GeForce RTX2070 Max-Q搭載のスリムなGALLERIAが大幅割引に!ポイント還元をうまく活用すれば、とってもお買い得です!ドスパラ セール情報

ドスパラ GALLERIA GWL250YF
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。今回はドスパラのセール情報です。ドスパラでは現在「最大20%還元 半期決算売尽し」というセールを開催中(2月6日 10:00AMまで)で、主力ブランド「GALLERIA」を筆頭に、ゲーミングPCやノートPCの多くがセール価格になっています。
最大20%還元 半期決算売尽し:ドスパラ

スポンサーリンク

セール価格も気になりますけど、さらに気になるのが「最大20%還元」というところですね。ここはしっかり確認しておきたいところです。そんなにめんどくさい話ではないのですが、いくつかの条件を満たす必要がありますので、まずはそこからご説明します。

1.ポイント還元

風のうわさによると、ドスパラは現在販売がとても好調のようです。製品が良いから、というのはもちろんだと思いますが、私達にとって非常にうれしい施策もやっています。

ドスパラのポイント還元
この画像は下に紹介するGALLERIA GCR2070RGF-QCの製品ページから引用しています。このように、かなり高率のポイント還元が受けられるんです。キャッシュバックではなくポイントではありますが、例えばドスパラのポイントを使う場合には「上海問屋」という、衝動買いのためにあるようなサイト内店舗も存在しますので、もらっておいて損はありません。PCを購入して獲得したポイントでメカニカルキーボードとかマウスとか、SDカードなんかが買えますしね。

ポイント還元の主役はやはり「ドスパラのポイント」です。2月6日までの期間、新品PCの場合だと最大で10%ものポイント還元が受けられます。ただし、この恩恵を受けるためには「モバイル会員登録」が必要となります。モバイル会員登録さえしておけば、購入はPCサイトからでも構いません。必要なのはモバイル会員としての会員番号と、「エントリーすること」です。エントリーページは下記です。ここには注意事項も記載されていますので、必ず目を通しておきましょう。
最大20%還元 エントリーページ:ドスパラ

次に「キャッシュレス還元(5.0%)」です。これはドスパラの直接的なサービスではありません。ドスパラは「キャッシュレス・ポイント還元事業へ加盟店登録」しているため、クレジットカード、Amazon Pay、楽天Payで購入(決済)すると、5%のポイント還元が受けられます。これはドスパラから還元されるということではなく、クレジットカード会社などからポイントという形で還元されるものです。私は楽天カードを使っているのですが、楽天カードではこのような案内がなされていましたので、参考までにリンクしておきます。
キャッシュレス・消費者還元事業:楽天カード

で、最後に「楽天ポイント還元(1.0%)」です。これはすべての読者が享受できるというわけではありません。支払いの際に「楽天ペイ」を使う場合に楽天のポイントがもらえる、というものです。ちなみに私は楽天ペイは使ったことがありませんので、「対象外」ですね。

これが全部キャッシュバックだったらうれしいんですけど、ポイント還元にしても非常に高い付与率になっていますので、見逃す手はありませんよね?

では、ここからはウインタブおすすめ製品を一部ご紹介します。

2.GALLERIA GCR2070RGF-QC

ドスパラ GALLERIA GCR1660TGF-QC / GALLERIA GCR2070RGF-QC
セール価格: 186,280円(税込み204,908円)
※最大で13.8%のポイント還元(28,319円相当)

OS: Windows 10 Home
CPU: Core i7-9750H
GPU: GeForce RTX2070 Max-Q 
RAM: 16GB
ストレージ: 1TB SSD
ディスプレイ: 15.6インチ(1,920 × 1,080)144 Hz
サイズ: 356.4 × 233.66 × 20.5(最薄部) mm / 1.87 kg

まずはドスパラがIntelと共同開発した薄型のゲーミングノートから。コンパクトかつスリムな筐体で、重量も2キロを切る軽量さはもちろん、CPUはCore i7-9759HでGPUはGeForce RTX2070 Max-Qですから、ゲーミングノートとしてはハイエンドクラスの性能と言えます。ディスプレイのリフレッシュレートも144 Hzと抜かりありません。BTOメーカーであるドスパラ製品ながら、RAMとストレージ容量を変更できない、というのが玉にキズですかね。しかし、16GB/1TB SSDですから、特にカスタマイズしなくても大丈夫かな、と思います。

RTX2070搭載機としては最安値クラスの価格になっています。筐体も非常にスタイリッシュですし、さらに大きなポイント還元も受けられますので、ハイエンド・ゲーミングノートの購入を考えている人には大チャンスかと思います。それと、同一筐体を採用しつつスペックが少し低い(GTX1660Ti搭載)「GCR1660TGF-QC」というのもセールになってまして、こちらは145,380円(税込み159,918円)、ポイント最大15.9%還元(25,394円相当)になっていますので、「RTX2070までは不要」という人にはおすすめです。

