Inspiron 14やG15など、第12世代CPUを搭載するニューモデルが17%以上の割引に!DELLクーポン、セール情報

DELL Inspiron 14(5420)
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。久しぶりにDELL公式サイトのセール情報です。DELLは新世代CPUを搭載する製品をいち早くラインナップしていますが、それら最新CPU搭載モデルもセールが本格化したようです。

スポンサーリンク

DELLのクーポン情報について、詳しくはこちらをご覧ください。
【個人向け】お買い得・お役立ち情報:DELL公式サイト

ということで、今週は「第12世代Core搭載PCのセール品」をいくつか見ていきたいと思います。

1.Inspiron 14(5420)

DELL Inspiron 14(5420)
セール価格:80,175円から
※税込み、送料込みの価格
※クーポンコードは製品ページに記載されています

●スペック例・106,094円モデル
OS:Windows 11 Home
CPU:Core i7-1255U
RAM:16GB
ストレージ:512GB SSD
ディスプレイ:14インチ(1,920 × 1,200)
サイズ: 314 × 227.5 × 15.7-19 mm / 1.54 kg

DELLのノートPCの中ではコストパフォーマンスが高いInspiron 14。ニューモデル「5420」はCPUに他社ではまだ見かけない「Alder Lake-U」を搭載しています。Passmarkでも徐々にAlder Lake-Uのベンチマークスコアが公表され始めました。

Alder Lake-UのPassmarkスコア
これが4月19日現在のPassmark公表値です。Inspiron 14(5420)が搭載しているCPUはCore i5-1235U/Core i7-1255Uなのですが、1255Uについてはまだ公表値がないため、1265Uのスコアを掲載しています(1265Uのほうがクロックスピードが高いので、1255Uよりも少しスコアが高くなっていると思われます)。

Alder Lake-Uは「省電力タイプ」ですから、第11世代のCore i5-1135G7やCore i7-1165G7よりも高性能ではあるものの、「めちゃめちゃ性能差がある」というほどではないですね。Inspiron 14は第11世代CPU(Tiger Lake-H)を搭載する「5410」というモデルも併売されていて、5410のほうが数千円~1万円程度低価格になっていますので、第12世代にこだわらないのであれば5410のほうも魅力的です。

ただし、5410と5420は「筐体も別物」です。特にディスプレイの形状が異なり、5410がアスペクト比16:9(1,920 × 1,080)であるのに対し、この5420は16:10(1,920 × 1,200)です。個人的には「どっちでも大差ない」と思っていますが、16:10のほうが「トレンド」ではありますw

それと、もう一点注意事項があります。この製品はCore i5モデルのRAMが8GB(8GB×1のシングルチャネル)、Core i7モデルのRAMが16GB(8GB×2のデュアルチャネル)になっていますが、これ、「単なる容量差」だけではありません。第11世代Coreも第12世代CoreもCPU内蔵のGPUはIntel Iris Xeで、Iris XeはRAMがシングルチャネルだと十分に実力を発揮できません。つまり、Core i5モデルはグラフィック性能が落ちます。よって、ウインタブとしては「できれば内蔵GPUが本領を発揮できるCore i7モデルにすべき」と考えます。

まだAlder Lake-U搭載のPCは市場にはほとんど出回っていないので、高いとか安い、という話はしにくいのですが、スペック表を掲載した106,094円モデルについては、個人的には「リーズナブル」なお値段だと思います。

DELL製品ページ
Inspiron 14 ノートパソコン(2022年4月1日発売)

ウインタブ紹介記事:
DELL Inspiron 14(5420)- Alder Lake-U搭載の14インチノートが発売されました!

