Tiger Lake搭載のInspiron 14 5000や大人気モバイルノートのXPSが20%オフ!DELLクーポン、セール情報

DELL Inspiron 14 5000(5401)/ Inspiron 14 5000 2-in-1(5400)
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。毎週お伝えしているDELLのセール情報です。今週のDELLは「おすすめの最新パソコン、ゲーミングPCがクーポンで20%OFF(11月9日まで)」となっています。具体的にはXPSシリーズすべて、Inspironシリーズの5000と7000、そしてGシリーズすべてが20%OFFです。

スポンサーリンク

DELLのクーポン情報について、詳しくはこちらをご覧ください。
【個人向け】お買い得・お役立ち情報:DELL公式サイト

DELLは他社に先駆けて主力モデルに第11世代(Tiger Lake)CPUを採用しています。今週はそれら第11世代CPU搭載のノートPCも20%OFFなので「これから買うなら第11世代」という人も注目ですね!

1.Inspiron 14 5000シリーズ

DELL Inspiron 14 5000(5405, AMD)
セール価格(クラムシェル・AMD): 53,584円(税込み58,942円)から
セール価格(クラムシェル・Intel第11世代): 67,984円(税込み74,782円)から
セール価格(2-in-1・Intel第11世代): 63,984円(税込み70,382円)から

※20%OFFクーポン対象
※クーポンコードは製品ページに記載されています

●スペック例・クラムシェル・Intel・67,984円(税込み74,782円)モデル
OS: Windows 10 Home
CPU: Core i5-1135G7
RAM: 8GB
ストレージ: 256GB SSD
ディスプレイ: 14インチ(1,920 × 1,080)
サイズ: 321.3 × 216.15 × 16.74-17.9 mm / 1.429 kg

ウインタブがDELLのセール情報記事を掲載する際に、最も高頻度でご紹介している製品が「Inspiron 14 5000」です。14インチサイズでIntel Core / AMD Ryzenを搭載するノートPCとしては他社製品も含め最安値圏になっている、というのがご紹介している理由です。また、この製品はつい最近、Intel CPUが第11世代(Tiger Lake)に変更されました。

現状、Intel版に関しては第10世代CPU搭載モデルと第11世代CPU搭載モデルが併売されている状況なので、ちょっとややこしくなってますが、型番(4桁の数字)での見分け方はこうです。

5402: 第11世代・クラムシェル
5406: 第11世代・2 in 1
5401: 第10世代・クラムシェル
5400: 第10世代・2 in 1
5405: 第3世代Ryzen・クラムシェル
※下にリンクした製品ページで型番を選べます

この記事では第11世代Intel(5402、5406)およびRyzen(5405)の価格情報を掲載していますが、ご想像のとおり、第10世代Intelのほうがさらに価格が安いです。例えば「Core i5/RAM8GB/256GB SSD」という構成の第10世代モデル(5401)は59,984円(税込み65,982円)なので、上にスペック表を掲載した同一構成の第11世代モデル(5402)の67,984円(税込み74,782円)よりもかなり安いと言えます。

スペックのいいものをとにかく安く!ということなら第10世代IntelもしくはRyzenモデルを選ぶのが賢いと思います。ほとんどのビジネスシーンで第10世代と第11世代の性能差に大きな体感差はないものと思います。ただし、第11世代のCore i5とCore i7は内蔵GPUがIntel Iris Xeになっているので、グラフィック性能を重視したい場合は第11世代モデルにすべきでしょう。特に第10世代モデルのCore i5は型番がCore i5-1135G1で、内蔵GPUがIrisではなくIntel UHD Graphicsなので、第11世代Core i5とのグラフィック性能の差は大きいのではないかと思います(すみません、まだ第11世代CPUをテストしていないので、「予想」です)。

一時的に選択できる型番の数が増えてしまっていますが、Inspiron 14 5000は筐体設計も新しく、価格以上の高級感がありますし、(繰り返しになりますが)コスパが屈指の水準なので、どれを選んでもお買い得であることは間違いありません。

DELLへのリンク:
New Inspiron 14 5000 (5402) ノートパソコン(2020年10月13日発売)
※こちらのリンクから、すべての型番を選択できます

ウインタブ紹介記事
DELL Inspiron 14 5000(5401)/ Inspiron 14 5000 2-in-1(5400)- Ice Lakeを搭載する14インチノート&2 in 1、相変わらずバリュープライスです
DELL Inspiron 14 5000(5405, AMD)- ハイコスパな14インチモバイルノートがモデルチェンジ!
※Intel版は第10世代の紹介記事となります

2.Inspiron 15 5000シリーズ

DELL Inspiron 15 5000(5505 , AMD)
セール価格(第11世代Intel): 67,984円(税込み74,782円)から
セール価格(AMD): 53,584円(税込み58,942円)から

※20%OFFクーポン対象
※クーポンコードは製品ページに記載されています

●スペックの一例・AMD・53,584円(税込み58,942円)モデル
OS: Windows 10 Home
CPU: Ryzen 5 4500U
RAM: 8GB
ストレージ: 256GB SSD
ディスプレイ: 15.6インチ(1,920 × 1,080)
サイズ: 356.1 × 234.5 × 13.67-17.9 mm / 1.714 kg

上にご紹介したInspiron 14 5000の「15.6インチ版」です。14インチ版と同様、つい最近、Intel CPUが第11世代(Tiger Lake)に変更されました。15.6インチ版には2 in 1がなく、クラムシェルノートだけなのですが、第10世代Intelモデルも併売されていますので、ちょっとわかりにくいところはありますね。

5502: 第11世代・クラムシェル
5501: 第10世代・クラムシェル
5505: 第3世代Ryzen・クラムシェル
※下にリンクした製品ページから型番を選べます

スポンサーリンク

こんな感じです。14インチ版と同様、この記事では第11世代Intelモデルの価格を掲載していますが、より安いのは第10世代Intelモデルのほうです。

この記事ではRyzenモデルのスペック表を掲載しています。14インチ版でもそうなのですが、最もお買い得感が大きいのはやはりRyzenモデルですね。税込みで6万円を切る価格ながら「Ryzen 5/RAM8GB/256GB SSD」という、ビジネス利用で不満を感じない構成になっています。どうしても第11世代Intelのほうに目が行ってしまいますが、もともとRyzenは第10世代Coreプロセッサーよりもグラフィック性能が「明らかに高い」ので、依然としてRyzenを選ぶ価値は大きいと思います。あとこれ「めちゃめちゃ安い」ですよね!

