ゲーミングPC並みのハイスペックマシン、Inspiron 15 7000が大幅割引です!今週のDELLはまんべんなく安い!DELLクーポン、セール情報

DELL Inspiron 13 7000(7391)
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。毎週お伝えしているDELLのセール情報です。今週のDELLは「夏に向けてのとっておき」という、セール名と言っていいのかよくわからないキャンペーン・タイトルになっています。先週までのゴールデンウィークセールでは一部モデルが20%OFFになっていたのですが、今週は「6万円以上のPC全部17%OFF(ALIENWAREは10%OFF)」です。

スポンサーリンク

DELLのクーポン情報(割引情報)について、詳しくはこちらをご覧ください。
【個人向け】お買い得・お役立ち情報:DELL公式サイト

今週は(最低価格の制約があるとは言え)どれを買っても同じ割引率になりますので「好きなのを買ったら?」ということではあるんですが、一応ウインタブおすすめの製品をいくつかご紹介します。

1.Inspiron 15 3000(3580/3583)

DELL Inspiron 15 3000
セール価格: 34,181円(税込み37,599円)から
※5%OFFクーポン適用後の価格
※個別値引き(最大7,000円)が設定されているモデルあり

●スペックの一例(37,031円モデル)
OS: Windows 10 Home Sモード
CPU: Pentium Gold 5405U
RAM: 4GB
ストレージ: 128GB
ディスプレイ: 15.6インチ(1,920 × 1,200)
サイズ: 380 x 258 x 19.9 mm / 2.03 kg

15.6インチのスタンダードノートで、DELLの15.6インチの中では最も低価格で購入ができます。定価が6万円を下回っているので、17%ではなく5%の割引にとどまります。CPUはCore iプロセッサーではなくCeleronもしくはPenitumとなります。スペックのほうは、今どきのノートPCとしては「いろいろ足りない」ところがありますが、なにせ3万円台から、という中華ノート並みの価格になっていますので、これは仕方ないです。私がちょっと気になるのはCPUの型番よりもむしろRAM容量ですね。DELLはCore i3以下のCPUを搭載するPCの場合、RAMを4GBに設定することが多いのですが、2020年の今、RAM4GBだと不足感があります(低スペック擁護派のウインタブですらそう思います)。

ウインタブを開設してからしばらくの間、私もAtom Z8350にRAM4GBというPCでしばらく仕事をしていました。しかし最近は、Windows 10の度重なる大型アップデートとブラウザー(特にChrome)の重量化が主要因かと思いますが、RAM4GBだと挙動が不安定になることが増えてきたように思います。ウインタブの仕事って、そんなにPC性能を要求しないようなものばかりなのですが、それでもブラウザーが言うことをきかなくなったり、不意に落ちたりと、おそらくRAMの容量不足が原因と思われるトラブルが出てきたんです。この製品よりもさらに低スペックなモバイルノートなんかもありますし、使えないということはないのですが、ブラウザーのタブを開きすぎないとか、使っていないアプリはこまめに終了させるとか、そんな気配りは必要になると思います。

ただし、とにかく安いですね、これ。自宅でYouTubeの動画を観るとか、ネットショッピングをするとか、Webでニュースをチェックするとか、Wordで文書を作るとかであれば十分使えると思いますし、実際仕事用ということでなければこの程度のことでしかPCを使わないという人も多いと思いますので、そんな人にはピッタリの製品かと思います。できればストレージがHDD(ハードディスクドライブ)ではなく、SSDのモデルを選ぶほうがいいでしょう。そのほうがずっとサクサク動いてくれます。

DELLへのリンク:
 New Inspiron 15 3000 (3580) (2019年2月15日発売)

2.Inspiron 15 7000(7590)

DELL Inspiron 15 7000 (7590)
セール価格: 102,903円(税込み113,193円)から
※17%OFFクーポン適用後の価格
※個別値引き(最大45,100円)が設定されているモデルあり