スポンサーリンク

2.Inspiron 16 2-in-1(7620)

DELL Inspiron 16 2-in-1
セール価格:136,063円から
※税込み、送料込みの価格
※クーポンコードは製品ページに記載されています

●スペック例・152,264円モデル
OS:Windows 11 Home
CPU:Core i7-1260P
RAM:16GB
ストレージ:512GB SSD
ディスプレイ:16インチ(1,920 × 1,200)タッチ
サイズ: 356.78 × 251.88 × 15.9-18.95 mm / 2.19 kg

こちらは16インチと大型のコンバーチブル2 in 1です。CPUに第12世代Coreを搭載していて、Core i5は「1235U(Alder Lake-U、省電力タイプ)」、Core i7は「1260P(Alder Lake-P、バランスタイプ)」という型番です。パフォーマンスはAlder Lake-UよりもAlder Lake-Pのほうがずっと上ですね。

この製品はスタンダードノートとしてビジネスや学習に使えるだけでなく、コンバーチブル2 in 1筐体なので、タブレットモードにしてイラストやマンガの制作もできますし、スタンドモードやテントモードにして動画を快適に視聴できたりします。特に絵描きさんにはおすすめですね。別売りとはなりますが、この製品で使えるアクティブペンは4,096段階の筆圧(ワコムAES方式)に対応しますし。

Core i5モデルとCore i7モデルだと、CPU性能はもちろんCore i7モデルが上、また外部GPUのGeForce MX550はCore i7モデルのみに設定があります(一部モデルのみ)が、個人的には「CPUがAlder Lakeなら、GeForceもGTX以上でないとあまり意味がないのでは?」と考えていますので、スペック表を掲載した「Core i7で外部GPUなし」のモデルがいいんじゃないかな、と思います(あくまで私見です)。このスペックだとオンラインゲームもそこそこは楽しめますよ。

DELL製品ページ
Inspiron 16 2-in-1ノートパソコン(2022年3月25日発売)

ウインタブ紹介記事:
DELL Inspiron 16 2-in-1(7620)- Alder Lake搭載の大型コンバーチブル2 in 1、クリエイターの利用にも向きます

3.DELL G15(5520/5521)

Dell G15(5520/5521)
セール価格:140,253円から
※税込み、送料込みの価格
※クーポンコードは製品ページに記載されています

●スペック例・5520・188,393円モデル
OS:Windows 11 Home
CPU:Core i7-12700H
GPU:GeForce RTX3060
RAM:16GB
ストレージ:512GB SSD
ディスプレイ:15.6インチ(1,920 × 1,080)165Hz
サイズ:357.3 × 272.11 × 26.9 mm / 2.519 kg

DELLのゲーミングノートで、ALIENWAREよりも購入しやすい価格の製品です。CPUに第11世代Coreを搭載するもの(型番5511)、Zen3のRyzen-Hを搭載するもの(Ryzen Edition、型番5515)、そして第12世代Coreを搭載するもの(ここでご紹介している5520/5521)があります。今回は「第12世代Core搭載PCのセール品」をご紹介することにしているので、5520/5521を取り上げました。

5520と5521の違いですが、5520は「G15」、5521が「G15 SE(Special Edition)」という名称になっていて、スペックはSEのほうが高く、SEのみ筐体にLEDライトがつきます。

ここではSEではないほうの188,393円モデルのスペック表を掲載しています。CPUにAlder Lake-HのCore i7-12700Hを、外部GPUにはGeForce RTX3060を搭載していますので、中上位クラスのスペックと言えます。

で、これは個人的な感想なんですが、第12世代Coreを搭載するゲーミングノートは今のところ「ちょっと割高感がある」と思っています。G15のセール価格についても第11世代Coreを搭載する5511やRyzen Editionよりも少し高いと感じられますが、「これから買うなら第12世代!」ということならいい選択肢と言えるでしょう。この製品は筐体デザインも非常にカッコいいです。

DELL製品ページ:
Dell G15ゲーミング ノートパソコン(2022年2月25日発売)

ウインタブ紹介記事:
Dell G15(5520/5521)- CPUにAlder Lake-Hを搭載するゲーミングノート、相変わらずのカッコよさ!

4.関連リンク

広告掲載・売れ筋モデル:DELL

スポンサーリンク