14インチ版との比較では、もちろんディスプレイサイズが大きくなっていますし「キーボードがテンキー付き」です。サイズは当然大きくなっていますが、横幅は非常に絞り込まれていますし、最小重量の1.7 kgというのも15.6インチノートとしては非常に軽量です。たまに外に持ち出すくらいなら十分使えそうです。

DELLへのリンク:
New Inspiron 15 5000 (5502)ノートパソコン(2020年10月13日発売)
※こちらのリンクから、すべての型番を選択できます
ウインタブ紹介記事:
DELL Inspiron 15 5000(5501) - Ice lake搭載のスタイリッシュな15インチノートパソコンがリニューアルしました。コスパ高し!
DELL Inspiron 15 5000(5505, AMD)- 第3世代Ryzenを搭載する15.6インチノート、抜群のコスパです!
※Intel版は第10世代の紹介記事となります

3.XPS13(9310)

DELL XPS13 9310
セール価格: 162,384円(税込み178,622円)から
※20%OFFクーポン対象
※クーポンコードは製品ページに記載されています

●スペックの一例・182,384円(税込み200,622円)モデル
OS: Windows 10 Home
CPU: Core i7-1165G7
RAM: 16GB
ストレージ: 512GB SSD
ディスプレイ: 13.4インチ(3,840 × 2,400)タッチ
サイズ: 295.7 × 198.7 × 14.8 mm / 1.27 kg

DELLの大人気にして高級なモバイルノート、XPS13にも第11世代CPUが搭載されています。Inspironと同様、第10世代Intelモデルも併売されていて、第10世代モデルが「9300」、第11世代モデルが「9310」という型番です。

XPS13は「価格勝負」の製品ではなく、極限まで細いベゼル幅やアルミ削り出しの筐体、グラスファイバー(筐体色フロスト)やカーボンファイバー(筐体色プラチナシルバー)を使ったキーボード面など、質感とデザインが素晴らしい、「持つ喜び」を与えてくれる製品です。

上にご紹介したInspironと同じく、CPUを第10世代にするか第11世代にするか、という悩みはありますね。ただ、XPS 13の場合、第11世代モデルはCore i7しか選べません。そのため、どうしても最低価格が高くなってしまいます。「Core i5でいいや」という人は第10世代モデルになってしまいますし、やはり全般的に第10世代モデルのほうがより安い、というのもあります。第10世代モデルと第11世代モデル、筐体(外観)は変わりませんので、性能面よりもXPSの「美しさ」に惹かれる人なら第10世代モデルでもいいのかもしれません。

DELLへのリンク:
New XPS 13ノートパソコン(9310)(2020年10月2日発売)
※こちらのリンクから、第10世代モデル(9300)も選択できます
ウインタブ紹介記事:
 DELL XPS 13(9300)- 大人気の13.4インチ・ハイエンドモバイルノート、ついにニューモデルが日本発売です!
※第10世代モデルの紹介記事となります

4.Dell G3 15(3500)

DELL G3 15(3590)
セール価格: 85,584円(税込み94,142円)から
※20%OFFクーポン対象
※クーポンコードは製品ページに記載されています

●スペックの一例・85,584円(税込み94,142円)モデル
OS: Windows 10 Home
CPU: Core i5-10300H
GPU: GeForce GTX 1650(4GB)
RAM: 8GB
ストレージ: 256GB SSD+1TB HDD
ディスプレイ: 15.6インチ(1,920 × 1,080)
サイズ: 365.5 × 254 × 21.6 mm / 2.34 kg

ラストはゲーミングノートのDELL G3です。今回は最低価格の85,584円モデルのスペック表を掲載してみました。このスペックで基本的にほとんどのゲームはプレイできますが、大会出場を目指している人とか、ある程度腕に自信のある人にはちょっと物足りないかもしれませんね。

最低価格のモデルだとCPUとGPUはともかく、ゲーミングノートとしてRAMとストレージ構成に物足りなさを感じますが、G3はWeb上にサービスマニュアルが置いてあり、PC知識のある人なら購入後にRAMの増設やストレージの換装も可能です。ただし、DIYをした場合、保証面が心配なので、事前にDELLに問い合わせるようにしてください(以前DELLの方とお話した際、DIYに起因する故障でなければ保証は継続されるとうかがった記憶はありますが、DELLの正式な回答とは言えないですね)。

DELLのGシリーズは極端にゲーム寄りではなく、しかし独特のデザインになっていて、非常にカッコいいです。このG3はGシリーズの中では最も低価格なモデルとなりますが、ゲームプレイはもちろん、ビジネス用としても快適に使えそうな製品と言えます。価格もGTX1650搭載機としては最安値圏と言えますので、カジュアルゲーマー用として、またスタンダードノートの買い換え用としても向きます。

DELLへのリンク:
 New Dell G3 15ゲーミング ノートパソコン(3500)(2020年5月12日発売)

5.関連リンク(DELL)

広告掲載・売れ筋モデル

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    Iris Xeのベンチマーク比較お待ちしております。