セール情報 - ドスパラでゴールデンウィークセール開催中!メカニカルキーボード搭載のraytrekが激安に!

ドスパラ GWセール
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。ゲーミングPC「GALLERIA」、クリエイターPC「raytrek」、そしていまや日本メーカーでは希少とも言えるWindowsタブレット「Diginnosタブレット」を擁するドスパラが「ゴールデンウィークセール」を開催中です(5月10日まで)。ドスパラのセールは元値を安くするというよりもパーツ類を無料で増設してくれたりといった、付加サービスでお買い得感を打ち出しているケースが多く、今回のセールでも関連する特典をうまく組み合わせることによってお得な買い物をすることができます。
ゴールデンウィークセール:ドスパラ

スポンサーリンク

1.セールに関連する特典

まずはセールならではの特典から。

48回まで分割手数料無料

ドスパラ GWセール
ドスパラ製品のうち、GALLERIAやraytrekなどのハイスペックマシンは決して安価とは言えません。割高という意味ではなく、支払い金額がそれなりに大きくなるという意味です。もちろん高価格なぶんだけ高性能なのは間違いないですが、10万円を軽く越える価格になってしまうので、そう簡単に購入には踏み切れません。

今回のセール期間に合わせ、ドスパラの提携クレジット(JACCS)を利用して買い物をすると、なんと最大48回までの分割手数料が無料になります(3万円以上のPCが対象)。ドスパラの製品ページによれば、48回分割の場合の分割手数料は実に25.9%に達しますので、通常であれば「25%余計にお金を払う」ことになる(ただし、分割手数料というのは本来不当なものではありません)ところ、定価あるいはセール価格そのままの価格で分割払いができます。「分割払いの鬼」と言われる私のような人にとっては、下手なセール価格よりも数段お得ということになりますね。

GALLERIAを買うとポイントバックあり

ドスパラ GWセール
もう一つ。こちらは「GALLERIAブランドの新製品(税込み12万円以上)」を購入する人が対象になります。購入金額に応じ、ドスパラポイントが5,000~10,000ポイントもらえます。さらに、30万円以上のPCを購入した人のうち、10人に1人の割合で30,000ポイントがプレゼントされます。

ドスパラポイントはドスパラでの買い物に使えるだけでなく、STEAMウォレットのチャージにも使えますので、現金ではありませんが、現金に近い感覚で使うことができます。なお、この特典を得るにはドスパラ会員(無料)に登録する必要があり、簡単な応募手続きが必要になります。詳しくは下記をご覧ください。
GALLERIAポイントキャンペーン ゲーム購入に使えるポイントを最大3万ptプレゼント

続いて、私から見て「安い!」と思える価格になっている製品を紹介します。

2.raytrek RKF1060TGK 限定モデル

ドスパラ raytrek RKF1060TGK

セール価格: 149,980円(税込み161,978円)

OS: Windows 10 Home
CPU: Intel Core i7-7700HQ
GPU: NVIDIA GeForce GTX1060
RAM: 8GB(増設可)
ストレージ: 256GB SSD + 1TB HDD
ディスプレイ: 15.6インチ(3,840 × 2,160)
サイズ: 374.6 × 260 × 29.5 mm / 2.6 kg

いきなり「やばいPC」の紹介です。Core i7-7700HQ + GTX1060という、ゲーミングノートとしても中上位クラスの性能を持ち、ノートPCであるにもかかわらずメカニカルキーボード(ただし英語配列)を搭載、ディスプレイは4Kという、ほぼ理想的なスペックのクリエイターPCです。この「限定モデル」というのは「Entry Edition」という、RAMとストレージ容量を少し落とした低価格な構成に256GB SSDを追加したもので、「でもEntry Editionより安い」価格設定になっています。というか、多少でもパソコンの知識のある人が見たら、明らかに壊れた価格設定になっているのがわかると思います。

RAM容量が8GBなのが少し残念、という人もいると思いますが、もちろん16GBに増設注文することも可能なので、スペック面での不安はほぼないと言っていいでしょう。GALLERIAブランドではないので、上記の「ポイントバック」は受けられませんが、「48回まで分割手数料無料」は適用されます。ちなみに標準構成で48回分割払いにすると、「月々3,400円(税込み)」とのことです。もともと私はこの製品の購入を考えていましたので、釣り師ドスパラの巨大な釣り針にかかってしまいそうな恐怖が…。

