ALIENWAREが10%オフ!ハイエンド・ノートのXPS 15もお買い得です!DELLクーポン、セール情報


こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。毎週お伝えしているDELLのセール情報です。今週も「半期に一度のデル祭り!」が開催中で、「ゴールドクーポン」の割引率が17%となっているものの、対象が「6万円以上のPC全部(ALIENWARE除く)」になっているのと、製品ごとの個別値引き(各種クーポンとは別に適用されています)も大きめになっていますので、安く購入するチャンスだと思います。

スポンサーリンク

また、ALIENWAREはゴールドクーポンなど、他のPCで使えるクーポンの対象にはなっておらず、別体系のセールとなります。通常だと「用品(オプション)サービス」になっていることが多いのですが、今週は「10%OFF」です。ALIENWAREはもともと価格勝負な製品ではなく、高い品質と独自の世界観を備えた製品ブランドなので、10%OFFでも十分お買い得感があります。

クーポンの内容は下記のリンクをご確認ください。
【個人向け】お買い得・お役立ち情報

では、ウインタブのおすすめモデルをいくつかご紹介します。

1.New XPS 15(7590)

DELL XPS 15(9570)
セール価格: 164,323円(税込み177,468円)から
※ゴールドクーポン対象(17%OFF)
※個別値引き(最大17,580円)が設定されているモデルあり

●プラチナ4K有機EL(199,183円、税込み215,117円)のスペック
OS: Windows 10 Home
CPU; Core i7-9750H
GPU: NVIDIA GeForce GTX1650(4GB)
RAM: 16GB
ストレージ: 256GB SSD
ディスプレイ: 15.6インチOLED(3,840 × 2,160)非タッチ
サイズ: 357 × 235 × 11-17 mm / 1.8-2.0 kg

XPSシリーズのハイエンドマシン、15.6インチサイズのXPS 15です。CPUに第9世代、Coffee LakeのCore i5/Core i7/Core i9を、GPUにはGeForce GTX1650を搭載します。と書くとゲーミングノートみたいですが、製品特性としてはゲーミングノートではなく、ハイエンドなビジネスノートあるいはクリエイターノート、という感じです。ライバルはThinkPad X1 Extremeでしょうか。

XPSシリーズのトップモデルらしく、極めてコンパクトで高い質感の筐体を備え、もちろん「ベゼルレス」と言いたくなる超ナローベゼル・デザインです。また、ディスプレイの選択肢も多く、一般的なFHD解像度のほか、4K解像度の有機ELディスプレイ(非タッチ)、4K解像度のIPSタッチディスプレイが選べますので、特にクリエイターの人にはうれしい構成と言えるでしょう。

システムスペックもハイエンド、筐体デザインもハイエンド、17%OFFでもさすがに「安い!」とまでは言いにくいですが、手が届くならぜひ欲しい製品ではあります。

DELL製品ページ:New XPS 15 (7590) (2019年6月28日発売)

2.New ALIENWARE M15/M17

DELL ALIENWARE m15
セール価格(M15): 184,482円(税込み199,240円)から
セール価格(M17): 195,282円(税込み210,904円)から
※10%OFF

●M15フルカスタマイズ(184,482円、税込み199,240円)のスペック
OS: Windows 10 Home
CPU: Core i7-9750H
GPU: NVIDIA GeForce GTX1660Ti(6GB)
RAM: 16GB
ストレージ: 256GB SSD
ディスプレイ: 15.6インチIPS(1,920 × 1,080)
サイズ: 360.5 × 276 × 17.9-20.1 mm / 2.16 kg

スポンサーリンク

DELLのALIENWAREは本来「安さを追求する」ような製品ではなく、セール対象として大きな割引率が設定されることもありません。DELLお得意の「ゴールドクーポン」とか「シルバークーポン」が適用されることもないですね。今回のセールではALIENWAREとしては高い割引率となる10%OFFです。

CPUはCore i9-9980HKまで、GPUはGeForce RTX2080 Max-Qまでの搭載が可能なハイエンドマシンであり、ディスプレイも4K液晶とかリフレッシュレート240 Hzのものが選べます。筐体構造もゲーミングのためにこだわり抜いた、他社製品にはないくらいの品質になっていると思います。ゲーマーにとって「あこがれの存在」と言っていいでしょう。

そして、やはり独自の「世界観」が魅力です。まさに「宇宙最強」のこだわりが詰め込まれた、普通じゃない製品だと思います。これでゲームをしたら脳が活性化してスコアが何割か上がってしまうんじゃないか、というくらいです。この世界観がはまる人ならもはや価格なんて関係ないんだろうと思いますけど、安く買えるに越したことはないか、と。

DELL製品ページ(M15):Alienware m15 (2019年6月28日発売)
DELL製品ページ(M17):Alienware m17 (2019年6月28日発売)

3.New Inspiron 13 5000(5390)

DELL Inspiron 13 5000(5390)
セール価格(Wi-Fi): 59,743円(税込み64,522円)から
セール価格(LTE): 97,093円(税込み104,860円)から
※ゴールドクーポン対象(17%OFF)
※個別値引き(最大21,840円)が設定されているモデルあり

●プレミアム(Wi-Fiモデル、72,193円、税込み77,968円)のスペック
OS: Windows 10 Home
CPU: Intel Core i5-8265U
RAM: 8GB
ストレージ: 256GB
ディスプレイ: 13.3インチWVA(1,920 × 1,080)
サイズ: 307.6 × 204.7 × 14.9~16.8 mm / 1.24 kg

Core i5搭載の13.3インチモバイルノートで、ウインタブで実機レビューをした「HP Pavilion 13-an0000」や「Lenovo ThinkBook 13s」と並び、大手メーカー製品にしてバリューな価格を実現しています。また、Core i5だけでなくCore i3/Core i7(いずれもWhiskey Lake)の3種類のCPUが選べ、予算とニーズに合わせての購入ができます。

スペック表を掲載した「プレミアム(Wi-Fi)」はCore i5/RAM8GB/256GB SSD/13.3インチFHDディスプレイ」と、モバイルノートの「王道」スペックを備えていながら、税込みでも8万円を切るというお買い得価格になっています。また、最低価格の59,743円(税込み64,522円)のモデルもCore i3/RAM4GB/128GB SSDという構成なので、あまり手の込んだPC作業はしない、という人なら十分に使えるスペックだと思います。それと、この製品の最上位モデルはCore i7に加え、外部GPUのGeForce MX250まで搭載しますので、毎日持ち歩けるモバイルノートとしては最高性能と言っていいくらいにパワフルです。

ThinkBookとPavilion 13、そしてこのInspironと、ほぼ横並びの価格(税込み、送料込みでの比較)になっていますので、好きなメーカーから選ぶもよし、製品ページで外観を見比べて決めるもよし、なのですが、余計に悩んじゃうかもしれないですね…。

ウインタブ紹介記事:DELL Inspiron 13 5000(5390)- デルの13.3インチモバイルノート、ダイエットに成功して魅力倍増です!
DELL製品ページ:Inspiron 13 5000(5390)(2019年6月7日発売)

4.関連リンク(DELL)

広告掲載・売れ筋モデル

スポンサーリンク