XPS 13 2-in-1が大幅な割引に!エントリーゲーマーにピッタリのDELL G15が8万円台から!DELL クーポン、セール情報

DELL XPS 13 2-in-1(9310)
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。先週から引き続き、DELLでは「クリスマスセール」を開催中で、PCが最大22%OFFで購入できます。割引販売が常態化しているDELLですが、通常の割引率は最大で17%~20%くらいであることが多く、22%というのは最大レベルの割引率だと思います。

スポンサーリンク

22%OFFとなるのは「Inspironノートパソコン(3000シリーズ除く)」および「XPSノートパソコン」です。

DELLのクーポン情報について、詳しくはこちらをご覧ください。
【個人向け】お買い得・お役立ち情報:DELL公式サイト

今週は「2-in-1」を2つピックアップしてみました。実は私も2 in 1のモバイルノートを使っているのですが、「ほぼクラムシェル形態でしか使っていない」です。しかし、ペン入力を楽しんだり、タブレットモードやテントモードで動画などを楽しんだりと、多彩な使い方ができるのが2 in 1の魅力。また、DELLの2-in-1 PCはお買い得感があると思いますので、この機会に検討してみて下さい。

1.XPS 13 2-in-1(9310)

DELL XPS 13 2-in-1(9310)
セール価格:136,094円から
※税込み価格
※22%OFFクーポン対象
※元値から62,000円OFF
※クーポンコードは製品ページに記載されています

●スペックの一例・136,094円モデル
OS:Windows 11 Home
CPU:Core i7-1165G7
RAM:16GB
ストレージ:512GB SSD
ディスプレイ:13.4インチ(1,920 x 1,200)タッチ
サイズ:296 × 207 × 14.35 mm / 1.3 kg

DELLの看板モデル、XPS 13のコンバーチブル2 in 1です。クラムシェルノートのXPS 13にはディスプレイがFHD(1,920 × 1,080)のモデルとWUXGA(1,920 × 1,200)のモデルがあり、筐体設計はWUXGAモデルのほうが新しいのですが、この2-in-1はWUXGAディスプレイなので、デザインとしてはより新しい、と言えます。

ウインタブが「世界一美しいモバイルノート」だと思っているクラムシェル版のXPS 13とほぼ同様のデザインで、アルミ削り出しでフレームレス(ディスプレイ面のベゼル幅が非常に細いという意味)の高級感ある筐体になっています。もちろん2-in-1なのでディスプレイはタッチ対応し、筆圧対応のペン入力も可能です(ペンは別売りです)。

この製品は安いです。22%OFFになるほかに、元値から62,000円もの割引になっていますから。クラムシェルノート版のXPS 13よりも割安感が大きいと思います。2-in-1筐体は「普通にノートPCとしても使える」わけで、第11世代のCore i7にRAM16GB、512GB SSD、タッチ対応ディスプレイという構成で、しかも「他社製品と最安値を競うような芸風ではない」XPSの2-in1が136,094円というのはある意味激安であるとさえ言えると思います。

絵描きさんなど、ペン入力を重視している人はもちろん、普通のビジネスノートとしても「買い」でいいんじゃないかと思います。

DELL製品ページ:
New XPS 13(9310) 2-in-1ノートパソコン(2020年10月2日発売)

2.Inspiron 14 2-in-1(5410/7415)


セール価格:
 5410(Intel):75,956円から
 7415(AMD):85,784円から

※税込み価格
※22%OFFクーポン対象
※元値から最大31,656円OFF
※クーポンコードは製品ページに記載されています

スポンサーリンク

●スペックの一例・AMD・88,429円モデル
OS:Windows 11 Home
CPU:Ryzen 5 5500U
RAM:8GB
ストレージ:512GB SSD
ディスプレイ:14インチ(1,920 × 1,080)タッチ
サイズ: 321.5 × 211.35 × 16.32-18.3 mm / 1.56 kg
※即納モデル

DELLのハイコスパPC、Inspiron 14シリーズにも2-in-1があります。クラムシェルのほうだけでなく、2-in-1のほうも負けないくらいにコスパが高いですね。ただし、どうしてもクラムシェルよりは少し高くなってしまいます。

Inspiron 14 2-in-1にはIntel版(5410)とAMD版(7415)があり、Intel版にはCore i3モデルがラインナップされ、AMD版にはRyzen 3モデルが存在しないので、最低価格はIntel版のほうが低くなっています。

ここでスペック表を掲載した88,429円モデルはCPUにRyzen 5(Zen2アーキテクチャ)を搭載し、ストレージも512GBと大容量、さらに筆圧対応のスタイラスペンも付属していますので、最低価格よりは高価ですが、個人的には一番お買い得なのではないか、と思いました。ちなみにDELL製品はバリエーションモデルによってスタイラスペンが付属したりしなかったりしますので、購入時によく確認するようにして下さい。

Inspiron 14シリーズ共通の、そして数少ないウィークポイントとして「重量」が挙げられます。2-in-1筐体は構造上、重量面ではクラムシェルノートよりも不利なのですが、それにしても「14インチで1.56 kg」というのはやや重いと言わざるを得ないですね。モバイルノートとして使えないことはありませんが、毎日バッグに入れて持ち歩くとなると少し辛いかも。

このスペックであればビジネス用、学習用として十分な構成だと思いますし、2-in-1筐体を生かしてペン入力も楽しめますので、「使いみちいろいろ」のPCだと言えそうですね。

DELL製品ページ
Inspiron 14 2-in-1 ノートパソコン (Intel) (5410 2-in-1) (2021年4月13日発売)
Inspiron 14 2-in-1 ノートパソコン(AMD) (7415) (2021年4月13日発売)

3.DELL G15(5510)

DELL XPS 13 2-in-1(9310)
セール価格(5510):88,793円から
※税込み価格
※17%OFFクーポン対象
元値から最大20,456円OFF
※クーポンコードは製品ページに記載されています

●スペックの一例・88,793円モデル
OS:Windows 10 Home
CPU:Core i5-10500H
GPU:GeForce GTX1650
RAM:8GB
ストレージ:512GB SSD
ディスプレイ:15.6インチ(1,920 × 1,080)120Hz

DELLのゲーミングノート「G15」には第10世代Intelモデル(5510)、第11世代Intelモデル(5511)、Ryzenモデル(5515)がありますが、セール品としてお買い得感がある、と感じたのは第10世代Intelモデルです。

CPUが最新世代ではない、またRAMも8GBのみ(ただし、ユーザーによる増設は可能です)と、物足りない箇所はありますが、GPUにGeForce GTX1650を搭載し、ディスプレイのリフレッシュレートも120 Hzと、腕を磨くには十分なスペックになっていると思います。ただし、使っているうちにRAM容量に不足感が出てくるかもしれず、その場合は増設してやる必要があるかもしれません。

G15はゲーミングノートらしい、ちょっと迫力のある筐体デザインで冷却性能も高いので、エントリーゲーマーに適した製品だと思います。個人的には毎回製品ページの筐体画像を見入ってしまいますねw

予算が許すようなら上位の第11世代IntelモデルやRyzenモデルがおすすめですが、「G15が8万円台」というのはインパクトがあると思いますし、この価格であればスタンダードノートの買い替えニーズも満たしてくれるんじゃないかと思います。

DELL製品ページ
New Dell G15ゲーミング ノートパソコン(5510) (2021年4月16日発売)

4.関連リンク

広告掲載・売れ筋モデル:DELL

スポンサーリンク