ALIENWAREシリーズはGeForceを無料でアップグレードしてくれます!Inspiron 14 5000は安定の激安価格!DELLクーポン、セール情報

DELL Inspiron 14 5000 5480
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。DELLのセール情報です。DELLの公式サイトでは毎週火曜日にセール内容が切り替わりますが、先週末が3連休だったこともあり、今週の「超特価・夏のBLACK FRIDAY 第2弾」は、7月17日のスタートとなりました(セール期間は7月22日まで)。いつもの「ゴールドクーポン」は対象が「即納モデル」で割引率は通常の17%となっています。しかし、私が見た限り、製品ごとに設定されている、クーポンとは別の個別値引きは若干大きくなっているようです。

スポンサーリンク

クーポンの対象製品や割引内容は下記のリンクをご確認ください。
【個人向け】お買い得・お役立ち情報

また、ゲーミングPCのALIENWAREは通常のクーポンセールとは別体系のセールになっていて、今週はかなりお買い得感の高いものとなっていました。

では、ウインタブのおすすめモデルをいくつかご紹介します。

1.NEW ALIENWARE M17

DELL ALIENWARE M17
セール価格: 219,000円(税込み236,520円)から
※GPU無料アップグレード
※モデルごとに定額割引あり(最大23,880円)

●フルカスタマイズモデル(219,000円、税込み236,520円)のスペック
OS: Windows 10 Home
CPU: Core i7-9750H
GPU: GeForce RTX2060(6GB)
RAM: 16GB
ストレージ: 256GB SSD
ディスプレイ: 17.3インチIPS(1,920 × 1,080)60Hz
サイズ: 399.8 × 295.5 × 19.5-20.5 mm / 2.63 kg

この記事ではM17を紹介していますが、ALIENWAREシリーズは全モデル「定額割引+GPUアップグレード」が適用されています。この「M17フルカスタマイズ」は本来だとGTX1660Tiが標準のGPUですが、無料でRTX2060にすることができます。

ALIENWAREというのはゲーミングPC界のビッグネームで、筐体構造にせよデザインにせよ、他の追随を許さない仕上がりになっていて、そのぶん価格も高めです。なので、CPUとGPUの型番だけで価格を評価してしまうと、セール価格であってもそんなに安いとは言えないですね。しかし、このM17にしても「ALIENWARE CRYO-TECH V3.0」という最新のサーマルテクノロジーシステムが搭載されているなど、CPUやGPU以外の部分にもかなりのコストが掛かっていますし、筐体の「押し出し感」は半端ありません。とにかくカッコいいです。

GeForceというのは上位モデルになるに従って「めちゃめちゃ高価」になりますので、今回のように「無料でワンランク上のものにしてもらえる」というのはすごくお買い得感があります。また、無料となる「ワンランク上」だけでなく、有料の「ツーランク以上、上」のGPUを選ぶ場合でも大きな割引が受けられます。ゲーマーでALIENWAREを悪く言う人はあまりいないと思いますし、熱狂的なファンも多いと思いますが、このセールはチャンスです。

DELL製品ページ:Alienware m17 (2019年6月28日発売)

2.Inspiron 14 5000(5480)

DELL Inspiron 14 5480
セール価格: 64,723円(税込み69,900円)から
※即納モデルはゴールドクーポン対象(17%OFF)
※クーポンと別に個別値引き(最大29,800円)が設定されているものもあります

●プレミアム即納(83,440円、税込み90,115円)モデルのスペック
OS: Windows 10 Home
CPU: Core i5-8265U
RAM: 8GB
ストレージ: 256GB SSD
ディスプレイ: 14インチIPS(1,920 × 1,080)
サイズ: 324.3 × 232 × 18.77-19.1 mm / 1.48 kg
※Office Home & Business 2019が付属

