XPS 13の最新モデルが税抜きで10万円切り!ゲーミングマシンのDELL Gも20%OFF!DELLの「半期に一度のデル祭り!」

公開日: : セール情報

DELL Inspiron 13 7000 2-in-1(7386)
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。毎週お伝えしているDELLのセール情報です。3月25日までの間、「半期に一度のデル祭り!」という、とってもキャッチーな名称のセールが開催されてまして、実際にすごく安くなってます。

スポンサーリンク

いつものように「ゴールドクーポン」「シルバークーポン」「ブロンズクーポン」の3種類のクーポンが割引の中心ですが、ゴールドクーポンは通常の17%OFFではなく、20%OFFになっていますし、XPS 13など、クーポン割引に加え、個別の割引も設定されているものがありますので、実質的には20%をはるかに越える割引率になっているケースも少なくありません。クーポンの概要については下記のリンクをご参照ください。
【個人向け】お買い得・お役立ち情報

この記事では「ゴールドクーポン」の対象になっている製品のうち、特にお買い得感が大きいと思われるものをいくつか紹介します。また、先日掲載した「ノートPC購入ガイド(2019年春、第1回)」の内容を意識して、初めてノートPCを購入検討している人にも理解していただけるよう、ちょっとだけ注意して書いております。

1.New XPS 13(9380)

DELL XPS 13(9380)
セール価格: 97,584円(税込み105,390円)から
※ゴールドクーポン(20%OFF)適用後の価格

●145,784円(税込み157,446円)モデルのスペック
OS: Windows 10 Home
CPU: Intel Core i7-8565U
RAM/ストレージ: 8GB/256GB SSD
ディスプレイ: 13.3インチIPS(3,840 × 2,160)タッチ
サイズ: 302 × 199 × 7.8-11.6 mm / 1.23 kg
※Office Home & Business 2019付属

近日中に掲載するつもりで準備している「ノートPC購入ガイド」の第2回「モバイルノート編」で私が「絶対に選ぶ」製品がこれです。DELLの看板モバイルノート。XPS 13は「ゴールドクーポン」の対象なので、20%OFFになりますが、それだけではなく、単品での値引きも設定されています。最安値となる97,584円のモデルは「Core i3-8145U/RAM4GB/128GB SSD/FHDディスプレイ」という構成なので、「購入ガイド」的な視点でPC初心者の人にアドバイスするとしたら、「RAMは4GBでも使えると思うけど、CPU性能も高いので、できれば8GBを」と言いたいところです。しかし、この製品が税抜きで10万円を切っているというのは画期的です。

おすすめの145,784円モデルだと、20%OFFになる前に、単品で46,100円もの割引になっていまして、元値は228,330円(税抜き)なんですよね。なので、元値からの割引率は実に「36%」に達します。ついこないだ発売されたばかりの、DELL最強のモバイルノートがこの割引率です!

狙い目は「Office付属のもの」で、Office付属モデルは元値からの単品値引きが大きくなっているんです。特に初めてPCを購入する場合、(ホントはOffice 365をおすすめしたいんですけど)製品版Officeが付属していたほうがいいでしょう。職場とか学校でOfficeを半強制的に使わされることになると思いますから。

また、少しお金はかかりますが、「どうせなら4Kディスプレイ」ですね。ちなみに145,784円のモデルは4Kのタッチディスプレイを搭載しています。

ウインタブ紹介記事:DELL XPS 13(9380)- Webカメラが自然な位置に!13.3インチの大人気モバイルノートがリニューアル!
DELL製品ページ:NEW_XPS-9380 (2019/1/18発売)

2.New Dell G5 15(5590)

DELL G5 15 5590
セール価格: 111,984円(税込み120,942円)から
※ゴールドクーポン(20%OFF)適用後の価格

●166,384円(税込み179,694円)モデルのスペック
OS: Windows 10 Home
CPU: Intel Core i7-8750H
GPU: NVIDIA GeForce RTX2060(6GB)
RAM/ストレージ: 16GB/256GB SSD + 1TB HDD
ディスプレイ: 15.6インチIPS(1,920 × 1,080)144Hz
サイズ: 364.3 × 273.4 × 23.7 mm / 2.68 kg

DELLの「G」はゲーマーとクリエイターをターゲットにした製品で、外部GPUのNVIDIA GeForceを搭載します。ゲーミングノートとしてはより上位にALIENWAREがありますが、GシリーズはALIENWAREほどの「それっぽさ」はなく、「往年のアメ車」のような、独特で少しカジュアルなデザインになっていて、価格も低めに設定されています。

「New G5」はGシリーズ(G3、G5、G7)の中で一足早くニューモデルとなり、上位モデルはGeForce RTX2060を搭載します。スペック表を掲載している166,384円のモデル(「プラチナ・大容量メモリー・RTX 2060・ 高リフレッシュレートディスプレイ搭載 VR」という名称です)はGeForce RTX2060だけでなく、16GBのRAM、256GB SSD + 1TB HDDのストレージを搭載し、ディスプレイのリフレッシュレートは144 Hzになっていて、上級ゲーマーも納得のゲーミングノートです。それでいて価格は税込みでも17万円台に抑えられており、他社のゲーミングノートとの価格比較でも十分に安いと言えます。

ただ、この製品だと、初めてPCを購入する人向けというよりは、「ある程度慣れたゲーマー」のほうに向くように思われます。でもパソコンの場合、「免許取り立てでランボルギーニ」という感じではなく、ハイスペックマシンでも初心者が普通に扱えますけどね。

DELL製品ページ:New Dell G5 15 (5590) (2019年2月1日発売)

スポンサーリンク

3.New Inspiron 13 7000 2-in-1(7386)