スポンサーリンク

紹介記事1:ドスパラ raytrek RKF1060TGKの実機レビュー - 4Kディスプレイにメカニカルキーボードを搭載したクリエイター向けノートPC
紹介記事2:ドスパラ raytrek RKF1060TGKの実機レビュー第2回 - クリエーター向けPCをクリスタでイラスト作成に使い倒してみました(natsuki)
ドスパラ製品ページ:raytrek RKF1060TGK 限定モデル

3.Diginnos Stick DG-STK4D

ドスパラ Diginnos Stick DG-STK4S キャップ

セール価格: 17,980円(税込み19,418円)

OS: Windows 10 Home
CPU: Intel Atom x5-Z8550
RAM: 4GB
ストレージ: 32GB eMMC
ディスプレイ: なし
サイズ: 123 × 59 × 22 mm

私は最近中華のミニPCを愛用していまして、「モバイルノートがメインマシン、デスクトップPCがサブマシン」という、ちょっと変な感じのPC環境になっています。「もはやデスクトップPCは持っていない」という人も少なくないでしょうね。今やノートPCでも大抵のことはできてしまいますので、場所をとるデスクトップPCをあえて購入する必要はない、ということも言えます。

自分の経験に照らして書きますと、「ノートPCメインの人にミニPCはおすすめ」です。高価格なデスクトップPCの場合は購入に躊躇していまいますが、ミニPCなら2万円前後で購入ができる上、最近の「2万円」はバカにならないくらい快適に動いてくれます。今はOneDrive + Officeとか、Chromeのログイン機能などで異なるPC間のデータ連携も容易ですし、ノートPCでの作業の続きをミニPCで、というのが非常に簡単になってます。また個人的には長文のテキスト入力などの際にはデスクに座ってお気に入りのキーボードを使い、大きめのディスプレイで作業できるのがうれしいです(残念ながらミニPCの場合はディスプレイとキーボードは別に用意しなくてはなりません)。

Diginnos Stick DG-STK4DはスティックPCですが、ワンランク上のCPU(Atom Z8550)を搭載し、冷却ファンも備えていますので、侮れない性能を持っています。税込みで2万円を切るセール価格は非常に魅力的と言えるでしょう。ちなみにこの製品、残念ながら「48回分割手数料無料」の対象にはなりません(税込み3万円以上の製品が対象)が、もともと高価なものではないので我慢できますね。

紹介記事:ドスパラ Diginnos Stick DG-STK4S - 高性能バージョンのスティックPCを試す(実機レビュー)
※セール品とはCPUの型番が異なります。
ドスパラ製品ページ:Diginnos Stick DG-STK4D

4.GALLERIA GCFシリーズ

ドスパラ GALLERIA GCF1060GF/1070GF

ドスパラのPCで「一番ほしいもの」は間違いなくGALLERIAです。GALLERIAっていうのは他社製品比較上、必ずしも最安値ではありません(割安ではあります)が、ドスパラのノウハウが詰まった、「ゲーマーのためのPC」です。特に最新のCoffee Lakeを搭載した「GALLERIA GCFシリーズ」には注目していますし、できることなら買いたいという人もいるでしょう。

しかし、残念ながら今回のセールでは最新モデルのGCFシリーズはセール対象になっていません。定価のままです。ただ、元値がそれなりにはしますので、「48回分割手数料無料」の威力はかなり大きくなりますし、ポイントバックの対象にもなりますので、実質的なコストセーブ感は結構大きいのではないかと思います。私の個人的な予想ですが、GCFシリーズはそう簡単には値崩れしないと思いますので、このあたりで手を打っておく、というのは悪い考えではないと思います。

紹介記事1:ドスパラ GALLERIA GCF1060GF / GCF1070GF -Coffee Lake搭載のゲーミングノートが早くもドスパラから!
紹介記事2:ドスパラ GALLERIA GCF1050TNF - Coffee Lake搭載の17.3インチゲーミングノート、装備充実で買いやすい価格になってる
紹介記事3:ドスパラ GALLERIA GCF1060NF/GCF1070NF - 17.3インチ、これがGALLERIAノートのメインストリーム機

5.関連リンク

ゴールデンウィークセール:ドスパラ

スポンサーリンク

 スポンサーリンク