XPSやInspironの主要モデルが20%オフ!Ryzen 5搭載のInspiron 14 5000は5万円台から!DELLクーポン、セール情報

DELL Inspiron 14 5000(5401)/ Inspiron 14 5000 2-in-1(5400)
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。毎週お伝えしているDELLのセール情報です。今週のDELLは「おすすめの最新パソコン、ゲーミングPCがクーポンで20%OFF」となっています。DELLのクーポンは普通だと最大17%、割引が大きな週は最大20%なので、今週は狙い目、ということになりますね。

スポンサーリンク

また、20%OFFの対象にならない製品も17%OFF、宇宙最強のALIENWAREは「グラフィックス(GPU)無料アップグレード、さらにクーポンで5%OFF」なので、ほとんどの製品が安く購入できます。

DELLのクーポン情報について、詳しくはこちらをご覧ください。
【個人向け】お買い得・お役立ち情報:DELL公式サイト

では、ウインタブおすすめのセール品を一部ご紹介します。

1.Dell G3 15(3500)

DELL G3 15(3590)
セール価格: 85,584円(税込み94,142円)から
※20%OFFクーポン対象
※クーポンコードは製品ページに記載されています

●スペックの一例・85,584円(税込み94,142円)モデル
OS: Windows 10 Home
CPU: Core i5-10300H
GPU: GeForce GTX 1650(4GB)
RAM: 8GB
ストレージ: 256GB SSD+1TB HDD
ディスプレイ: 15.6インチ(1,920 × 1,080)120Hz
サイズ: 365.5 × 254 × 21.6 mm / 2.34 kg

ゲーミングノート(クリエイターノートとしても)のDELL G3です。この記事では最低価格の85,584円(税込み94,142円)のモデルのスペック表を掲載しています。ゲーミングノートとしてはエントリークラスのスペックで、RAMやストレージの構成が少し心もとないですが、一通りのオンラインゲームはプレイできると思います。ただし、ものによってはグラフィック品質を落としてやるなどの調整は必要ですけどね。

例えば15万円とか20万円とか、多めに予算を割けるのであればG3以外にも魅力的なゲーミングPCは見つかると思いますが、この製品の価格を見ると、ゲーム専用機と捉えるよりも、むしろ「高性能スタンダードノート」と理解するほうがピンとくるかも知れないですね。つまり、スタンダードノートの買い替えにいかが?ということです。G3のデザインはビジネスシーンでも違和感はないですし、それでいて独特な個性も放つ、カッコいいノートPCと言えます。

DELLへのリンク:
 New Dell G3 15ゲーミング ノートパソコン(3500)(2020年5月12日発売)

2.Inspiron 17 3000(3793)

DELL Inspiron 17 3000(3793)
セール価格: 66,384円(税込み73,022円)から
※20%OFFクーポン対象
※クーポンコードは製品ページに記載されています

●スペックの一例・71,984円(税込み79,182円)モデル
OS: Windows 10 Home
CPU: Intel Core i5-1035G1
RAM: 8GB
ストレージ: 512GB SSD
光学ドライブ: DVDドライブ (DVD±RW/CD-RW)
ディスプレイ: 17.3インチ(1,920 × 1,080)
サイズ: 415.4 × 279.2 × 25.0 mm / 2.79 kg

ウインタブでよく主張していることとして「持ち運びの必要性がないのなら17.3インチ」というのがあります。一般的な、というかよくあるスタンダードノートというのは15.6インチサイズですが、このInspiron 17 3000はそれより一回り大きい17.3インチです。

この製品はCPUに第10世代(Ice Lake)を搭載する高性能機ですが、下位モデルはストレージがSSDではなく「HDDのみ」になってしまいますので、ウインタブ読者はSSDが搭載されているモデルを選ぶようにして下さい。ストレージがHDDのみの場合、OSやアプリの起動、データの読み書きが遅く、Core iプロセッサーを搭載する意味がなくなります。

スポンサーリンク

先日まで外部GPUのGeForce MX230を搭載するモデルもラインナップされていたのですが、現在はこのモデルは姿を消し、Core i5/RAM8GB/512GB SSDという、ビジネスノートらしいスペックになりました。なにげにストレージ容量が大きめなのがありがたいです。

弱点は「サイズの大きさ」ですね。横幅は堂々の40センチ越え(一般的な15.6インチノートは36センチくらいです)、重量も2.79 kgと、外に持ち出すのを諦めたくなるレベル。しかし逆に「自宅とか事務所で据え置き型として使う」と割り切ってしまえば、この「テレワーク時代」、とっても頼りになるノートPCです。いいですよー、17.3インチ!