DELL Inspiron 13 7000 2-in-1(7386)
セール価格: 91,984円(税込み99,342円)から
※ゴールドクーポン(20%OFF)適用後の価格

●91,984円(税込み99,342円)モデルのスペック
OS: Windows 10 Home
CPU: Intel Core i5-8265U
RAM/ストレージ: 8GB/256GB SSD
ディスプレイ: 13.3インチIPS(1,920 × 1,080)タッチ
サイズ: 307.7 × 212.45 × 13.68 mm / 1.45 kg

InspironというのはDELLの中ではXPSの下位に位置する製品ブランドです。とはいえ、この製品は性能面ではXPSに全く引けをとっていませんし、価格の方もXPSに近いものになっています。

この記事で紹介しているのは「2 in 1(コンバーチブル2 in 1)」なので、テントモードやスタンドモード、タブレットモードと、通常のクラムシェルノートでは不可能な形状にして使うことができますし、ディスプレイもタッチパネルでスタイラスペン(グレードによって付属となるかオプションとなるか異なります)でのペン入力にも対応しますので、パソコンでイラストやマンガを書いてみたい、という人にも向きます。もちろん最低価格のものでもビジネスや学校の勉強には十分な性能になっています。

Inspironで「7000」という枝番がついているものは「Inspironのプレミアムクラス」という位置づけなので、上位モデルは決して安くはありませんが、支払うお金に見合う力を発揮してくれると思います。

DELL製品ページ:New Inspiron 13 7000 2-in-1(7386) (2018年10月5日発売)
ウインタブ紹介記事:DELL Inspiron 13 7000 2-in-1(7386)- DELLの最新13.3インチ2 in 1はXPSに迫るハイエンドマシン

4.Dell G3 15(3579)

DELL G3
セール価格: 87,984円(税込み95,022円)から
※ゴールドクーポン(20%OFF)適用後の価格

●87,984円(税込み95,022円)モデルのスペック
OS: Windows 10 Home
CPU: Intel Core i5-8300H
GPU: NVIDIA GeForce GTX1050
RAM/ストレージ: 8GB/256GB SSD
ディスプレイ: 15.6インチIPS(1,920 × 1,080)
サイズ: 380 × 258 × 22.7 mm / 2.53 kg

上に紹介した「G5」の下位モデルとなるのがG3です。外部GPU「GeForce GTX1050」を搭載する高性能な製品で、エントリークラスのゲーミングノート・スペックになっています。CPUもCore i5になっていますが、一般的なノートPCに使われている型番末尾「U」の省電力タイプではなく、Coffee Lakeという、より性能の高いタイプです。ぶっちゃけCore i7-8565UよりもCore i5-8300Hのほうが高性能だったりします。

この製品をピックアップしたのは、「エントリーゲーマー」だけでなく、スタンダードノートとしてより高い性能のPCを探している人に向くと思ったからです。RAW現像(デジカメなどの画像データを高画質のまま編集すること)などの高度な画像処理や動画編集などにも威力を発揮してくれるでしょう。外部GPU、特にGeForceのGTXシリーズを搭載するノートPCは一般に高価ですが、この製品はゴールドクーポンにより税込みで10万円を切っていますので、かなりお買い得だと思いますよ。

DELL製品ページ:New Dell G3 15 3579(2018年4月24日発売)
ウインタブ紹介記事:DELL G3 15 - DELLに新しいノートPCブランドが誕生!Gは「ゲーミング」と「グラフィックス」を意味します

5.New Inspiron 14 5000

DELL Inspiron 14 5000 2-in-1(5482)
セール価格(クラムシェル): 70,384円(税込み76,014円)から
セール価格(2 in 1): 67,984円(税込み73,422円)から
※ゴールドクーポン(20%OFF)適用後の価格

●クラムシェル73,023円(税込み78,074円)モデルのスペック
OS: Windows 10 Home
CPU: Intel Core i5-8265U
RAM/ストレージ: 8GB/256GB SSD
ディスプレイ: 14インチIPS(1,920 × 1,080)
サイズ: 324.3 × 232 × 18.77-19.1 mm / 1.48 kg

先日の「購入ガイド」の記事で、14インチサイズというのはモバイルノートもスタンダードノートもある、ということを書きましたが、このInspiron 14 5000はまさに「どっちとも取れる製品」だと思います。クラムシェルの方は重量が1.48 kgなので、ウインタブ的には「ギリ1.5 kgを切っているからモバイルノート」と言える(あくまでウインタブの解釈)のですが、コンバーチブル2 in のほうは少々重くて1.75 kgあります。まあ、モバイルできないことはないと思いますが、持ち出し頻度があまり多くない場合に向くかもしれません。

CPUはWhiskey LakeのCore i3(2 in 1のみ)/Core i5/Core i7でRAMは全モデル8GB、そしてストレージもSSDのみとなりますので、処理性能の方も十分です。また、筐体も新しく、XPSシリーズほど強烈ではありませんが、ナローベゼルを採用した美しいものになっています。ゴールドクーポンでクラムシェル、2 in 1とも税込み7万円台(クラムシェル)から購入できるのはうれしいですね!

DELL製品ページ(クラムシェル):New Inspiron 14 5000(5480) (2018年10月5日発売)
DELL製品ページ(2 in 1):New Inspiron 14 5000 2-in-1(5482) (2018年10月5日発売)
ウインタブ紹介記事:DELL Inspiron 14 5000 2-in-1(5482)- 14インチ・コンバーチブル2 in 1、DELLからWhiskey Lake搭載モデルが続々登場!

6.関連リンク(DELL)

広告掲載・売れ筋モデル

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
HP ウインタブ限定クーポン

  • Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map

    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    北海道小樽市出身のウインタブです。いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