スポンサーリンク

ウインタブのセール情報記事では「毎度おなじみ」のInspiron 14 5000。でも「セール情報」なので、この製品はどうしても欠かせないです。Whiskey LakeのCore i5/RAM8GB/256GB SSD/IPS液晶のFHDディスプレイ、という構成で税込み7万円を切る製品というのは私が知る限り他メーカーでは見当たりません。

今回は「即納モデルが17%OFF」ということなので、少しでも安く買うには即納モデルを選ぶ必要がありますが、この製品はもともとバリエーションが多くありませんし、注文時に構成のカスタマイズ余地がほとんどないので、即納モデルを選ぶと不便ということもありません。

最低価格の64,723円のモデルと、この記事でスペック表を掲載している83,440円のモデルは同一構成で、83,440円のモデルにはOffice Home & Business 2019(PowerPointもついています)が付属するという点のみ異なります。Officeが必要なら83,440円のモデルを選ぶことになります。

Core i5搭載のモバイルノートとして最安値と思われるこの製品、筐体は決して安っぽくはありません。ナローベゼルが採用され、デザインも美しいですし、DELLらしい、シンプルで高級感のあるものに仕上がっています。ただし、ディスプレイサイズが14インチということもあり、重量が1.48 kgと、(ウインタブ的には)モバイルノートとしてギリギリの重さになっている、という点のみ注意が必要です。ま、私が毎日持ち歩いている13.3インチノートと変わらない重さなんですけどね。

DELL製品ページ:New Inspiron 14 5000(5480) (2018年10月5日発売)

3.New Inspiron 15 5000(5583)

DELL Inspiron 15 5000(5583)
セール価格: 58,633円(税込み63,323円)から
※即納モデルはゴールドクーポン対象(17%OFF)
※クーポンと別に個別値引き(最大26,800円)が設定されているものもあります

●プレミアム即納(SSD・MX130搭載、74,683円、税込み80,657円)のスペック
OS: Windows 10 Home
CPU: Intel Core i5-8565U
GPU: NVIDIA GeForce MX130(2GB)
RAM: 8GB
ストレージ: 256GB SSD
光学ドライブ: Tray load DVD ドライブ (DVD±RW/CD-RW)
ディスプレイ: 15.6インチ(1,920 × 1,080)
サイズ: 380 × 258 × 19.4-22.6 mm / 2.17 kg

Inspiron 15には「3000」「5000」「7000」があり、今回紹介する「5000」は真ん中のグレードです。DELLのスタンダードノートでウインタブが「これはまずい」と思うのが、低位グレードはストレージがHDDのみである、という点です。いつも主張していることの繰り返しになりますが、Core iプロセッサーを搭載するPCでストレージがHDDのみ、というものは購入しないでください。データの読み書きが低速なHDDに、OSやいつも使うソフトウェアなどがインストールされていると、せっかくの高性能CPUが台無しです。読者には絶対におすすめできません。このInspiron 15 5000でも下位モデルはストレージがHDDのみになっていますので、購入される際はSSD搭載モデルを選ぶようにしましょう。

さて、今回のセール品ですが、価格の割にかなり高性能と言えます。CPUはWhiskey LakeのCore i5で外部GPUにGeForce MX130を搭載します。MX130はオンラインゲーム用には力不足なので、ゲーム用途で購入するのはおすすめしませんが、画像加工や動画編集など、グラフィック系で負荷のかかることをする場合は威力を発揮してくれます。そのため、クリエイターの人にも向くと思います。

Inspiron 15 5000はモデルとしても新しく、その割にかなりセール価格が低めになっているので、高性能でコスパのいいスタンダードノート狙いの人にはおすすめです。

DELL製品ページ:Inspiron 15 5000(5583) (2019年4月5日発売)
ウインタブ紹介記事:DELL Inspiron 15 5000(5583)- 15.6インチスタンダードノート、Whiskey LakeにGeForce搭載の高性能モデルもあります

4.関連リンク(DELL)

広告掲載・売れ筋モデル

スポンサーリンク