GeForce GTX1650搭載の15.6インチ、DELL G3 15がお買い得!「最短当日出荷」の即納モデルが狙い目です!DELLクーポン、セール情報

DELL G3 15(3590)
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。在宅勤務(テレワーク)向けのPC、ということで最近いろいろなことを考えています。また、私自身も外出自粛が続き、少々ストレスが溜まってまして、この記事を書く前にゲーミングスマホをひとつ注文してしまいましたw 読者の方々も勤務先の業績であるとか、ご自身の執務環境とか、心配事やストレスを溜めておられるのではないかと思います。

スポンサーリンク

この記事は「PCが安いよ!お買い得だよ!」という内容なのですが、PCって、いくら激安といったところでそれなりの出費にはなりますので、ストレスを抱えていても、私のように高いスマホを衝動買いするようなバカなことはせず、できるだけ慎重に、後悔のない製品選びをしていただきたいです。また、ストレスはともかく、急激にテレワークが広まってしまい、「急いでPCを手に入れなくちゃ!」というケースもあるでしょうね。

しかし、「とりあえず」ということで変なのを買ってしまうと後悔のもとになりかねません。急に必要だからこそ、しっかりしたスペックのものを購入するほうがいいと思います。テレワークの場合は長時間PCに向かって作業するわけですから、ウインタブが好んで紹介している中華の激安PCなんかだと、記事を書いているこちらも少し不安になったりします。

すみません、本題です。今回はDELLのセール情報です。DELLは現在「家でPCゲームを楽しもう!」というキャンペーンをやっていて、ゲーミングPC以外は安くならないのかな?って感じがしますが、実際はその逆で「税抜き6万円以上のPCは全部17%OFF(ALIENWAREのみ10%OFF)」というクーポンを用意してくれています。なので、Core iプロセッサーを搭載しているような、中位クラス以上のPCはどれも17%OFFクーポンが使えます。

DELLのクーポン情報について、詳しくはこちらをご覧ください。
【個人向け】お買い得・お役立ち情報

今回は「最短当日出荷」となる「即納モデル」を一部ご紹介します。DELL製品は通常だと納期が約2週間ですが、即納モデルならお急ぎの人も助かりますよね?即納モデルはDELLの製品ページのバリエーション一覧のところに「即納」と明記されていますので、購入の際はよくご確認下さい。

DELLの製品であれば「変なの」はないと思います。ただ1つだけ、ウインタブとして読者にアドバイスさせて下さい。DELLの格安ノートの一部に「ストレージがHDDのみ」というのがあります。これだけはやめておきましょう。いくらCore i3とかCore i5といった高性能CPUを搭載していても、ストレージがHDDのみの場合、システムやソフトウェアの起動、データアクセスが非常に遅くなってしまい、高性能なCPUの実力を活かせません。

あと、これは「できれば」ですが、Core iプロセッサーやAMD Ryzenプロセッサーを搭載するPCを購入する場合、RAMは8GB以上のものを選んで下さい。4GBでは無理、とまでは言いませんが、8GBあったほうが何かと安心です。

1.Dell G3 15(3590)

DELL G3 15(3590)
セール価格: 108,713円(税込み119,584円)から
※即納モデルの最安値を表示しています
※17%OFFクーポン対象
※個別値引きあり(最大47,680円)

●スペックの一例・108,713円(税込み119,584円)モデル(即納)
OS: Windows 10 Home
CPU: Core i7-9750H
GPU: GeForce GTX1650(4GB)
RAM: 16GB
ストレージ: 256GB SSD+1TB HDD
ディスプレイ: 15.6インチ(1,920 × 1,080)
サイズ: 365.5 × 254 × 21.6 mm / 2.34 kg

DELLのGシリーズはゲーミングノートとも言えますし、クリエイターノートとも、ハイスペック・ビジネスマシンとも言えると思います。第9世代(Coffee Lake)のCore iプロセッサーとと外部GPUのGeForce GTXシリーズを搭載していますので、オンラインゲームのプレイは十分可能です。というか、ここだけ見たらゲーミングノートそのものです。筐体デザインも「昔のアメ車」みたいな、ちょっとレトロで迫力のあるものではありますが、「もろにゲーミングノート」という感じでもなく(しかし個性豊かではあります)、ビジネスマシンとしても違和感なく使えると思います。キーボードも七色に光ったりしませんしね。

ゲーミングノートとしてはどちらかと言うとエントリークラスですが、スタンダードノートとしては「ハイエンドもいいところ」なので、クリエイターの制作活動にも使える(制作する内容にもよりますが)と思いますし、サクサク仕事をこなしたいビジネスマンにもピッタリかと思います。

G3は即納モデルがいくつか用意されていますが、スペック表を掲載した108,713円のモデルがベースと言えます。このモデルを基準にOfficeなどのソフトウェアが付属するものがあります。在宅勤務用としてOfficeは必須、という人もいると思いますが、その場合は130,103円(税込み143,113円)ですね。ビジネス用のスタンダードノートだと、Core iプロセッサー搭載のものが税込みで7万円台くらいからありますので、G3は必ずしも最安値ではありませんが、非常に高性能なCPUとGPU、他社にはないデザインを備えた即納モデルが税抜きで10万円ちょっとから購入できるのは魅力です。

DELLへのリンク:
 New Dell G3 15 (3590) (2019年6月7日発売)
ウインタブ紹介記事:
 Dell G3 15(3590)- 15.6インチのゲーミングノート、高いコストパフォーマンスはそのままに一段とカッコいいデザインになりました!

