重さ1 kgを切るプレミアム・モバイルノートInspiron 13 7000が税込みで10万円を切っています!Ryzen搭載のInspiron 14 5000も激安!DELLクーポン、セール情報

DELL Inspiron 13 7000(7391)
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。今回はDELLのセール情報です。今週のDELLは「年末年始セール」というタイトルで、久しぶりに「ゴールドクーポン」が20%OFFという、大きな割引率になっています。また、Windows 7のサポート終了(2020年1月14日)をにらんで、個別値引きも拡大傾向にあります。DELLも含め、外資系メーカー(HPやLenovoなど)は総じて割引率が大きくなっていますので、この年末年始はPC買い替えの絶好のチャンスと言えるでしょう。

スポンサーリンク

DELLのクーポン情報について、詳しくはこちらをご覧ください。
【個人向け】お買い得・お役立ち情報

1.Inspiron 13 7000(7391)

DELL Inspiron 13 7000(7391)
セール価格: 83,984円(税込み92,382円)から
※ゴールドクーポン(20%OFF)対象

●87,984円(税込み96,782円)モデルのスペック
OS: Windows 10 Home
CPU: Intel Core i5-10210U
GPU: GeForce MX250 2GB
RAM: 8GB
ストレージ: 256GB SSD
ディスプレイ: 13.3インチ(1,920 × 1,080)
サイズ: 307.6 × 204.7 × 14.9-16.5 mm / 955 g

「7000シリーズ」はInspironブランドの中でも最上位、プレミアムラインの製品です。上位の製品ブランドに「XPS」がありますが、そのひとつ下、ということですね。このInspiron 13 7000は13.3インチサイズながら重量が1 kgを切る超軽量な筐体がセールスポイントです。

スペック表を掲載している87,984円のモデルはCPUに第10世代(Comet Lake)のCore i5を、外部GPUにGeForce MX250を搭載していますので、グラフィック性能が非常に高く、モバイルノートとしてはトップクラスの実力を誇ります。上位モデルのXPS 13には外部GPUの設定がありませんので、純粋に性能面だけで比較するとInspiron 13 7000のほうが上です。

私は「モバイルノートにとって重量は主要スペックのひとつ」と考えています。その意味では、Inspiron 13 7000はGeForce搭載という点に加え、「軽い」という点でも競合製品に対して大きなアドバンテージがあると思います。筐体素材はマグネシウム合金で、外観もプレミアムラインのInspironにふさわしいものとなっています。

ウインタブのおすすめはスペック表を掲載した87,984円のモデルですね。このスペック、この筐体重量で税込み10万円を切っているのは激安だと思います。

DELLへのリンク:
 New Inspiron 13 7391(2019年9月3日発売)
ウインタブ紹介記事:
 DELL Inspiron 13 7000(7391) - 第10世代のCore iプロセッサーを搭載、重量も1キロを切った13.3インチモバイルノート

2.Inspiron 17 3000(3793)

DELL Inspiron 17 3000(3793)
セール価格: 66,384円(税込み73,022円)から
※ゴールドクーポン(20%OFF)対象

●91,984円(税込み101,182円)モデルのスペック
OS: Windows 10 Home
CPU: Intel Core i7-1065G7
GPU: GeForce MX230 2GB
RAM: 8GB
ストレージ: 512GB SSD
光学ドライブ: DVDドライブ (DVD±RW/CD-RW)
ディスプレイ: 17.3インチ(1,920 × 1,080)
サイズ: 415.4 × 279.2 × 25.0 mm / 2.79 kg

続いては17.3インチとアメリカンなサイズのノートPC、Inspiron 17 3000です。この製品はCPUに第10世代、それもComet LakeではなくIce Lakeのほうを搭載しています。Ice Lakeはリソグラフィー(プロセスの微細度)が10 nmで、Comet Lakeのリソグラフィーが14 nmにとどまっていることと比較すると「より第10世代らしい」CPUと言えます。また、Ice Lakeの上位型番は内蔵GPUが「Intel Iris Prus」になっていますので、グラフィック性能はComet Lakeよりも上と言えます。

この製品は最低価格が66,384円から、となっていますが、残念ながら下位モデルだとストレージがHDDのみとなってしまいますので、ウインタブ読者にはおすすめできません。せっかくIce Lake搭載のPCを購入するのであれば、ストレージがSSDになっているもの(71,984円から購入できます)にしてください。

おすすめはスペック表を掲載した91,984円のモデルです。このモデルからCPUがCore i7-1065G7となり、内蔵GPUもIris Plusとなりますので、かなりのパフォーマンスが期待できます。また、このモデルは外部GPUのGeForce MX230も搭載していますので、重量級のオンラインゲームをプレイするのは難しいにせよ、スタンダードノートとしては非常に高いグラフィック性能となります。

スポンサーリンク

個人的に「いいなあ」と感じるのは、このモデルでイラストやマンガの制作をすることだと思います(別途ペンタブレットが必要になります)。17.3インチの大画面と、Ice Lake + GeForceの高いグラフィック性能を駆使して創作活動をする、というのはとても楽しいのではないでしょうか?