DELLへのリンク:
 New Inspiron 17 3000 3793(2019年9月13日発売)

3.Inspiron 14 5000シリーズ

DELL Inspiron 14 5000(5405, AMD)
セール価格(クラムシェル・AMD): 51,984円(税込み57,182円)から
セール価格(クラムシェル・Intel): 49,584円(税込み54,542円)から
セール価格(2-in-1・Intel): 55,184円(税込み60,702円)から

※20%OFFクーポン対象
※クーポンコードは製品ページに記載されています

●スペック例・クラムシェルAMD・51,984円(税込み57,182円)モデル
OS: Windows 10 Home
CPU: AMD Ryzen 5 4500U
RAM: 8GB
ストレージ: 256GB SSD
ディスプレイ: 14インチ(1,920 × 1,080)
サイズ: 321.3 × 216.2 × 16.74-18.4 mm / 1.36-1.4 kg

比較的コストパフォーマンスが高いDELL製品の中でも、群を抜いてハイコスパなのが、ウインタブ読者にはおなじみの「Inspiron 14 5000」です。14インチ版と15.6インチ版がありますが、今回は14インチ版をご紹介します(15.6インチ版は20%OFFクーポン対象になっていないので…)

14インチ版は3種類あります。クラムシェルノート(普通のノートPC)でCPUがIntelのもの(型番は5401)、同じくクラムシェルノートでCPUがAMDのもの(型番は5405)、そしてコンバーチブル2 in 1でCPUがIntelのもの(型番は5400)です。いずれもお買い得なのは間違いありませんが、Intel版の2つだと、最低価格のCore i3搭載モデルのRAM容量が4GBに固定されてしまいます。これねえ、DELL製品のほとんどがそうなんですよね。ウインタブはCore i3擁護派ですが、昨今肥大化したWindows 10やアプリ(特にGoogle Chrome、お前だ!)のことを考えると、できればRAMは8GBにしたいところです。

ということで、ここではクラムシェルのAMD版のスペックを掲載しています。AMD版は最低価格のものでもRAMはしっかり8GBあります。

「とても5万円台のモバイルノートの構成とは思えない」というのが正直な感想ですね。これ、スペック高いですよ、かなり…。CPUのRyzen 5は第3世代なので、ベンチマークスコアだけ見ると第10世代のCore i7以上の実力があります。RAMも8GB、ストレージも256GB SSDなので不足感はありません。

また、旧モデルでは「イマイチ」だった筐体サイズも小さくなりました。特に重量は1.36-1.4 kgと、ディスプレイサイズが14インチであることを考慮すれば十分に軽いと言えるようになったと思います。また、新筐体となり、デザインも美しく高級感のあるものになりました。

DELLだけでなく、LenovoなどでもRyzenを搭載する高性能ノートの価格がずいぶん下がってきているように思いますが、「モバイルノート」ということだと少し価格は高めになります。その点このInspiron 14 5000シリーズは高性能なモバイルノートとしては最安値圏の製品と言っていいでしょう。

DELLへのリンク:
 New Inspiron 14 5000ノートパソコン(5401)(2020年6月16日発売)
 New Inspiron 14 5000 2-in-1 5400(2020年5月29日発売)
 New Inspiron 14 5000ノートパソコン(5405)(2020年6月30日発売)
 
ウインタブ紹介記事
 DELL Inspiron 14 5000(5401)/ Inspiron 14 5000 2-in-1(5400)- Ice Lakeを搭載する14インチノート&2 in 1、相変わらずバリュープライスです
 DELL Inspiron 14 5000(5405, AMD)- ハイコスパな14インチモバイルノートがモデルチェンジ!

4.関連リンク(DELL)

広告掲載・売れ筋モデル

スポンサーリンク