重量1キロ切りのInspiron 13 7000が税抜き8万円台から!XPS 13も20%オフ!DELLクーポン、セール情報

DELL Inspiron 13 7000 2-in-1(7391)
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。DELLのセール情報です。最近ちょっと変わったセール名(セールっぽくない名前がついているという意味です)を使っていたDELLですが、今週は特にセール名がなく「今ならオンラインクーポンで最大20%OFF」とだけ表記されています。ただ、「最大20%OFF」というのはDELLの最大割引率(クーポンに適用される割引率として。特殊なケースを除く)です。

スポンサーリンク

DELLのクーポンセールは最大割引率が17%であることが多く、最大20%OFFで購入ができるのは「それだけでチャンス」と言えます。

DELLのクーポン情報について、詳しくはこちらをご覧ください。
【個人向け】お買い得・お役立ち情報:DELL公式サイト

では、20%OFFクーポン適用の製品の中から、一部をご紹介します。

1.New Inspiron 13 7000 2-in-1(7391)

DELL Inspiron 13 7000 2-in-1(7391)
セール価格: 83,984円(税込み92,382円)から
※ゴールドクーポン対象(20%OFF)
※個別値引きの設定あり(最大37,740円)

●スペックの一例・83,984円(税込み92,382円)モデル
OS: Windows 10 Home
CPU: Core i5-10210U
RAM: 8GB
ストレージ: 256GB
ディスプレイ: 13.3インチ(3,840 × 2,160)タッチ
サイズ: 306.76 x 215.92 x 13.66-15.9 mm / 1.39 kg
※スタイラスペン付属

Inspiron 13 7000にはクラムシェルノート(この次にご紹介しています)とコンバーチブル2 in 1があり、どちらも型番が「7391」です。でも、内容が大きく異なり、同一モデルとはいいにくいくらいです。2-in-1のほうはスタイラスペンが付属し、ペンを本体に収納できる特殊な構造、そして全バリエーションモデルがタッチディスプレイを備え、4K解像度のものもラインナップされます。また、2-in-1の筐体色はブラックのみで「ブラックエディション」と呼ばれる精悍な雰囲気になっています。ただ、重量はクラムシェルノートよりも重く、1.4 kg程度あります。

Inspironの「7000」というのはシリーズ中の最上位モデルを意味します。CPUは第10世代(Comet Lake)のCore i5/Core i7ですし、アルミ製で高い質感の筐体を備えています。クラムシェルと2 in 1、どちらがいいかはお好み、というか利用のしかたによりますね。2-in-1は筆圧(4,096段階)に対応するスタイラスペンが使えますので、イラストやマンガなどをPCで描きたいという場合には特に便利かと思います。

この製品はゴールドクーポン適用前の価格に個別値引きが設定されていて、実質的に非常に大きな割引となっています。最低価格の83,984円のモデルでもCore i5/RAM8GB/256GB SSDにFHD解像度のタッチディスプレイ、そしてスタイラスペンが付属していますので、「これで十分」と感じられますね。

DELLへのリンク:
 New Inspiron 13 7391 2-in-1(2019年9月3日発売)
ウインタブ紹介記事:
 DELL Inspiron 13 7000 2-in-1(7391) - 第10世代のCore iプロセッサーを搭載する高性能2 in 1。ブラックボディがカッコいいです!

2.Inspiron 13 7000(7391)

DELL Inspiron 13 7000(7391)
セール価格: 83,984円(税込み92,382円)から
※ゴールドクーポン対象(20%OFF)
※個別値引き(最大36,740円)あり

●スペックの一例・83,984円(税込み92,382円)モデル
OS: Windows 10 Home
CPU: Core i5-10210U
RAM: 8GB
ストレージ: 256GB SSD
ディスプレイ: 13.3インチ(1,920 × 1,080)
サイズ: 307.6 × 204.7 × 14.9-16.5 mm / 955 g

上に紹介したInspiron 13 7000 2-in-1と同じ型番ながら、内容が大きく異なるクラムシェルノート版です。今回のセールでは最低価格がクラムシェルと2-in-1が同じ83,984円で、CPUなどの構成も全く同じになっています

以前こんな記事「できるだけ安く重量1キロ切りの高性能モバイルノートを購入する!2020年春のノートPC購入ガイド」を掲載したのですが、重量1キロを切るモバイルノートで税込み10万円以下の製品というのは非常に少ないんです。また、10万円前後で製品選びをするとCPUがCore i3になったり第8世代になったりと、人によっては妥協が必要な感じになります。しかし、Inspiron 13 7000の場合、そういうことにはなりません。「第10世代Core i5/RAM8GB/256GB SSD」という構成にすることができますし、外部GPUのGeForce MX250をセットしても87,984円(税込み96,782円)と、10万円以下に収まります

スポンサーリンク

1キロ切りを実現するために筐体素材はマグネシウム合金ですし、キーボードバックライトなどの快適装備もしっかりついてます。外観も「Inspironのハイエンド」にふさわしいものとなっています。