スポンサーリンク

2.Inspiron 13 7000 2-in-1(7391)

DELL Inspiron 13 7000 2-in-1(7391)
セール価格: 110,373円(税込み121,410円)から
※即納モデルの最安値を表示しています
※17%OFFクーポン対象
※個別値引きあり(最大37,740円)

●スペックの一例・112,205円(税込み123,425円)モデル(即納)
OS: Windows 10 Home
CPU: Core i5-10210U
RAM: 8GB
ストレージ: 512GB
ディスプレイ: 13.3インチ(1,920 × 1,080)タッチ
サイズ: 306.76 x 215.92 x 13.66-15.9 mm / 1.39-1.4 kg
※スタイラスペン付属
※Office Home&Business付属
※動画・画像編集ソフト付属
※スリーブケース付属
※アクシデンタルダメージサービス付属

モバイルノートの上位モデル、Inspiron 13シリーズにはクラムシェル、コンバーチブル2 in 1とも即納モデルがあります。この記事では最も割安と感じられたコンバーチブル2 in 1のほうをご紹介します。

セール価格のほう、Core i5モデルとしては若干高く感じるかもしれませんが、この製品は「新筐体」が採用されていて、ヒンジ部分にスタイラスペン(4,096段階の筆圧に対応、付属品です)を収納できる構造で、ちょっとInspironっぽくない精悍なブラックのアルミボディとなっています。

スペック面では512GBという大容量のストレージを搭載していますし、製品版Office(Power Pointつき)はもちろん、動画・画像編集のソフトウェアも付属します。Officeが付属する場合、製品価格が2万円以上高くなってしまいますので、Officeやその他のソフトウェアを含んで112,205円というのは上位クラスのモバイル2 in 1としてはお買い得と言えるでしょう。

DELLへのリンク:
 New Inspiron 13 7391 2-in-1(2019年9月3日発売)
ウインタブ紹介記事:
 DELL Inspiron 13 7000 2-in-1(7391) - 第10世代のCore iプロセッサーを搭載する高性能2 in 1。ブラックボディがカッコいいです!

3.Inspiron 24 5000(5490)

DELL Inspiron 24 5000
セール価格: 97,774円(税込み107,551円)から
※即納モデルの最安値を表示しています
※17%OFFクーポン対象
※個別値引きあり(最大22,180円)

●スペックの一例・100,903円(税込み110,993円)モデル(即納)
OS: Windows 10 Home
CPU: Core i5-10210U
GPU: NVIDIA GeForce MX110
RAM: 8GB
ストレージ: 256GB SSD + 1TB HDD
ディスプレイ: 23.8インチ(1,920 × 1,080)タッチ
サイズ: 412.8 x 539.6 x 41.8 mm / 5.2 kg(スタンドを含む)
※Office Home&Business付属
※動画・画像編集・PDF編集ソフト付属
※アクシデンタルダメージサービス付属

ラストはウインタブでは初めてご紹介するオールインワンPCです。ジャンルとしてはデスクトップPCになると思いますが、一般的なデスクトップPCとは異なり、本体だけ注文すれば必要なパーツがすべて揃います。「ディスプレイの中にCPUやストレージなどのパーツが入っている」構造で、ワイヤレスキーボードとマウスも付属していますので、自宅に製品が届いたら、(図体が大きいので)開封とか設置がノートPCよりも大変ですが、別に買い揃えるものも必要なく、すぐに使い始めることができます。

スペック表を掲載したモデル、CPUにノートPC用のものが搭載されています。第10世代(Comet Lake)のCore i5-10210Uですね。また、外部GPUのGeForce MX110も搭載されています。このGPUがあることにより、グラフィック性能は向上しますが、ゲーミングPC用のGPU(GeForce GTXとかRTX)ではないので、オンラインゲームをサクサクプレイできるというほどの力はありません。

しかし、在宅勤務用としては文句なしですね。ノートPCのように持ち運びを前提としていないのでディスプレイも大きいですし、オールインワン筐体なので、一般的なデスクトップPCよりはずっとお部屋の模様替えもしやすいと思います。そうそう、Webカメラもちゃんとついてます。しかもポップアップ式。

この製品の即納モデルは97,774円と100,903円の2種類があり、CPUなどの基本スペックは全く同じです。異なるのは「動画・画像編集・PDF編集ソフト」と「アクシデンタルダメージサービス」の付属有無だけです(Officeは97,774円のモデルにも付属します)。個人的には3,000円程度で動画・画像編集ソフトがついてきて、さらに拡張保証(落下や衝突による破損、液体こぼれも保証対象になる)のアクシデンタルサービスまでつけられるのであれば、100,903円のモデルのほうがいいと思いますね。

DELLへのリンク:
 New Inspiron 24 5490(2019年9月3日発売)

4.関連リンク(DELL)

広告掲載・売れ筋モデル

スポンサーリンク