XPS 13の最新モデルが19%OFF!DELL G15は第12世代Core/Ryzen 6000番台搭載のゲーミングノートとしては最安値クラス!DELLクーポン、セール情報

DELL XPS 13(9315)
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。DELL公式サイトのセール情報です。今週のDELLはノートPCの主要製品が19%OFFとなっています。少し前までセール対象になっていなかったXPS 13(9315)やInspiron 13(5320)も対象になり、幅広いジャンルのノートPCが安く購入できるようになりました。

スポンサーリンク

DELLのクーポン・セール情報について、詳しくはこちらをご覧ください。
【個人向け】お買い得・お役立ち情報:DELL公式サイト

では、セール品の一部をピックアップしてご紹介します。

1.XPS13(9315)

DELL XPS 13(9315)
セール価格:税込み174,133円から
※配送料はかかりません
※19%OFFクーポン対象
※クーポンは自動的に適用されます

●スペック例1・174,133円
OS:Windows 11 Home
CPU:Core i5-1230U
RAM:16GB
ストレージ:512GB SSD
ディスプレイ:13.4インチ(1,920 x 1,200)
サイズ:295.4 × 199.4 × 13.99 mm / 1.17 kg

●カスタマイズ例2・241,849円
OS:Windows 11 Home
CPU:Core i7-1250U
RAM:16GB
ストレージ:1TB SSD
ディスプレイ:13.4インチ(3,840 x 2,400)タッチ
サイズ:295.4 × 199.4 × 13.99 mm / 1.17 kg

DELLの看板モバイルノート「XPS 13」のニューモデルは2本立てです。ひとつはここでご紹介する「XPS 13(9315、以下、単にXPS 13と書きます)」、もうひとつはこの後ご紹介する「XPS 13 Plus」です。話題に上りやすいのはどちらかというと「タッチパッドが見えない(タッチパッドとパームレストがシームレスな形状になっている)」XPS 13 Plusのほうだと思いますが、このXPS 13のほうも非常に魅力的です。というか、モバイルノートとしての薄さとか軽さを追求するならXPS 13のほうですね。

XPS 13とXPS 13 Plusは製品ページが共通で、しかも「カスタマイズ注文可能」です(即納モデルを除く)。そのため、スペック表も2つ掲載しました。XPS 13のCPUは第12世代(Alder Lake)の省電力タイプ(型番末尾U)で、Core i5とCore i7を選べます。RAMは16GBのみ、SSDは512GBと1TBを選べます。つまり、廉価な仕様は存在せず、最低価格のものを選んでもビジネス用・学習用として長く使える構成になります。

また、XPS 13と言えば「フレームレス・ディスプレイ(ベゼル幅が極細)」ですが、XPS 13ではWUXGA(1,920 × 1,200)解像度のタッチ・非タッチ、またUHD+(いわゆる4K・3,840 × 2,400)のタッチパネルを選択可能です。「せっかくのXPS」なので、予算に余裕があればぜひ4Kを選びたいところ。

XPS 13はニューモデルになって筐体が非常に薄く・軽くなりました。この点はXPS 13 Plusよりも上です。ウインタブ読者のメイン・モバイルノートとして素晴らしい製品と言えるでしょう。

DELL製品ページ
XPS 13 (9315)ノートパソコン (2022年6月17日発売)

ウインタブ関連記事:
DELL XPS 13(9315)- DELLの人気モデルがリニューアル!第12世代のCore i5/Core i7を搭載、筐体も一新されています

2.XPS 13 Plus

DELL XPS 13 Plus(9320)
セール価格:税込み209,773円から
※配送料はかかりません
※19%OFFクーポン対象
※クーポンは自動的に適用されます

●スペック例・209,773円
OS:Windows 11 Home
CPU:Core i5-1240P
RAM:16GB
ストレージ:512GB SSD
ディスプレイ:13.4インチOLED(3,456 × 2,160)タッチ
サイズ:295.3 × 199.04 × 15.28 mm / 1.24 kg

●スペック例・285,590円
OS:Windows 11 Home
CPU:Core i7-1260P
RAM:16GB
ストレージ:1TB SSD
ディスプレイ:13.4インチOLED(3,456 × 2,160)タッチ
サイズ:295.3 × 199.04 × 15.28 mm / 1.24 kg

少なくとも価格の面ではXPS 13の上位モデルと言えるのがXPS 13 Plusです。

DELL XPS 13 Plus(9320)
XPS 13 Plusと言えば「ここ」ですね。タッチパッドがパームレストとシームレスな構造で「異様に」スッキリとしたデザインになっています。

パフォーマンスも非常に高いです。ビジネスノートとしてはハイエンドなスペックで、CPUは第12世代(Alder Lake)のバランスタイプ、Core i5-1240P/Core i7-1260Pで、ここはXPS 13(Alder Lakeの省電力タイプ)よりも性能面では上、RAMは最低でも16GB、SSDは最低で512GB、最大で2TBまで搭載可能です。また、ディスプレイも4K(3,840 × 2,400)のタッチ液晶を選択できるほか、3.5K(3,456 × 2,160)の有機EL(タッチ対応)も選べます(4Kと有機ELは同価格)。

ここでもスペック表を2つ掲載しました。最低価格のモデルでもパフォーマンス面で全く不安はありませんが、やはり有機ELディスプレイは魅力です。

セール価格でも20万円越えとなってしまいますが、それだけの価値がある製品だと思います。

DELL製品ページ:
XPS 13 Plus 9320(2022年5月20日発売)