軽くて高性能なモバイルノートを探しているのなら、この製品が有力候補なのは間違いありません。

DELLへのリンク:
 New Inspiron 13 7391(2019年9月3日発売)
ウインタブ紹介記事:
 DELL Inspiron 13 7000(7391) - 第10世代のCore iプロセッサーを搭載、重量も1キロを切った13.3インチモバイルノート

3.XPS13(9300)/XPS 13 2-in-1(7390)

DELL XPS 13 2-in-1(7390)

XPS 13 2-in-1

セール価格(クラムシェル): 143,984円(税込み158,382円)から
セール価格(2-in-1):111,984円(税込み123,182円)から

※ゴールドクーポン対象(20%OFF)

●スペックの一例(2-in-1・131,984円、税込み145,182円モデル)
OS: Windows 10 Home
CPU: Core i5-1035G1
RAM: 8GB
ストレージ: 256GB
ディスプレイ: 13.4インチ(1,920 × 1,200)タッチ
サイズ: 296.4 x 207.4 x 6.94-13.1 mm / 1.33 kg

●スペックの一例(クラムシェル・143,984円、税込み158,382円モデル)
OS: Windows 10 Home
CPU: Core i5-1035G1
RAM: 8GB
ストレージ: 512GB SSD
ディスプレイ: 13.4インチ(1,920 × 1,200)
サイズ: 296 × 199 × 14.8 mm / 1.2 kg

DELLの看板にして最上位のモバイルノートです。クラムシェルと2 in 1、どちらも13.4インチとやや変則的なサイズのディスプレイを搭載していて、見た目はそっくりです。ただし、2 in 1のほうはディスプレイがタッチ対応し、筆圧対応のペン入力ができるというメリットがありますし、クラムシェルのほうは13.3インチ(この製品は13.4インチですけど)クラスで最小サイズかつ1.2 kgの軽量筐体になっています。

Core i3をラインナップする2 in 1のほうが最低価格が低く設定されていて、Core i3擁護派のウインタブとしては「こっちのほうが魅力があるなあ」と思います。ただ、今回のセール価格を見ていると「どっちが割高」という感じでもないですね。ここに掲載している2つのスペックを見ると、同じCPU、RAM容量ながら2-in-1のほうが低価格ですが、ストレージ容量が異なっていますので、単純な比較ができません。

繰り返しになりますが、あくまで個人的な意見としては「何かと便利なコンバーチブル2 in 1のほうがいいのでは?価格の低いCore i3でも十分快適に使えると思うし」ということです。

DELLへのリンク:
 New XPS 13 ノートパソコン (9300) (2020年2月14日発売)
 New XPS 2-in-1(7390)(2019年8月20日発売)
ウインタブ紹介記事:
 DELL XPS 13 2-in-1 (7390) - CPUにIce Lakeを搭載するハイエンドモバイル2 in 1がついに日本で発売されました!
 DELL XPS 13(9300)- 大人気の13.4インチ・ハイエンドモバイルノート、ついにニューモデルが日本発売です!

4.Dell G3 15(3500)

DELL G3 15(3590)
セール価格: 87,984円(税込み96,782円)から
※ゴールドクーポン対象(20%OFF)

●スペックの一例・119,984円(税込み131,982円)モデル
OS: Windows 10 Home
CPU: Core i7-10750H
GPU: GeForce GTX1650Ti(4GB)
RAM: 16GB
ストレージ: 512GB SSD
ディスプレイ: 15.6インチ(1,920 × 1,080)144Hz
サイズ: 365.5 × 254 × 21.6 mm / 2.34 kg

この製品のキャッチフレーズは「GはGamingのGとGraphicsのG」だったのですが、最近はゲーミングのほうが強調されている感があります。ただ、外観が「もろゲーミングノート」という感じではないので、クリエイターノートあるいは、ハイスペック・ビジネスマシンとしても問題なく使えると思います。

最近CPUとGPUが最新世代に変更されました。最低価格の87,984円のモデルでもCore i5-10300H/GeForce GTX1650という構成なのでオンラインゲームのプレイは十分可能ですが、ここにスペック表を掲載している119,984円の構成だとさらに快適なゲームプレイが楽しめると思います。CPUとGPUが最新の型番になっているだけでなく、RAMとストレージ容量も十分(本当はストレージ1TBだったらなお良かった)、ディスプレイのリフレッシュレートも144 Hzと、ゲームをプレイするにあたって不十分なところがありません。

ガチゲーマー、というかゲームが主目的という人だとALIENWAREとか他社ゲーミングノートとの比較検討になるのかな、と思いますが、「仕事にもゲームにも使いたい」という人や、高度な画像加工・動画編集・2D系グラフィック制作をしたいという人にG3はおすすめです。

DELLへのリンク:
 New Dell G3 15ゲーミング ノートパソコン(3500)(2020年5月12日発売)

5.関連リンク(DELL)

広告掲載・売れ筋モデル

スポンサーリンク