セール情報 - 「ドスパラの夏祭り」でWindowsタブレットが安くなってるよ!スティックPCもお得!

ドスパラ夏祭り
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。会社勤めをされている方の場合、8月11日の「山の日」を起点に夏休みスタート、というケースが多いのだろうと思います。もっともかなり以前から会社で一斉休暇、ということではなく、交代で夏季休暇、というところも多いので、実際のところはよくわかりませんけどね。あ、ちなみに私は夏休みとか全然関係ないです。

スポンサーリンク

さて、ゴールデンウィークとか夏休み期間というのは、各社セールをやってはいるものの、年末年始とか新入学シーズンと比べるとそれほど勢いがないように思われます。ドスパラでも「夏祭り」を開催(9月1日まで)していますが、ちらっと見るかぎりそれほど…いやありますね。ウインタブのメインストリームである小型タブレットが安くなってます!
夏本番!ドスパラの夏祭り:ドスパラ公式サイト

1.Diginnos DG-D08IW2(8インチ)

Diginnos DG-D08IW2 正面

セール価格: 16,000円(税込み17,280円)

OS: Windows 10 Home
CPU: Intel Atom X5-Z8300
RAM: 2GB
ストレージ: 32GB
ディスプレイ: 8インチ(1,280 x 800)
ネットワーク:  802.11ac/a/b/g/n、Bluetooth 4.0
カメラ: イン2MP/アウト2MP
入出力: microUSB、microHDMI、オーディオ、microSD
バッテリー稼働時間: 6時間
サイズ: 214 x 128 x 9.1 mm / 376 g

もはや日本メーカー製品としては貴重な8インチのWindows タブレットです。ウインタブでも実機レビューをしましたが、アルミ筐体を採用し、価格に見合わない質感があります。また、各種ベンチマークスコアは中国タブレットと比較してそれほどでもないですが、ドスパラはタブレットとしての安定性を重視したチューニングをしている(ヒアリングしました)ため、実用上は中国タブレットの比ではないくらいに安心感があります。というか、ドスパラが本気出したらスコアが出ないはずないですから。もしPC操作にあまり自信がない、というのなら、日本メーカーであるドスパラのタブレットがいいと思いますよ。セール価格も十分に安いですし。また、専用キーボード付きのモデルも安くなっていて、税込みで19.980円と、2万円を下回っている、というのも魅力です。

紹介記事:ドスパラ Diginnos DG-D08IW2 - 新型CPUを体感できるハイコスパ8インチタブレット(実機レビュー)
製品ページ:Diginnos DG-D08IW2

1.Diginnos DG-D09IW2(8.9インチ)

ドスパラ Diginnos DG-D09IW2

セール価格: 21,000円(税込み22,680円)

OS: Windows 10 Home 32ビット
CPU: Intel x5-Z8300
RAM: 2GB
ストレージ: 32GB
ディスプレイ: 8.9インチ(1,920×1,200)10点マルチタッチ対応
通信: IEEE802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.0
カメラ:イン200万画素 / アウト500万画素
入出力: USB3.0、micro USB、miniHDMI、microSD
サイズ: 235 x 157 x 9.5 mm / 495g

「うーん、困ったなあ、8インチにしようか、10インチにしようか…」とお悩みの人にぜひおすすめしたいのが8.9インチです。何度か試用したことがありますが、サイズ感が絶妙で、タブレットとしても、キーボードを接続したノートPCとしても、十分合格点をあげられるんですよね。もしタブレットがメインであるとはっきりしているのなら8インチですし、キーボード接続がメインなら10インチがおすすめなんですけど、8.9インチならどっちもそこそこは大丈夫です。ドスパラの8.9インチはディスプレイ解像度が高く、Wi-Fiも5GHz帯に対応、そしてUSB 3.0ポートまで備えているので、かなり実用性は高いです。あと、専用キーボード付きのモデルだと税込みで26,460円となり、こっちもお買い得だと思います。8.9インチとしては必ずしも最安値ではありませんが、ディスプレイ解像度やWi-Fi、USB3.0対応などを考慮すれば「買い」でいいでしょう。

スポンサーリンク

紹介記事:ドスパラ Diginnos DG-D09IW2 - 最新にしてキープコンセプトなCherryTrailタブレット、キーボードもいいよ!(実機レビュー)
製品ページ:Diginnos DG-D09IW2

Diginnos DG-D10IW3(10.1インチ)

ドスパラ Diginnos DG-D10IW3 キーボード装着

セール価格: 25,000円(税込み27,000円)

OS: Windows 10 Home 32ビット
CPU: Intel Atom X5-Z8300
RAM: 2GB
ストレージ: 32GB
ディスプレイ: 10.1インチ(1,920 x 1,200)
ネットワーク:  802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.0
カメラ: イン200万画素 / アウト500万画素
入出力: USB 3.0、microUSB、miniHDMI、microSD、オーディオ
バッテリー: 最大7.5時間
サイズ: 260 x 168 x 9.6mm / 590 g(キーボード込み935 g)

タブレットの最後に10.1インチモデルです。この製品はスペック上は低価格帯に属しますが、ディスプレイ解像度1,920 × 1,200、Wi-Fi、そしてUSB 3.0と、実用性の高い装備内容になっています。そして、10.1インチサイズということもあり、物理接続のしっかりした専用キーボードが用意され、これがまたかなり使い勝手がいいんです。キーボードを接続したらノートPCとしても快適に使うことができます。ちなみに専用キーボードつきのモデルは税込み31,320円です。

紹介記事:ドスパラ Diginnos DG-D10IW3 - キープコンセプトの正常進化、安心のドスパラクオリティ(実機レビュー)
製品ページ:Diginnos DG-D10IW3

4.Diginnos Stick DG-STK3(スティックPC)

ドスパラ Diginnos Stick DG-STK3

セール価格: 9,241円(税込み9,980円)

OS: Windows 10 Home 32ビット
CPU: Intel Atom Z3735F
RAM: 2GB
ストレージ: 32GB
ネットワーク:  802.11 b/g/n、Bluetooth
入出力: USB 2.0、microUSB、HDMI、microSD、オーディオ、microUSB(給電専用)
サイズ: 112 x 36 x 11.5 mm / 42 g

決して最新型ではない、CPUがBayTrail世代のAtom Z3735Fを搭載したスティックPCです。しかし、もともと価格が税込みで9,980円と非常に安い上、夏祭りセールで「無線キーボード1,500円」というサービスがあります。調べてみたらこのキーボードは、

Microsoft キーボード
「Microsoft All-in-One Media Keyboard (タッチパッド付無線キーボード/N9Z-00029)」というもので、実売価格は5,000円弱なんですよね(8月11日現在、Amazonで4,390円、ヨドバシで4,830円)。私がドスパラの中の人なら、さすがに9,980円からさらに値引き、ということは考えません。なので、用品の値引きで、ということは自然な発想だと思うのですが、それにしても4,000円~5,000円の、Microsoftのキーボードを1,500円にしちゃう、というのはめちゃめちゃなバーゲンかな、と。

紹介記事:ドスパラ Diginnos Stick DG-STK3 - 新スティックPCは「税込み」9,980円!さらに薄く、軽く!
製品ページ:Diginnos Stick DG-STK3

5.関連リンク

夏本番!ドスパラの夏祭り:ドスパラ公式サイト

スポンサーリンク