スポンサーリンク

ウインタブ関連記事:
DELL XPS 13 Plus(9320)- キーボード面がスッキリ!CPUもAlder Lake-PになったDELLのハイエンド・モバイルノート

3.New Inspiron 16インチ

DELL Inspiron 16
セール価格(税込み):
 AMD版:80,984円から
 Intel版:81,794円から

※配送料はかかりません
※19%OFFクーポン対象
※クーポンは自動的に適用されます

●スペック例・AMD版・92,324円モデル
OS:Windows 11 Home
CPU:Ryzen 5 5625U
RAM:16GB
ストレージ:512GB SSD
ディスプレイ:16インチ(1,920 × 1,200)
サイズ:356.78 × 251.9 × 15.67-18.3 mm / 1.87 kg
※即納モデルです

Inspironシリーズのスタンダードノートです。ディスプレイサイズが一般的な15.6インチよりも若干大きい16インチ、アスペクト比(画面の縦横比)も最近流行の16:10です(一般的なノートPCよりも縦方向に少し長いです)。この製品はIntel版とAMD版があり、Intel版は第12世代Coreを、AMD版はZen3のRyzen 5000番台(Ryzen 6,000番台ではありませんが、今年1月にリリースされたばかりの新しい型番です)を搭載しています。

ご自宅や事務所で使うスタンダードノートとして、とても魅力的な製品なのですが、ちょっとだけ注意事項があります。この製品の「Intel版でRAM8GB」のモデルは内蔵GPUがIris XeではなくIntel UHD Graphicsと記載されています。実際、CPUに2つのGPUが内蔵されているわけではなく、DELLが親切に「この製品のRAM8GBモデルはシングルチャネルなので、Iris Xeとしてのグラフィック性能は出ませんよ」と言っているわけです。もちろんRAM8GBでもお仕事用のPCとしては十分使えると思いますが、グラフィック性能が「本来の第12世代Coreではない」ということになるので、できればRAM16GBモデルを選択するのがいいと思います。

それともう1点。この製品は16インチサイズですが、キーボードにテンキーはつきません。お仕事の内容が「テキスト入力メイン」の場合はむしろ使いやすいと思いますが、数値入力が多い人だとテンキーレスはマイナスポイントと言えるかもしれません。

DELL製品ページ:
Inspiron 16 5625(2022年2月8日発売)(AMD)
Inspiron 16 ノートパソコン(2022年4月1日発売)(Intel)

ウインタブ関連記事:
DELL Inspiron 16 - CPUにRyzen 5 5625U / Ryzen 7 5825Uを搭載する16インチスタンダードノート

4.DELL G15

DELL G15(AMD, 5525)
セール価格:
 AMD版NEW:129,583円から
 Intel版NEW:155,504円から

※配送料はかかりません
※19%OFFクーポン対象
※クーポンは自動的に適用されます

●スペック例・AMD版・129,583円
OS:Windows 11 Home
CPU:Ryzen 5 6600H
GPU:GeForce RTX3050
RAM:16GB
ストレージ:512GB SSD
ディスプレイ:15.6インチ(1,920 × 1,080)120Hz
サイズ:357.26 × 272.11 × 26.9 mm / 2.52 kg

●スペック例・Intel版SE・207,343円
OS:Windows 11 Home
CPU:Core i7-12700H
GPU:GeForce RTX3060
RAM:16GB
ストレージ:1TB SSD
ディスプレイ:15.6インチ(2,560 × 1,440)240Hz
サイズ:357.3 × 272.11 × 26.9 mm / 2.644-2.674 kg

ゲーミングノートのG15です。AMD版とIntel版があり、AMD版はRyzen 5000番台のモデルと6000番台のモデルが、Intel版は第11世代Coreのモデルと第12世代Coreのモデルがありますが、ここではRyzen 6000番台/第12世代Core搭載のモデルをご紹介します。

スペック表を2種類掲載しました。価格を見ていただければわかると思いますが、AMD版の129,583円のモデルはエントリー向け、Intel版の207,343円のモデルは中上級者向けです。129,583円のモデルでもほとんどのオンラインゲームは十分プレイできると思いますが、207,343円のモデルはCPU/GPU性能だけでなく、ディスプレイの解像度が高くてリフレッシュレートも240Hzと高速ですし、ストレージも1TBありますので、相当数のゲームをインストールできます。また、207,343円のモデルは「SE(スペシャルエディション)」なので、シャーシ照明(筐体側面にLEDライトがある)もつきます。

G15はゲーミングノートらしい外観がカッコいいと思いますし、下位モデルであればスタンダードノートの買い替えにも向くと思います。最新世代のCPUを搭載するゲーミングノートとしては割安感も大きいです。

DELL製品ページ:
Dell G15ゲーミング ノートパソコン(2022年2月25日発売)(Intel版)
Dell G15 5525(2022年4月22日発売)(AMD版)

ウインタブ関連記事:
Dell G15(5520/5521)- CPUにAlder Lake-Hを搭載するゲーミングノート、相変わらずのカッコよさ!
DELL G15(AMD, 5525)- 手頃な価格のゲーミングノートにRyzen 6000番台が搭載されました

5.関連リンク

広告掲載・売れ筋モデル:DELL

スポンサーリンク