「最短翌日お届け」の即納モデルが17%オフ!Inspiron 13 7000 2-in-1がおすすめ!DELLクーポン、セール情報

DELL Inspiron 13 7000 2-in-1
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。毎週お伝えしているDELLのセール情報です。今週のDELLは「即納モデルがお買い得!」ということで、税抜き6万円以上の即納モデルが17%OFF、となっています。セールの規模としてはあまり大きいものではありませんが、テレワークが普及し「今すぐPCが必要!」というニーズのある人も少なくないと思いますので、そういう人にはありがたいセールと言えるでしょう。DELLの即納モデルは「マジ即納」でして、「最短翌日お届け」です。

スポンサーリンク

ただ、ちょっと気になるのが「即納モデルはほとんどOffice付属」という点ですね。まあ、依然としてビジネスではOfficeがスタンダードなので、多くの人は「どうせOfficeも必要」なんでしょうけどね。

では、ウインタブおすすめの「即納モデル」を一部ご紹介します。

1.New Inspiron 13 7000 2-in-1(7391)

DELL Inspiron 13 7000 2-in-1(7391)
セール価格: 111,203円(税込み122,323円)から
※17%OFFクーポン対象
※即納モデルの最低価格(割引後)

●スペックの一例・112,205円(税込み123,425円)モデル
OS: Windows 10 Home
CPU: Core i5-10210U
RAM: 8GB
ストレージ: 512GB
ディスプレイ: 13.3インチ(3,840 × 2,160)タッチ
サイズ: 306.76 x 215.92 x 13.66-15.9 mm / 1.39 kg
※スタイラスペン付属
※スリーブケース付属
※Office H&B付属

Inspiron 13 7000にはクラムシェルノートとコンバーチブル2 in 1があり、どちらも型番が「7391」です。しかし同一モデルとは言えないくらい内容が異なります。2-in-1のほうはスタイラスペンが付属し、ペンを本体に収納できる特殊な構造、そして全バリエーションモデルがタッチディスプレイを備え、4K解像度のものもラインナップされます。また、2-in-1の筐体色はブラックのみで「ブラックエディション」と呼ばれる精悍な雰囲気になっています。ただ、重量はクラムシェルノートよりも重く、1.4 kg程度あります。

この製品は最低価格(セール価格)が税込みでも10万円を切りますので、この即納モデルは少し価格が上がっています。その理由として「製品版Office Home&Businessが付属する」ことと「最低価格のモデルよりもストレージが大きい(256GB→512GB)」ことが挙げられます。Office H&Bのオプション価格はメーカーによって異なりますが、通常20,000円~30,000円くらいになりますし、ストレージの増量コストも1万円近くになることがありますので、それを考慮すればこの製品のセール価格は妥当、あるいは割安と言えるでしょう。

あと、この製品の即納モデルは2種類あり、安いほうが111,203円、高いほうが112,205円なのですが、その差は「スリーブケース」が付属するかどうか、です。新しいPC、10万円コースのPCを購入するので、できれば筐体を保護したいですよね?なので、ウインタブとしては差額1,000円で純正スリーブケースが付属する112,205円のほうをおすすめします。

DELLへのリンク:
 New Inspiron 13 7391 2-in-1(2019年9月3日発売)
ウインタブ紹介記事:
 DELL Inspiron 13 7000 2-in-1(7391) - 第10世代のCore iプロセッサーを搭載する高性能2 in 1。ブラックボディがカッコいいです!

2.Inspiron 13 7000(7391)

DELL Inspiron 13 7000(7391)
セール価格: 111,203円(税込み122,323円)から
※17%OFFクーポン対象
※即納モデルの最低価格(割引後)

スポンサーリンク

●スペックの一例・112,205円(税込み123,425円)モデル
OS: Windows 10 Home
CPU: Core i5-10210U
GPU: GeForce MX250
RAM: 8GB
ストレージ: 256GB SSD
ディスプレイ: 13.3インチ(1,920 × 1,080)
サイズ: 307.6 × 204.7 × 14.9-16.5 mm / 955 g
※スリーブケース付属
※Office H&B付属

上に紹介したInspiron 13 7000 2-in-1と同じ型番のクラムシェルノート版です。13.3インチで重量1キロを切るモバイルノートとしては市場最安値クラスだと思います。

この製品も最低価格(セール価格)だと税込みで10万円を切ります。今回17%OFFとなる即納モデルには製品版Officeが付属するということと、外部GPUのGeForce MX250を搭載する、という理由で少し価格が上昇しています。上にご紹介した2-in-1版と同様、この製品にも即納モデルは2種類用意されていて、やはり「スリーブケースの有無」という違いがあるのですが、やはり価格差が約1,000円なので、個人的にはケースつきを買うほうがいいと思います。

1キロ切りを実現するために筐体素材はマグネシウム合金ですし、キーボードバックライトなどの快適装備もしっかりついてます。外観も「Inspironのハイエンド」にふさわしいものとなっています。

軽くて高性能なモバイルノートを探しているのなら、この製品が有力候補なのは間違いありません。

DELLへのリンク:
 New Inspiron 13 7391(2019年9月3日発売)
ウインタブ紹介記事:
 DELL Inspiron 13 7000(7391) - 第10世代のCore iプロセッサーを搭載、重量も1キロを切った13.3インチモバイルノート

3.Inspiron 14 5000(5401)

DELL Inspiron 14 5000(5405, AMD)
セール価格: 60,573円(税込み66,630円)から
※17%OFFクーポン対象
※即納モデルの最低価格(割引後)

●スペック例・60,573円(税込み66,630円)モデル
OS: Windows 10 Home
CPU: Intel Core i5-1035G1
RAM: 8GB
ストレージ: 256GB SSD
ディスプレイ: 14インチ(1,920 × 1,080)
サイズ: 321.3 × 216.15 × 16.74-17.9 mm / 1.429 kg

最近のDELLのノートPCを「コストパフォーマンス最優先」で選ぶ場合、「Inspiron 15 5000(5501、5505)」か「Inspiron 14 5000シリーズ」でしょうね。また、これらの製品はCPUにAMD Ryzenを搭載するモデルもあり、絶対的に割安感が大きいのはRyzenモデルなのですが、即納モデルが設定されていないので、今回はIntelモデルをご紹介します。

この製品は価格の割にスペックがかなり高いです。CPUは第10世代(Ice Lake)のCore i5ですし、RAMは8GB、ストレージ256GB SSDと、ビジネス用、学習用として十分な構成になっていると思います。また、この製品は「Officeなしの即納モデル」が設定されている、というのも大きいですね。私もそうですが、Microsoft 365を契約しているとか、GoogleのOffice系Webアプリをメインに使っているとか、Office互換ソフトで十分、ということならOfficeは入っていないほうがいいですもんね。

「仕事に使えるメインノートを、今すぐ、できるだけ安く買いたい!」というニーズなら、このInspiron 14 5000はおすすめです。

DELLへのリンク:
 New Inspiron 14 5000ノートパソコン(5401)(2020年6月16日発売)
ウインタブ紹介記事
 DELL Inspiron 14 5000(5401)/ Inspiron 14 5000 2-in-1(5400)- Ice Lakeを搭載する14インチノート&2 in 1、相変わらずバリュープライスです

4.関連リンク(DELL)

広告掲載・売れ筋モデル

スポンサーリンク