スポンサーリンク

●スペックの一例(132,783円モデル)
OS: Windows 10 Home
CPU: Core i7-9750H
GPU: GeForce GTX1650(4GB)
RAM: 16GB
ストレージ: 512GB SSD
ディスプレイ: 15.6インチWVA(1,920 × 1,080)
サイズ: 357.56 × 238.84 × 17.94-19.90 mm / 1.59 kg

こちらもInspironブランドの15.6インチですが、上に紹介したInspiron 15 3000とは逆に、Inspironシリーズの最上位モデルです。上では「いろいろ足りない」と書きましたが、こちらは「いろいろすごい」ですね。この製品のCPUはゲーミングノートにも使われる高性能な型番、Core i5-9300HもしくはCore i7-9750Hですし、外部GPUもゲーミングノート用(と言っていいと思います)のGeForce GTX1050もしくはGTX1650で、スタンダードノートによく使われているGeForce MXシリーズとは段違いの性能差があります。つまり、この製品はゲーミングノートと言ってもおかしくありません。それほど高性能です。

それだけではありません。サイズもすごいんです。15.6インチノートとしては最小クラスのコンパクトさですし、特に重量1.59 kgというのはモバイルノート並みの軽さ(ちょっとオーバーですかね…)です。つまり、この製品はゲーミングノートと称してもいいくらいの性能と、軽量・コンパクトな筐体サイズを両立しています。

比較対象はエントリークラスのゲーミングノートとかクリエイターノートになると思いますが、この製品のサイズ感まで踏まえると、それらとの比較でも価格はかなり低めに抑えられていると感じます。並の高性能ノートでは満足できないビジネスマン、エントリーゲーマー、そしてクリエイターに向く製品と言えます。

DELLへのリンク:
 New Inspiron 15 7000 (7590) (2019年6月7日発売)
ウインタブ紹介記事:
 DELL Inspiron 15 7000 (7590) - ゲーミングノートに匹敵する性能ながら重さわずか1.59 kg!デルの最新15.6インチがすごい!

3.Inspiron 13 7000(7391)

DELL Inspiron 13 7000(7391)
セール価格: 87,133円(税込み95,846円)から
※17%OFFクーポン適用後の価格
※個別値引き(最大36,740円)が設定されているモデルあり

●スペックの一例(87,133円モデル)
OS: Windows 10 Home
CPU: Intel Core i5-10210U
RAM: 8GB
ストレージ: 256GB SSD
ディスプレイ: 13.3インチ(1,920 × 1,080)
サイズ: 307.6 × 204.7 × 14.9-16.5 mm / 955 g

13.3インチのモバイルノートです。Inspironシリーズには「Inspron 13 5000」という、この製品よりも低価格なCore iプロセッサー搭載の13.3インチがありますので、価格だけ見れば特に安いというわけではありません。にもかかわらず、「予算に余裕があるのならこっちです」と言いたいです。その理由は「重量が1キロを切る超軽量ノートだから」です。超軽量ノートの場合、税込み10万円を切る製品というのは非常に少ないんです。それだけでなく、CPUも第10世代(Comet Lake)ですし、外部GPUのGeForce MX250を搭載するモデルも選べますので、高いパフォーマンスが必要、という人も満足できます。ちなみに、Core i5/GeForce MX250という組み合わせでも91,283円(税込み100,411円)です。

1キロ切りを実現するために筐体素材はマグネシウム合金ですし、キーボードバックライトなどの快適装備もしっかりついてます。外観もプレミアムラインのInspironにふさわしいものと言えるでしょう。軽くて高性能なモバイルノートを探しているのなら、この製品はおすすめです。

DELLへのリンク:
 New Inspiron 13 7391(2019年9月3日発売)
ウインタブ紹介記事:
 DELL Inspiron 13 7000(7391) - 第10世代のCore iプロセッサーを搭載、重量も1キロを切った13.3インチモバイルノート

4.関連リンク(DELL)

広告掲載・売れ筋モデル

スポンサーリンク