッコ内はGCR1660TGF-QC

ドスパラがIntelと共同開発した薄型のゲーミングノートです。この2つのモデルは基本的に同じ筐体、同じスペックで、GPUとストレージ容量のみ異なります。ゲーミングノートとして高いスペックながらコンパクトかつスリムな筐体で、重量も2キロを切ります。もちろんディスプレイのリフレッシュレートも144 Hzと抜かりありません。しいて難点をあげると、ドスパラ製品ながらRAMとストレージ容量を変更できないという点ですかね。

GCR1660TGF-QCはゲーミングノートとして中位クラス、GCR2070RGF-QCRTX2070は上位クラスの製品ながら、競合製品と比較しても割安感が大きいです。さらにキャッシュレス還元、ポイント還元も受けられます。モバイルノートのようにして毎日持ち歩くのは少ししんどいサイズ感ではありますが、ゲーミングノートとしては非常に軽量ですから、「昼間はビジネスに、夜や週末にはゲームに」という使い方がはかどりそうです。

ドスパラへのリンク:
 GALLERIA GCR2070RGF-QC
 GALLERIA GCR1660TGF-QC
ウインタブ紹介記事・実機レビュー:
 GALLERIA GCR1660TGF-QC / GALLERIA GCR2070RGF-QC - 15.6インチ、インテルと共同開発した薄型・軽量、そしてGALLERIAらしい性能を備えたゲーミングノート
 GALLERIA GCR1660TGF-QC-G レビュー - ゲーミングノートとは思えない薄型・軽量マシン!キーボードの出来にも感動しました!(実機レビュー)

スポンサーリンク

2.GALLERIA GCR1650GF7/GCR1650NF7

GALLERIA GCR1650GF7
価格(GCR1650NF7): 109,980円(税込み120,978円)
価格(GCR1650GF7): 99,980円(税込み109,978円)

OS: Windows 10 Home
CPU: Core i7-9750H
GPU: GeForce GTX1650
RAM: 8GB
ストレージ: 500GB SSD
ディスプレイ: 15.6インチ(17.3インチ)(1,920 × 1,080)
サイズ: 360 × 245 × 26.4 mm / 2.03 kg
    (395.7 × 260.8 × 30.1 mm / 2.5 kg)
※GCR1650GF7のスペック
※カッコ内はGCR1650NF7

続いてはGALLERIAのエントリーモデル2機種です。ディスプレイと筐体のサイズが異なりますが、それ以外のスペックは2モデル共通です。CPUは第9世代(Coffee Lake)のCore i7とGeForce GTX1650の組み合わせで、ゲームタイトルによってはグラフィック品質を少し落とす必要がありますが、ほとんどのゲームはプレイできると思います。ゲーム初心者が腕を磨いたりするのにピッタリでしょう。

また、この2モデルは注文時にRAMとストレージの構成を変更できますので、予算に余裕があるようならRAMを16GBに、ストレージを1TB SSDにしておくとさらに安心かと思います。GALLERIA品質がこの価格で購入できるというのは素晴らしいですよね。

このくらいの価格(10万円前後)だと、ゲーミングノートとしてだけでなく、「性能の良いスタンダードノート」という利用目的で購入するのもアリかと思います。また、クリエイターの人の作業用にも十分と言えるでしょう(ただし、3D系はこの限りではありません)。

ドスパラへのリンク:
 GALLERIA GCR1650GF7
 GALLERIA GCR1650NF7
ウインタブ紹介記事:
 GALLERIA GCR1650GF7 - 税抜きで10万円を切る「ドスパラのガレリア」にCore i7が搭載されました!しかもお値段据え置き!

3.LIQUID_hack

LIQUID_hack
価格: 2,204円(税込み2,424円)
価格(ブルーライトカット): 4,528円(税込み4,980円)

上海問屋コーナーで販売されている、スマホやタブレット用の「塗る強化ガラス」です。このタイプのコーティング剤は最近結構注目されていて、いろんな製品が出ているようですね。通常の保護フィルムとの性能差についてはなんとも言えませんが、最近のスマホはガラスが曲面になっているものが多いので、塗るタイプの方が使いやすいのかもしれません。最近ブルーライトカットタイプも追加されましたが、ブルーライトカットの方はちょっとお値段が高すぎるような気もしないではないです。

ドスパラへのリンク:
 LIQUID_hack(リキッドハック) ガラスコーティング剤
 LIQUID_hack Blue Light Cut(リキッドハック ブルーライトカット)

4.関連リンク

ドスパラ公式サイト
春の大感謝祭:ドスパラ

スポンサーリンク