スポンサーリンク

ドスパラへのリンク:
 GALLERIA GCR2070RGF-QC
 GALLERIA GCR1660TGF-QC
ウインタブ紹介記事・実機レビュー:
 GALLERIA GCR1660TGF-QC / GALLERIA GCR2070RGF-QC - 15.6インチ、インテルと共同開発した薄型・軽量、そしてGALLERIAらしい性能を備えたゲーミングノート
 GALLERIA GCR1660TGF-QC-G レビュー - ゲーミングノートとは思えない薄型・軽量マシン!キーボードの出来にも感動しました!(実機レビュー)

3.GALLERIA GWL250YF

ドスパラ GALLERIA GWL250YF
セール価格: 89,980円(税込み98,978円)
※最大で6.5%のポイント還元(6,432円相当)

OS: Windows 10 Home
CPU: Core i5-8265U
GPU: GeForce MX250(2GB)
RAM: 8GB
ストレージ: 256GB SSD
ディスプレイ: 14.1インチ(1,920 × 1,080)
サイズ: 322 × 222 × 15.95 mm / 1.19 kg

「GALLERIA」のブランド名を冠した製品ではありますが、ゲーミングノートと言うよりは「高性能モバイルノート」と考えたほうがピッタリ来ます。CPUはCore i5-8265Uで外部GPUがGeForce MX250なので、どんなゲームでもプレイできる、という感じでもなく、オンラインゲームをするのであれば軽めのものに限られるでしょう。なので、ビジネス用のハイスペックマシンとか、動画や画像の編集をしたいクリエイターノートとか、そんな感じですね。

14.1インチサイズとしては十分に小さく、外部GPUを搭載しつつ1.19 kgという重量に抑えているのが素晴らしいです。MSIのPS42シリーズと同一筐体と思われますが、それにしても89,980円という価格は非常に安いと思います。平日は仕事用に、休日は息抜きのゲームにと、欲張りなニーズに応えてくれる製品です。

ドスパラへのリンク:
 GALLERIA GWL250YF
ウインタブ実機レビュー:
 ドスパラ GALLERIA GWL250YF レビュー - GALLERIAなのに重量わずか1.2 kg!GeForce MX250搭載でゲームだけではなく画像や動画の編集も!(実機レビュー)

Critea DX-W3/DX-W7

Critea DX-W3 / DX-W7
価格(DX-W3): 59,980円(税込み65,978円)
※最大で6.5%のポイント還元(4,287円相当)
価格(DX-W7): 79,980円(税込み87,978円)
※最大で6.5%のポイント還元(5,717円相当)

OS: Windows 10 Home
CPU: Core i3-8145U/Core i7-8565U
RAM: 8GB/16GB
ストレージ: 250GB / 500GB SSD SSD
ディスプレイ: 15.6インチ(1,920 × 1,080)
サイズ: 362 × 246 × 21.5 mm / 1.7 kg

すみません、この2機種、実はセール価格じゃないです。しかし、構成のバランスが非常に良く、その割にとってもお買い得なんですよね。DX-W3は「Core i3/RAM8GB/250GB SSD」、DX-W7は「Core i7/RAM16GB/500GB SSD」でこのお値段です。CPUは第8世代にとどまりますが、RAMとストレージ容量に余裕がありますし、ディスプレイもFHD解像度なので、ビジネス用、家庭用として申し分のない構成だと思います。ウインタブはCore i3擁護派なんですけど、他社のCore i3モデルの場合、RAMが4GBしか選べないケースが結構多く、「Core i3の実力を評価しているがゆえにRAMは8GB欲しい」と思っていますので、特にDX-W3は読者にもおすすめしたいところです。

また、この製品は発売直後でして、筐体も新しいものが使われています。クラス最小、とまでは行きませんが、15.6インチとしては十分にコンパクトで、ディスプレイ面のベゼルも細く、すっきりしたデザインになっています。重量1.7 kgというのも15.6インチスタンダードノートとしてはごく軽い部類となります。

シンプルで飽きの来ないデザイン、余裕のあるシステムスペック、そして割安な価格と、長く使えるスタンダードノートだと思います。

ドスパラへのリンク:
 Critea DX-W7
 Critea DX-W3
ウインタブ紹介記事:
 ドスパラ Critea DX-W3 / DX-W7 - ひとまわり小さくなったドスパラの15.6インチノート。RAMとストレージにも余裕があります

5.関連リンク

最大20%還元 半期決算売尽し:ドスパラ

スポンサーリンク