17.3インチというのは、デスクトップ用のモニターとしては特に大きなサイズではありません。しかし、ノートPCの場合は構造上、目とディスプレイの距離が近いので、17.3インチでもかなり迫力のある映像を楽しめます。なので、「外に持ち出さない」ということなら、15.6インチよりもいっそ17.3インチにしてしまったほうが快適に使えると思います。

DELLへのリンク:
 New Inspiron 17 3000 3793(2019年9月13日発売)

3.Inspiron 14 5000(5485/AMD Ryzen)

DELL New Inspiron 14 5000(5485/AMD Ryzen)
セール価格: 52,231円(税込み57,454円)から
※ゴールドクーポン(20%OFF)/ブロンズクーポン(5%OFF)クーポン対象

●67,984円(税込み74,782円)モデルのスペック
OS: Windows 10 Home
CPU: AMD Ryzen 7 3700U
RAM: 8GB
ストレージ: 512GB SSD
ディスプレイ: 14インチ(1,920 × 1,080)
サイズ: 324.3 × 232 × 19.1-20.1 mm / 1,512 g

もともと激安なInspiron 14 5000の、「さらに激安」版と言える「Ryzen搭載のニューモデル」です。現状この製品はRyzen 5搭載モデルとRyzen 7搭載モデルがありますが、Ryzen 5モデルのほうは安すぎてゴールドクーポンの対象(税抜き6万円以上)にならず、ブロンズクーポンの5%OFFしか適用されない、という始末。一方でスペック表を掲載しているRyzen 7モデルのほうはしっかりゴールドクーポン対象になります。

Ryzen 7モデルのほうは、RAM8GBに加え、ストレージも512GB SSDという大容量なので、CPU性能に見合った構成と言えます。それで税込みでも7万円台半ばですから、まさに激安としか言いようがありません。また、Ryzen 5モデルのほうもRAM8GB/256GB SSDという構成なので、こちらでもビジネスやパーソナル用途に十分な性能になっていると思います。

ただ、この製品、最新のIntel CPUを搭載するInspriton 14 5000(5490)とは筐体が異なり、やや大型になっています。サイズ的には一つ前の「5480」とほぼ同じなので、旧モデルのリフレッシュ版という感じですね。別にそれが悪いわけではありませんが、重量が1,512 gと、モバイルノートとしてはかなり重くなってしまいますので、その点のみ注意が必要です。

DELLへのリンク:
 New Inspiron 14 5000(5485/AMD Ryzen)
ウインタブ紹介記事:
 DELL Inspiron 14 5000(5485/AMD Ryzen) - Ryzen搭載で5万円台から購入ができる14インチノート

4.Inspiron 14 5000(5490)

DELL Inspiron 14 5000(5490)/ Inspiron 14 5000 2-in-1(5491)
セール価格: 50,384円(税込み55,422円)から
※ゴールドクーポン(20%OFF)対象

●50,384円(税込み55,422円)モデルのスペック
OS: Windows 10 Home
CPU: Intel Core i3-10110U
RAM: 4GB
ストレージ: 256GB SSD
ディスプレイ: 14インチ(1,920 × 1,080)
サイズ: 321.77 × 217 × 17.29 mm / 1.42 kg

こちらもInspiron 14 5000ですが、上に紹介したAMD版とは異なり、CPUにはIntelの第10世代(Comet Lake)Core iプロセッサーを搭載します。また、筐体もAMD版とは異なり、こちらのほうが若干コンパクトで軽量になっています。スペック表を掲載した最低価格、50,384円のモデルは、RAM容量が4GBという点が少々不満ですが、CPU性能、ストレージ性能ともビジネスマシンとしては十分なものになっていると思います。

また、62,384円(税込み68,622円)のモデルだとCPUがCore i5-10210Uに、RAMも8GBになりますので、特にRAM容量にゆとりがある、という観点から、予算があればこちらの方がおすすめです。各社とも第10世代のCore iプロセッサーを搭載する新製品が増えてきましたが、依然としてこのInspiron 14 5000が市場で最安値クラスだと思っています。

Inspiron 14 5000はディスプレイサイズが14インチということもあり、他社のモバイルノート(クラムシェル)よりも少々重い、というのがありまして、これが唯一のウイークポイントかな、と思います。しかし、実機も確認しましたが、アルミ筐体は高級感もあり、「どうしてこの価格?」と思ってしまうくらいの仕上がりでした。低価格なCore i搭載ノートを探している人にはピッタリだと思いますよ!

DELLへのリンク:
 New Inspiron 14 5490(2019年9月3日発売)
ウインタブ紹介記事:
 DELL Inspiron 14 5000(5490)/ Inspiron 14 5000 2-in-1(5491)- 第10世代のCore iプロセッサーを搭載しつつ、相変わらずバリュー価格の14インチモバイルPC

5.関連リンク(DELL)

広告掲載・売れ筋モデル

スポンサーリンク